« 今日の漱石忌に思う | トップページ | 「斎藤真一」へ! »

2009/12/10

マルケス著『生きて、語り伝える』を読んだ

 G・ガルシア=マルケス/著『生きて、語り伝える』(旦敬介/訳 新潮社)を読んだ。

2009_1208071003tonai0016

→ 昨日は、日中は穏やかな日よりだった。けれど、朝は最低気温が1度。とうとう市内で氷が張ったという情報も。そんな中、バイクで仕事して、冷たい風が喉を直撃し、とうとう風邪を引いてしまった。気を張って、堪えてきたのだけどね。

 ガルシア=マルケスでこれまで読んだものというと、G・ガルシア=マルケス著『百年の孤独』(鼓 直訳、新潮社)と『わが悲しき娼婦たちの思い出』(木村榮一訳、新潮社)との二冊だけ。
 但し、『百年の孤独』は二度も読んだ。

 一度目は随分と以前に若さに任せて読み倒したもの。
 が、密林の深みに迷い込んでしまって味読も何も、ただ中央突破したという印象しか残っていない。 
 それこそ、メルヴィルの『白鯨』ムージルの『特性のない男』など、力任せに読んで、ただ、読了したという征服感もどきだけしか読後感にないような本は何冊もある。

» 続きを読む

|

« 今日の漱石忌に思う | トップページ | 「斎藤真一」へ! »

お知らせ」カテゴリの記事

写真日記」カテゴリの記事

富山散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

自転車散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/46979451

この記事へのトラックバック一覧です: マルケス著『生きて、語り伝える』を読んだ:

« 今日の漱石忌に思う | トップページ | 「斎藤真一」へ! »