« 2006年2月12日 - 2006年2月18日 | トップページ | 2006年2月26日 - 2006年3月4日 »

2006/02/25

春になると…spring has come!

 春になると気が緩みがちになるのは、小生だけのことじゃないだろう。体に付いてもだが、神経というか心持のもうも、たださえ緊張感に欠けているのに一層、だらけてしまう。
 未だ、春じゃない、気が早いって声が聞こえてきそうだけど、せっかちな小生、時代を先取りするのが好きな小生、弥生の声を聞く前に春の話題を一発二発。

 二年前の春先に書いた駄文「寄る年波に」の中で、「歩くと、小生、何故かいつも以上に駄洒落が浮かぶ。別に殊更、駄洒落を考えているわけではなく、看板の文字や店の名前とか、何かの活字や数字を読んだりすると、勝手に頭が動いて何かしら駄洒落を捻り出す」が、「困るのは、たまに傑作が出来たりすると、つい、ほくそえんだりする」、「何処かのケッタイなおじさんが、歩きながら、不意に、ににやにやする…。あまり、見られた光景ではない。自分でも見たくない。下手すると変人だし、不気味と思われるかもしれない。用心しないと。最悪、警察に通報されることだって、ありえないわけじゃない」などと書いている。

2006_02240602240014

→ 24日正午過ぎ、都内三田台公園にて。「すぐ近くの伊皿子貝塚遺跡より発掘された貝層断面や縄文時代の竪穴式住居などが復元展示されてい」る。撮影後、間もなく雨が降り出してきた。冷たい雨、だけど春を予感させ、冬の終わりを告げるような寂しい雨。曇天に負けずに鮮やかな梅の花が咲いていた。

 挙句の果ての結論(?)が、以下の通りでは情けない限りである:

「若い頃は、自制心もあり、顔の神経も筋肉もしっかりしているから、傑作な駄洒落が浮かんで、笑みが零れそうになっても、世間体を考えて、その笑みを辛うじて瀬戸際で自制することができていたのだと推察される。
 それが、寄る年波で、筋肉がすっかり緩んでしまい、笑みが浮かび始めると、気が付いたら既ににやにやしている、というわけである。尿意を覚えたら、その時にはパンツが濡れていたり、屁がしたくなったら、我慢も何のその、即、スカーとやってしまっているようなものなのであろうか。」

続きを読む "春になると…spring has come!"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/02/24

荒川静香選手おめでとう!

荒川静香選手、トリノオリンピックフィギュアスケート女子シングル金メダル、凄い!
村主章枝選手、さすが!
安藤美姫選手、頑張ったね!

フィギュアスケートの魔力

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪足掻きする末黒の芒(すぐろのすすき)

 いつものことながら、うかうかしている間に二月も残すところ数日となってしまった。
「集英社ギャラリー「世界の文学」」版で今もトルストイの「アンナ・カレーニナ」を読み続けている。本書『ロシア〈2〉/集英社ギャラリー「世界の文学」〈14〉 』を最初に手にしたのは昨年(師走)の二十日ごろ。
 ドストエフスキー著の『罪と罰』(小泉 猛・訳)とトルストイ著の『アンナ・カレーニナ』(工藤精一郎・訳)とが所収となっているが、『罪と罰』は一気に読めたが、『アンナ・カレーニナ』は、読み始めて二ヶ月余りになっている。
 ゆっくりじっくり読んできたのである。それもいよいよ悲劇的な結末部分に、恐らくは今週末には至ってしまう。
 長編というのは、読み応えがあり、その世界の中にどっぷりと浸らせてくれるが、それだけにその世界から抜け出すとなると一抹の寂しさの感さえ湧いてくる。
 所詮は虚構作品であり物語であり、身も蓋もない言い方をすると、白い紙面の活字の世界を目が追っているだけなのである。タクシーの仕事に自分の精力の大半を捧げ、残った僅かな気力の欠片で本を読み、由無し言を綴っている。
 なのに、本を繙くと、一気にその世界に没入させてくれる長編の魔力。というか作家の魔力なのだろうか。

