« 2006年2月19日 - 2006年2月25日 | トップページ | 2006年3月5日 - 2006年3月11日 »

2006/03/04

俳句からだ感覚…地貌

 毎度のことながら画面に向かっても何を書く宛てもないので、徒然なるままにネット検索していろんなサイトを渡り歩いていた。
 最初は、「匂いを哲学する…序」の続きを書こうかと思っていた。アリストテレスが五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)を分析し、その序列を付けてみたり、さらにそうした五感から共通感覚という概念を導き出す辺りを説明するサイトを探していた。
 たとえば、「C アリストテレス② 」では、「【共通感覚 aistherion koinon】 (『デ・アニマ』2,3)」の項に、「視覚に対する色、聴覚に対する音のような個々の感覚器官に応じた個別感覚ではなく、それらのいくつかで共通に把握できる感覚のこと。その座は心臓にある。というのも、我々の感覚は、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の5つに特殊化し、それぞれ特殊な感覚器官を持つが、そのもとは同一のものだからであり、また、このようにしてとらえられる対象は付帯的なものではなく、自体的なものだからである。ただし、これを直接に捕える第六の感覚器官など存在しない」とした上で、「このような共通感覚として」以下を示してくれている:
  

 第1に、運動、静止、数、形、大きさなどの知覚
 第2に、だれだれのものである、のような知覚
 第3に、私は見ている、のような自分の感覚の知覚
 第4に、白いのは苦い、のような異なる感覚にわたる知覚

2006_03040603030019

→ 三月三日、桃の節句の日の夜半過ぎ、四日の丑三つ時と言うべきか、都内某所の公園にて撮影。トイレに梅というのは取り合わせの妙とは言いがたいだろうが、ちょっと面白くて撮ってしまった。まさに匂うがごとき梅の花である。

触覚、この余計なもの̶̶マクルーハンにおける感覚の修辞学」では、以下の文を見出す:
」アリストテレス『デ・アニマ』しかし、私たちは、白いと甘いの間、そしてその他の感覚対象のそれぞれを比べることで、それらが異なることを判別し知覚しているのであるから、そのための感覚もなければならない。なぜなら、これらの対象は感覚されるものだからである。したがって、肉はこの最終的な感覚器官ではないということも明らかになる。なぜなら、その場合、この区別は触れることによって行われたことになるであろうから。 (Aristotle 426b12-17)」
 この文に対する「トマス・アクィナス『デ・アニマ注釈』」も面白い。

続きを読む "俳句からだ感覚…地貌"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/03

桃の節句…雛流し…曲水の宴

(書き忘れていたが、「2005年03月の索引」の中で示したように、昨年3月に拙稿「桃の節句」を書いている。無論、日付は「March 03, 2005」である。同じ季語を話のネタ乃至はとば口にしながら、いかに話が違う風に展開するか、両者を読み比べると面白いかも…つまらないかもしれないけどね。)
 ここ数日、季語随筆日記らしいことを書いていないので、今日は表題にあるごとく「季題【季語】紹介 【3月の季題(季語)一例】」のうちにある「桃の節句」を採り上げたい。
 何たって今日は三月三日、桃の節句を祝う日なのである。
 小生には、こんな華やかなというか、若やいだような季語は無縁の世界なのだが、それだけにせめてここにおいて雰囲気だけでも味わってみたい。

2006_03040603030012

→ 三月三日の夜、日中の一時は激しかった雨も峠を越し、都内某所の公園脇で枯れ木などをパチリ。桜。あと二週間余りで開花が始まるとか。その日を今か今かと待っているのは人だけじゃなく、むしろ花のほうなのかもしれない。ああ、写真など撮ってせっかくの安眠の時を邪魔しちゃいけないね。

 咲く日待つ思いを秘めて深く寝ん

 例によって、季語のことは何も知らないので、ネットの力を借りる。
俳句歳時記の部屋」の「春の季語(行事・暮らし編-種類順) 桃の節句(もものせっく)」によると、「桃の日 雛の節句」などの類義語があり、「三月三日、女の子の節句」という。
 関連して、「雛市、雛祭、菱餅、白酒、雛あられ、雛流し」といった季語がある。類義語もそれぞれの季語にある。

さきわいみゅーじあむ」の「今月の季語 月1日~31日(陰暦1月16日~2月16日)」、その「◆雛祭り(ひなまつり)」の項によると、「古来、人々は草や紙で「ひとがた」という人の形をつくって自分の身代わりとし、川や海に流すことで、災厄を払っていました。この儀式が宮中のお人形遊びとが結びつき「雛祭り」の原型になった、と言われています」とある。
「雛流し」という季語は「けがれを祓うため三月三日の夕、川へ流す行事」ということのようだが、何処かしら 「平安貴族の宴に行った遊び 」だという「曲水(きょくすい)」 (類義語に「曲水の宴 盃流し」)を想わせるような。

