« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年2月12日 - 2006年2月18日 »

2006/02/11

春望…英語でよむ万葉集

 リービ英雄著『英語でよむ万葉集』(岩波新書)を先週末より車中で読んできて、本日、読了した。
 著者のリービ英雄(りーび・ひでお)氏は「西洋出身者としてはじめての日本文学作家」だという。その意味がいまひとつ理解できない。最近の風潮だと、一冊でも本を出したら作家と呼ばれる(自称なのか誇大広告なのか)ので、日本語で書いた本を出せば外国人であろうと作家であることは言うまでもないことなのに、何故、「西洋出身者としてはじめての日本文学作家」なのだろう。
 ライシャワーサイデンステッカーキーンマーク・ピーターセン…、日本語も日本語の文章も達者な外国人は数多いるのに。

[ ある読者に小泉八雲のことを指摘された。ハーンのファンである小生なのに、咄嗟の時には思い出せないなんて、恥ずかしい限りです。指摘してくれた方、ありがとう。 (06/02/13am 追記)]

 となると、「日本文学作家」に解く鍵があるのだろう。
 さて、「日本文学の作家となる前は、アメリカで日本文学の研究に携わっておられ」たという、そのリービ英雄氏が「強く惹きつけられたのが万葉集。氏の目に映ったのは、ホメロス杜甫に匹敵する大きなスケールをもった、「新しい世界文学」としての万葉集でした」という。

 小生は十数年前から古事記や万葉集に惹かれて関連の本を読んできた。当初は、徐々に古今集、新古今集その他に移っていくはずが、未だに古事記や万葉集の引力圏内を脱することができないでいる。他の古典を読んでも、すぐに塒(ねぐら)というか古巣というかベースはここだとばかりに、古事記や万葉集に戻ってしまう。
 柿本人麻呂(柿本人麿)、山上憶良、大伴家持、 大伴旅人、額田王…という万葉群像。

 本書『英語でよむ万葉集』は万葉集関係文献の中でもユニークであり、印象的な読書体験となった。英語の文章は読めても、さて詩文となると、その含蓄まで味わえるかというと、心もとない小生だが、敢えて英語に訳された古歌を詠んで、柿本人麻呂らの表現世界の凄さを改めて実感させられた。
 本書を読んで、「ホメロスや杜甫に匹敵する大きなスケールをもった、「新しい世界文学」としての万葉集」というのは、決して贔屓の引き倒しではないのだと確信させてくれたのである。

続きを読む "春望…英語でよむ万葉集"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006/02/10

富山関連記事:猫又ダムで雪崩

 今朝未明、暇の徒然にラジオ(NHK)に耳を傾けていたら、「今日は何の日」というコーナーで「猫又ダムで雪崩」という文言が。しかし、生憎というか、ありがたいことにお客さんが乗ってこられたこともあり、ラジオに神経を集めるわけにはいかなくなった。
 が、不謹慎とは思いつつも、富山は黒部に関係するらしい話題ということもあり、頭の中で「猫又ダム 雪崩 黒四 作業小屋 生き埋め」という単語が浮かんできてならない(「猫又」と漢字で表記しているが、これは帰宅して調べてみて表記が分かったもの。当初は「ネコマタ」だった)。
 立山はともかく(これも一度限りかも)、立山黒部アルペンルートには一度、家族でバス旅行の形で行った事があるだけ。両親共に足腰が健在だった頃の話だが。

2006_02100602090030

→ 10日未明の都内某所。窓を開け後方に現れつつある朝焼けをパチリ。そろそろ仕事も引き上げ時。街灯もお役御免だね。お疲れさん!