 こんなに断片的に、途切れ途切れに読んでいるのに、栞(しおり)を頼りに前回読み終わった頁を覗き込み、前の章の終わりの一節を斜め読みし、気分も新たに次の章の冒頭部分から活字を追い始める。
 世事で中断していた間に、本の間に栞ではなく、雑事が、雑念が、怠惰が、失念が挟まっているはずなのに、そう、まるでメビウスの輪のように、俗事という夾雑物、つまりは障害物などするりと乗り越え、あるいは回避させてくれて、前の章と次の章とを繋ぎ合わせてくれる、作家の筆力。

 手元の電気スタンドが小生の周辺を明るく照らし出してくれる。頭や肩や背中と共に、明かりは本を浮かび上がらせる。やがて本の存在も忘れ果て、活字を追っていることも忘れ、馴染み深くなった登場人物群の饒舌や寡黙や言葉や感情の齟齬、野心、情愛、嫉妬、妄想、打算、愉楽を我がことのように感情移入する。
 読んでいるというのは、一体、どういう作業なのだろう。作業という言葉は不適切か。読んでいる最中、読み手は一体、何をしているのか。
 アンナは、どうしてそこまで追い詰められていくのか。作家の不倫への願望が裏にあるのか。やむをえざる情念の必然に過ぎないのだろうか。愛し合うとは憎しみと裏腹でなければ持続などしないのか。愛と憎悪とが螺旋を描いてしまって、つい生真面目に情念に忠実なる僕(しもべ)となったものは、かくあるしかないということなのか。
 アンナの運命を知っていて読む自分。愛という名の奈落の坂を駆け落ちていくアンナ。
 それでいて、あんな華麗にな! なんて駄洒落を思いつく小生。

 語りえないことについては、沈黙しなければならない!
 が、だからこそ、人間は語るのだ。書くのだ。話すのだ。
 言葉、沈黙という深淵への怯え、喚き。
 だって、神の前に「聖書」だって捧げる人間なんだもの。
 人間とは不遜なる動物ってことなのかもね。

続きを読む "悪足掻きする末黒の芒(すぐろのすすき) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/23

ラジオから…二酸化炭素とか疎水とか

 昨日は中途半端に忙しく、いつものように客待ちの間、車中で読書というわけにはいかなかった。今週に入って取り出した(お試しの期間で三ヶ月だけの約束だが…)新聞も、持参するのを忘れ、読めず、となると、退屈しのぎにはラジオである。
 夜中になるとオリンピック情報が聴けるが、日本人選手の参加し活躍する時間帯は短いし、呆気ない。
 音楽も昔のように今、ラジオで盛んに流れる音楽は我輩向けとは言いがたい。時代が小生を追い越していったというか、小生の足が遅くて追いつかないというか、今時の曲は<音楽>には感じない場合が多い。雑音よりもっと始末が悪い。具体的な曲名を書くと差し障りがあるし、その前に曲名も歌手の名前も分からない。

2006_02220602220026

→ スピード違反を覚悟で大急ぎで羽田空港までお客さんを送り届けた帰り、東海埠頭公園で一服。東京には都心を三十分も離れると、こんな場所がある。運河の先の東京湾。その先の太平洋。青い空の先は宇宙だ! 春の陽気で、このまま運河や空や橋を眺めながら居眠りでもしたい気分だった。

 久しぶりにラジオで摂取した雑多で且つ断片的な情報をメモしておきたい。雑多なのは、ラジオだから想像が付くと思われるが、断片的というのは、仕事柄、一つの番組をじっくり聴きとおすわけにはいかないからである。暇とは言いながらも、折々にはお客さんが乗ってこられるという僥倖に恵まれる。
 となると、ラジオを消すか(消すと言っても、手品を使って消すのではなく、オフにするってことだが)、ボリュームを下げる。よって、音楽にしても話(対談、インタビュー、談話)にしても、聞きかじりになってしまうわけである。

