« 2006年12月24日 - 2006年12月30日 | トップページ | 2007年1月7日 - 2007年1月13日 »

2007/01/06

芋銭さん牛久の魑魅を愛しけり

[今日のテーマは、画家・小川芋銭の周辺など:「芋銭(うせん)さん牛久(うしく)の魑魅(ちみ)を愛しけり」(ちなみに、「魑魅」とは、「山林・木石の精気から生ずるという怪物」のこと。他に、「人の霊魂。たましい」の意でも使われる)]

 昨日5日は、今年二度目の営業だった。晴れていて天気には恵まれていたのだが、交通事情は結構、シビアーだった。
 3日は、Uターンラッシュもピークだったようだけど、都内は車も人影も少なく、走りやすい(その分、仕事にも恵まれなかったが)。
 それが5日は、状況が一転、特に昼前などは、恐らくは挨拶回りのためなのだろう、黒塗りの車がやたらと目に付く。金曜日とはいえ、まだ、5日なのに、この渋滞ぶり!
 幾度となく渋滞のドツボに嵌り、今年が思いやられるような気がした。
 が、挨拶回りのノルマが終わった昼下がりからは、急転直下、今度は仕事が暇に。やることは終えたというのか、早々と飲み会へ繰り出したり、帰宅の途に付いたのだろう(推測)。

2007_0106070105tonai0028

← 五日の夜半過ぎ、都内某所にて。缶入りのコーンポタージュで一服。すると、自動販売機の脇にお地蔵さんが…。ん? 首がない! どんな過去があったのか…。

 となると、車中ではラジオが楽しみ。
 とくに音楽(番組)は、最近こそ自宅でCD三昧となってきているとはいえ、仕事中においては干天の慈雨なのである。久しぶりに渥美清さんの、というより、寅さんの「男はつらいよ」の主題歌も聴けた。
 正月と言えば、寅さんが定番だったのが、つい昨日のことのようだ。
 昨日は日中、晴れ渡っていたので、正月、荒川の土手を凧揚げする家族連れを尻目に、にこやかに、でも、何処か哀愁を漂わせつつ、あの顔と仕草の寅さんが歩いている、そんな映画の中の光景が彷彿としてくるのだった。
 
 寅さんに関係しては、下記の雑文がある:
風天居士…寅さん
指パッチン」(この中に、「寅さんの映画を見る」という一文を載せている)
西田敏行のこと
蓮の花が咲く時、音がする?!」(ハチス!)
葛湯から古代を想う」(葛飾・柴又の「葛」と葛西の「」は「かずら」繋がり)

続きを読む "芋銭さん牛久の魑魅を愛しけり"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/01/05

漱石やグールド介しマンにまで

 年初なので、何をやっても今年初になる。
 例えば三日が初仕事だったし、四日は初図書館(返却と借り出し)、初スーパー買い物。

 さて、「今日は何の日~毎日が記念日~」の今日「1月5日」の頁を覗いて、ちょっと過去を振り返ってみる。
 哲学者の三木清や俳人の松本たかしの誕生日であるとか、いろいろある。
 ちょうど彼の著作『美の歴史』(植松 靖夫【監訳】・川野 美也子【訳】、東洋書林)を読んでいるウンベルト・エーコの誕生日でもある。

2007_0104070103tonai0023

→ 初仕事だった三日の夜。都内某所の公園脇にて。冬の夜には寒々しい光景なのだけど。

 でも、やはり何といっても、文豪・夏目漱石の誕生日なのである。
 今更、小生如きに何を語る話題もないが、触れずに済ますのも癪に障る。
 漱石についての全般的なことは、「夏目漱石 - Wikipedia」に譲る。

続きを読む "漱石やグールド介しマンにまで"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/01/04

マンの山のぼりつめても鍋の底

 小生の敬愛する作家に故・辻邦生がいる。
 といっても、彼の作品では、『西行花伝』や『夏の砦』、『海峡の霧』(新潮社刊)などを読んだだけで、決していい読者とは言えない。
『背教者ユリアヌス』も『春の戴冠』も読んでいない!
 小生が同氏に感銘を受けたのは、94年の我が失業時代のことで、その頃から彼の随筆の類いを読み漁ってきた。
 失業時代での図書館で、何冊、読んだのかも分からない。

Nazna1

→ なずなさんにネットでいただいた賀状です。絵も小説も好き。小生には感想は書けないけど、しばしばこっそり(?)覗きに行ってます。絵、拡大して見てね!

 小説作品は、むしろその流れの中で読んだというべきかもしれない。
 それなりに読んできたにも関わらず、随筆を読んでも小説を読んでさえも、彼が文学する根底の動機というか彼を突き動かすものがつかみきれなかった。
 あるいは、辻の文学にある、小生の目には古典的に感じられてしまう感覚が、小生の粗漏な感性には感受しきれない、つまり感性の目に映らないのだろう。
 何故、そんな試みをするの、という戸惑いの念が小説作品を読んでいて終始、小生の胸裏に蟠ってしまう。その蟠りを圧倒し払拭しきってくれない。
 彼の<美>とは、齟齬とまでは言わないが、違和感を覚えてならない。

続きを読む "マンの山のぼりつめても鍋の底"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/03

初詣太田神社で決まりです

 帰郷していた際に、郷里の神社に初詣しそびれたからというわけではないが、東京での地元の神社である太田神社へ初詣に行ってきた。
 旅の疲れも取れたことだし、今年の仕事が始まる前に、近所をもっと知りたくて。
 小生の居住する区は大田区。だから、太田神社、というわけではない。
 また、太田神社にちなんで(由来して)大田区と命名されたわけでもない。