 朝焼けの日を背に負って家帰る

 そういえば、帰りのバスの中で疲れていてボンヤリテレビを見ていたら、「ちびまる子ちゃん」が放映されていて、その日の話の中で、「大きな古時計」という歌が流れてきた。元気ぶりを発揮した両親。でも、こうしてみんなで旅行できるのもあと何年だろうかとしんみりしてしまったものだ。
(思えば、この頃までは小生の自宅のテレビも健在だった。「ちびまる子ちゃん」や「忍たま乱太郎」も欠かさず見ていたっけ…。)
[「大きな古時計」という歌は、どうやら劇場版(92年)の「私の好きな歌」の中で歌われていたようだ。はまじ(浜崎 のりたか)の好きな歌という設定になっているみたい。(当日、追記)]

 旅行の何年後だったか、「大きな古時計」は、平井堅の歌唱でヒットした。
 となると、今から5年前の夏に立山黒部アルペンルートのバス旅行に出かけたことになる(??)。

 さて、富山県人でありながら富山の歴史に(も)疎い小生、せっかくなので調べてみることにした。
 念のため断っておくと、「雪崩」は初春の季語である。

続きを読む "富山関連記事:猫又ダムで雪崩"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/02/09

蕗の薹が立つ?

 立春を過ぎているから初春の季語ということになるが、「蕗の薹(ふきのとう)」を今日は採り上げる。
 が、実は、昨年の2月13日に既に採り上げている。
 ただ、チラッと覗かれてみると分かるが、肝心の「蕗の薹」のことにはあまり触れていない。ほとんどが当時、よく見かけた老いた白猫殿の話題に終始している(最近、全く姿を見かけないのだが…)。
 なので、改めてもっと「蕗の薹」に焦点を合わせて若干のことを綴ってみる。

フキ - Wikipedia」なるサイトを参照する。
キク科フキ属の多年草というフキ(蕗)だが、野菜嫌いの小生、蕗(ふき)も嫌いだった。食べず嫌いだったが、幾度かは無理して口にしたことがある。とりあえずは飲み込めた。椎茸(松茸)のように食感が嫌いでどうにも飲み込めないというほど嫌いだったわけではないようだ。
 むしろ、子供の頃は肉類とかハンバーグとかカレーとかラーメンとかコロッケ…、まあ、そういった脂っこいというか味の濃い食べ物が好きな我が侭な子供だったということだ。
 学生時代の最初の二年は朝晩二食の賄い付きの下宿生活だったので、負けず嫌いというか面子を大事にするというか、意地で野菜の類も食べたので、その二年が過ぎてアパートでの一人暮らしを始める頃には、椎茸(松茸)以外は食べられるようになった。
 それどころか最初は見るのも嫌だった八宝菜までが好物になっていた。
 ただ、やはり一人暮らしを始めてしまうと、水は低きに流れる、弥一は安易と惰性に堕すというわけで、ラーメン・ライスの世界に逆戻りしてしまったのだが。

続きを読む "蕗の薹が立つ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/08

昨日は北方領土の日

 小生はタクシードライバーとして都内を走り回っている。といっても走っているのは車で小生は運転しているだけだが。
 午後早々、虎ノ門辺りでお客さんを乗せて麻布台のほうへ向かった。国道一号線を下り飯倉交差点で右折するのだが、飯倉交差点近辺がやたらと賑やかである。警察関係の車で一杯なのである。
 すると、お客さんが、「今日は北方領土の日だからねー」と一言。
 小生、「なるほど!」
 だからなのか、都内特に港区には右翼の方々の車を方々で見かけていたのも、納得である。
 飯倉の交差点近くには有名な場所(タクシーで目的地をお客さんが支持する場合の目安になったり、まさに目的地になるような場所)が幾つもある。
 歩いて数分のところに限っても、東京タワー、ラジオ日本、霊友会、麻布郵便局、外務省飯倉公館、オランダ大使館、幾つかの有名な教会、アメリカンクラブなどなど。
 あれ? 何か肝心の建物を忘れてはいませんか? 
 そう、ロシア大使館がある(常々不思議に思うのは、アメリカンクラブとロシア大使館の建物がほとんど背中合わせに建っていること…)。
 だからだろうが、ロシア大使館が面する道路へ侵入する飯倉、及び飯倉片町の交差点などには常時、警察(か機動隊)の車両が止まっており、移動式の鉄の柵が設けられていて、必要に応じて柵で封鎖などを行う。

