« ドキドキしてきた週末でした | トップページ | 「鎌倉高校駅前交差点改良事業計画」のこと »

2007/11/21

百鬼夜行:クラクションが発端でした事件

 19日、勉強の手を休め、ネットでニュースなど読むともなしに眺めていたら(小生はこの数年、新聞を購読していない。テレビは6年ほど前にブラウン管がプッツンし、その後、買えないまま今日に到っている。モバイルのテレビはあるが、小さくてテロップの文字が読めないし、長時間の視聴は辛い。なので、ネットがほとんど唯一の情報源)、下記のニュースが小生の目に飛び込んできた:

2007_1117071003tonai0007

→ 11月8日だったかの営業の日、都内某公園にて。ようやく秋晴れに恵まれた。

クラクションに憤慨、集団暴行容疑 元暴走族7人逮捕」(「asahi.com:朝日新聞の速報ニュースサイト」より)

 後続車のクラクションに憤慨し、集団暴行で重傷を負わせたとして、警視庁少年事件課などは19日までに、傷害容疑で、東京都台東区竜泉、防水工安馬健容疑者(21)(略)ら元暴走族メンバー7人を逮捕した。

 安馬容疑者らは飲酒後に仲間9人でスクーター5台に分乗し、道路いっぱいに広がってのろのろ蛇行運転をしていた。少年は「クラクションを鳴らされ頭にきた」と供述し、容疑を認めている。

 調べによると、7人は昨年11月5日午前1時半ごろ、台東区清川の明治通りで後方の乗用車にクラクションを鳴らされ憤慨。前方をふさいで停車させ、降車した福岡市の果樹園勤務の男性(22)ら3人に殴るけるの暴行を加えたほか、スクーターでひき、あごの骨を折る2カ月の重傷を負わせるなどした疑い。(時事)


2007_1117071003tonai0010

← 同じ日、違う公園にて。小花。小生にしては上手く撮れた! 秋の空に、風に吹かれて気持ち良さそう。

 このニュースが小生の関心を呼び起したのは、小生がこうした暴走族の碌でもない騒動に憤慨するという、良識ある大人である(?)が故だけではない。

 良識はともかく、常識はある。…まあ、平々凡々たる人間である。

 実は、小生には過去、こうした連中に絡まれそうになったことが何度かあるのだ。
 そのうち、今日は、タクシードライバーとして経験したことを一つメモしておく。

 以下、19日に、上掲のニュースを読んだ際に思い出し、日記に綴ったものを多少手直しの上、転記する:

2007_1117071003tonai0015

→ 11月上旬。営業もピークを過ぎ、夜半過ぎ、運河脇の公園にて一服。落ち葉の舗道。

百鬼夜行:クラクションが発端でした事件

小生にも似たような経験がある。

もう、数年前のこと。

場所は早朝の環七。
小生は帰庫(営業を終え、会社に戻ること)しようと片側二車線の外側(歩道側)を会社に向かって走っていた。

あと数分で会社という時、小生の運転する車の前に暴走族風のガキがバイクで車線を跨るように蛇行運転していて、仕方なく小生もその後を付いて走ることに。

後続の車が渋滞。

そこへ、追い越し車線(真ん中の分離帯に近いほうの車線)を走ってきた茶色のジャガーに乗った奴が、クラクションを鳴らし、渋滞していた真ん中側の車線の車をどかせ、さらにそのバイク野郎をも蹴散らして、走り去った。

2007_1117071003tonai0020

← 綺麗に刈り込まれた植え込みも、落ち葉たちには快適なベッドのよう。

暴走族のガキ、バカだからか、何をどう勘違いしたのか、クラクションを鳴らしたのは直後に居た小生の車だと思い込んだらしい。

普通、渋滞する車やバイクを蹴散らし走り去っていったジャガーに目を付けるだろう!

