« 「雨上がりの夢想」へ | トップページ | 雪の夜に「真冬の満月と霄壤の差と」を想う »

2009/02/15

我が家の庭の仲間たち

2009_0214071003tonai0032

→ 季節はずれの暖かさも今日までだと知っているのか、白猫殿は我が家の庭で日向ぼっこ。眼がウットリ! 我輩も、最近、貴殿のお姿を拝見できて、嬉しいよ! 東京は大田区に在住していたある時期、家の近所で見かけた老いた白猫殿のことを思い出す。「小生が仕事で朝帰りすると、近所で出迎えてくれる(?)猫。体毛は白。もう、老いていて、ほとんど身じろぎ一つ、しない。先日、道路をのそりのそり渡る姿を見て、感激したものだった」…。

2009_0214071003tonai0036

← 白猫殿の次は、やはり梅だよね。なんたって、「我が家の庭先にある梅の木。外出するときも、帰宅するときにもこの樹齢約150年の梅の木にご挨拶。行ってきま~すとか、ただいま~とか。我が家を五代に渡って見守ってきた木。家が全焼した空襲の際にも焼け落ちることはなかったのだが、世話を怠ったばっかりに今や朽ちなんとしている」し、大事にしなくっちゃ!

2009_0214071003tonai0038

→ 小生は種類にもよるけど、「坂口安吾著『桜の森の満開の下』」に書いたような理由もあって、よりが好き。梅干に梅酒に…。そういえば、むかーし、自動車学校で机を並べた橘さん、素敵だったなー。

2009_0214071003tonai0042

← ヒヨドリ君。今日は定位置のよそ様の畑にある柿の木じゃなく、我が家の庭木に止まっているのを発見。幹の陰に隠れてないで、全身を見せてよ! もったいぶっちゃダメだよ。

2009_0214071003tonai0046

→ ヒヨドリ君、日和も良くて日向ぼっこかな。あるいはいい日和(ひより)が好きな鳥だからヒヨドリって命名された…わけじゃないよね。ん! ヒヨドリ君、君って、もしかして…、メタボ? えっ? 違うって?

2009_0214071003tonai0048

← その点、梅の木にメタボなんて、ないよね。まあ、樹齢百五十年ほどの老樹だから、そんなもの、とっくに超越している!
  2009_0214071003tonai0049
→ ヒヨドリ君がメタボである決定的な証拠写真! と、思ったら、あんただって、今年に入って2キロも太って、「<私>の生まれた日」なんて書いてる場合じゃないだろって、睨まれちゃった。

|

« 「雨上がりの夢想」へ | トップページ | 雪の夜に「真冬の満月と霄壤の差と」を想う »

写真日記」カテゴリの記事

富山散歩」カテゴリの記事

恋愛・心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

駄洒落・戯文・駄文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/44072926

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の庭の仲間たち:

« 「雨上がりの夢想」へ | トップページ | 雪の夜に「真冬の満月と霄壤の差と」を想う »