« 2006年11月5日 - 2006年11月11日 | トップページ | 2006年11月19日 - 2006年11月25日 »

2006/11/18

プルースト…明日の記憶文字にせし

 今日、11月18日は『失われた時を求めて』の作家・マルセル・プルーストの亡くなった日である(1871年7月10日 - 1922年11月18日)。
マルセル・プルースト - Wikipedia」によると、「プルーストはパリ郊外のオートゥィユにある母方の伯父の家で、医師の息子として生まれ」た。
「9歳のときに彼は喘息の発作を起こし死にかけた。彼は病弱で、光と雑音に対し時々神経過敏になった。そのため、後にオートゥールの大叔父の家の印象と交じり合って架空の村コンブレーのモデルとなる、イリエの村でしばしば長期の休暇を過ごした」という。
 また、「青春期は社交界のサロンに出入りし、交遊を広げた。この時期のプルーストは、小説を書こうとして果たせず、スノッブ(俗物)そして審美家として名声を博していた。サロンでの経験や見聞が『失われた時を求めて』の重要なモチーフになった」とか。


408760425x093

→ プルースト著『抄訳版 失われた時を求めて』(鈴木 道彦訳、集英社文庫)

失われた時を求めて - Wikipedia」によると、『失われた時を求めて』は、「第一次世界大戦前後の都市が繁栄した時期・ベル・エポックの世相風俗を描くとともに、社交界の人々の俗物根性(スノビズム)を徹底的に描いた作品でもある」という。
 いつもながら素朴な小生は、プルーストが「ベル・エポックの世相風俗を描く」までならともかく、何ゆえ、「社交界の人々の俗物根性(スノビズム)を徹底的に描」く必要があったのかということに疑問を抱く。
 彼なら、もっと他に描くべき世界がありえたのではないのか。
 彼の俗世間での知見が基本的に社交界や「海岸の療養地、カブール」しかなかったから?

続きを読む "プルースト…明日の記憶文字にせし"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/17

タクシー無線のデジタル化へ

 今朝は、会社で明集(仕事が明けて朝から行なわれる集会。それとも夜が明けてだから明集なのか?)があった。
 テーマは、年末に向けての注意事項の銘記と、もう一つは(これが今日のメインだったが)、 「タクシー無線のデジタル化」の話。
 年末に向けての注意事項は、たとえば、例年のことだが、偽札が出回りやすい、タクシー強盗が出るかも、タクシー(ドライバー)にイチャモンをつける悪質な客が多くなってくる…などなど。
 イチャモンとは、お客さんが乗ってドアを閉めた際に、足が挟まった、コートの裾が挟まった、挟まったコートのポケットには高級な(!)眼鏡が入っていて、眼鏡にひびが入った、行く先へのコース選択が気に喰わないetc.である。
 
C_r04_c061

→ 「パナソニックの電話受付システム」のモニター画面。

 明集は、昨日からの営業が終わって業務報告を終え(多分7時前)、少々の仮眠を取った8時から始まった。
 上記したように、メインのテーマは「タクシー無線のデジタル化に向けて」のその概要。
 話は、弊社のタクシー部門の課長Y氏がされた。
 さすが、営業で営業先の各社(顧客)へ回っておられるだけに、話がうまいし言語明瞭。声も大きい。
 概して、タクシー運転手も営業所の(少なくとも)所長も、声が大きい(のは何故なのだろう。仕事柄?)。

 徹夜仕事のあとだけに、仮眠も数十分だったし(内緒だが、仕事の最中に合計すると3時間ほど寝ている…寝てしまった!)、頭が動いていたのかどうか危うく、話がデジタル無線全般に渡っていて、そつなく纏める自信がまるでない(しっかり聴いていても、話の大半を聞き逃してしまうのは、受験生時代の自分を振り返ってみれば明瞭なのだ?!)。

続きを読む "タクシー無線のデジタル化へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/16

リベルダージ、新年会を開催!