続きを読む "桃の節句…雛流し…曲水の宴"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/02

久世光彦氏が死去

「人気テレビドラマ「時間ですよ」の演出や小説やエッセーなど文筆でも活躍した演出家で作家の久世光彦(くぜ・てるひこ)氏が2日午前、東京都世田谷区の自宅で死去した。70歳。東京都出身」とか:
中日新聞ホームページへようこそ

 同上の記事に拠ると、「東京大文学部美術史学科卒業。1960(昭和35)年、現TBSに入社。脚本家の向田邦子さんとともにドラマ「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」などを手掛けた。斬新な演出で高視聴率を稼ぎ、名物プロデューサーと呼ばれた。79年に独立しテレビ番組制作会社「カノックス」を設立。テレビだけでなく舞台演出にも活動を広げた」ともある。

 富山出身ではないが(?)富山高校卒ということで、小生にとっては先輩ということになる。
 彼に付いては何とか採り上げたいと思っていたが、果たせないで来た:
シャラワジ風日記
(尚、富校の在校生が作る「富校の杜~県立富山高校~」は覗いて楽しいサイトになっている。)

 源氏鶏太氏も含め久世光彦氏の本を読み、いずれ彼を特集したい。

 謹んで久世光彦氏のご冥福を祈ります。


[ 「livedoor ニュース - 久世さん遺影 荒木氏が1月に撮影」という情報を得た。関係する情報なので一部、転記させていただく。
「胡蝶(こちょう)蘭やかすみ草など、白い花の祭壇に飾られた久世さんの遺影は、写真家の荒木経惟氏が1月下旬に撮影したもの。久世さんが、大好きなたばこをくゆらせているワンカットで、月刊誌「ダ・ヴィンチ」のグラビア用だった」とか。
 これは、「久世さんは撮影時、荒木氏に「遺影は荒木さんに撮ってもらおうかな」と冗談っぽく話していたといい、この会話を覚えていた編集者が遺族に届けた。久世さんの死後、自宅から裏に「葬儀用」と書かれた別の写真も見つかったという」のだ。
 また、「棺には、久世さんが思い入れの深い作家や作品への思いをつづった「美の死」(ちくま文庫)が納められる予定。筑摩書房から発行された単行本の文庫化で、10日発売。亡くなった2日に届き、久世さんが目にすることはなかった」のだとも。
 さらに、「長男の烈さん(28)が贈ったマグカップ、原稿の続きを書いてほしいとの願いを込めた原稿用紙や鉛筆、万年筆に加え、愛用の眼鏡、腕時計、トレードマークだったたばこのピース缶も納められる」という。(06/03/08 追記)]

| | コメント (4) | トラックバック (1)

嗅覚の文学

「匂い(臭い)」というと鼻そして嗅覚。哲学に移る前に文学方面で「鼻(あるいは嗅覚)」をテーマにしたもの、乃至は題名の一部に入っているものを幾つか。
 まずは、小生の好きな作家であるゴーゴリが浮かぶ。言うまでもなく、その名も「鼻」である(『外套・鼻』 所収。 平井 肇訳、岩波文庫)。
 ブックレビューによると、「ある日突然顔から抜け出し、歩き廻り出した自分の鼻を追って狂奔する下級役人を描く幻想的な物語」とある。
 コミカルでナンセンス調だが、面白うて、やがて悲しきである。傑作として挙げはしないけど、幾度、読んだかしれない作品だ。

「鼻」というと、芥川龍之介の作品を真っ先に浮かぶという人も多いのでは。
東大在学中に同人雑誌「新思潮」に発表した『鼻』を漱石が激賞し、文壇で活躍するようになる」という曰く付きの作品。
 高校だったと思うが教科書に載っていた。
 ソクラテスのような意味合いではなく、歪な形の鼻を持つ小生のようなものには、ゴーゴリもそうだが、芥川のこの「鼻」が授業で扱われている間は針の筵(むしろ)状態だった。喩えが間違っているかもしれないが、焼けたトタン屋根の上のネコ状態だった。
 それこそ、自分のことを教室中で、学校中で、やがては世界であげつらっているような気分だったのだ。 
 あげつらい嘲笑している、それどころか声を出して朗読などさせられようものなら、哄笑されているような…、じゃない、哄笑されていると感じるしかなかった。
(鼻呼吸ができないこともあって、授業が始まって十分もすると、酸欠状態になる。口呼吸しかできないから、口を大きく開けて息をしたいけど、外聞もあるし、授業の邪魔だし、口を薄く開けて息を細く細くして吸ったり吐いたりする。この辺りのことは、掌編「授 業 中」でやんわりと描いてみた。小生の場合、十歳で鼻呼吸ができなくなってからは、授業は酸欠との戦いだった。増して「鼻」に焦点が当たっているとなると!)
 ゴーゴリの「鼻」もユーモラスな感がある、哀愁の感だって漂っているけれど、しかし、自分を「思わず微笑させるような、上品で機知に富んだしゃれ」の意のユーモアで敢えて客観視したい、しないといけない、作品には自分をではなく人間を風刺する高度で深い世界が表現されているのだと思いたいのだけれど、どうやってもそんなユーモアという衣で身を包み隠すのは無理がある。窮屈なのだ。背伸びしすぎなのだ。

