« 門前の小僧習わぬ何とやら(後篇) | トップページ | 我が家の庭の仲間たち(続) »

2009/05/04

「『CIA秘録 上』の周辺」へ……門前の小僧の勢いは続く

『CIA秘録 上』の周辺をアップしました。

2009_0502071003tonai0025

→ 表通り側に面する、元は花壇だった場所に植えたパンジー。二日の夕方近くに撮影。あの劣悪な環境下で、どうしてこんなに丈夫なのかと驚くほどの生命力だ。冬を乗り切り、今も咲き誇っている。この花を見ていると、美しさや可憐さよりも、日光に耐え、耐えるどころか滋養に変えてしまう植物の凄みを感じる。

門前の小僧習わぬ何とやら(前篇)」や「門前の小僧習わぬ何とやら(後篇)」にていろいろ書いてきた。
 我が家の庭への入口の狭き門を、片側の角を抉り取ることで、車のバックでの入庫(庭)が容易になることを期待しての、突貫工事だった。

 実は、今日(三日)、向かい側(反対側)も角を削り取ることに決め、とりあえず、角にある生垣を2本、撤去・移動させた。
 連休中に大よそのことを片づけてしまおうと思い立ったのだ。

|

« 門前の小僧習わぬ何とやら(後篇) | トップページ | 我が家の庭の仲間たち(続) »

お知らせ」カテゴリの記事

写真日記」カテゴリの記事

国外情勢・歴史」カテゴリの記事

富山散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/44888088

この記事へのトラックバック一覧です: 「『CIA秘録 上』の周辺」へ……門前の小僧の勢いは続く:

« 門前の小僧習わぬ何とやら(後篇) | トップページ | 我が家の庭の仲間たち(続) »