« 2007年7月15日 - 2007年7月21日 | トップページ | 2007年7月29日 - 2007年8月4日 »

2007/07/28

加藤真著『日本の渚』…我々の所業!

 加藤真著の『日本の渚 : 失われゆく海辺の自然』(岩波新書 ; 新赤版 613)を昨日、読了した。
 本書は、図書館で車中で読むに相応しいものをと物色していて、「渚」という言葉に何故か感電して手に取った本。

40043061321

→ 加藤真著『日本の渚 : 失われゆく海辺の自然』(岩波新書 ; 新赤版 613)

 出版されたのは1999年なので、今更読むのも遅いかと思ったけれど、それでも、日本の嘗ての白砂青松が危機的状況にあることを思うと、やはり読んでおきたかった。
 実際、同氏には、本書のほかには(論文は別にして)本は出されていない。ちょっと惜しい。

 出版会社の謳い文句を示しておく:

 干潟・砂浜・サンゴ礁…。日本列島を美しくふちどり、豊かな自然をはぐくんできた渚が、いま急速に失われようとしている。北海道から琉球列島まで、全国各地の海岸をたずね歩いた生態学者が、かつて人々の心のうちに映じていた渚の原風景を描きつつ、その生態系と機能、生物多様性を説きあかし、渚の保護をよびかける。

続きを読む "加藤真著『日本の渚』…我々の所業!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/27

画像掲示板設置

 レンタル掲示板ですが、「やいっち掲示板」開設!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秀逸! 工藤隆著『古事記の起源』

運慶は阿吽(あうん)の息で仏生む』などで触れていた工藤隆著『古事記の起源―新しい古代像をもとめて』(中公新書)を過日、読了した。
 この頃、電車やバスを利用する機会が多く、車中での読書のために借りたものだが、「古事記」研究に新しい段階が到来しつつあることを実感させてくれる、実に面白い本だった。
 しかも、素人の小生にも読みやすい!

412101878811

← 工藤隆著『古事記の起源―新しい古代像をもとめて』(中公新書)

 小生は、『三浦 佑之著『古事記講義』』などでも書いているように、「古事記」(や「万葉集」)を折に触れて読んできた。
 当然ながら、解説書や研究書の類いも年に数冊は手に取るようにしている。
 
 そんな小生には、ともすると訓古注釈学の気味になりそうな古事記研究に新生面が見られて嬉しかった。
 まだまだ研究の余地がある!

 再度、本書の謳い文句を転記しておくと、「著者は、無文字文化の「生きている神話」「生きている歌垣」が今なお残る中国長江流域の少数民族文化を調査し、神話の成立過程のモデルを大胆に構築。イザナミやヤマトタケルの死、スサノオ伝承、黄泉の国神話、糞尿譚などを古事記の深層から読み直す」とある。

 下手な小生の紹介より、著名な方の書評が見つかったので、以下、幾つか紹介する。

続きを読む "秀逸! 工藤隆著『古事記の起源』"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/07/26

「07花小金井パレード」画像情報

花小金井商栄会」が主催した「花小金井夏祭り(7/21、22)」では、22日(日)で、22日(日)に催されたサンバパレードの画像情報を少々。

P_summerfestiva_200707_1

→ 「花小金井商栄会」が主催した「花小金井夏祭り(7/21、22)」のチラシ。

 お馴染み、スナフキンさんのサイト:
光と写真のページ PHOTO CAFE

 これまたお馴染みのクマゴロウさんのサイト:
Sambadrome

 ご存知、「ハタノのホームページ」の中にある「スナップ写真館」へGO!


 なお、比べられると辛いものがありますが、小生にも関連の画像集があります:
「07花小金井パレード」画像集」(リベルダージのみ)
「07花小金井パレード」画像集(続)」(他の3チーム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/25

消えた年金手帳問題からあれこれと

[以下は、例によって[mixi]での今朝の日記からの転記。一部、加筆・補筆・改行あり]

2007_0724070724nakamatu0026_2

← 24日は、ドクター中松氏の選挙カーと3回か4回、接近遭遇。

ドクター中松氏やらラジオで聴いた話など

 昨日は営業の日、つまり、ラジオ聴取の日(勿論、ラジオに耳を傾けるのは、空車の間に限る)。

●1. NHK第一で国立天文台の助教授である天文学者の渡部潤一さんの話を聞いた。

 地球から20光年余り離れている「グリーゼ581c」という名の惑星に宇宙人(つまり地球人以外の生命体)がいる可能性が天文学者の間で話題になっているという:
グリーゼ581c|ニュースな科学キーワード|学研サイエンスキッズ

「生きものが存在するためには、地球のように、太陽からちょうどいい距離のところを回っていることが必要なのです。このように、生きものが存在するのにちょうどよい温度になるところをハビタブル・ゾーンと呼んでい」て、「今回、発見されたグリーゼ581cは、グリーゼ581という恒星の周りを回る惑星で、ちょうど、グリーゼ581のハビタブル・ゾーンにあるのです。だから、グリーゼ581cには生きものが存在するのではと期待されている」というのだ。

続きを読む "消えた年金手帳問題からあれこれと"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007/07/24

自分は自分 やることをやっていく

[mixi] の日記「自分は自分 やることをやっていく」から日記本文と戴いたコメントへのレスを転記します。
 7月23日の未明に書いたもので、22日の日記が本文。レスは、日曜のこと、月曜日のことに触れています。
 メモ書き風なのは、まさに日記だからということを如実に示している。

2007_0722070722hanako0124_1

→ 「「07花小金井パレード」画像集」アップしました!

自分は自分 やることをやっていく」(07年07月23日02:34)

 今日は一日、フルに活動した。
 まあ、普段、日曜日には動かない小生だけに、終日、動いていたような気がする。
 といっても、朝は十時頃に起きた。前夜、「ハーフロック (仮題)」という題名の小説を書きあげて、同時並行して、日曜日の勉強会で書き込みの試験があるので、そのための勉強をしていた。
 就寝したのは二時頃だったか。
 寝入って何時間かして目覚め、普通なら本を読むところをグッと我慢して、日曜日の試験のための予習。

続きを読む "自分は自分 やることをやっていく"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/23

「07花小金井パレード」画像集アップ

 7月22日(日)に花小金井で催された「07花小金井パレード」の画像集アップしました。
 とりあえずは、サンバエスコーラ・リベルダージG.R.E.S.LIBERDADE)のパレードの模様だけ。

 他のチームの模様も多少は撮ったのだけど、アップすべきか否か、思案中。
 どうしたもんだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/22

「月影に寄せて」アップ

 掌編「月影に寄せて」をアップしました。

雨だ! 創作だ!」で創作に励んだ、なんて書いていた奴。
 下記サイトにアップされたので、小生のブログでもアップ解禁です。


Mystery Circle」の「Mystery Circle 7-21締め切り分出題」参加作品です。
 拙稿である「月影に寄せて」や「地球照」(ホームページは、「Let's watch the star! 星見にいこてば」)などを参照。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月15日 - 2007年7月21日 | トップページ | 2007年7月29日 - 2007年8月4日 »