2006_02220602220028

← 同じく東海埠頭公園の芝生。ハトさんたちが盛んに何かを啄ばんでいる。近付いて確かめたかったけど、食事中のところをお邪魔しても悪いかなと思い、撮影だけさせてもらった。

 それにしても、昨日は暇のような忙しいような不思議な一日だった。といっても、夜半過ぎからは暇!
 日中は待機する時間がない程度に忙しかった。特に、「時間がないから、間に合わないと大変だから、急いで!」というお客さんが続いたから、慌しさの感が強く、神経的に疲れることが多い。
 そもそも、タクシードライバーはドライブをしているわけじゃない。のんびり走ろうとは思っていない。安全・的確・迅速が最低限のモットーだ。その上に快適を提供することができれば言うことはないが、こればかりはお客さんにとっての快適が千差万別なので至難だ。

 まあ、愚痴はいろいろあるが、ま、我慢だ!

続きを読む "ラジオから…二酸化炭素とか疎水とか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/22

山崎覚太郎から金川欣二へ

 ちょっとした偶然があった。
 昨夜、テレビ「開運!なんでも鑑定団」を見ていたら、山崎覚太郎という人物の漆作品が登場した。聞いたことのない人物。それでも、なんとなく見入っていたら、この方、富山出身だという。
 富山県人というのは、富山出身だとか富山関係の人物だと俄然、関心を抱く傾向にある。島国根性というか、郷土愛が強いというか、視野が狭いというか、学籍でも、富山において問われたならば、たとえ有名な大学や大学院を出ていたとしても、問うた方が知りたいのは、県内での最終学籍である場合が多い。

 小生、早速、山崎覚太郎という人物についてネット検索を試みた。
 筆頭には、「思文閣 美術人名辞典---山崎覚太郎」なる頁が浮上する。
「漆芸家。富山県生。東美校漆工科卒業。蒔絵にこだわらず、多彩な色漆と簡潔で軽妙な図案、斬新な構図による絵画的表現を確立。漆芸を用の概念から解放し、現代的な表現の可能性を追求する指導者として活躍した。帝展特選受賞。東美校教授。日展理事長・日本芸術院会員。文化功労者。昭和59年(1984)歿、84才。」と簡潔なのはありがたいが、芸術家なのだし、作品の一つも見てみたい。
(文中の「東美校」とは、東京美術学校で、東京芸術大学の前身のようだ。)
 あわよくばテレビで見た作品の説明を求めたいが、これはちと無理だろう。個人所蔵なのだし、テレビでの話しだと美術館(展覧会)に貸し出した様子も見受けられない以上は、公の資料が見つかる可能性は薄い。

sion-cattleya

→ オリンピックで睡眠不足の毎日だという紫苑さんに戴いたカトレアの画像です。カトレアは「冬の貴婦人」とも呼ばれたりするらしい。きっと紫苑さんもそのような方なのでしょう。
「忘れかけていたあの一生懸命に取り組む熱意わたしも取り戻したい」「もっともっと大切に生きたいと思います」とのことですが、小生、誰より耳が痛い。なんたって、自宅でも居眠り三昧の日々だし。でも、小生はロッキングチェアで本という霊験あらたかな睡眠導入財で眠気に誘われるままに寝入るのが何より好きな無精者、今更、どうなるもんじゃないと、開き直っている?!

 ネット検索の2番目には「代表作品7」ということで、山崎覚太郎の「漆絵額 紅梅」の画像が現れてくれた。「大正3年本校卒業,芸術院会員,文化功労賞受賞」と説明されているが、ホームページへのリンクボタンがないので、本校とは何処の学校なのか分からない。
漆絵額 紅梅」のURLから逆に辿ってみると、「青井記念館美術館」というサイトに行き着いた。表紙には青井記念館美術館と共に「高岡工芸高等学校」という名称が。
 どうやら、本校とは高岡工芸高等学校のようである。

続きを読む "山崎覚太郎から金川欣二へ"

