« 朝青龍と白鵬の名勝負二番! | トップページ | 杉浦貴美子著『壁の本』が気になります »

2009/09/29

アナトール・フランスの小説を初めて読んだ

 アナトール・フランス著『赤い百合』(杉本 秀太郎【訳】 (京都)臨川書店 (2001/06/30 出版))を読んだ。
「19世紀末のパリとフィレンツェを舞台に、浮華な社交界を逃れ、真実の愛と自由を求めた貴婦人の、官能的で、はかない恋愛模様。アナトール・フランスの絶妙な筆が描く、人間の感情の機微、流行の最先端をゆく、きらびやかな会話の数々…。杉本秀太郎による完全新訳」ということで、戦後初の訳かと思ったら、そうでもないようだ(以下、敬愛の念を籠め、敬称は略させてもらう)。

2009_0927071003tonai0012

← 昨日(27日)の「クレオメ(西洋風蝶草)」。今日は、父に連れ立って母の見舞いに。病床の母はしきりに父に、「早く退院させてよ!」と訴えかける。母の父に対する甘えであり、本音の吐露でもあるのだろう。けれど、一定の治療の効果はあったけれど、当面はリハビリのための入院が続きそう。車椅子での散歩が唯一の楽しみなのか。

 これまで、関東大震災直前に春陽堂刊行の石川淳の手になるもの、一九五〇年に白水社版『アナトオル・フランス長篇全集』所収のものがあり、それは小林正の手になるらしい。

続きを読む "アナトール・フランス著『赤い百合』を愉しむ"

|

« 朝青龍と白鵬の名勝負二番! | トップページ | 杉浦貴美子著『壁の本』が気になります »

お知らせ」カテゴリの記事

写真日記」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

駄洒落・戯文・駄文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/46337983

この記事へのトラックバック一覧です: アナトール・フランスの小説を初めて読んだ:

« 朝青龍と白鵬の名勝負二番! | トップページ | 杉浦貴美子著『壁の本』が気になります »