« 南天の実も微笑ます日差しかな | トップページ | 矢でも雪でも持って来い! »

2009/12/30

走れないメロス

 今日はちょっとだけ感傷的な、少し虚構も交えたモノローグを書きおろしてみる。
 小生の作品の中では、妄想エッセイのジャンルに当たるかもしれない。

2009_1229071003tonai0009

← 真暗な中、街灯が並ぶ道に出ると、ホッとする。多くは、僅かに軒明かりだけが頼りだったりするから。ちょっとだけ、「窓辺の影」など、覗いてみる?

 闇の中を夜毎、這い回っている。
 日によっては同業の者と擦れ違うことも間々あるのだが、逆に全くといっていいほど、人の影と遭遇しないこともある。
 そんな夜は、不思議なもので、ネコの姿さえ、滅多に見かけない。
 まさに孤独な所業である。

2009_1229071003tonai0010

→ 昨日の南天の画像は鮮明ではなかったので、実がはっきり映る写真を載せてみる。真っ赤。多くの木の実が鳥たちに啄ばまれるのに、どうして南天の実はほとんど無傷なんだろう。毒がある? それとも、実の位置が鳥には啄ばみにくい?

 そんな人気のない闇の世界で決められたルートに従って走り続けていると、自分だけがとんでもない筋違いな営為に耽っているのではないか、そんな疑念に囚われる一瞬がある。
 ホントは、誰も他のやつはこんなことなどやっていない。
 自分だけ、バカみたいに、機械的に、道を踏み外すのが怖さに、闇の中の不可視の細い筋道に沿って移動している、のではと思えてくるのだ。

2009_1229071003tonai0013

← 雪を被っていた植物たちも、数日の寒気の緩みで顔を覗かせてきた。山茶花の花も多くの花を落としつつも、まだ健在である。

 性質(たち)の悪いゲーム。
 カクレンボ遊びをして、みんなとっくに家路を急いでいるというのに、一人、何処かの物陰にずっと隠れて、鬼に見つけられないよう、息を潜めている。
 そうでなかったら、みんな自分を置き去りにして、他の遊びに心変わりしていったというのに、一人、鬼役の自分だけ、壁に向かってバカみたいに数を数えている…。
 もう、放棄されたゲームだというのに!

2009_1229071003tonai0015

→ 積雪に道を阻まれ、近づけなかったミカンの木。今日、雪掻きついでに接近してみたら、多くのミカンの実が被害に遭っていた。多分、鳥たちに食い荒らされたのだろう。…悔しくもあるが、鳥たちの餌になったのなら、ま、いっか。

 でも、脈絡もなく走れメロスなどを思い出したりする。
 自分に課せられた役目を果たす…。
 誰も期待していなくても、とにかく最後まで遣り通す。
 遣り通した挙句、あれ、まだそんなことやってたの? それ、もう、意味なくなったんだよ! なんてあっさり言われるのだとしても、とにかく自分は最後まで遣り通すのだ。
 自分にあるのは、その意地の念、執念の思いがあるだけなのだ。

 …尤も、自分は決して走らない。
 夜道は暗いから、怖くて走れないのだ!

                               (09/12/29 作)
 

|

« 南天の実も微笑ます日差しかな | トップページ | 矢でも雪でも持って来い! »

写真日記」カテゴリの記事

創作・虚構・物語」カテゴリの記事

富山散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

駄洒落・戯文・駄文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/47146876

この記事へのトラックバック一覧です: 走れないメロス:

« 南天の実も微笑ます日差しかな | トップページ | 矢でも雪でも持って来い! »