 リベルダージ、2007年1月14日(日)に新年会を開催!
 今なら、参加し出演(有料)もできる! かも。

●お知らせ!(06/12/06 追記)
 サンバ関連記事はエッセイ・レポートも含め全て、「無精庵サンバ館」へ引っ越しました。あるいは引っ越す予定です。
 本「無精庵徒然草」からの転居は終えています(一部、残したままのレポートもあります)。
 今後、「無精庵越中節」に掲載してた昨年以前の記事類も追々「無精庵サンバ館」に纏めていく予定。
 さらに、従前、ホームページである「kunimi Yaichi's ROOM」に載せ、サイトの容量などの都合で削除せざるをえなかった記事類も、「無精庵サンバ館」に再掲していくつもり。
 予定(希望的観測も含め)では、来年のサンバシーズンまでには本格的に名前のとおりの「無精庵サンバ館」とするつもりでいます。
 サイトへのアクセスが多ければ、サイト主も張り切ってそうした作業を行なえるというもの。
 応援、お願いします。

 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

秋の月…天頂の恵みし光湯浴みする

 某コミュニティ([mixi] )で「月」のトピック(コミュニティ)があり、その中の数あるスレッドの中に「月に祈る」という題のスレッドがあった。
 まあ、半分、仲間内のコミュニティなので詳しいことは書けない。

 そのスレッドに、小生、例によって即興で以下の句を呈しておいた:

天頂の恵みし光湯浴みする

2006_1114061114ginza0017

→ 14日、銀座4丁目の交差点で信号待ち。空が真っ蒼だった!

 句といっても、俳句とも呼べず、川柳というには軽妙さに欠ける。
 意味は、天にあって煌々と照るお月さんの光を、それこそ湯浴みするがごとくにたっぷり浴びる、という他愛もないモノ。

 月を巡っては小生は数々のエッセイを綴ってきた。
 以下、ホームページに載っている中から幾つか示しておく:

続きを読む "秋の月…天頂の恵みし光湯浴みする"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/15

デイヴィー、メアリー・シェリーを感電させる?!

 車中では黒田恭一著『はじめてのクラシック』(講談社現代新書〈874〉)を読み始めた。
 この頃、図書館から本と共にジャンルを問わず音楽CDを借りてくる習慣が付いてしまった(付くと予感できたので控えていた。音楽は車中の楽しみに取っておきたかったのだ。自宅では書くことと読むこと、寝ることに専念したかったし)。
 大概、CDは2枚、借りてくる。一枚はクラシックで一枚はフォルクローレやボサノバなど、他の分野となっている(そう決めているわけじゃないのだが)。

180_kaibutsu_new1

← 「テレ朝チャンネル|怪物くん」(原作、藤子不二雄A)

 で、気分はクラシック音楽に親しみ始めた若い頃のワクワク感でちょっと昂揚気味。
 読みやすそうだし、黒田恭一氏の名前、そして同氏の解説はラジオでうかがう機会が多いこともあってだろう、図書館で音楽書のコーナーを物色していたら目に飛び込んできた。
 内容は今更なのかもしれないが、ま、クラシック音楽の世界へ入るいろんな道の一つを辿ってみるのも楽しからずや、である。
 そういえば、火曜日は「NHK-FM ミュージックプラザ 1部 -クラシック-」で、久しぶりにショパン作曲の「幻想ポロネーズ 作品61」(ピアノ:マウリツィオ・ポリーニ)などを聴いたっけ。この曲を聴きながら夢の世界へ、だったのだ。

続きを読む "デイヴィー、メアリー・シェリーを感電させる?!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/14

灰汁のある人となるには影薄し

 月曜は、テレビ(NHK)でチャップリンの特集があった。
プレミアム10「チャップリン 世紀を超える」と題されていて、内容は下記:

チャップリンの笑いに迫る貴重な資料がロンドンに保管されている。400巻に上る『チャップリンのNGフィルム』。フィルムは、生みの苦しみにもがく天才喜劇王の試行錯誤を克明に記録していた。さらに番組では、映画「独裁者」の台本の撮影に世界で初めて成功。ヒトラーに映画で敢然と立ち向かったチャップリンの心の内を描きだす。「国境を越え時代を超える笑い」を追い求めた喜劇王チャップリンの心の真実に迫る。

Limelight1

→ ライムライト(1952・米)

 実は、日曜日の夜から読み始めた本、オリヴァー・サックス著『タングステンおじさん』(斉藤隆央訳、早川書房)の、月曜に読んだ文中で「ライムライト」なる言葉が登場していた。
「ライム(石灰)」なる化学物質の説明の際、チャップリンの「ライムライト」のあのライムであるというくだりがあったのである。

 そんなこともあって、今回のブログは「ライムライト」ならぬ「ライム(ライト)」をテーマにしようと思っていた。
 要するに、「タイトルのライムライトとは電球が普及する以前に舞台照明に用いられた照明器具で、名声の代名詞でもある」ということ、ライムとは石灰だということ、そしてそうした灯りが照らし出す世界をあれこれ描いてみたいと思ったのだ。
 でも、これは、いずれ、チャップリンの映画「ライムライト」を見てから改めて試みようと思い直した。

