« 地球上で最も大きな生体:アスペン | トップページ | 解剖図の歴史を垣間見る(上) »

2009/10/25

肝心の畑は荒れ放題

2009_1024071003tonai0007

← 我が家の庭も秋の真っ盛り。いろんな木に木の実が生っている。「現生人類のルーツを遺伝子で」や「地球上で最も大きな生体:アスペン」などに載せた木の実などの画像も見てね。このほか、ヘチマのでっかい実も生っているし、ミカンも結構な収穫が期待できそう(味は怪しいが)。

2009_1024071003tonai0009

→ 「南天」だろうか。……ここにこっそり書いておくけれど、肝心の畑には何も植えていない。雑草の生え放題。植えても育てる自信(意欲)がないので、耕作放棄している。勿体無いとは思っているのだけど。

2009_1024071003tonai0006

← 畑の片隅に生い茂っていた雑草のうちの一本を、毟り取らずに、表通りに面する花壇に試しに植えてみた。放置したら、どんな風に育つのか見てみたかったのだ。外見は、紫蘇っぽかったのだが、色合いは緑だった。育つにつれ、とんでもなく大きくなり、2メートルを超えてしまった。枝葉が通りまで延びていくので、相当に刈り込んだ。いよいよ晩秋へ向かう今になって、育ち方も穏やかに。葉っぱが紅葉したりして、しおらしくもある。

2009_1024071003tonai0005

→ 一昨日、「寒菊」を買ってきて、昨日(23日)、同じく表通りに面する花壇に植えてみた。年末頃には寒さにめげずに菊の花が咲くはずだけど、さて。

2009_1023071003tonai0005

← いつだったか、この植物の名前は教えてもらったのだが、情けなくも忘れてしまった。今年も朽ちた竹垣の透き間から元気な顔を覗かせてくれている。


2009_1020071003tonai0004

→ 一週間ほど前に購入し、一旦は畑に植えたものの、二十日だったかにやはり表の通りに面する花壇に植え変えた「ヘデラ(アイビー)」。日当たりが良すぎるとダメだというけれど、そのまま。今の所、涸れてはいないが、さて、育ってくれるものやら。

                                  (09/10/24 作)

|

« 地球上で最も大きな生体:アスペン | トップページ | 解剖図の歴史を垣間見る(上) »

写真日記」カテゴリの記事

富山散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この日記を書いた翌日、つまり25日(日)、半日を費やして、畑の雑草取り。

さすがにちょっと忸怩たる思いが過ぎったのだ。

綺麗とまではいかないけれど、まあまあの状態にはなった。

…でも、根を詰めて作業したので、腰が痛い、節々が痛い!

睡眠時間を削ったので、眠気を通り越して、頭が痛い!

投稿: やいっち | 2009/10/25 21:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/46571604

この記事へのトラックバック一覧です: 肝心の畑は荒れ放題:

« 地球上で最も大きな生体:アスペン | トップページ | 解剖図の歴史を垣間見る(上) »