« ルシファー 冷たい火 | トップページ | つらつらと氷柱(つらら)のこと »

2009/01/25

朝青龍、優勝!

優勝決定戦、がっぷり四つ。
寄りきりで朝青龍、勝ち。
真っ向勝負で白鳳も納得だろう。

朝青龍、優勝!

優勝インタビューで、「わたしは帰ってきました!」だって。

待ってたよ!
おめでとう!
感動した!


 リストアップしてみたら、朝青龍関係の記事を五つも書いていた。
 根っからのファンだからでもあるけど、不当なバッシングに義憤を感じたからでもあるようだ:
朝青龍バッシングは異常じゃないの?
朝青龍バッシングはやっぱり異常だ!
時津風部屋傷害致死事件と朝青龍バッシング騒動と
二つのおめでとう! 朝青龍とハヤブサと
モンゴル相撲「ブフ」と朝青龍と

 相撲について:
日本発世界的スポーツの誕生 ? !

|

« ルシファー 冷たい火 | トップページ | つらつらと氷柱(つらら)のこと »

お知らせ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

番外編」カテゴリの記事

コメント

初場所、千秋楽、盛り上がりましたね。
白鵬とは対照的に、闘争心をむき出しにして、駄目を押す相撲スタイルに、横綱らしい品がない、などと言われる朝青龍。
我が家でも応援するのは私だけで、父母は嫌いだと言う。
そういうバッシングのなか、優勝したのだから、朝青龍の精神的な強さは、やはり横綱のものだ。
朝青龍、おめでとう!

投稿: 滝野 | 2009/01/25 19:42

滝野さん

千秋楽の盛り上がり、さすが千両役者同士の戦いだっただけはありますね。
見応えがありました。

朝青龍への不当なバッシングが続きましたが、彼は実力と執念と維持で(そして相当な我慢も!)雪辱を果たしたわけです。

大麻汚染や八百長(アウンの呼吸での勝ち星の遣り取り)が当たり前(美風?)とされる角界は、品格という意味不明の非難(中傷)しかできなかったわけですね。

品格を言えるような評論家やOBや横審の人間なんているのか疑問です。
品格なんて人それぞれで意味合いも違う。

角界にはもっと多くの外国人力士に門戸を開いて、もっと見応えのある相撲を見せるよう、努力して欲しいと期待するばかりです。

最後に、改めて、朝青龍、おめでとう!

投稿: やいっち | 2009/01/25 20:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/43852493

この記事へのトラックバック一覧です: 朝青龍、優勝!:

» 帰って来たブルードラゴン!! 朝青龍劇場第2幕の始まりか? 【大相撲 初場所】 [不定期更新のスポーツニュース]
大相撲初場所は23日千秋楽を迎え、本割で白鵬が朝青龍を破り14勝1敗で共に並んで横綱同士の優勝決定戦が行われた。その結果、朝青龍が本割の雪辱を果たすと共に復活優勝を成し遂げた。朝青龍の優勝回数は23回となり貴乃花の22回を抜いて歴代単独4位となった。..... [続きを読む]

受信: 2009/01/26 21:59

» プライド [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
一条ゆかり原作、金子修介監督、ステファニー、満島ひかり、渡辺大、高島礼子、及川光博、由紀さおり。共にオペラ歌手を目指す絵に描いたような良家のお嬢様(ステファニー)と絵に描いたような上昇志向丸出し娘(満島ひかり)が絵に描いたような出会いで確執する出会い系青春ド....... [続きを読む]

受信: 2009/01/26 22:00

» 朝青龍と渋井陽子 [あんなこと、こんなこと。どんなこと?]
久しぶりに感動した。鬼の目にも涙って、失礼。でも鬼のように、がむしゃらに、体裁もプライドも振り捨てて頑張った人が優勝して涙ぐむのを見るとやはり感動する。 相撲界全体を敵に回して、公然とモンゴルに帰れだの、引退だのと言い立てられ、それこそ土俵際に追い詰め....... [続きを読む]

受信: 2009/01/26 22:14

» 2つの復活劇に沸いた日曜日 〜大阪国際女子マラソン&大相撲初場所千秋楽〜 [日刊魔胃蹴]
1月最後の日曜日となった25日、東京では大相撲初場所の千秋楽、大阪は大阪国際女子マラソンが行われ、初場所は復帰した朝青龍が14戦全勝で白鵬との横綱対決、マラソンでは復活劇が起こりました。 世界陸上ベルリン大会の代表選考会を兼ねた大阪国際女子マラソンは、渋井陽子選手が昨年11月の東京国際に次いで連続参戦すれば、日本最速のオカン・赤羽有紀子選手、小出軍団からの刺客・脇田茜、2007年大会の優勝者で世界陸上3大会連続出場を目指す原裕美子選手が出場。海外勢からは大阪3連覇のリディア・シモン、エチオピア... [続きを読む]

受信: 2009/01/27 02:05

« ルシファー 冷たい火 | トップページ | つらつらと氷柱(つらら)のこと »