« 2007年2月18日 - 2007年2月24日 | トップページ | 2007年3月4日 - 2007年3月10日 »

2007/03/03

南北に東西越える劇を見る

 過日、『日本史を読む』(丸谷 才一vs山崎 正和対談、中公文庫)を読了した。
 その中で、鶴屋南北(の芝居)はシェイクスピア劇の影響を受けているのではという指摘があった。

 シェイクスピア著『ロミオとジュリエトの悲劇』(本多顕彰訳、岩波文庫)なる本がある。
 映画は見ていないが、さすがに「ロミオとジュリエト」は読んだことがある。ずっと昔のことで、読みの浅い小生のこと、単なる悲恋ものという先入観を打ち破れたものかどうか覚束ない。

10116691

← 豊国「糸や娘おふさ 岩井半四郎」(「心謎解色糸」より)

 この本の宣伝文句は、下記のようである:

五幕二十四場よりなるシェイクスピア初期の恋愛悲劇.積年のうらみをいだいて対立するヴェローナの二名家,モンタギューの青年ロミオと,キャプレットの美女ジュリエトの悲恋物語は,わが国でも古くは鶴屋南北が「心謎解色糸」として翻案し,またグノーの歌劇によっても紹介された.華麗な,みずみずしい抒情にあふれた傑作である.

 今更ながらなのだろうが、「(前略)悲恋物語は,わが国でも古くは鶴屋南北が「心謎解色糸(こころのなぞとけたいろいと)」として翻案し」という説明に引っかかった。

 これを読む限り、鶴屋南北(1755年-1829年)はシェイクスピアの作品を読み、彼なりに翻案したことは明らかであるように理解される。
 自明のことなの?
 歴史的事実?

続きを読む "南北に東西越える劇を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/02

春雨を待ちわびる日々花粉症!

 例によって月初めは索引の日、先月一ヶ月の小生の収穫一覧表を供する日である。
 と言いつつ、3月1日には、「クラスターなき世の中で暮らしたい!」なるクラスター爆弾を扱った記事を書いてしまった。その前夜にラジオで聴いた内容が深甚なもので、メモ書き程度に終わろうと、印象に鮮やかなうちに書き残しておきたかったのだ。
 同日の夜には、タミフルの問題もラジオで特集されていたので、両方ともメモしておいた。
 タミフルは、厚生労働省が1日になって徹底的な聞き取り調査を行なうことを決めたという情報があった。
 タミフルを備蓄するという政府の方針の是非が問われるだけに、政府の腰が重かったのも分からないではないが、ことは人命に関わる問題であるだけに、しがらみに囚われることなく調査してもらいたいものだ。
 インフルエンザは海外では安静第一が基本だという。
 日本は、風邪でもすぐに薬やお医者さんに頼ってしまう。これって悪い癖、安易な習慣なのではなかろうか。
 まず、安静を保ち、自分の体に免疫力を養うことが肝要に思うのだが、小生の考えは古いだろうか。

Profile_main05

→ 「剣幸/槇村レイ役」(「東海テレビ | 美しい罠」より) 

怪談は封印したの怖いのよ」(「白いドレスの女2007/02/01
「夢うつつ気づかぬうちの月替わり」(索引 2007/02/02
「あれこれとくねり捩(よじ)って書いてきた」(ミミズにオシッコ 2007/02/03
「妖怪に容喙しての要悔悟」(妖怪…幽霊? 2007/02/04
「「あれは夢ではなかった」のこと」(2007/02/05
「「あの場所から」書いた」(2007/02/06
「何想う今日は北方領土の日」(2007/02/07
「水鳥の戯れしごと我もけふ」(左 時枝 2007/02/08
「鼓聴きハナ肇から藤舎花帆へ」(2007/02/09
「オノレにはドーミエていたキホーテか」(オノレ・ドーミエ 2007/02/10

続きを読む "春雨を待ちわびる日々花粉症!"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/03/01

クラスターなき世の中で暮らしたい!

 昨夜、ラジオでクラスター爆弾の話題を聞いた(「J-WAVE」でだったかな。曖昧な記憶で申し訳ないが、JVC清水俊弘氏がゲストだったような)。
 クラスター爆弾の廃絶を目指す「オスロ会議」が開催されていたことは、テレビ・ラジオでも報道されていた:
クラスター爆弾廃絶目指す「オスロ会議」始まる」(2007年02月22日19時28分)

B00005b7j501

← 『So Cartola』( Elton Medeiros / Nelson Sargento / Galo Preto、レーベル:Rob Digital) 最近、毎晩、寝る前に「リベルダージ愛唱歌集」(←我が愛盤である! 必聴!)と代わる代わるに聴いている。

「市民を無差別に死傷させ、人道面からの批判が強いクラスター爆弾の廃絶を目指して、ノルウェーが提唱した国際会議が22日、オスロで始まった。48か国と国連機関、NGO(非政府組織)が参加した」というもの。

 日本はというと、安倍首相の曖昧路線を反映してか、「米国、ロシア、中国は不参加。日本政府は会議の直前に参加を決めたが、「国際的にどう論議されているか理解を深めるため。CCWの枠組みで話し合うべきだという基本姿勢に変わりはない」と一定の距離を置いている」。
 つまり、様子見である。日和見主義というべきか。

続きを読む "クラスターなき世の中で暮らしたい!"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/02/28

お寺の鐘が鳴ると胸が疼く

 明治は遠くなりにけり、ではないが、小生にとって学生時代は遥か昔のことになっているような気がする。
 ひたすら懐かしいばかりである。
 まして、小学校や中学、高校となると、夢のようでもある。
 いろいろ脳裏に思い浮かぶことはあるのだが、ふと、思い出されるのは始業・終業時間を告げるチャイムの音。そして懐かしい馴染みのメロディ。
 この音は、学校の傍を通りかかったり、あるいはテレビのドラマで学校のシーンが登場すると、その雰囲気を醸し出すためだろうか、格好の小道具としてチャイムの響きがメロディと共に流れてくる。

