« 2007年5月20日 - 2007年5月26日 | トップページ | 2007年6月3日 - 2007年6月9日 »

2007/06/02

今年は国産盲導犬50周年

 昨夜、営業中、ラジオ(NHK第一)で盲導犬の話題を聴くことができた。
 どうやら今年は、国産の盲導犬誕生50年の年に当るらしいのである。

盲導犬 - Wikipedia」を覗いてみると、下記の記述を見出した:

 国産の盲導犬が誕生したのは1957年。アイメイト協会創設者の塩屋賢一が、18歳で失明した河相洌(かわい・きよし)より「この犬(チャンピイ)を訓練して街を歩けないか」と依頼された。既に1948年から独自に盲導犬の訓練研究を始めていた塩屋氏はチャンピイの訓練終了後、チャンピイを利用した歩き方(歩行指導)を河相氏に指導。ここに国産第一号の盲導犬が誕生した。これが日本における、実質的な盲導犬の歴史の始まりと言える。

Yamatonero

→ 黒猫ネロ (by Nazuna

 ついでながら、同上の頁に拠ると、「日本に来た最初の盲導犬は、1938年米国のゴルドン氏が、オルティー フォーチュネートフィールズ(The Seeing Eye, Inc. 卒)という名の盲導犬と共に観光旅行の途中、日本に立ち寄ったのが初となる」とのことで、来年は、盲導犬70周年ということになるのかもしれない。

 小生は猫も好きだが(猫には好かれないが…)、犬も好き。
 犬が好きといいながら、何処となく性格的に同質のものを感じてしまって(律儀、忠誠、仲間意識などなど)、逆に敬遠してしまう面もあったりする。

続きを読む "今年は国産盲導犬50周年"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/01

小生だって風邪を引くんです!

 月初めなので、恒例の目次を作成しておく。先月五月一か月分である(それにしても、歳月の過ぎる速さ。オイラのアンヨじゃ追いつかない!)。
 例によって、「題名」(テーマ 作成日)の順となっており、題名でテーマは基本的に示されている(はずである)。太字は、キーワードやテーマの焦点を示す。

2007_0601070531tonai0030

← 5月31日のお昼頃。まだ日差しもあって、六本木の某所の坂を走ったら、木漏れ日が不思議な空間を生み出していた。

 本文に入る前に、過日、「≪遥香ちゃんを救う会≫」(2007/04/25)で募金のお願いをしていた件について、後日談情報。「5月11日に募金目標を達成」し、「5月29日、成田空港よりロサンゼルスに向けて、JAL062便にて出発」したとのこと。

 あとは朗報を待つばかりです。

続きを読む "小生だって風邪を引くんです!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/31

タクシー(ドライバー)を見る目が厳しくなります!

以下は、某所で書いた日記(一部、加筆):
会社で講習会

 講習会といっても、個人タクシーの勉強会ではなく、東京タクシーセンターの指導員(講師)による巡回指導(講習)会。
 本来なら年に一度、江東区にあるタクシーセンターへタクシードライバーが赴いて、一日、あれこれ講習を受ける定期のものだが、指導員が各地のタクシー会社(営業所)を巡回してくれるたのである。

070529

→ 29日の午後、都内某所の公園脇にて。この日、都内を走ったら、紫陽花の花が随所で目に付いた。そろそろ梅雨間近なのか。……あの、この花は紫陽花ではありません! それくらいは小生にも分かります!

 うちは、タクシーランキング制度(下記注参照)で「AA」ランクなので(昨年度は100点だった!)、こういう配慮を受けることができる。
 講師の方は話し慣れていて、さすがに話がうまい。流暢だし、人の気持ちを引きつけることができる。

 徹夜勤務明けの講習会なのである。朝の七時前に営業報告を済ませ、2階のドライバー休憩所で仮眠を取り、9時からの講習を受けた。
 体も頭もいつも以上にヨレヨレ。でも、講師の前ではシャキッとしていなくっちゃね。
 終わったのは、10時10過ぎだったか。
 それから、組合(会社?)支給の海苔弁当を食べて、10時半過ぎに帰宅の途へ。
 自転車のタイヤの空気がなきに等しく、乗り心地が悪い。

続きを読む "タクシー(ドライバー)を見る目が厳しくなります!"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/05/30

「ジャスミンの愛」アップ!