 が、昨日7日については、警戒のレベルが違っていた。
 飯倉の交差点では、警視庁の腕章を付けた私服のお巡りさんや機動隊の車両が物々しく警備し検問を行っている。
 一方、右翼のお兄さん方の車も声が大きすぎてよくは聞き取れないのだが、拡声器を使って何か叫びつつデモしておられる。

続きを読む "昨日は北方領土の日"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/02/07

白魚から歌舞伎に…

今日も冷たい雨が降る(索引)」を書いたのは、今月の1日だった。
 今、外を覗いたら東京は雪模様。日中は幸い曇天だったので小生は免許証の更新に行ってきた。

 さて、その<索引>の中で、「昨年の二月に採り上げた季語・季題・題目などを列挙してお」いた。
季題【季語】紹介 【2月の季題(季語)一例】」表を眺めると分かるように、「2月は季語が少ない」。
 とはいっても、2月の後半についてはまだまだ採り上げていない季語がそれなりに残っている。特に、「公魚(わかさぎ)」は既に扱ったのに、「白魚」は未だである。

sion-begonia

→ 紫苑さんに戴いた「窓辺の球根ベコニア」の画像です。「アンデス山脈原産の球根性のベゴニアから改良されたものを総称して球根ベゴニアと呼」ぶ。普通、ベゴニアだと初夏の季語だが、球根ベゴニアだとどうなのだろうか。今は寒さの真っ只中。だからこそ春が待ち望まれる。

 冴返り白さ眩しき吐息かな

しらうお ―うを 0 2 【白魚】 - goo 辞書」によると、「(1)サケ目の魚。全長約10センチメートル。体形は細長く、頭部が扁平する。無色半透明で、死ぬと白色不透明になる。食用にして美味。春先、河口をさかのぼって産卵する。サハリンから日本・朝鮮半島にかけての沿岸・汽水湖に分布。シロウオとは別種。[季]春。《明ぼのや―白きこと一寸/芭蕉》(2)女性の白く細い指にたとえていう語。「―のような指」」とある。

 白魚のごとき麗しき指の持ち主の小生としては、卓上に…じゃない、俎上に載せないわけにはいかない。

 まずは、「白魚」というと、上掲の辞書にも載っているように、芭蕉の句「明けぼのや白魚しろきこと一寸」をまずは誰しも思い浮かべるだろう。
 この句の初案は、「雪薄し白魚しろきこと一寸」だったことは知る人も多いだろう。

続きを読む "白魚から歌舞伎に…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/06

削除

旧題:「ガットリング銃(副題;ジョーンズの練習日記 2/5の巻)」

(06/10/14 削除)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はだかの起原、海の惨劇

 今、トルストイの『アンナ・カレーニナ』を読み続けているが、合間には気分転換もかねて車中であるいは寝床でいろんな本を読んでいる。リービ英雄著の『英語でよむ万葉集』(岩波書店)のほか、島泰三著の『はだかの起原―不適者は生きのびる』(木楽舎)もその一冊。
 ダーウィンの進化論の、いかにも実地の観察に基づいて論を組み立てていそうで、実は机上の論であるかをこれでもかと痛快に批判してくれていて、とても面白い(読み終えたら感想を書くかもしれない)。「ダーウインの適者生存・優勝劣敗という学説を真っ向から否定する」その自説は、賛否があろうが、とにかく一読の価値は十分にある。
 小生など、エレイン・モーガン著の『人は海辺で進化した―人類進化の新理論』(望月 弘子訳、どうぶつ社)、『人類の起源論争―アクア説はなぜ異端なのか?』(同上)、『進化の傷あと―身体が語る人類の起源』(同上)、『子宮の中のエイリアン―母と子の関係はどう進化してきたか』(同上)、『女の由来―もう1つの人類進化論』(同上)と、エレイン・モーガンの諸著を読み漁ってきただけに、アクア説教、モーガン教になりかけたほどだった。