Hmle21

→ ミレー 「晩鐘」 「鐘の音色に合わせ、死者へ祈りを捧げる農夫婦。本作は、夕刻の畑で、鐘の音に合わせて死者のために天使の祈りをするように祖母から教えられた、ミレーの幼い頃の思い出から描かれたとされている」(「ミレー-晩鐘-」より)

 あのメロディには当然ながら原曲があり、曲名もある。
 さらに、作曲者も分かっている。
C&K Kompany」の中の「学校でお馴染みのあのチャイムはオルガン曲」によると、原曲はオルガン曲であり、曲名は「[Pieces de fantaisie pour orque Op.54/Carillon de West minster]...「幻想的小品 ウエストミンスターの鐘」であり、作曲者は「ルイ・ヴィエルヌ(Louis Vierne 1870-1937 )」なのだとか。
学校でお馴染みのあのチャイムはオルガン曲」では、この曲が戦後、日本の学校現場で採用されるに至った経緯と同時に、7分以上あるというオルガン曲も聴くことができる!

続きを読む "お寺の鐘が鳴ると胸が疼く"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/02/27

オルフェ…目と耳と古今東西駆け巡る

 日曜日、二週間ぶりに図書館へ。この頃、二週間に一度のペースになっているけれど、読書のペースが落ちているわけじゃない。
集英社ギャラリー 世界の文学 (9) フランス4』を延々と読み続けているだけのこと。
 前にも書いたが、「異邦人/壁/水いらず/泥棒日記/なしくずしの死/ル・パラス/ジン」が所収となっている中、「異邦人/壁/水いらず/泥棒日記」までは読み進め、現在、セリーヌの「なしくずしの死」に取り掛かっている。

4081290091

← 『集英社ギャラリー 世界の文学 (9) フランス4

 もう、セリーヌの世界にどっぷり! 学生時代の終わり頃だったか、古本の『夜の果てへの旅』(中央公論社版世界の文学)を読み浸った興奮と現在進行形で読む興奮とが二重奏となって波打っている。
『夜の果てへの旅』が大人となったセリーヌの絶望的な旅だとしたら、本書は、セリーヌの生い立ちを彼らしい破天荒な表現で描ききっている。
 それにしても、当初は三月末には1200頁余りの本書を読み終えるつもりが、ちょっと見通しが狂ってきたというか、四月一杯になりそう。
 ま、慌てる必要はない。
 数年前から、ある意味、敬遠していた長編小説への挑戦を始めたのだった。


続きを読む "オルフェ…目と耳と古今東西駆け巡る"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/26

野見山朱鳥…ただに見る死して滾れる赤と火と

2月26日 今日は何の日~毎日が記念日~」を覗いて、ちょっとびっくり。
 昨日付けのブログ「ホラなのか島清の言悲しかり」で採り上げた島田清次郎(1899-1930)は、1899年の今日26日に生まれたんだって。
 これは全くの偶然。
 島田清次郎のような悲劇の<天才>作家がいたこと、今では地元など関係者の間以外では忘れられた存在だということなどは小生、個人的に銘記しておくつもりである。

Image012

← 横山大観《生々流転》(「東京国立近代美術館 所蔵作品展 近代日本の美術 特別公開 横山大観《生々流転》」より部分)

 余談ながら、小生の迂闊さを物語るものなのだが、島田清次郎は東京は白金台の明治学院に転校し、一時的ながらでも在籍していたことに、今、気づいた!

 明治学院については、我が敬愛する作家・島崎藤村が教鞭を取った学校であることもあって、仕事柄、都内を走り、明治学院の傍を通ることも少なからずある小生、直接の関係はまるでないにも関わらず、妙に気にかかるのである。
 その近くに小生が十年弱ほど居住していたのだった:
岡本綺堂『江戸の思い出』あれこれ
 だが、そうしたことだけなら、ほとんどこじつけの域を出ないかもしれない。
 実は、過去、好きな女性が……。
 あとは書けない!

続きを読む "野見山朱鳥…ただに見る死して滾れる赤と火と"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/02/25

ホラなのか島清の言悲しかり

[下記は、某コミュニティで昨日書いたコメント。ホラが話題になっていたので、ちょっとカキコしたのです。本日のテーマは、島清(しませい)こと「島田清次郎」]:

ホラかい? それは難しいね。 だってほら、法螺貝を吹くにゃ、肺活量が要る。 ホラを吹くにゃ、ユーモアと批評精神の両方が必要。 それにね、ホラを吹くって言うけど、本来は、ホラじゃなくってホウラだったんだよね。それが何故か音が略されてホラになっちゃった。

992

← 地人会第99回公演 『島清、世に敗れたり

もともとは、「「法螺を吹く」とは「仏の説法」のこと」だったの:

つまり、遠くの人にも(言い換えると我輩のような凡愚にもってことだよ)説法が届くようにってことなの。
理想って、大概、実現しないから、理想を口にする人って、大抵、言行不一致でホラ吹きで終わる。
悲しいね。

小生思うに、最近の一番のホラは、安倍首相の「美しい国を作る」って宣言だね。そんな国、実現して欲しくない。ってか、無理。一つ(一人)の価値観や尺度で見て美しい国って、ヒットラーの発想だ。
安倍首相にユーモアがあるかどうかは分からないが、彼の宣言は、恐怖感を覚えさせる、とんでもないブラックホラだ!

続きを読む "ホラなのか島清の言悲しかり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月18日 - 2007年2月24日 | トップページ | 2007年3月4日 - 2007年3月10日 »