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006/02/21

犬が地べたを嗅ぎ回る

 小生、鼻の通じが悪い。だから、通常、口で呼吸している。
 大気中のも部屋の中でも埃の吸い放題である。
 たまに、試みで鼻から息を吸い込んでみる。そのフレッシュな感覚に驚く。何もかもが己(おのれ)を匂いの形で存在感を示している。不快な匂いさえも慕わしい。

 まず、鼻呼吸の役目は脳の冷却機能にあるというのを実感する。大して使っていない脳みそだが、それでも鼻から息を吸った瞬間は、火照り気味の脳がひんやりした風にホッとしているのを実感する。
 同時に、匂いを感じる。鼻で空気を吸い込むという営みを外で試みると、実に多様な匂いに満ちていることに驚く。ほとんど、感動せんばかりである。
 こうした体験(機能)を失って四十年。
 人肌とは人の体温と同時に、あるいはそれ以上に体臭のことなのではないか、そんな気さえ、息を吸ってみた瞬間にはつい思われてしまうのである。

2006_02200602200013

→ 二十日、表参道を通ったので、話題の表参道ヒルズをパチリ。設計は建築家(で版画家でもある)安藤忠雄氏。これじゃ様子がよく分からないから、リンク先に飛んでね。

 二週間余り前、ライアル・ワトソン著の『匂いの記憶―知られざる欲望の起爆装置:ヤコブソン器官』(旦 敬介訳、光文社)を読んでいたこともあり、「「匂い」のこと…原始への渇望」なる表題の記事を書いた。
 その中で、以下のように書いている:
 

 一番原始的な感覚(器官)である嗅覚。水中であれ地上(空中)であれ、植物・動物を問わず多くの生物が外界に接する触覚と似ているようでいて、根底的に違う嗅覚の不思議さ凄さを改めて見直してみてもいいのではなかろうか。
(言うまでもなく、触覚は、触れる感覚であり、嗅覚は直接身体に触れない遠隔の物体や状態、多くは食べ物かどうか、敵かどうか、安全かどうかの識別に関わる感覚機能である。当然ながら視覚ともまた異なる。視覚は目的とする物体や場所と当方との間に障害物があれば、それでもう役に立たなくなる。目をそちらに向けなければ、もう、意味を成さない機能でもある。匂いは空中などに飛散する、あるいはその辺りに痕跡が残っているなら、それらを探知することで意味を成す。いろんな意味で嗅覚というのは感覚機能として可能性がある。人の心情にも微妙に影響していると想いたくなるではないか!)

続きを読む "犬が地べたを嗅ぎ回る"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/02/20

今日は小林多喜二の忌日

 今日2月20日は、「季題【季語】紹介 【2月の季題(季語)一例】」にも載っているように、「鳴雪忌(内藤鳴雪翁の忌日。別名、老梅忌とも)」でもあるが、これは既に若干だが昨年の今日、季語随筆日記「木の実植う」にて触れている。
 そこで「今日は何の日~毎日が記念日~」の「2月20日」の頁を覗いてみる。
「旅券の日」「歌舞伎の日」「普通選挙の日」といろいろあるようだ。
 人物について一覧してみると、「伊波普猷 (言語学者,民俗学者,歴史家,「沖縄学」を創始) 」「ハルトマン (独:哲学者)」「志賀直哉 (小説家『暗夜行路』)」「石川啄木 (詩人,歌人,評論家『一握の砂』『悲しき玩具』) 」「左卜全 (俳優) 」「シドニー・ポワティエ (米:俳優) 」「長嶋茂雄 (野球(巨人/監督[元],内野手[元])) 」「志村けん (タレント(ドリフターズ)) 」……と錚々たる方々の誕生日である。

 一方、「惟喬親王 (皇族,文徳天皇の子,歌人) 」「バールーフ・デ・スピノザ (蘭:哲学者,神学者) 」「村山槐多 (詩人,洋画家)」「内藤鳴雪 (俳人)」「小林多喜二 (プロレタリア小説家『蟹工船』) 」「中野好夫 (評論家,英文学者) 」「武満徹 (作曲家『ノヴェンバー・ステップス』) 」……らの忌日でもある。