続きを読む "灰汁のある人となるには影薄し"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/13

サイト引越し(模様替え)のお知らせ

「無精庵万葉記」(書評エッセイの館)は、「無精庵サンバ館」に模様替えしました(古い書評感想文は残してあります)。
 まさに、サンバエッセイ&レポート、サンバ情報のサイトに特化します。
 これまで書き溜めたサンバ関連記事を徐々に「無精庵サンバ館」に移行していきます。
 既に一部、引越し済みです。

富山とオートバイとタクシーとサンバと音楽エッセイの館」である「無精庵越中節」内のサンバ関連記事も追々引越しする予定です。
 さらにホームページなどに公表し、その後、内容的に古くなるなど、不都合があって削除してしまった記事も、折を見て掲載していくつもり。

 尚、この際に改めて書き添えておくと、小生は、あくまでサンバ(チーム)の一介のファンとしてエッセイを書いたりレポートを公表したりしています。
 つまり、音楽にしろサンバのダンスにしろ、あるいはブラジル文化(ブラジル語)などのサンバの専門家ではなく、あくまで素人の立場で書いております。
 素人であり無知なのは一読すれば分かるでしょうが、敢えて言うと、主にストリート(商店街)でそのパフォーマンスが繰り広げられるサンバを、その沿道から観客として眺め声援しカメラ小僧する立場からの感懐などを書いてきたし書いていくつもりだということ。
 無論、素人だからって、いい加減なことを書くつもりはない。
 ただ、素人のフレッシュな目と、且つある種、過剰な期待の念をも篭めて書いていくつもり。
 これからも、よろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

週末まったり日記(ロクタル管篇)

 土曜の荒れ模様の天気とは一変して、日曜は風が強かったものの、まずまずの空。
 日中は閉じ篭って、「秋菜に塩!」と題した駄文を綴った以外は、読書と居眠りに終始。

 こんな日に閉じ篭りは勿体無い?

C_b0420075001_tl7

← 柴田翔著『されど われらが日々──』(文春文庫)……。本書を掲げる理由は下記する。

 でも、晴れた外をベランダ越しに眺めつつ、戯文を綴るなんて、考えようによっては贅沢かも。
 ちょっと、無理がある? 
 夕方、すっかり日が落ちた頃になって外出。
 といっても、向う先は、返却する本やCDをバッグに詰め込んで図書館へ。

 先週までと同じような格好で自転車を駆り、出かけたら、風の冷たいこと。
 擦れ違う人も、ジャケットなど羽織っている。
 ほんの一週間で、まるで違う外気温になっている。
 そういえば、日曜には東京でも木枯し一号が吹いたとか。

続きを読む "週末まったり日記(ロクタル管篇)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/12

秋菜に塩!

 何か美味しい食べ物はないかと、ネットの海をサーフィン。
 溺れる心配がないから安心して何処までも漂流していけるのが嬉しい…。
 って、とっくに溺れてるって?
 ま、そうかもしれない。
 少なくとも貧乏人には安上がりな遊びだし。
 だからって、ネットに関わっている人がみんな、貧乏ってわけじゃない!

Tk__jiji_48266551

→ 「物置でカラバッジオ作品発見(時事通信)」 
「エリザベス英女王が所有し、模写と信じられて物置に放置されていた絵画が、イタリアの画家カラバッジオの「聖ペテロと聖アンデレ」と判明。112億円以上の価値があるという(10日)【AFP=時事】 (2006年11月11日 18時30分)」だとか。
 カラヴァッジョについては、断然、ここ!

 勿論、ネットの世界だって、真面目な世界に徹底できるのはいうまでもない。
 小生、駄洒落・戯作・哲学・宗教・科学と、あらゆる可能性を探ってみたいのだ。

 美味しい食べ物を求めて、と思ったけれど、薀蓄が好きな小生、つい道が逸れて「食べ物ことわざ辞典」などを覗いてしまう。
 だって、本当に美味しい店なんか発見した日にゃ、行きたくなっちゃう。
 それは困る。軍資金がないからネットをやっているってのが我輩なのだ!
 
 威張ってどうするって?
 威張ってるんじゃない、開き直っているだけ。

続きを読む "秋菜に塩!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月5日 - 2006年11月11日 | トップページ | 2006年11月19日 - 2006年11月25日 »