« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ | 2007年9月23日 - 2007年9月29日 »

2007/09/22

陵墓公開へ一歩前進かな?!

 昨日、営業中、例によってラジオに耳を傾けていたら、「明治天皇陵など調査を“解禁”へ 宮内庁が方針転換」といったニュースが飛び込んできた:
中日新聞 明治天皇陵など調査を“解禁”へ 宮内庁が方針転換社会(CHUNICHI Web) 2007年9月20日 夕刊」:

2007_0921070920tonai0007

← 先週、仮眠を取ろうと日比谷公園脇に車を止めたら、謎の屋敷を発見!

 宮内庁は、日本考古学協会など考古学や歴史学の十六学会の代表者に、京都市の明治天皇陵(伏見城跡)と、古墳時代のものとされる奈良市の神功(じんぐう)皇后陵(五社神=ごさし=古墳)の二カ所への立ち入り調査を許可する方針を固めた。調査は来年二月から三月になる見通し。歴史関係各学会が連携し、約三十年前から陵墓公開の要求を続けていた。 (略)  今回の調査対象となる豊臣秀吉ゆかりの伏見城跡は、近世史研究で重要な史跡だが、明治天皇の埋葬地となってから立ち入りが規制された。

2007_0921070920tonai0006

→ 近づいてみると、館の中はどの部屋も明かりが煌々と照らされていて、謎など何もないと告げいるかのよう…。

 第十四代仲哀(ちゅうあい)天皇の妻だった神功皇后の五社神古墳は全長約二百七十五メートルの前方後円墳で、日本考古学協会理事の高橋浩二富山大准教授は「宮内庁の測量データが正しいかどうかを確かめることから始めたい」と話している。

続きを読む "陵墓公開へ一歩前進かな?!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/21

青柳いづみこ…双子座ピアニストは二重人格?

[まず、明記しておくが今日のタイトルは青柳いづみこさんの著書『双子座ピアニストは二重人格? ――音をつづり、言葉を奏でる』(音楽の友社)から採ったもの。「音楽と文学という「二つ」の領域の行為を行き来する体験があってこそ見えてくる鋭い視点」が青柳いづみこさんの特色のようだから。]
 9月20日の早朝からだったろうか、旧稿である「青柳いづみこ、ドビュッシーを語る」へのアクセスが急増し始めた。
 何があった? まさか(考えたくはないが)青柳いづみこさんに何かあった?

800pxthe_great_wave_off_kanagawa3

→ 葛飾北斎「神奈川沖浪裏」(冨嶽三十六景) 1905年に出版されたドビュッシーのスコアの表紙にこの浮世絵が使われた。「海 (ドビュッシー) - Wikipedia」参照

 その謎は翌朝になって溶けた(解けた)。
 上掲の記事のコメント欄にも書いたけど、NHKラジオ深夜便にて下記の番組が「9月20日、21日の両日にわたって、午前4時(19日夜から20日へとつづく明け方)から45分間のインタビュー番組が放送」されたのである:
〔こころの時代〕 音楽と文学を結ぶ水脈を求めて ピアニスト・文筆家 青柳いづみこ(1)(2)

青柳いづみこ オフィシャルサイト」のトップ頁によると:

パーソナリティは元NHKアナウンサー鈴木健次氏(紅白歌合戦の司会者とは別の方です)で、メルド日記でもご紹介したように、池上俊一氏の論考を読んで青柳に興味をもたれ、おいたちからピアノ修業、論文修業、ドビュッシー評伝を中心とした著作やCDについて質問を投げかけてくださっています。
途中でCDもかけます。20日には天使のピアノによるライヴ録音も流れますので、朝早いですがお聞きください!

続きを読む "青柳いづみこ…双子座ピアニストは二重人格?"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/09/20

立山に 降りおける雪を とこなつに…

富山の和菓子だけ好きってわけじゃない!」なる雑文で、富山の銘菓「とこなつ」(株式会社大野屋)を扱っている。

Sdsc012491

← 富山・岩瀬浜にて。海越しの立山というわけにはいかないけれど…。05年正月の帰省時に撮影。文末参照。

大野屋:とこなつ、田毎(たごと)」なる頁を覗くと、「とこなつ」について、以下のように記してある:

貴重な白大豆の餅を餅生地で包み表面に和三盆糖をまぶした一口大のお菓子。和三盆糖がすっと溶けた後、白小豆の使用上品な風味が広がります。”とこなつ”の菓名は、越中国司大伴家持が立山を読んだ歌に因み名づけられました。また、その可憐さは、”とこなつ”の古名を持つなでしこの姿にも重なります。

     "立山に降りおける雪をとこなつに
               見れども飽かず神からならしい。"


 小生としては、「立山に 降りおける雪を とこなつに 見れどもあかず 神柄ならし」のほうが望ましい気がするのだが…。

富山の和菓子だけ好きってわけじゃない!」という記事の中でも紹介しているが、「大野屋」「カラーたかおか -高岡総天然色サイト-」なる頁が「創業150年を超える老舗」である「銘菓『とこなつ』で有名な大野屋」についてあれこれ教えてくれて嬉しい。

続きを読む "立山に 降りおける雪を とこなつに…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/19

富山の和菓子だけ好きってわけじゃない!