 そのアクア説については、「永井俊哉ドットコム」の「ヒトは海辺で進化したのか」が詳しく丁寧に説明してくれているので興味のある方は参照願いたい。

 本書『はだかの起原―不適者は生きのびる』(木楽舎)において島泰三氏は、この説に痛棒を加えている。
 が、今回は本書に深入りしない。
[ 本書に付いての書評としては、「知のWebマガジンen 評:佐藤真(アルシーヴ社)」が良かった(「◆◇◆ 財団法人 塩事業センター ◆◇◆」内の「知のWebマガジンen」、その「2004年12月号(通巻第26号) 2004年12月1日発行」所載)]

 実は本書の中で「海の惨劇」という項がある。モーガンの説の<七転八倒ぶり>を示した直後の項である。つまり、「人類の海中発生説への反論の締めくくりとして、海に投げ出された人間を待つ運命について、ある惨劇を紹介したい」として、「海の惨劇」の記述が始まるのである。

この記事を評価する

続きを読む "はだかの起原、海の惨劇"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/05

サンバ関連サイトあれこれ

 ブラジル関係サイトについては、下記サイトがありとあらゆるサイトを網羅していて充実している:
G.R.E.S.LIBERDADE」の「G.R.E.S. LIBERDADE---Link--- ブラジル関係リンク集

 まあ、ここを覗けば、以下に小生ごときが改めて紹介するまでもないのだが…。

 念のために断っておくと、以下は、小生がサンバエッセイ・レポートを書く際などに行き会ったサイト、あるいはライブを体験させてもらったことのある方々のサイト。一部は上掲のリンク集の中に既に紹介されていたりする。

 情報に偏りがあるのは、個人的なものだということで御寛恕願いたい。

続きを読む "サンバ関連サイトあれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富山関連情報(第二弾:角川春樹の巻)

 富山関連情報ということで、今回は角川春樹氏を採り上げる。
 といっても、小生に特別なネタがあるわけではない。ネットと小冊子「富山県人」(富山県人社発行)が頼りである。

 最近(?)の話題というと、何と言っても昨年末に封切られ興行的には上々の部類だという映画「男たちの大和/YAMATO」のプロデュースだろうか。
ZAKZAK コカイン、胃がん…リベンジ!角川春樹の手腕証明」によると、「先週17日に封切られた映画「男たちの大和/YAMATO」=写真下=が好調な出足で、プロデューサーの角川春樹氏(63)=同右=の手腕が再評価されている。コカイン事件で長く沈黙していた春樹氏の、“リベンジ”が達成された格好だ。」とか。
 そう、角川春樹氏は、既に忘れた方も多い(あるいは、最初から知らない人も多い)かもしれないが、コカイン密輸事件で懲役4年の実刑判決(麻薬取締法違反)を受けた角川春樹氏が2年5ヶ月に及ぶ刑務所生活の挙句、活動を再開されていたのだ。
 出所は16年4月。

「角川家の一族」のお家騒動については、テレビのコメンテーターとしても活躍している岩上安身氏のレポートが詳しい。
 事件の全貌に興味のある方は、「WEB IWAKAMI」の「前後編企画・誰も書かなかった「角川家の一族」」を参照願いたい。何処まで真に受けるかは読み手次第として、読み物としてなかなか面白い。
 中でも、「角川春樹・実母の手記(1994.3)  我が息子、春樹への「遺言」 鈴木冨美子」は、「これは私の遺言でもあります――  幼い春樹や歴彦を奪われた実の母が今、初めてすべてを明かす!」ということで、角川春樹氏を理解する意味だけでなく、一読の価値がある。

 映画「男たちの大和/YAMATO」(監督:佐藤純彌)の原作は辺見じゅん氏で(『男たちの大和 上・下』ハルキ文庫)、角川春樹氏が富山市(水橋市)出身なら、作家・歌人の辺見 じゅん氏も富山県に生まれた方。『男たちの大和』では新田次郎文学賞受賞、昭和63年『闇の祝祭』で現代短歌女流賞受賞という方。
 そして二人とも父が角川源義!
 つまり、角川春樹・角川歴彦兄弟の姉なのである。

この記事を評価する

続きを読む "富山関連情報(第二弾:角川春樹の巻)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年2月12日 - 2006年2月18日 »