« 三木たかしさん死去から昭和歌謡のことなど | トップページ | 「小寺(尾島)菊子のこと(追記)」をアップ »

2009/05/13

「ティム・ワイナー著『CIA秘録 下』の周辺」アップ

 ティム・ワイナー著の『CIA秘録 上』(藤田博司・山田侑平・佐藤信行・訳 文藝春秋)に続き(感想は、「『CIA秘録 上』の周辺」にて)、『CIA秘録 下』も読んだ:
ティム・ワイナー著『CIA秘録 下』の周辺

2009_0512071003tonai0013

→ 初めて気がついたのだが、今日(火曜日)、ふと見上げたら、棕櫚の木に変なものが。この黄色っぽいものって何だろう? [お馴染み、かぐら川さんよりコメントの形で情報を戴きました。コメント欄をご覧ください。 (09/05/14 追記)]

 事実は小説より奇なり、なんて古臭い言い草を持ち出す気はないが、まさにそういった類いの本。
 ハリウッド映画などで随分と美化された、スパイや諜報組織の活躍ぶりを見せてもらったりするが、現実はおぞましいほどに愚劣だったり悲惨だったりする。

 諜報機関がなければならないのだとしても、一旦、組織が誕生すると、組織が一人歩きしてしまう。
 特に権力の集中する機関、わけても諜報(秘密)収拾や他国(に限らない、自国や自国民)への工作が仕事の組織となると、一層、巨大な体躯でもあり、誰にも御しえなくなってしまうもののようだ。

2009_0512071003tonai0016

← 行きつけのスーパーの棚の上に鎮座するゴリラ君。どうにも気になって、今日、とうとう撮影してしまった。彼、買物するお客さんたちを見守っている? それとも、万引きを見張ってる? ……あれ? もしかして…、女の子? 

 印象的なのは、冷戦構造が厳然たるものだった時代の、強烈な使命感(だからこその暴走も日常茶飯事!)と、構造が崩れて以降の右往左往ぶり。とうとう瓦解の一途を辿っていく。って、今もCIAって、あるんだっけ?

 日本にも諜報機関があるのだろうけど、アメリカでさえこうだったら、日本は……、もう、想像したくない!

|

« 三木たかしさん死去から昭和歌謡のことなど | トップページ | 「小寺(尾島)菊子のこと(追記)」をアップ »

お知らせ」カテゴリの記事

写真日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

社会一般」カテゴリの記事

近代・現代史」カテゴリの記事

コメント

シュロは雌雄異株の木です。写真は、雄株の雄花の花序ですね。↓のページがわかりやすです。これからの展開を観察して報告いただけるとありがたいです。
http://hananouta.nomaki.jp/page_thumb398.html

投稿: かぐら川 | 2009/05/13 23:12

かぐら川さん

シュロについての情報、ありがとうございます。
分かりやすいし、写真がどれも迫力があります。

雄株の雄花の花序を接写してみたいけど、梯子か何か使わないと難しい。
でも、とにかく変化の様子は観察していくつもりです。


昨年は、こういった異変には気付かなかった…けど、今年は我が庭で事情が変わったのか。

ツツジの開花が昨年とは比較にならないほどだし、梅の実も生り方がいい!
ちょっとだけ土壌改良した成果なのか(僭越)!

梅干は難しそうなので、梅酒を作るつもり。

投稿: やいっち | 2009/05/14 13:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/44995135

この記事へのトラックバック一覧です: 「ティム・ワイナー著『CIA秘録 下』の周辺」アップ:

« 三木たかしさん死去から昭和歌謡のことなど | トップページ | 「小寺(尾島)菊子のこと(追記)」をアップ »