« 2008年6月22日 - 2008年6月28日 | トップページ | 2008年7月6日 - 2008年7月12日 »

2008/07/05

今年は源氏物語千年紀

 自宅の寝床で、あるいは帰郷に際して東京から持ち帰ったロッキングチェアーに腰を沈めつつこの二週間ほどちびちびと読み進めてきた、『ダブリン市民』と『若い芸術家の肖像』の二作品が所収となっている『新集 世界の文学 30 ジョイス』(高松雄一/永川玲二訳 中央公論社)を読了した。

Genji_emaki_azumaya

← 『源氏物語絵巻(東屋)』(徳川美術館蔵) (画像は、「源氏物語絵巻 - Wikipedia」より。)

 同時に、外出などの際に、時間が空いた時に楽しむために携えていた、『中谷宇吉郎集 第八巻』(岩波書店)も、昨日、読了してしまった。
 全八巻の『中谷宇吉郎集』は、全六巻の『寺田寅彦集』(岩波書店)共々、買ったのは七年かそれくらい前なのだが、他の本のように購入したら即、手を付けるのではなく、敢えて温存してきた。

 心を遠い少年の日の夢に舞い戻らせるというか、実験や観察やデータの蓄積と分析など世界を接近戦で地道に見つめているにも関わらず、精神は何処か高邁で遠大で、且つ少年の素朴な好奇心・探究心を常に忘れない純なものが通奏底音のように流れている、いい意味での科学者の心そのものである…。

続きを読む "今年は源氏物語千年紀"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/07/04

「蛍を見た!」アップ

蛍を見た!」アップしました。
 虚構なのか日記なのか。
 それが問題…ってほど、大したものじゃありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/03

「ロダンのエロス(続)」アップ

Danaide2

ロダンのエロス(続)」アップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/02

ジョイス…架空のイメージとの遭遇(承前)

 さて、余談が長くなった。
 書棚で目にしたのは、『新集 世界の文学 30 ジョイス』(高松雄一/永川玲二訳 中央公論社)である。昭和47年の刊行だが、小生が入手したのは古書店で。
 読んだのは学生時代の終わりごろだったような。

Pibf7315_2

← 『ザ・デッド ―ダブリン市民より―』 (画像は、「ザ・デッド ―ダブリン市民より― ジョン・ヒューストン監督作品」より。) 「ジェイムズ・ジョイスの短篇が、華麗に、香気豊かに映像化された――」というが、一体、どんな映画なのか。今回、『ダブリン市民』の短編の数々の魅力を賞味して、改めて関心が沸き立った。

 その頃は、内外を問わず、腕ずく力尽くで哲学や文学などの本を読み漁っていた。とにかく読み倒す。分かろうが面白くなかろうが、一旦、手にした本は図書館のものであれ借りたものであれ買ったものであれ、最後まで意地でも読み通す。

 読了した…。山を征服した…感覚…?


続きを読む "ジョイス…架空のイメージとの遭遇(承前)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/01

ジョイス…架空のイメージとの遭遇(序)

 先日、ポール・デイヴィス著の『幸運な宇宙』(吉田三知世訳、日経BP社)を読了し、次は何を読もうかど書棚を物色。
 このところ本格的な小説を読んでいないという感覚があったので、長編でなくても読み応えのある本をと書棚を見渡したら(って、そんなに大きな書棚じゃないけど)、ジェイムズ・ジョイスの本に目が行った。

Art07

← 「The sword of justice confines an evil spirit.」 (画像は、「La Moon」より。)

 その前に、ポール・デイヴィス著の『幸運な宇宙』は今年になって小生が買った三冊目の本!
 窮乏生活のため書店を敬遠する日々を始めて四年が経過し、今年の四月から五年目に突入。
 こんなに長く貧乏が続くとは思わなかった。まだ、少なくとも数年は本を買えない生活が続きそう。

 上掲の本は、題名だけを見たなら小生は安手のスピリチュアル系の本の類いだろうと、素っ気無くその本の背表紙を素通りしたはず。
 でも、著者がポール・デイヴィスとあっては、際物ではない。というより、一流の物理学者だし、同氏の本は大半は読んできた。最先端の素粒子論や宇宙論の現況を素人にも分かりやすく叙述してくれるので、内容の堅実さも相俟って安心して読める。

続きを読む "ジョイス…架空のイメージとの遭遇(序)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/30

「ロダンのエロス」アップ

ロダンのエロス」アップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/29

紫陽花は日本を象徴する花 ? ! 

 過日、郷里の富山が梅雨に入ったと思った途端、いかにも梅雨にピッタリの花、紫陽花の葉っぱのことが話題になった:
実は毒!うっかり食卓に…アジサイの葉で食中毒」(「Yahoo!ニュース」より。この記事の詳細は末尾に示す)

2008_0628071003tonai0020

→ 父の体調が思わしくなく、丹精籠めて育てた多くの盆栽は枯れてしまっている。そんな中、奇跡的に鉢植えの紫陽花が一輪、健気にも咲いてくれた(以下、すべて撮影は6/28日)

 紫陽花の葉っぱの毒性については、小生にしても、「季語随筆拾遺…紫陽花と雛罌粟」(2005/05/30)の中で言及している。
 調理担当者が小生の記事をちょっと眺めてくれたら、こんな事故はなかったはずなのに…、なんて不謹慎なことを書いている場合じゃないか。

 上で梅雨に似合うというかイメージ的にもピッタリの紫陽花と書いているが、小生は紫陽花こそまさに日本的な花なのではないかと思っている。

続きを読む "紫陽花は日本を象徴する花 ? ! "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月22日 - 2008年6月28日 | トップページ | 2008年7月6日 - 2008年7月12日 »