« 謹賀新年! | トップページ | 「雪の轍(わだち)」アップ »

2009/01/02

初詣で初お酒……何かへの胎動

目次:
初詣で初お酒……何かへの胎動
姫始め…余談ですが

2009_0101071003tonai0025

→ 元旦の朝、茶の間のカーテンを開いたら、冬のスズメたちが柿の木に屯(たむろ)しているのが眼に留まった。

初詣で初お酒……何かへの胎動」(元旦の真夜中過ぎに記す)

 普段、お酒を飲む習慣のない小生(お酒を飲むと本を読めなくなるから)、呑む機会があるとしたら、初詣くらいかなって思ってたら、ホントにそうだった。

 元旦の日の午後、ちょっと一区切り付いたので、そうだ、初詣に行こうと思い立った。
 以前は帰省した折、車で母と二人、初詣に雄山神社へ参拝しに行ったものだったが、その慣習(?)も数年前、途切れてしまった。

 父は長年、地元の神社の世話人をやっていた。総代のような役目も担ったことも。
 年末年始は、神社に詰めっきり。徹夜で受付や準備・片付けに。

 今年はお役御免で、何年ぶり…というより何十年ぶりに紅白を自宅のテレビで観たとか。
 あまりに久しぶりなので、普段は九時過ぎには寝室に引っ込むのに、今回は日中、眠っておいて、夜、紅白の終わるまで茶の間に居座ったままだった。
 長い間、お勤め、ご苦労様でした。

2009_0101071003tonai0027

← 近所の畑にもスズメたち。餌は何なの? さすがにスズメたちに炊き出しする人は居ない。

 母は勿論だが、父も初詣に行かない…その上、小生までが腰が重いでは、先が思いやられるので、小生が一念発起(← 大袈裟)したわけである。
 ちょうど、昨夜来の雨(時折、雪)が午後の三時過ぎ、降りやんだことも後押しした。
 一瞬だが、かすかに青い空も垣間見えた。

 あとで振り返ってみると、小生の重い腰を後押しする理由が他にあった。
 親戚の夫妻が年始に来たのだが、二人は昨年の四月に結婚したこともあってか、初詣してきたという話が四方山話の中にあった。
(そういえば、昨年、一度だけ、お酒を口にしたが、それは護国神社での神前結婚という彼らの結婚式の際に、車で来ていたのに、ついお猪口で少し飲んだ…。あれが昨年唯一の飲酒だったかもしれない。)

2009_0101071003tonai0030

→ 初詣の帰り、何処かの造成中の公園にて。ワーイ、遊園地だ、思いっきり遊んじゃうぞーって、我輩はそんな年じゃないなー。それにしても、地元の神社の初詣風景を写真に収めるの、忘れてた!

 天候の変わりやすい今の時期の富山の空模様なので、いつ急変するやも知れず、自転車を引っ張り出して急いで神社へ。
 思えば、初詣は大概、雄山神社なので、地元の神社での初詣は久しぶりかも(昨年、帰郷して間もない頃、神社へは参拝に行った)。
 賽銭箱には、奮発して(?)300円。
 100円じゃなく。
 そう、父母の分も、ということで300円なのである。
 
 お参りを終えたら、本殿のすぐ脇にいた方にお猪口(?)で少々のお神酒を振舞われた。
 自転車で来ているんだからと、やんわり断ればいいのに、つい断りきれなくて。

 なので、帰りは酒酔い運転!
 
2009_0101071003tonai0031

← 束の間の晴れ間も、雲行きが怪しい。天気が変わりやすい北陸の冬の空。初詣の帰り道、買物に向かったら、その途次、案の定、霙混じりの雨が降り出した。破魔矢など縁起物を買わなかったからか ? !

 初尽くしというと、大晦日、紅白の最中に我が家の風呂で入浴した。
 我が家の風呂に入ったのは初めてってわけはないが、二十年前後は入ったことがない。
 そもそも、入浴の習慣は35歳(お肌の曲がり角だった)になった頃に止めた。
 風呂場ではシャワーだけに切り替えたのだ。
 
 でも、帰郷して、少しずつ一人暮らしの頃の習慣が崩れてきて、七月頃だったか、銭湯へ。
 銭湯でシャワーだけってのも(サウナには入ったが)変!
 
 これで味を占めたが、それでも、その後も、一月に一度程度の銭湯通いだけで、自宅の風呂ではシャワーだけだった。
 
 が、師走になり寒さを(家の中で)強烈に感じるようになり、銭湯通いが、月に一度が二度になり、週に一度、ついには二度になった。

 貧乏を絵に書いた生活を送っている小生、経済的な負担が重過ぎる!

 でも、お風呂には入りたい!