 この中で今日は、小林多喜二のことに若干、触れてみたい。『蟹工船』の作家・小林多喜二としてより、「特高警察に捕らえられ拷問によって虐殺」されたことのほうが知られているかもしれない。
 ちなみに、拙稿「『日本語の起源を探る』の周辺」の中でも触れたが、安田徳太郎氏の項で、「彼は反骨の医師で、獄中で拷問死した小林多喜二の遺体の解剖のために奔走した方である」と書いている。
 但し、である。小生の調査不足で、「33年2月小林多喜二の遺体を引き取り、解剖するため奔走したが、官憲の妨害で出来なかった」ことを迂闊にも知らないまま(当然ながら書いていないまま)である(太字は小生による)。

続きを読む "今日は小林多喜二の忌日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/19

アンナ・カレーニナ…幸福な家庭はみな似通っているが

「集英社ギャラリー「世界の文学」」版で今もトルストイの「アンナ・カレーニナ」を読み続けている。本書を手にして、もう、一ヶ月を経過してしまった。
ロシア〈2〉/集英社ギャラリー「世界の文学」〈14〉』 なる解説などを含めると1400頁余りの大部の本で、ドストエフスキー著の『罪と罰』(小泉 猛・訳)とトルストイ著の『アンナ・カレーニナ』(工藤精一郎・訳)とが所収となっている。
 ドストエフスキー著の『罪と罰』は、これまで少なくとも五度は読んでいるし、今回は『アンナ・カレーニナ』を久々に読み直したかっただけなのだが、生憎、図書館には『アンナ・カレーニナ』だけの本が見当たらない。
 小生の性癖として本を手に取ったなら、最初から最後まで読まないと宙ぶらりんな気分になってしまうので、ま、このところドストエフスキーの本は読んでいないし、行きがかりの駄賃だとばかりに『罪と罰』を一気に読んだ。前にも書いたが、小泉 猛氏の訳はよかった。翻訳で読んでいるという独特な違和感を覚えることなく、ひたすらドストエフスキーの世界に没入することができた。

kenchan-hida

→ 健ちゃんさんに戴いた飛騨の白川郷・合掌造りの画像です。「合掌の形が雪落としの役目をはたします」というけれど、人が合掌することによって心の安らぎが得られるのも、合掌の形が一因を為しているのだろうか…なんて、野暮なことを言わず、静謐なる沈黙の世界に祈りを捧げよう、か。

 ドストエフスキーについては感想文も書くつもりはない。これまで少しはドストエフスキー論関係の本を読んだことはあるが、理解に少しでも資するものがあったことはないし、今後も当分(あるいはずっと?)そうした状況に変わりはないのだろう。
 まして自分ごときが何を書けようか。『ペチカ…サモワール…ドストエフスキー』でも、ホントの周辺的な雑事に触れてみただけである。

 トルストイの本を読み直そうと思った動機は、これも前に書いたが、拙稿『ペチカ…サモワール…ドストエフスキー』の中でも言及しているように、ジョージ・スタイナー著の『トルストイかドストエフスキーか』(中川 敏訳、白水社)を読んだこと、その前に正宗白鳥の短編集を昨年後半、ずっと読み齧ってきたことだった。
 小生は高校生の頃から、ドストエフスキーやチェーホフ、ガルシン、プーシキン、トルストイ、ゴーゴリ…)と読み漁ってきたが、いかにもロシア的な魂の底の底までぶちまけてしまうようなドストエフスキーの世界こそが性分に合っていると感じてきた。だからこそ全集を二つも揃え、小説に関しては全作品について少なくとも三度は読むに至ったのである。

続きを読む "アンナ・カレーニナ…幸福な家庭はみな似通っているが"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年2月12日 - 2006年2月18日 | トップページ | 2006年2月26日 - 2006年3月4日 »