« 助数詞にゃ匹夫の勇も空回り | トップページ | 誰も皆アウトサイダーの行く末は… »

2007/06/28

時計草明日は会えると信じてる

時計草 (とけいそう)」という花があることを、あるサイトで初めて知った。
 その頁には花の画像が載っていて、鉄線か時計草かと疑問形で名称が示されている。
 鉄線(花)は以前、ブログでも扱ったことがある。って言うか、まあ、他の話題を採り上げる過程でついでに調べたという程度だったが:
季語随筆日記拾遺…タクシー篇-無精庵越中節

2007_0627070626tonai0026

→ 6月26日の午後、そろそろ小ぬか雨も上がり始めた頃合、皇居の脇で信号待ちとなったので、ちょっと撮影。

「鉄線(てっせん)」、別名、「クレマチス」(あるいは「風車(かざぐるま)」)については、今日は扱わないので、画像と共に教えてくれる頁を示しておく:
クレマチス」(ホームは、「季節の花 300」)

 さて、「時計草 (トケイソウ)」(ホームは、「季節の花 300」)のこと。
(画像は、「Dog's breakfast 時計草」が凄い!)

 学名は「Passiflora caerulea」というらしい(caerulea : 青色の)が、「Passiflora」は、「トケイソウ属」の意だが、以下の説明が興味深い:

「情熱の花」の意味で、 はりつけの刑にされたキリストをめしべの柱頭にたとえ、放射状にひろがる部分をキリストから出た後光にたとえた。

「開花時期は、6/ 5頃~ 8/10頃」というから、目ざとい人なら既に街中で見かけているかもしれない(「Dog's breakfast 時計草」参照)。小生は全く気付いていない!
「ブラジル原産。1730年頃に渡来」というのがちょっと謎。その頃、何ゆえにブラジルから渡来したのだろうか。直接ブラジルから? あるいは中国経由?
 但し、「果物時計草(クダモノトケイソウ)|花*ファンタジア」では、「日本へは明治時代の中期に渡来したが、本格的な栽培には至らなかった」などと説明されている。

2007_0627070626tonai0029

← 意味不明な画像?! 違います。左下隅の旗(幟)に注意! そう、7月8日、新宿は市ヶ谷にて「薬王寺柳町七夕まつり」が開催される。当然、我がサンバエスコーラ・リベルダージ(G.R.E.S.LIBERDADE)パレードがメインとして挙行される。「13:10 サンバチームのデモンストレーションと一輪車の公演」や、「14:30 浅草サンバチーム スタート (~16:30)」などがある。26日の夜、柳町を通ったので、ポスターを探したが、車からは発見できず。でも、幟(のぼり)は一杯あった!

「名前のとおり、壁掛けの時計盤のような咲きかたをする。とてもユニークな形♪」
 小生、この花(の画像)を見て、驚いた。確かに、キリストの磔像にも見えるけれど、蘂(しべ)が時計にも見える。長針・短針・秒針が揃っているし。

 ここでもう一度、「時計草 (トケイソウ)」の画像を見てみよう:
時計草 (とけいそう) 写真集 1
時計草 (とけいそう) 写真集 2 パッションフルーツ編

「時計草」は夏の季語(「俳句歳時記の部屋」参照)。

2007_0627070626tonai0032

→ 6月26日の夜半過ぎ、都内某所にて。雨も上がって、紫陽花さん、何、想う?

 紫陽花や色艶さえも闇に溶け


 ネットで「時計草」なる季語を織り込んだ句を幾つか探してみる:

時計草予期せぬことの楽しさよ   かつこ(「日々好日総集編」より)

アイロンの熱のまま着ぬ時計草   緒方 敬(「「滝」の俳句|エロティシズムを詠む・・・生命賛歌」より)

時計草たそがれ長きことは知る   後藤比奈夫(「≪‘のぶ‘のフォト俳句≫ ~from伊勢 ☆~ ≪フォト俳句(160)≫7-31 ① 時計草」より)

時計草朝日に刻をきざみだす   のぶ(? 同上頁より)

鉄柵の錆びすこし見ゆ時計草   けい子(「時計草 薬丸けい子の俳句ブログ-ウェブリブログ」より)

待ち侘ぶる思ひ知らずや時計草   やこぜん(「俳ぢゃっ句」より)

行き帰り目の合ふ犬や時計草   藤田幸次郎(「江戸ソバリエ☆吉田悦花の俳句ファクトリー」より)

時計草と言はれて見ればさう思ふ  帆楠井(「湯豆腐句会 披講」より)

|

« 助数詞にゃ匹夫の勇も空回り | トップページ | 誰も皆アウトサイダーの行く末は… »

俳句・川柳」カテゴリの記事

季語随筆」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/15579642

この記事へのトラックバック一覧です: 時計草明日は会えると信じてる:

» 行き帰り目の合ふ犬や時計草 [江戸ソバリエ☆吉田悦花の俳句ファクトリー]
7/8 藤田幸次郎 (いきかえりめのあういぬやとけいそう) (ふじたこうじろう) [続きを読む]

受信: 2007/07/15 11:55

« 助数詞にゃ匹夫の勇も空回り | トップページ | 誰も皆アウトサイダーの行く末は… »