2009_0101071003tonai0034

→ 正月二日は恒例の箱根駅伝。テレビ観戦。これはテレビの画像をデジカメで撮影したもの。

 なので、とうとう年末になって自宅の風呂場を掃除。バスもタワシで洗ってピカピカに。
 そして、クリスマスイブ、大晦日と、年末になって二度も自宅の風呂で入浴。
 
 郷里で暮らすって、父母との生活ってこともあるからだろうか、いろんなものが変わらざるを得ないのかもしれない。
 生活習慣が根底から変わっているから当然なのか。
 一人暮らしの垢が自宅での入浴で落ちる?

 自分で思っている以上に、自分の中で何かが変化しているのかもしれない。
 人間性がよくなることはないと思うが、愚か者なりに何かへの胎動があるのかもしれない(← 年初なので言わせてね)!

2009_0101071003tonai0035

← 箱根駅伝の沿道風景は(昨年までの東京国際女子マラソンと同様)、小生には何処も懐かしい。どの風景もなじみのものばかり。東京の港区に、ついで大田区に合計で27年、居住し働いていたのだ。

姫始め…余談ですが」(元旦の夜記す)

 毎年のことだが、小生のブログ、年末から年初でのアクセス回数が多いのは、「姫始め」関係の記事。
 毎日、せっせと新しい日記を書いているのに、何年か前に書いた、その手(?)の記事にアクセスが集中する。

 みんなあくせくしてる…じゃない、これらの記事にアクセスしてくるんだね。
(アクセスって言葉の文字の順序を置き換えると、ア、セ○スになる!)

 クソ! 羨ましいぞっ! 

2009_0101071003tonai0037

→ 増上寺近辺。この近くにタクシープールがある。芝公園という大きな公園もあって、この周辺はタクシードライバーにとっての休憩・仮眠の場でもある。この辺りから東京タワーを撮影したこともしばしば。なお、小生には「箱根駅伝…観戦記?」がある。そう、昨年は東京の自宅近くの沿道で観戦したのだ!

 …て、考えてみたら、アクセスする奴って(男か女か分からんが)、その最中じゃない奴だってことか。

 そうか、それなら許す?!


 ということで、アクセスが年末年始に急増する記事は下記です(読んでもためになりません。害にもならないはずだけど):
兄ちゃんの姫始め」(← ややシリアス系)
姫始め」(← ギャグ系…もしかしてシリアス系)

2009_0101071003tonai0042

← 八ッ山橋付近の踏切には渋滞で悩まされたものだった。交差するこの道を何千回、通り過ぎただろう!

(都合により「姫始め」画像は略します。各自で用意してください!)

|

« 謹賀新年! | トップページ | 「雪の轍(わだち)」アップ »

スポーツ」カテゴリの記事

タクシーエッセイ」カテゴリの記事

テレビ情報」カテゴリの記事

写真日記」カテゴリの記事

富山散歩」カテゴリの記事

思い出話」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

自転車散歩」カテゴリの記事

コメント

やいっちさん、あけおめです。
銭湯に行くお金で入浴剤を買って、自宅のお風呂に入るというのはどうでしょう?

投稿: 滝野 | 2009/01/02 22:41

滝野さん

あけおめ ことよろ!

入浴剤は嫌いなんです(学生時代の嫌な思い出があるからかもしれない)。

それより、冬だからなのかしれないけど、浴室の湯気に参ってます。
どうやったら湯気を押さえられるのか。
浴室が寒すぎるからかな?

まあ、とにかく、冬の間は入浴する機会は増えそう!

投稿: やいっち | 2009/01/03 01:42

今年もよろしくお願いいたします♪

冬のお風呂は良いですよね~ま、我が家では6人が入るので
のんびりってわけにはいきませんが(苦笑)
ざっと浴室にシャワーで水をかけると、湯気は消えますよ。
湿気とカビ対策です。気になる時にはどうぞ~

投稿: ちゃり | 2009/01/04 23:57

ちゃりさん

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

ちゃりさんの俳句日記は好きです。楽しみにしています(プレッシャー?)。

家族が6人もいると、のんびりはできないですね。
我が家は父母と3人だけど、母はデイケアで、父は…めったに。
下手に入ると、そのあと、体調を崩してしまうので、用心しているみたい。
何処か体の弱い人も入れる風呂…となると、温泉も難しいかな。

>ざっと浴室にシャワーで水をかけると、湯気は消えますよ。

なるほど!
今度、やってみます。
ありがとうは、試してみてから改めてね。

投稿: やいっち | 2009/01/05 09:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/43610564

この記事へのトラックバック一覧です: 初詣で初お酒……何かへの胎動:

» 初詣2009 [accoun.Diary!]
初詣してきました。 毎年恒例の、近くのお宮です。 ... [続きを読む]

受信: 2009/01/02 20:07

« 謹賀新年! | トップページ | 「雪の轍(わだち)」アップ »