0701021

→ 太田神社の鳥居

 大田区は、「森・蒲両区から一字づつ取る」形で生まれた名称なのである。だから、決して「太田区」ではないのだ。
 地名など、詳しい情報は、「大田区の地名の由来」が非常に参考になる。
 大田区という名称に決まるまでには、「区名案には東海・南・六郷・羽田・城南・森田・京南・港・本門寺・臨海など多くの案が出されたが論多くして纏まらず」、結局、上記のような結果になったのだとか。

続きを読む "初詣太田神社で決まりです"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/01/02

詠み人の知らぬ歌にぞ思い込め

[本日のテーマは、作家の新井満氏訳詩・作曲で、テノール歌手・秋川雅史氏の歌った「千の風になって」の周辺]

 今年は、帰省していたので、大晦日はテレビで「第57回 NHK紅白歌合戦」を父母らとじっくり見ていた。最初から最後まで、ほぼ全て見ていたと思う。
 この数年は年末年始を外して帰省していたので、我が家では必ず見ることになっている紅白歌合戦も、見る機会が余り無かった(東京のテレビは画面がいじましいので、見ると疲れる)。
 DJ OZMAのバックダンサーの裸モドキのパフォーマンスには、NHKらしくなく、びっくりした。
 嬉しかった(でも、流しで食器類を洗っていた最中だったので、ジックリ観ることができなくて、ちょっと悔しかった!)。

Tingensaigajo

← 青梗菜さんにネットでいただいた賀状です。

 おお、NHKもここまでさばけてきたのかと、小生、感心することしきりだったが、「DJ OZMAのバックダンサーが裸と見間違いかねないボディスーツを 着用して出演した件について、NHKではこのような姿になるということは 放送まで知りませんでした。 衣装の最終チェックであるリハーサルでは放送のような衣装ではありませんでした」とのことで、なんだ、そういうことかい、と、逆にガッカリ。
 まあ、自分たちは知らなかったということにするしか手はなかったのだろう。
 
 演歌や歌謡曲からポップス、そして最新の若者のダンス系の曲まで幅広く聴くことができて、勉強ということではないが、感懐がいろいろあって楽しかった。

続きを読む "詠み人の知らぬ歌にぞ思い込め"

| | コメント (10) | トラックバック (4)

2007/01/01

口先の謹賀新年情けなや

 例によって月初めは前月一ヶ月の目次の日。ということは、昨年の師走分ということになる。
「題名 (テーマ 日付)」は、いつもどおり(テーマが題名に含まれる場合は、「題名」(日付)とする)。
 年越しソバも我が手で作った。例年だと母が作ってくれていたのだけど。三つ葉や海老の天麩羅、蒲鉾など載せて豪勢に。

0612312

→ 我が家の神棚。

「グリューネヴァルト…絵の奥に息衝く真(まこと)美か醜か」(目次・索引 2006/12/01
「夢の中大河を見しも枯れ葉道」(音楽エッセイ 2006/12/02
「デュモンさんライトな空の旅ならず」(「飛行機の父」デュラン 2006/12/03
中島敦の命日…遥かなる島より子恋う敦かも」(2006/12/04
「空腹で洗車!」(日記 2006/12/05
丸山真男…音の日は沈黙の声耳にせん」(2006-12-05
「誰彼と知る人多き年の瀬か」(ウィリアム・ハズリット 2006/12/07
「今日は何の日…憂鬱な日」(イラクのこと 2006/12/08
「木枯しや散らす葉もなく闇に消え」(タクシーエッセイ 2006/12/09
ウタリなる名前の担う意味豊か」(2006/12/10

続きを読む "口先の謹賀新年情けなや"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/12/31

寅彦忌…海月(くらげ)なす湯殿の髪の忘れえず

今日は何の日~毎日が記念日~」の今日、つまり大晦日である「12月31日」なる頁を開いてみた。
 すぐに、「寅彦忌(冬彦忌)」の項に目が留まった。
 他の項目も眺めて、画家のアンリ・マチスの誕生日だとか、『羊たちの沈黙』などで有名なアンソニー・ホプキンスの誕生日でもあるとか(珍しく、原作も映画も共に良かった!)、この前のフィギュア全日本で彼女としては悔しい結果に終わった村主章枝さんの誕生日だとか、画家のクールベ(三ヶ月ほど前に「クールベや始原の旅のあたたかき」にて扱った)や富岡鐵齋らの忌日であるとか、触れてみたい方々がいることに気づかされる。

0612301

← 正月を迎える縁起物を買いに出かけようとしたら、北陸の冬には貴重な青い空に月影が。画像では、よほど目を凝らさないと見えないけど。

 でも、小生の嗜好もあって、やはり気になるのは、「寅彦忌(冬彦忌)」の項だ。物理学者・随筆家の寺田寅彦の忌日なのだ。
 彼に付いて正面切って扱ったことはない。
人間を定義する」や「人間を定義する(続)」にて、若干、触れている。
 これらは、「喫煙四十年」という寺田寅彦のエッセイの中で、「しかし人間は煙草以外にもいろいろの煙を作る動物であって、これが他のあらゆる動物と人間とを区別する目標になる。そうして人間の生活程度が高ければ高いほどよけいに煙を製造する」という下りに興味が掻き立てられ、「人間を定義する」というテーマで自分なりにあれこれ綴ってみたもの。

続きを読む "寅彦忌…海月(くらげ)なす湯殿の髪の忘れえず"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年12月24日 - 2006年12月30日 | トップページ | 2007年1月7日 - 2007年1月13日 »