« 図書館の本のこと(続) | トップページ | 「非業の画家・川上冬崖」アップ »

2008/05/23

病院へ行こう!

[在りし日の日記から]

 今朝、病院に行くからと親に起こされた。

 丑三つ時まで仕事で、帰宅して寝入ったのが四時過ぎだった小生は寝不足のところを叩き起こされて、まさに寝耳に水の状態。

 び、病院! 何故? どうして?

080422

→ 車椅子と踏み台を荷台に常時、積んである。踏み台は、歩行が難儀な母が車に乗り込むためのもの。

 訊くと、今日は最初から病院へ行く日だった、でもすっかり忘れていたのだとか。

 その前兆(?)と云えそうな騒動が昨日、あった。
 日に三度、呑んでいる薬がないと大騒ぎ。
 一日くらい呑まなくても死ぬわけじゃないと母は呟きつつも、やはり気になる様子。
 とうとう昨日は一日、父母も小生も薬探し。
 でも、あるはずの薬は見つからず仕舞い。

(…ここからは小生の憶測になるのだが、夜になって小生が仕事で不在になってから、きっと父母の二人は…)
 薬が何故ないか思案投げ首。考えてみると、次に病院へ行くまでの丁度、二週間分の薬がない。
 お医者さんが(あるいは薬局が)処方箋を間違えたのか…。

 ん?
 まてよ…。
 もしかして…。
 あるいは…。

 父が手帳を見る。
 見ると、次の診察日は六月じゃなくて、今日になっているではないか!

 だから丁度、昨日で薬切れになったのだ!

 慌てて二人で相談。
 明日(つまり今日)は、息子(つまり小生!)に車を走らせて、病院へ行かないと。息子を早く起こさないと。病院へ行く準備を今のうちにやっておかないと。云々かんぬん。

(以上で推測終り) 

 さて、急いで食事、後片付け。マイカーで病院へ。

 父母を病院へ送って、一旦帰宅。
 支払いのトラブルや、昨日からの「@nifty」中の「常時安全セキュリティ24」不具合の解決のため、「@nifty」の窓口担当者との電話での遣り取りなど、トラブルの対処に午前中の時間の大半が費やされてしまった。

 午前中は仮眠するはずが、なんやかんやで眠れず、さて、味噌汁でも作ろうかとしていたら、母から電話。
 診察が終わったって。

 車椅子を積んで車を走らせる。15分ほどで到着。
 せっかくだから、外で何か食べていこう!

 病院にも食堂があるけど、最近、やたらと不味いということで、近くのショッピングセンター内の食堂へ行くことに。父母の意見で。
 ショッピングセンター内では、車椅子を押して食堂へ。
 ショッピングセンターにも車椅子は用意されているのだが、持参して行ったほうが安心だし、第一、建物内まで取りに行ったり返却したりの手間が省ける。

 正午過ぎだったけど、ショッピングセンター内の食堂は幸い空いていた(ここで疑問・不安に思わないといけないのだが)。

 でも、そこも決して美味くはない。母も不味いから食べ残したかったらしいけど、残せる性分じゃないので、若干を小生が食べたりして完食。
 正午過ぎなのに待たずに座れるって、要は人気のない食堂ってことではないか。

 母曰く、ここはいつもすぐ座れていいね! だって。
 最高の皮肉だよね!
 
 病院へ行くってのは、特に父にとっては格好のドライブの口実のようなもの。
 普段は外食はしないが、こんな時くらいはと、食堂で食べるのである。
 無論、ショッピングセンターでは買物も。
 母は、自分のためにみんなが苦労したり、みんなに面倒を掛けてしまうからと、気兼ねして、せっかく母のために買った車(身障者だと、一定の基準をクリヤーすると購入の際の自動車税が減免されるという市の制度を活用させてもらったのだ)なのに、外出を躊躇ってしまう。
 だから、病院へ行くってのは、格好の外出・ドライブの口実でもあるのだ。

 天気も五月晴れで、車の中は暑いくらい。 エアコンも効きが遅い。

 そんな中、82の父と80の母とが病院通いとはいえ、外出。
 帰ってきたら二人とも疲れきってしまう。
 小生も運転しただけなのに、帰宅したら、汗ビッショリになっていた。

 茶の間で一服したら二人とも寝室へ。

 通院はお年寄りには、過酷な務めなんだよねー。

 病院へ行って診察してもらって、検査値などを確認する。

 夕方、お医者さんに貰った処方箋を持って薬局へ行き薬を貰ってきたのだが、その薬の多いこと!
 大き目の袋に一杯!
 毎食、その前などに飲むのだが、母が言うには薬だけで腹が一杯になる! だって。

 なかなか良くはならないが、悪化だけは食い止めたいとひたすら願っての通院。
 実態的には処方箋を貰うためだけ通っているかのようでもある。

 通院は、身障者でもある病人の体力を著しく消耗させているように思えてならない。
 プラスとマイナスのどちらが多いのか分からない気がする。
 でも、行かないわけにはいかない。
 
 こうなったら、通院は父母と小生との外出という貴重な思い出作りの機会だと考え割り切ったほうが心安らかになれるのかもしれない。

 だから…、みんなで病院へ行こう!

|

« 図書館の本のこと(続) | トップページ | 「非業の画家・川上冬崖」アップ »