続きを読む "嗅覚の文学"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/01

2005年03月の索引

 何だか恒例になりつつあるが、月初めということで、昨年の三月にこの季語随筆(日記)でどんな記事を採り上げたのか、リストアップし一覧表にしてみる。読者のため、それともやはり自分のため。

 前にも書いたと思うが、これは小生が折々覗いて刺激を受けているpfaelzerweinさんのブログ「Wein, Weib und Gesang」に影響されてのことである。
 pfaelzerweinさんは二月末にも恒例に従って、「索引 2006年02月」を作っておられる。見比べられたら中身の濃厚(質)の差が歴然で恥ずかしくなってしまうが、我流でやっていくんだと開き直るしかないね。

2006_02270602270020

→ 都内某所に出来た新しい橋の袂に植えられた色とりどりの花。信号待ちで確かめる暇はなかったが、パンジーだろうか。パンジーは、フランス語の「パンセ(考える)」に由来しているのだとか。「パンジー」「三色菫」は春の季語。写せなかったが、橋も負けずに華麗な形を誇っている。

 できれば、月末には総括の意味合いも込め、その月に書いた記事のリストアップ表も作っておきたいのだが、書きたいこともあって、手が出ない。今後の課題の一つである。
 例によって、「記事の題名」(主なテーマ、書いた日付)である。日付には当該頁へのリンクを張ってある(番外の記事は除外している)。

続きを読む "2005年03月の索引"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/28

放棄されたワンちゃんたちの引き取り手 募集中

「茨城県でブリーダーが倒産し 350匹の大量放棄がありました。現在80匹まで少なくなりましたが3月末までに決まらない仔はすべて保健所送りとなりそう」とのこと。
 詳細は下記サイトを御覧ください:
アニマル★レスキュー
 今回、放棄されたのは全て純血種とのことですが、MIX犬の仔については常時、里親募集中!とのこと。どうせ犬を飼うなら、ちょっと考慮の余地を。
 関心のある方は上掲のサイトを見てね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

匂いを哲学する…序

 いきなりローカルな話題となるが、小生には身近な、しかし寂しいニュースがある。
富山港線は、今月28日をもって当社の営業を終了し、富山ライトレール(株)に運行を引き継ぎます」というのだ。
 一昨年来、家庭の事情があり、しばしば帰省しているが、その際、オートバイを使わず列車を利用するように努めている。それは列車内で本を読みたいからという理由もあるが、富山駅から廃線間近い富山港線に乗り換えて郷里の家に向かいたかったからだ。
 田舎に居る間は頻繁に利用したというわけではないが、小生の家から数分の距離にあるし、バスを除けば一番身近な交通機関だったことは間違いない。

富山ライトレール株式会社-富山ライトレール開業70日前イベント」という頁を覗くと、従来の路線を走っていた電車の雄姿と、近く運行開始となる路面電車「ポートラム」のフレッシュな外観の画像を見ることが出来る。
「ポートラム」とは、「港の「ポート」と車両の「トラム」を組み合わせた造語」で、「国内初の本格的LRT(Light Rail Transit)で、全国から注目されている全く新しい路面電車」なのだとか。
富山港線は富山駅と富山市北部の岩瀬浜を結ぶ全長約7.6kmの単線路線。路面電車化にあたり、富山駅から約1.1kmまでの区間には道路上に軌道を新設し、その先から岩瀬浜駅まで約6.5kmの区間は既存の施設を利用する。既存のインフラを活用した取り組みは全国のモデルケースとして注目されている」という。

 ただ、個人的な感想を漏らすと、新しいタイプの電車もいいけど、バス路線がドンドンなくなっていくのが非常に困る。多くのお年寄りが困っている。タクシーは無線でないと呼べないし、バスの運行も減る一方。都内などで運行しているミニバス(マイクロバス)をもっと投入して欲しいものだ。

「「匂い」のこと…原始への渇望」(February 03, 2006)、「犬が地べたを嗅ぎ回る」(February 21, 2006)、「匂いを体験する」(February 26, 2006)と、「匂い」に絡む雑文を綴ってきた。
 せっかくなので、もう少し、拘っておく。今回は「匂い」あるいは(決して同等というわけじゃないが)嗅覚を哲学者はどう扱ってきたのか(扱ってこなかったのか)という観点から(その序に留まるが)。