 今年の我がサンバチーム・G.R.E.S. リベルダージの浅草サンバカーニバルに向けてのテーマは「魅惑のスウィーツ~リベルダージの甘いサンバを召し上がれ!」だった。
 その関連で、「スウィーツ」をめぐって、既に若干のことを書いてきた:
浅草カーニヴァルテーマ「スウィーツ」
25日(土)は浅草サンバカーニバルの日!

Tokonatsu1

→ 「とこなつ」(「株式会社大野屋」) 「大野屋」を一読願いたい。白あんには白大豆を使っているとか。「とこなつ」という名称の由来も書いてあって興味深い。

 後者の「25日(土)は浅草サンバカーニバルの日!」は、「スウィーツ」を幅広く解釈して和菓子に話題を広げ、ついでながら、我が富山の有名な和菓子、あるいは小生の好きなお菓子にまで触手を伸ばしている。

 実はあるサイト内で、富山の美味しいお菓子にどんなものがあるかが話題になっていた。
 ひとそれぞれに挙げるものは違う。上掲のサイトは若い世代の人が多いようなので、世代間でも好みが違うし、そもそも覗く店(のある場所)も違うのだろう。

続きを読む "富山の和菓子だけ好きってわけじゃない!"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/09/18

寝坊して…サボって…パレードが来るよ!

 ここだけの話だけど、日曜日の勉強会、サボりました。

 土曜日の夜は日付が変わって日曜日の4時過ぎになって寝入った(ベッドに就く)。
 就寝が遅くなったのは、「禁書(?)の禁を自ら犯してしまった!」なる記事で、ついに禁を破って買ってしまったリサ・ランドール著『ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く』(向山信治/監訳 塩原通緒/訳、日本放送出版協会 )が、ほとんど内容が理解不能にも関わらず面白くて夜半過ぎまでCDを聞きつつ、ずっと読んでいたことが最たる理由かも。

Pic_070825_165101

← 我がチーム・G.R.E.S. リベルダージのパレード、その先頭! パレードが来るよ!

 小生は睡眠障害があるので、3時間以上、継続して眠れない。
 なので、四時過ぎに床に就いても、遅くとも8時過ぎには目覚める…はずだった。
 就寝前にはテキストや試験問題のチェック。

 で、起きてから再度、チェック、見直しのつもりでいた。
 …なのに、何故か目覚めたのは昼過ぎだった。

 ええーー。こんなことって小生にはありえない…、はずなのに!
 小生、戦意喪失。勉強会の開始時間に間に合いそうにないし、サボることに決めた。
  こんな時は決断が早い!

続きを読む "寝坊して…サボって…パレードが来るよ!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/17

「浅草カーニヴァルテーマ「スウィーツ」」アップ

浅草カーニヴァルテーマ「スウィーツ」」をアップしました。

Pic_070825_165907_2

 浅草サンバカーニバルに向けての我がサンバチーム・G.R.E.S. リベルダージのテーマ「スウィーツ」をめぐって若干のことを綴ってみたもの。

 画像はありません。
 当然ながら、各アーラの項に相応しい画像を載せたいもの。小生には手持ちの画像はない!
 目下、画像を拝借できないか、交渉中!

Pic_070825_170326

 ジャーン、御覧のようにくまごろうさんが早速、写真の使用を許可してくださいました。
 くまごろうさんのサイトは:
Sambadrome

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/16

禁書(?)の禁を自ら犯してしまった!

●今、図書館から借り出している本、実に面白い。
 が、明日の日曜日は例によって勉強会があるし予習も必要だったりして、本を読む暇がない。

 返却期限が来たら一旦、返却してまた借りるという手もありえる。
 でも、この本、人気があって、多分、何人か予約しているはず。今だって、一ヶ月は待たされてようやく借りることができたのだ(予約した本が届きましたという連絡のあった日は、喜び勇んで図書館へ向ったものだ)。
 なので、仮に予約しても、次に借りられるのは早くて一ヶ月先になりそう。

3191191723

← リサ・ランドール著『ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く』(向山信治/監訳 塩原通緒/訳、日本放送出版協会 )

 実に面白い本なのである。途中、理解が及ばないところがあっても、もっと知りたい、世界を広げたいという一心で頁を捲る。
 でも、返却の日が迫っている。
 時間に急かされて、慌しく読みたくはない。
 それに、蔵書に価する本である。

 で、土曜日の午後、本書を読んでいるうちに、せかせか読むことにどうにも我慢ができなくて、夕刻、小生は我が身の貧乏暮らしを省みず、04年の4月に本(雑誌・新聞も含む)は当分、買わないと決めた、その禁を破って本を買ってしまった(雑誌については、何ヶ月か前にエロ本を一冊、衝動買いしてしまった!)。
 幸い、昔、貰った図書券が少々あったので、それほどおカネは必要じゃなかったし。

 その本とは、リサ・ランドール著『ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く』(向山信治/監訳 塩原通緒/訳、日本放送出版協会 )である。

続きを読む "禁書(?)の禁を自ら犯してしまった!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ | 2007年9月23日 - 2007年9月29日 »