思い出話」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社会一般」カテゴリの記事

コメント

ですよねぇ~健康な者でも(付添)病院は一日仕事で
帰ったらドーっと疲れます。でも行かない訳には。。
が、家でじっとしてるより外の空気を吸った方が良いし。
以前農業をやっておられたなら、時期の行事とかの
「おはぎをお供えする日」とかありませんか?
そんな口実で誘ってみてはいかがでしょう~
うちの親だと、そういうのなら張り切りますよ(笑)

投稿: ちゃり | 2008/05/23 17:43

    やいっちさま

 どなたにもお知らせしなかったのですが、やはりおいで戴きましたね。どうも有難う御座います。素人文章でコツコツ書いています。リンクの件ですが、こちらは本当に悪いことをしてましたね。当方にも貴殿のリンクを貼り付けましたので、どうぞ御覧戴ければ幸いです。

 いいのか悪いのか、もう直ぐ15万アクセスを頂戴致します。実質一年でしょうか。でも全く嬉しくありません。以前から尋ねられる方々はコメを残してくれません。でもコメがないことが幸いです。それだけ時間がないためです。やいっちさんも同じかなぁと思ったりして!

投稿: 硯水亭 Ⅱ | 2008/05/24 00:52

ちゃりさん

病院、いかなきゃらない…いきはよいよい…ですが、帰りは怖い…ならぬグッタリです。
おっしゃられるように、外の空気を吸う、日の光を浴びるってことですね。

外出、母は人の手を借りることを恐縮がっている。小生の誘い方が下手なのかなー。
小生としては、父も一緒の三人でと思うのですが、父は(病院以外は)三人での外出を面倒がる。
自分ひとりでなら、寄り合いも酒や煙草を買いにも億劫がらずにでかけるのに。

投稿: やいっち | 2008/05/24 09:28

硯水亭 Ⅱさん

折々、こっそり(?)覗かせてもらってます。

引っ越して一年で15万アクセスというのはすごいですね。コメント、残さなくてごめんなさい。
なかなかコメントはもらえないってのは淋しい…。
と言いつつ、小生も人様のサイトにコメントはなかなかできないでいるのだから、自業自得なのかな。

これからも宜しく!

投稿: やいっち | 2008/05/24 09:34

ご家庭の事情もおありでしょうが、ヘルパーさんを家に入れることはお考えになられないのでしょうか?
何もかも弥一さんが抱え込むと精神的にもよくないですよ。
僕なんかは母は特養ホームに預けて24時間面倒みてくれるから、美術館巡りもできるわけですー。
ありがたいことです。
しかもうちの自治体は介護保険でかかった費用の二割程度戻ってくる、母は月七万いくらで暮らせるわけです。
せめてその分面会には頻繁に行ってあげないとー。
家庭の事情もあるのでしょうが、施設に預けて全然行かないという人の多いことよー。

投稿: oki | 2008/05/25 11:42

okiさん

ヘルパーの件は今の所、全く考慮の外です。

小生は少しはやってますが、姉の世話にもなってます。

家庭の事情はokiさんとは大分、違うようですね。


何もかも…。
家の中のことは、もうかなりのことは諦めています。
隙間風ならぬ透き間から木の葉の屑やら埃が吹き込んでくること、畳の部屋の床が歪んでいることも(多分、雪の重みで床下の支えの梁が沈み込んでいる)、家の建て付けがひずみで悪いことも、小生の居住する部屋は(も)隙間風が凄いのも(冬は寒い!)、西日が差し込む部屋なのにエアコンがないことも、冷蔵庫が不調で買い置きができないことも、とにかく多くのことについての対処は先延ばし。

草むしりなどに頑張るのも、おカネが掛からないから。
とにかく出来ることをやるだけです。

投稿: やいっち | 2008/05/25 22:21

うちは父親が無一文でシベリアから帰ってきてどうしても○○さんでないとー○○とは父の名前ーといわれるまでに信頼を勝ち取って仕事では、がんに侵されるまで70を超えても働きづめに働いて、ですから年金も遺族年金はたくさん出ているのです。
人生いろいろ、まだ70なのに特養ホームに入って、食べる意欲を失って点滴で生きている人もいます。
父が生前いっていたことー友達を大切にしろ、今になって身にしみる。
「素敵な宇宙船地球号」ご覧になりましたか、僕は昨日は疲れてしまってビデオに録画しました。

投稿: oki | 2008/05/26 16:36

okiさん

父君は尊敬すべき方だったんですね。
生涯、一つのことを遣り通されるってこと自体がすごい事ですし。

ますます我が家との違いを感じます。

>父が生前いっていたことー友達を大切にしろ、今になって身にしみる。

自分に付いて言うと、自業自得ってこと。
これが我が人生と、自分なりにやっていくだけです。

「素敵な宇宙船地球号」はブログでも宣伝させていただきました:
富山の海洋深層水のヒミツ?
http://atky.cocolog-nifty.com/manyo/2008/05/post_9c1a.html

でも朝が早いので、11時以降の番組は視聴できないのです。

投稿: やいっち | 2008/05/26 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/41279536

この記事へのトラックバック一覧です: 病院へ行こう!:

» 医者も色々、患者も色々 [あんなこと、こんなこと。どんなこと?]
中規模の総合病院に行く。3科受診で忙しい。循環器の専門医に近所の循環器のお医者さんに、1日1300キロカロリーに抑えるよう厳しく言われたことを伝えると「そりゃ、死んじゃうよ」そうだ、そうだ。メインテートじゃダメだとカルブロックに変更になったと言うと「そりゃあ、....... [続きを読む]

受信: 2008/05/24 15:33

« 図書館の本のこと(続) | トップページ | 「非業の画家・川上冬崖」アップ »