« 2008年6月8日 - 2008年6月14日 | トップページ | 2008年6月22日 - 2008年6月28日 »

2008/06/21

「Pete Revonkorpi 童話の世界はそこにある!」アップ

89bed2612fece1eb0d98f9e555465848

Pete Revonkorpi 童話の世界はそこにある!」アップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/20

ティー・バッグ百周年 ? !

ティー・バッグ - Wikipedia
 今年はティー・バッグが誕生して百年目なのだという。NHKラジオを仕事の徒然に何気なく聴いていたら、そんな話が。

000051217

← 小生が盛んに飲んだ当時とはデザインが違うようだが、学生時代、一番、愛飲していたティーバッグ。(画像は、「日東紅茶」より。)

 老婆心ながら注意しておくが、ティー・バッグである。ティーバックではない!
「ティー・バッグ(Tea bag)は、紅茶の葉か抽出物を含む小さな袋である。紅茶を抽出した後に茶こしを使うことなくお茶を飲むことができる」というもの。
 紛らわしいことに、「ティー・パック(tea pack)」という「BagとPackの音の近似によって生じた誤用」の言葉も日本にはあったりする。

「ティー・バッグは1908年に紅茶の貿易商であるトーマス・サリヴァンによって偶然に発明された。商品の紅茶の葉を絹の袋に詰めて消費者に送ったところ、そういう商品だと勘違いし、その袋のままお湯につけて紅茶を煮出してしまったの」だという。
 なので、「今年はティー・バッグが誕生して百年目」だというわけである。

続きを読む "ティー・バッグ百周年 ? !"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/19

脊椎動物の祖先はナメクジウオ! 

 今朝、眠い目を擦りつつ、朝食後、何気なく朝刊(読売新聞)を見ていたら、「脊椎動物の祖先はナメクジウオ 「ホヤ」との論争に決着 」(「asahi.com:朝日新聞社の速報ニュースサイト」より)といった囲み記事が目に飛び込んできた。

 取れたてホヤホヤのホットなニュースである。

背骨をもつ脊椎(せきつい)動物の祖先はホヤでなく、ナメクジウオだった。京都大、国立遺伝学研究所が米英などの研究機関とナメクジウオの全遺伝情報(ゲノム)を解読し、ヒトやホヤのゲノムと比べた結果、進化の順番が明らかになった」というもの(記事の大よそは末尾に転記する)。

Branchiostoma_lanceolatum

→  『ニシナメクジウオ Branchiostoma lanceolatum』 (画像は、「ナメクジウオ - Wikipedia」より。) ナメクジウオは、「体長3 - 5センチ程度で、魚のような形態をしている」。「脊椎動物の最も原始的な祖先であると考えられ、生きた化石である。ナメクジウオの遺伝子の6割はヒトと同じである」という。また、「ナメクジウオの生物学 窪川かおる(東京大学海洋研究所)」によると、「近年は個体数と生息地が激減していて、レッドデータブックには掲載されていませんが、絶滅の恐れがある希少種と考えられてい」るのだとか。

「哺乳類や魚類など背骨を持つ脊椎動物は、5億2000万年以上前に、背骨の原形である棒状組織「脊索」を持つ脊索動物から進化したと考えられてい」て、「脊索動物には脊索が尾側にある尾索動物のホヤ類と、頭部から尾部まである頭索動物のナメクジウオ類がある」が、今回の研究の結果、「脊索動物の中でナメクジウオが最も原始的であることがわかった」のである(この節の引用は何れも読売新聞朝刊より)。

続きを読む "脊椎動物の祖先はナメクジウオ! "

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/06/18

「湯真藤子のユーモレスクワールド」アップ

120228713000416224353

湯真藤子のユーモレスクワールド」アップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/17

居酒屋タクシーじゃなかったけれど

 ひと頃、居酒屋タクシーが問題になった。
 詳しくは、「【主張】居酒屋タクシー 公務員に常識はないのか」(「MSN産経ニュース」より)などを見て欲しいが、要は(記事の全文は末尾で示す):

 東京・霞が関の中央省庁の公務員が深夜に公費でタクシーを使って帰宅するさい、運転手から缶ビールやおつまみなどを提供される。このサービスが問題になっている。慣行化し、現金や金券(商品券、図書券など)まで受け取る役人もいた。

2008_0503071003tonai0016

→ 五月の連休頃までの我が家の畑。これが畑ですぞ!(以下、本文と画像とは無関係です。)

 小生は昨年末までタクシードライバーだった。
 但し、個人タクシーではなく法人のドライバー。個人タクシーは試験には通ったものの事情があって断念。
 そんなこんなで、今はタクシードライバーではないものの(その内、何処かで雇ってもらえるかもしれないが)、こういったタクシー関連の話題には多分、大概の人よりは関心を強く抱いてしまう。
 まあ、マスコミでも散々(?)取り上げられていたし、小生がなんだかんだと非難がましいことを今更、書く必要もないだろう。

 それに仮にも同業だった者が批判すると、真面目にやっているタクシードライバーが迷惑を被るとか何とか言うのがせいぜいで、ともすると売り上げの上がらない無能なドライバーの愚痴にもなりかねない。

続きを読む "居酒屋タクシーじゃなかったけれど"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/16

「フェルナン・クノップフ」アップ

B0106921_2171631_2

フェルナン・クノップフ」アップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/15

島崎藤村とラスキンと雲と…少し賢治

 以下は、昨年、「空 水 海 雲 霧」などをテーマにあれこれ記事を書きまくった際、関連する記事を書こうと思って集めていた資料集。全てネットで見つけたもの。
 主に小生が好きな作家・島崎藤村を巡ってのもの。

2008_0613071003tonai0010

→ 6月12日の夕方、仕事の開始時間が遅れ、ちょっと時間が空いた。せっかくなので、車で遠からぬ場所にある公園へ。

 これらを適当につなげて島崎藤村に関連して表題の記事を書こうと思っていたが、忙しさに紛れて失念…。
 これらの資料を集めていた頃は、小生が翌年には帰郷するなんて思ってもいなかった。
 落ち着いたら少しは腰を据えた文章を書きたいと思いつつも日々の雑事に追われているばかり。
 以下、生のまま資料を残しておく。当時、どんな文章を書こうとしたものか…。

 なお、文章と掲げた画像とは全く無関係。せいぜい、風景に関係するってことくらいかも。

続きを読む "島崎藤村とラスキンと雲と…少し賢治"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月8日 - 2008年6月14日 | トップページ | 2008年6月22日 - 2008年6月28日 »