« 老いた白猫を思いつつ、読書など | トップページ | 中国大使館のある麻布界隈を走り回ったっけ »

2009/12/15

数学と彫刻とを自在に越境する芸術家

 三次元空間までなら、初歩的なものなら、小生でも脳裏に思い浮かべられるし、拙いながらも描くことだってできなくもない。
 しかし、四次元などもっと高等な次元となると、手も足も出ない。
 ところが、世の中には、数学の最高の概念を理解できるだけじゃなく、それを形に表現できる才能の持主がいる!

Pb100066

← Helaman Ferguson「Figureight Knot Complement」 (画像は、「helaman ferguson sculpture」より。以下、同様)

 問いが立てられてから解決まで四百年を要した、ケプラー予想が1998年、ミシガン大学の数学者トマス・ヘールズによって、コンピューターを大々的に利用する方法でだが、証明が成し遂げられた。

 そのトマス・ヘールズの偉業を助けた数学者にサミュエル・リーハイ・ファーガソンなる人物が居る。
 その人物も優れた方なのだが、ここでは、彼の父親であるヒラマン・P・ファーガソンを紹介する
 彼こそが、本稿での主人公である


ヒラマン・P・ファーガソン 数学を彫刻するへ!

|

« 老いた白猫を思いつつ、読書など | トップページ | 中国大使館のある麻布界隈を走り回ったっけ »

お知らせ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

美術エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/47022542

この記事へのトラックバック一覧です: 数学と彫刻とを自在に越境する芸術家:

« 老いた白猫を思いつつ、読書など | トップページ | 中国大使館のある麻布界隈を走り回ったっけ »