続きを読む "匂いを哲学する…序"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/27

蝋燭の焔に浮かぶもの

 読書というのは、薄闇の中に灯る蝋燭の焔という命の揺らめきをじっと息を殺して眺め入るようなものだ。読み浸って、思わず知らず興奮し、息を弾ませた挙げ句、蝋燭の焔を吹き消してはならないのだろう。
 そう、じっと、焔の燃える様を眺め、蝋燭の燃え尽きていくのを看取る。
 それは、まるで自分の命が静謐なる闇の中で密やかに滾っているようでもある。熱く静かに、静かに熱く、命は燃え、息が弾む。メビウスの輪のある面に沿って指をそっと滑らせていく、付かず離れずに。
 すると、いつしかまるで違う世界にいる自分に気が付く。見慣れないはずの、初めての世界。なのに慕わしく懐かしい世界。読書という沈黙の営みを通じて、人は自分の世界を広げ深めていくのだろう。何も殊更に声を上げる必要などないのだ。
 気が付けば蝋燭の火も落ちている。命を燃やし尽くして、無様な姿を晒している。けれど、冷たい闇の海の底にあって、己の涸れた心に真珠にも似た小さな命が生まれていることに気付く。蝋燭の焔の生まれ変わり? 
 そんなことはどうでもいい。大切なのは、読書とは、何時か何処かで生まれた魂の命の焔を静かに何処の誰とも知らない何者かに譲り渡していく営みだということに気付くことだ。読むとは、自分がその絆そのものであることの証明なのではなかろうか。
                              「蝋燭の焔、それとも読書」より

 漆黒の闇の底を流れる深い河。そこに蛍の火のような灯りが舞い浮かぶ。風前の灯火。でも、俺には命の輝きなのだ。あと何日、こんな眩い煌きを堪能することができるだろうか。
 ……
 だから、俺は蝋燭の焔よりもっと儚い、けれど、だからこそ切ない煙草の火を愛でることに集中できるのだ。
 煙草の煙が舞い上がって、木立の透き間に差し込む街灯の光を一瞬、浴びる。
 紫煙の夢幻に変貌する形。
 魂の形。男と女の形。あの人の形。手の届かない夢の形。
 俺は自分が今こそ本物の詩人になったような気がする。
                                「煙草に火を点けて」より

続きを読む "蝋燭の焔に浮かぶもの"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/02/26

匂いを体験する

 ライアル・ワトソン著の『匂いの記憶―知られざる欲望の起爆装置:ヤコブソン器官』(旦 敬介訳、光文社)を読んで「「匂い」のこと…原始への渇望」(February 03, 2006)を、鈴木 隆氏著の『匂いの身体論―体臭と無臭志向』(八坂書房)を読み始めたことで「犬が地べたを嗅ぎ回る」(February 21, 2006)と、「匂い」(嗅覚)関連の雑文を綴ってきた。
 この一週間、トルストイの『アンナ・カレーニナ』を残り三百頁を切ったということで、アンナに掛かりきりになり、後者の『匂いの身体論』も含め他の読書は頓挫したまま(車内読書は細々やってる)。
 今日から再開である(といっても、ぼちぼち、そう来週辺りにはメルヴィルの『白鯨』の再読に取り掛かるけれど)。本書の感想文は書くかどうか分からないが、せっかくなのでここでも雑文を捻っておきたい。

renge-ume-tuyu

→ 蓮華草さんに戴いた「雨上がりの梅一輪」の画像です。春の足音が聞こえてきたことを梅の花ほど優しく告げてくれるものはない。

 匂うほど花の咲いても雨に梅

 誰よりも春を恋うのか梅の花

 ネット検索していたら、「香り  京都産業大学文化学部 国際文化学科 藤野あさみ」という頁を見つけた。
 その冒頭に、「はじめに」として、「今回は五感のひとつである嗅覚によって感じる匂い、香りそのものについて調べようと思う。目で見る芸術としての絵画、耳で聞く芸術としての音楽はあるが、鼻で嗅ぐ芸術というものはないと言える。嗅覚は本能的なものであり、本来食べてはいけない食べ物を嗅ぎわけたり、敵のにおいを感知したりするものであって、五感の中でも低級、原始的な感覚として認識されていた。近代になって人々が匂いに敏感になり、日本でも女性はもちろん男性も香水を使用するようになって、最近では香りブームという言葉さえ聞こえるようになった。」とある。

続きを読む "匂いを体験する"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月19日 - 2006年2月25日 | トップページ | 2006年3月5日 - 2006年3月11日 »