« 沢田研二『我が窮状』のこと | トップページ | インフルエンザ流行レベルマップ »

2008/12/12

「林清納…インドの非日常という日常」アップ

Hayashi_mago_l

林清納…インドの非日常という日常」をアップしました。

 以下は、林清納(はやしきよの)のある絵を見ての感想…というより瞑想、いや、迷想かな:

 人が生きている。人には人が大事。でも、悠久の時、無辺大の時空を前に人は泡沫(うたかた)の存在ですらない。生れては、須臾(しゅゆ)にして塵芥に紛れ込み消えていく。だからこそ今ここという一瞬が大事と思うのは人間の性(さが)なのだろうが。人間が織物の模様に織り込まれているようでもある。その<模様>を人間と認識するのはたまたま人間が見ているからに過ぎない。犬が見れば(一応は特別な)生き物の一種に過ぎず、ネズミが見ればただの巨大な生物であり、埃からしたら、無様に動き回る変てこな埃の一粒に過ぎないのかもしれない。

|

« 沢田研二『我が窮状』のこと | トップページ | インフルエンザ流行レベルマップ »

お知らせ」カテゴリの記事

富山情報」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

番外編」カテゴリの記事

美術エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/43395957

この記事へのトラックバック一覧です: 「林清納…インドの非日常という日常」アップ:

« 沢田研二『我が窮状』のこと | トップページ | インフルエンザ流行レベルマップ »