母の日にちなむ?」で5月13日、書きあげたと告げていた作品「ジャスミンの愛」をアップしました。
第二十三回 Mystery Circle」初(?)参加作品です(ホームページは、「Mystery Circle」)。他の書き手の作品も読める。さすが手練れさんたちだ。

Mystery Circle」の主旨は、「Mystery Circle いらっしゃいませだよっ!!!」を読んでね。
「初(?)参加作品」としたのは、「五月晴れの空へ」は、参加者でないのに、外野席から勝手に参加したという前歴があるから。
 正式な参加は、今回が初めて。

5月のお題
彼は、もしかしたら、飛びまわる灰に、どのような墓碑銘を付けるべきか、悩むかもしれない」 で、始まり、「私たちの世界を難しくしないでよ。とりわけ、私たちの世界を」 を 使って締めくくること。
お題の出典::『アニマル・ロジック』 著:山田詠美

<彼>が愛した(憎悪した)彼女の名前を「保美(やすみ)」としたのは、『アニマル・ロジック』を一読したらすぐ分かる。彼女への(彼の)愛を「ジャスミンの愛」としたのも、「ヤスミン→保美→ジャスミン」という分かりやすい構図。
ジャスミン」については、「心と体を癒すアロマテラピー」の中の「ジャスミン」がいい。「人の本能と結びついた生殖機能に対して、大変効果の高い精油」なのだとか。

 では、いざ、本文へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/29

まったりの週末の日々夢と去り

 月曜日は日曜日に引き続き、休日だった。快晴。しかし、半袖では寒いくらいで、昨日とは一転した気温である。

 ゆったりまったりな一日に終始した。昨日、炎天下の最中、バスや電車を乗り継いで横浜(関内)まで出かけたので、今日は休養も兼ねてひたすら安静を旨とした。
 といっても、朝の八時過ぎから、日曜日に楽しんできた「エンコントロ ジ アルモニア2007」の日記というかレポートというか、画像集のための背景文作りに、結構、時間が費やされる。
 他愛もない日記だが、必要な程度に長引かせるとなると、さすがの小生も手間取ったりする。

Kicc3651

← アルパ奏者・上松美香の『PASION』(キングレコード)

 画像を50個、適度な間隔を持たせて掲げるために必要十分な長さ。
 余り過ぎるのも辛いし、みっともない。
 午前十時過ぎには大体、目見当というか、これまでの経験と勘から、これくらいの分量で十分じゃないかという程度には書けた。
 そこで、次は、画像をアップさせていく作業を淡々と、黙々と続けていくことになる。右、左、右…と、交互に画像を挿入していく。クリックすると適度な大きさになる画像という状態で、前夜のうちに用意しておいたので、挿入するだけで済む。

続きを読む "まったりの週末の日々夢と去り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/28

「07エンコントロ・ジ・アルモニア」アップ!

2007_0527070527encontro0038_1

下記の日記風レポートを作成、アップしました:
07エンコントロ・ジ・アルモニア(1)
07エンコントロ・ジ・アルモニア(2)

 画像集です。画像をクリックすると、あら不思議、大きくなります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/27

イナーヤト・ハーン…音楽は宗教そのもの

 本書ハズラト・イナーヤト・ハーン著『音の神秘―生命は音楽を奏でる』(土取利行訳、平河出版社)の訳者である土取利行氏がハズラト・イナーヤト・ハーンの著作にめぐり合ったのはフランスで、「一九七五年、実験劇『チベット死者の書』の音楽を担当し、最後の公演先パリを訪れたとき、意外にもジャズのソプラノ・サックス奏者スティーブ・レイシーから紹介されたのが本書の第章「音楽」だけをまとめたペーパーバックだった」という。

489203300652_1

← ハズラト・イナーヤト・ハーン著『音の神秘―生命は音楽を奏でる』(土取利行訳、平河出版社)

 本書など随所からからイナーヤト・ハーンの言葉は引用され名言などとして示されている。
 下記の言葉もその一つである:

 つまるところ、音楽とは何なのでしょう。
 いわゆる音楽とは、耳に聴こえる調和のことですが、実は色の中にも、線の中にも、音楽はあるし、種々の草木が繁茂する森にも音楽はあります。そして、そこでは、草や木の共生の仕方にもハーモニーがあります。より広く自然を観察すれば、自然はさらに人の魂に訴えかけてきます。
 どうしてでしょう。そこに音楽があるからです。
 より広い生命観をもてば、生命への理解が深まり、音楽がもっとよく聴こえるようになります。全宇宙に呼応する音楽が聴こえるようになるのです。
 でも心の開けた人は、森に出るまでもなく、雑踏の中にいても音楽をみいだせます。

 この頁ではハズラト・イナーヤト・ハーン著『音の神秘―生命は音楽を奏でる』(土取利行訳、平河出版社)の「訳者あとがき」より「イナーヤト・ハーンの経歴」を一部、転記させてもらう形でイナーヤト・ハーンの人物像などを紹介しておきたい。
 ネットではまだ彼に付いての情報は、彼に相応しいほど十分見出せるとは思えないからである(手入力なので、転記の際に不備があるかもしれない。気づかれた方はご指摘を願う)。

続きを読む "イナーヤト・ハーン…音楽は宗教そのもの"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2007年5月20日 - 2007年5月26日 | トップページ | 2007年6月3日 - 2007年6月9日 »