« 東京が遠い! | トップページ | 「トゥルー・ストーリーズ」へ! »

2009/03/12

生きている限りコガネムシ

 このところ、金色付いている。
水入らずの団欒?」とか「ドキュメント 脱糞だ!」とか。
 一読すれば分かるように、金色といっても、まあ、こげ茶というか土の色を呈するあれというか、茶褐色のあの代物のこと(色合い)である。

2009_0310071003tonai0022

→ 富山出身の宝塚(歌劇団)星組の若手男役スターである麻尋しゅん(まひろ しゅん)さんが、「My dear New Orleans/ア ビヤント」東京宝塚劇場公演千秋楽(4月26日)で退団予定というニュースをやっていた。近年、主役を射止めてきただけに、惜しい! 一度は舞台で見たかったなー。画像は、テレビのニュース映像から。

 断っておくが、決して黄金のことじゃない。尾崎紅葉の『金色夜叉』とか三島由紀夫の『金閣寺』の「金」とか、谷崎潤一郎の作で、自身の全集に収めるのを拒んだ、が、三島によって失敗作と談じられつつも、三島が復活させた(と言われる)『金色の死』の「金色」でもない。

 ついでなので、蛇足と思いつつ、拙稿から同じ系統(?)の小文を紹介しておく。
金色の庵」である。

2009_0310071003tonai0037

← 気忙しい日々の合間をぬって、夕方近く、自転車を駆って数日ぶりに銭湯へ。ちょっとした息抜き。今日(水)は天気雪が降ったりした。

 気がつけば、もう5年も前に作ったことになる。
 決して気まぐれに創作したものではないのだが、今、読み返してみると、なんだか身につまされそうな話。
 人は土から生まれ土に帰るというが、人間に限らず生き物は、生きている限り黄金虫(こがねむし)なのだと、日々つくづくしみじみ痛感している。


|

« 東京が遠い! | トップページ | 「トゥルー・ストーリーズ」へ! »

ダンス」カテゴリの記事

テレビ情報」カテゴリの記事

写真日記」カテゴリの記事

富山情報」カテゴリの記事

富山散歩」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旧稿を温めます」カテゴリの記事

自転車散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/44319013

この記事へのトラックバック一覧です: 生きている限りコガネムシ:

« 東京が遠い! | トップページ | 「トゥルー・ストーリーズ」へ! »