でもバイク野郎は、小生の乗る法人タクシーの安っぽいクラクションの音と、高級車だろうジャガーのクラクションの音とも区別できない奴。

そもそも、クラクションはバイクの斜め後ろで鳴らされたんだし。 小生はバイク野郎の真後ろだった。

音の聞こえてくる確度からでも、音源の位置、少なくとも音の出所の方向は分かろうというもの。

2007_1117071003tonai0024

→ 公園から運河沿いのプロムナード、そして運河を見渡す。

でも、そいつは、そんなことも分からん奴。

小生を睨みつけ、バイクを道の真ん中に止め、小生の乗るタクシーの車種や会社名、ナンバープレートの番号(のいずれか)をメモ(か記憶)している。

その場は、奴は走り去った。

が……。

翌日(正確には次の営業の日、同じ時間帯)、そいつやそいつの仲間らしき連中が、小生の車の前をノロノロ運転。

2007_1117071003tonai0031

← 先週の日中、皇居脇にて。抜けるような青空って、こういうのだろう。皇居の周りには市民ランナーが多数、マラソンしていた。東京国際女子マラソン大会が間近だったからか。それとも、お昼休みなどに、皇居のお堀に沿ってマラソンするのが流行っているからなのか。空気(排気ガス)をたくさん吸い込むことになり、体に悪いという研究結果が、この日の前日だったかに発表されたばかりなのだが…。

その前に、奴の仲間らしい若い男が会社の事務所の車庫への入口付近にも来て、こっちの様子を伺ったりしていた。小生は案の定だと思った。

そんな嫌がらせ行為に悩まされる日々が一週間ほど続いたか(その間の営業は3回ほどだったと思う)。

何日かして、ようやく変な、脅しめいた(脅しそのものか)挙動は収まった。

ちなみに、小生も、用心のため、奴のバイクのナンバーは控えておいた。
メモ用紙(日報ではなく、小生が営業中にメモなどする時のため常に用意してある用紙)に番号などの情報をメモしておいた。
さらに、小生が15歳の頃から続けている手書きの日記にもナンバーなどをメモ。

奴が少しでも実力行使を図ったら、警察や会社に通報するつもりでいた。

2007_1117071003tonai0033

→ 「雲」や「空」「水」などがブログ上でのマイブームの小生、都内某所で休憩していて、見上げるビルの先の青空と白い雲の光景に見惚れ、思わずパチリ! あの青空の彼方には宇宙がある。地球は宇宙に浮ぶ青い宝石。抜けるような青空じゃなく、本当に空は宇宙に向かって底が抜けている! そんなことを思いながら、近くの公園で居眠り……。

ただ、奴らが本当に実力行使を図り、集団暴行など加えられたら、重傷でも命があればいいが、何も伝えられないという可能性だってありえる。
まかり間違えたら、冒頭の事件での被害者だって意識不明乃至は死に至っていた可能性だってありえるわけで、自分が何か異常事態になったら、通報どころではなくなる。

だからこそ、証拠物件として誰が首謀者、あるいは犯行の関係者かを分かるようにという用心(手掛かり)の意味も込めて日記そのほかにメモし机の上の目立つところに置いておいたわけである。

自分がクラクションを鳴らしていないのに、近くにいたというだけで、碌でもない連中に絡まれたりする。

街中には何があるか、分からん!
(2007年11月19日夕方記)

 === === === === === === ===
                        (以上、転記終わり)

まこと、現代の市中だって百鬼夜行だ!
(百鬼夜行というのは、この日記に寄せてくれたコメントの中にあった言葉。話題の中味を表現するのに的確だと思い、借用させていただいた。)

|

« ドキドキしてきた週末でした | トップページ | 「鎌倉高校駅前交差点改良事業計画」のこと »

タクシーエッセイ」カテゴリの記事

ドキュメント」カテゴリの記事

思い出話」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社会一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/17135629

この記事へのトラックバック一覧です: 百鬼夜行:クラクションが発端でした事件:

« ドキドキしてきた週末でした | トップページ | 「鎌倉高校駅前交差点改良事業計画」のこと »