« 自分の居場所 | トップページ | 走れないメロス »

2009/12/29

南天の実も微笑ます日差しかな

 過日、自転車で銭湯へ向かっていたら、お巡りさんに職質された。
 というか、直前の踏み切りを止まらずに通過したので、「おいおい」というわけで、停止を求められたわけである。
 
 うむ! この巡査には悪い予感が。
 なんたって、<前科>がある。

2009_1228071003tonai0010

→ 寒そう。束の間の日差しを浴びても凍えそうな南天。まだまだ冬は本番がこれから。

 南天の実も微笑ます日差しかな

 数ヶ月前、雨降りの日、ビニール傘を差して自転車を駆っていた。
 目的地は生憎、道路を挟んで反対側だが、交番の前を通過するしかない。
 交番の前に立っていた巡査は、我輩を見咎めて、道路越しに、「こら、傘、差して自転車、運転したら、ダメだろう」と、今にも掴まえそうな勢いで言う。

 ホント、車がたまたま体面交通の両側とも、勢いよく走っていたので、追捕は諦めただけのようだった。
 素直は小生、止まって、巡査の意見を聞いて、自転車を降りて、傘は差したまま、店へと行った。
 父母の食事のための食材を買いに行くので、戻るわけにはいかなかったのだ。

 そう、その巡査が我輩を見咎めたわけである。
 その日も、交番の前を通過した。
 雨は降っていないが、横断歩道を渡って、道路の巡査がいる側へ。
 その巡査と目が合った瞬間、悪い予感がした(けれど、人のいい小生、つい油断してしまった)。

 交番の前の巡査、自転車を駆って、我輩を追いかけてきた(追跡していたことは、後ですぐ分かった)!

 この巡査、我輩を目の仇(かたき)にしている。
 人相が悪いから?
 土日でもない週日の昼最中、まだ働き盛りの男が自転車に乗ってフラフラしているから?
 あの雨の日の傘差し運転で掴まえそこなったから、その悔しさが募っているから?
 
 まあ、職務熱心と思いたい。

 小生、急いでいた。
 慌しい日々を送っている。
 1時間ほどの仮眠を日に4回。運がいいと5回。
 睡眠障害を抱える小生なのに。

 毎日、新聞配達で汗を掻く。
 でも、忙しくて風呂にはなかなか入れない。
 自宅の風呂は壊れているので、時間の空いたとき、サッと入るというわけにはいかない。
 銭湯しか風呂(入浴)は望めない。
 春から秋口にかけては、水のシャワーをサッと浴びて済ますが、十月の声を聞くと、とてもじゃないが、水シャワーなんて!

 週に二度ほどの銭湯通いである。
 ある意味、銭湯での入浴の時だけがリラックスタイムとも言える。
 広い浴室、サウナ、体重測定。
 
 とにかく、入浴はゆっくり浸かるとしても、行き帰りは自転車を駆って、時間を有効に。
 
 それが、踏切を越えたところで、かの巡査に止められたわけである。

「わたしとしては、目の前で違反されては、停止を求めざるを得ないわけで」とかなんとか弁解しつつ、しっかり、自転車の車体番号を確認し、持参の小型パソコンで照会している。
「この自転車、盗難の経験はありますか?」
「そんなこと、分かりませんよ! もう、古い、十数年も乗ってきた自転車だし」
「そりゃ、そうですね」と言いながら、盗難車でないことなどのを確認が終わって、でも、切符を切る。
 我輩の住所氏名電話番号をパソコンに、つまりは警察にしっかり記録する。
 
 我輩は、貴重な時間が奪われていくことに苛立ちつつも、我慢している。
 巡査の気の済むようにさせている。
「大丈夫ですよ、もう一回、違反を摘発されない限り、点数にはなりませんから」だって。
 何の慰めにもならないぞ!
 車でもオートバイでも、もう、7年は違反をせずにきたのに、この巡査のせいで、前科モノギリギリとなったわけじゃん!

 泣く子とこの巡査には敵わない。

2009_1228071003tonai0013

← 庭の雪は、とうとう消えきらないうちに、次の寒波がやってきそう。

 ようやく解放され、銭湯へ。
 銭湯の玄関に入って、やれやれと思っていたら、窓の外に人の影。
 あの巡査だ。
 こっちのほうをジロジロ睨んでやがる!

 あいつ、オレが何処へ行くのか、ここまで付けてきたのだ。
 何という執念だ。

 そこで(勘の鈍い)小生も、ようやく気付いた。
 あの巡査の野郎、交番の前からオレを追いかけてきたのだ。
 オレを付け狙ってやがったんだ。
 踏み切りを止まらずに通過するのを、黙って見ていたんだ。

 掴まえる理由が欲しかったから、<犯行>を為すのを待ち受けていたんだ!

 これって、あんまりじゃなかろうか。
 しかも、銭湯へ入るまで我輩をつけてきていたなんて。

 巡査の遣り口、あまりにあくどいんじゃないの?
 この巡査の前で油断した自分が甘かったのかもしれないけれど、ね。

 教訓。
 巡査を見たら、油断すべからず!

(本稿の題名は、最初、「巡査を見たら、油断すべからず!」だったんだけど、お巡りさんに睨まれたら困るので、穏便なものに変えました! 09/12/28 記)
 

|

« 自分の居場所 | トップページ | 走れないメロス »

写真日記」カテゴリの記事

富山散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車散歩」カテゴリの記事

コメント

年の瀬になんとも後味の悪い出来事でしたね。

職務熱心プラス意地悪が入っていますね(--〆)
此方から訴えたい気持ちですね。
でも、後のことを考えるとつい我慢なんですね(u_u。)

投稿: 吾亦紅 | 2009/12/29 16:32

やはり一度警察のホームページに
苦情をいれたほうがよいかもしれませんね...

小生なら、管区警察をググって
クレーム入れるレベルです!!<`ヘ´>

年末ノルマじゃないでしょうか?(T_T)
http://josephyoiko.blog49.fc2.com/blog-entry-1467.html

投稿: Kimball | 2009/12/29 19:14

吾亦紅さん

また、あの巡査に追いかけられるかと、もう、あの交番の前を通るのが恐怖です。

実際、奴は小生の住所も覚えたから、逃げようがない…って、逃げる必要はないけど、不愉快だし、不気味です。
まあ、たまには我が家を覗いて、ギリギリの生活だって、分からせるのも手なのでしょうが、奴にそれだけの理解力があるかどうか、疑問です。


投稿: やいっち | 2009/12/29 21:08

Kimballさん

臆病者の小生には訴えるなんて、考えられません。
でも、窮鼠ネコを…って諺もありますからね。
今後の様子を見てみます。

特に、踏切での<違反の摘発>には頭が来ました。
踏切を越えた途端、呼び止めて、本官の前で違反をされたんじゃ、見過ごしできませんから、なんて、よく言うよ、です。

投稿: やいっち | 2009/12/29 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/47138782

この記事へのトラックバック一覧です: 南天の実も微笑ます日差しかな:

« 自分の居場所 | トップページ | 走れないメロス »