« ススキの穂のような | トップページ | 数学と彫刻とを自在に越境する芸術家 »

2009/12/14

老いた白猫を思いつつ、読書など

 読書する時間がなくて辛い。
 音楽もだが、日に3回か4回ある仮眠の際に、睡眠導入剤代わりに見聞きしている。
 慌しい中を縫って、やっと仮眠が取れると、安堵しつつベッドへ。
 やっと音楽だ、やっと本だ…。

2009_1211071003tonai0011

← 冬の北陸には貴重な青空。今週には雪の便りも。


 が、同じCDの冒頭付近を聞く暇もなく寝入ってしまっていて、ふと目覚めると終了のサインがCDプレーヤーなどの液晶画面に空しく表示されている。
 本も、十頁も読み進めないうちに、頭がトロンとしてきて、読解するのが面倒になり、いつしか、老眼鏡を掛けたまま、毛布を被って寝入ってしまっている。

 それでも、二週間を要してだが、ジョージ・G・スピーロ/著『ケプラー予想  四百年の難問が解けるまで』(青木薫/訳 新潮社)を読了した。
 実に面白かった。

2009_1211071003tonai0006

→ 近所の白猫。東京在住時代の我が守り神(?)だった、今は亡き白猫殿を思い出す


 数学界では、近年、フェルマー予想(最終定理)を含め、大きな話題があった。

 このケプラー予想も、いろいろな意味で話題になった。

 四百年の難問がついに解かれたという意味で…よりも、コンピューターを使った力技の解決ということで、従前のスマートな解き方を良しとする向きには、随分と不評でもあった。

2009_1211071003tonai0016

← 今週には雪が降るという予報も。でも、雪吊りも雪囲いもしていない。もう、なるようになれ、だ。


 かの「イギリスの数学者イアン・スチュアートは、「ワイルズによるフェルマー予想の証明がトルストイの『戦争と平和』なら、ヘールズによるケプラー予想の証明は電話帳のようなもの」だと喩えていたとか。

 まずは、ケプラー予想とはどんなものかから説明しておくべきだろう(関心のある方には常識に属するのだろうが)。

[続きは、「スピーロ著『ケプラー予想  四百年の難問が解けるまで』を読む」にて]

                              (09/12/13 作)

|

« ススキの穂のような | トップページ | 数学と彫刻とを自在に越境する芸術家 »

お知らせ」カテゴリの記事

写真日記」カテゴリの記事

富山散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

科学一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/47014324

この記事へのトラックバック一覧です: 老いた白猫を思いつつ、読書など:

« ススキの穂のような | トップページ | 数学と彫刻とを自在に越境する芸術家 »