« 「対数らせん」の世界へ | トップページ | 今日は「悪魔の詩」訳者殺人事件の日 »

2009/07/11

フレデリック・ハートの《無から》の周辺

 拙稿「「対数らせん」の世界へ」にて、フレデリック・ハート(Frederick Hart)作の「無から(Ex Nihilo)」という彫刻作品を紹介している。

Artwork_images_164119_250140_freder

← "Ex Nihilo" (by Frederick Hart  Working Model) (画像は、「Frederick Hart, Michael Wilkinson, Richard Macdonald, Gil Bruvel, Collection Privee」より)

 この作品の素晴らしさには目を瞠るものがあるし、作者のフレデリック・ハート(Frederick Hart)の人間像も感銘を受ける。
 この作品を再発見させてくれたビューレント・アータレイ著『モナ・リザと数学―ダ・ヴィンチの芸術と科学』(高木 隆司 佐柳 信男【訳】 (京都)化学同人)から、フレデリック・ハートについての記述を一部、抜粋しておきたい。

08072712

→ ハート作の「無から(Ex Nihilo)」という彫刻作品の発想のもとは、彼の未亡人によると、「雲の形が変化するときに見られた渦巻き模様にヒントを得た」という。どんな雲だったのだろう(この画像は、昨年の夏、自宅の前から撮った夕景)

 ということで、「フレデリック・ハートの《無から》の周辺」へ!

|

« 「対数らせん」の世界へ | トップページ | 今日は「悪魔の詩」訳者殺人事件の日 »

お知らせ」カテゴリの記事

写真日記」カテゴリの記事

哲学・思想・宗教」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

美術エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/45593138

この記事へのトラックバック一覧です: フレデリック・ハートの《無から》の周辺:

« 「対数らせん」の世界へ | トップページ | 今日は「悪魔の詩」訳者殺人事件の日 »