« 断片その2 | トップページ | 春の雪 静かなる家(前半) »

2009/03/05

「ボクの猫」へ

 この頃、妙な夢を見る。
 いい年をした私が、何故かあの頃のボクになっている。大人になってしまった今の私のような、幼かったあの頃のオレのような、宙ぶらりんな自分が、長いような、短いような旅をする。

0811301

 夢の中のボクは子供なのか五十路となった大人なのか、自分でも分からない。
 きっと、私は何歳になってもボクなのだろう。

 旅…といっても、迷子になった<ボク>が彷徨っているだけなんだけど、夢の中のボクにとっては心の旅に違いない。

 その夢には何故か、必ず猫が登場する。
 それが一番、私には不思議だ。私には猫に絡む思い出などない。猫を飼ったこともない。
 なのに、どうして猫が現れるのか。


ボクの猫 続き

|

« 断片その2 | トップページ | 春の雪 静かなる家(前半) »

創作・虚構・物語」カテゴリの記事

創作(オレもの)」カテゴリの記事

旧稿を温めます」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/44250448

この記事へのトラックバック一覧です: 「ボクの猫」へ:

« 断片その2 | トップページ | 春の雪 静かなる家(前半) »