« 2006年9月24日 - 2006年9月30日 | トップページ | 2006年10月8日 - 2006年10月14日 »

2006/10/07

佐伯祐三…ユトリロのパリを愛してパリに果つ

 サイト巡りをしていたら、何処かのサイトで佐伯祐三(1898年4月28日 - 1928年8月16日)の話題が出ていた。小生の好きな画家の一人。
 でも、小生如きに新たに語るべき材料もあるはずもない。
 が、佐伯祐三が渡仏する前のことだが、アトリエを中落合に設けたことを知って、ちょっとだけメモしておきたいと思ったのである。
 小生、上京した当初の三年は西落合近辺のアパート暮らしだったので、落合という名前を聞くと、それが野球の落合博満氏であっても、落合恵子さんであっても、耳がダンボになるのである。
ヴォルス…彷徨う線刻の美」参照。

Sionmanju1

→ 相変わらず行動的な紫苑さんに戴いた曼珠沙華の画像です。「プランターに植えていたものが咲いていた」のだとか。曼珠沙華の花言葉 「想うは、あなたひとり」だって!

佐伯は画家としての短い活動期間の大部分をパリで過ごし、フランスで客死した。作品はパリの街角、店先などを独特の荒々しいタッチで描いたものが多い」、そう、小生も思い込んでいただけに、中落合と関係すると聞いては、素通りはできない。
 佐伯祐三の作品は、小生のような絵にも疎い人間が見ても個性的あり、叙情性と独特の孤独感が漂っているのを感じる。

続きを読む "佐伯祐三…ユトリロのパリを愛してパリに果つ"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/10/06

飛越地震…「地震」は遭っても「なゐ」とはこれ如何

 小冊子「富山県人」が過日、届いた。
 富山関係の情報がいろいろ載っていて、懐かしかったり、こんなこともあったのか、この人が富山に関係する人だったのか、など、毎月、読むのが楽しみである。
 せっかくなので、久しぶりに富山関連情報を。でも、別頁の地震情報は広く一般にも関心を持たれていい情報をも提供できていると思う。

2005年05月の索引…富山情報…浅野総一郎」の中で、「浅野総一郎の青春を描く映画の撮影が始まった」と伝えていたが、その映画の上映が「ラゾーナ川崎プラザ」にて始まっている。「延長も決まった」という情報を出演している歌手の仲代奈緒さんのブログ「仲代奈緒 オフィシャル・ブログ」で得た(仲代奈緒さんのオフィシャルサイトは「Nao Nakadai Official web site n++」):
九転十起の男 -浅野総一郎の青春- - シネマトゥデイ
 なお、この映画が上映されているのは「ラゾーナ川崎プラザ」内にあるシネコン「109シネマズ川崎」で、そのこけら落としとして上映されているものだとか(「映画:浅野総一郎描いた「九転十起の男」、26日に川崎のシネコンで上映 /神奈川:MSN毎日インタラクティブ」参照)。

T00049312

← 「九転十起の男 -浅野総一郎の青春- - シネマトゥデイ」(監督:市川徹  原作:新田純子) 浅野総一郎役の網本圭吾さん。他に、寺田農、仲代奈緒、武蔵拳、六平直政、高瀬秀司、堀田眞三、伊藤裕子らが出演

 その他、「世界3大バイオリン一同に こしのくに音楽祭(立山町・富山市)」など、メモしておきたいことがいろいろあるが、今日は、「特集 市民も進める黒部市のまちづくり  富山平野守る大事業 常願寺川砂防100周年」に焦点を合わせてみる。
(ちなみに、世界3大バイオリンとは、「バロン・ヴィッタ」「ストラディヴァリ」そして「ニコロ・アマティ」のこと。この音楽祭が富山は立山で開催されるのは、ヴァイオリニストの故シモン・ゴールドベルク氏が「1993年7月19日立山山麓で84年の生涯を閉じ」たことに機縁しているようだ。)

 常願寺川砂防事業というのは、1858年の「「安政の大地震」で、源流にたまった土砂が土石流となって下流に流れ、降雨のたびに富山平野に大災害を起こしたのが発端」という。

続きを読む "飛越地震…「地震」は遭っても「なゐ」とはこれ如何"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/05

作曲家・市川昭介氏 死去…演歌とは顔で笑って茨道

 訃報を初めて聞いたのは車中だったろうか。
 作曲家の市川昭介氏が亡くなられたという。知ったのは9月27日のことで、「9月26日午前5時、肝不全のため都内病院にて死去した。73歳だった」という(「作曲家・市川昭介氏 死去 CONFIDENCE ランキング&ニュース -ORICON STYLE-」。あるいは、「メディア・【夕刊JanJan】さよなら市川昭介さん~名曲をありがとう」など参照)。
 今時の若い人は市川昭介氏といってもピンと来ないかもしれない。演歌や歌謡曲の時代ではなくなったようだし。

 ただ、影の薄くなったような演歌だが、今もドンドン、素晴らしい新人歌手が生まれていることは断固、明記しておきたい! 時流とは、直接重ならなくなったというだけのことであって、演歌というのは明治以来の歴史があり、これからも歌い継がれていくに違いない。
 そうはいっても、波止場、北(何故か北へ流れる)、霧、海峡、カモメ、涙、酒、酒場、女(あるいは男)、煙草、捨てる(捨てられる)といった紋切り型の歌詞(言葉)は、ますます使いづらい、時代とは齟齬する傾向を強めていくのだろう。

 市川昭介氏が亡くなられて既に十日となるが、演歌大好きで演歌・歌謡曲にドップリ浸ってきた小生としては、同氏とは直接の関わりは何もないのだけれど、簡単にでも触れておきたい。

続きを読む "作曲家・市川昭介氏 死去…演歌とは顔で笑って茨道"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/04

ビュッフェ…剥き出しの心が見るは心なり

 この記事は、「山川登美子…紅き花胸を焦がして命果つ」同様、既に廃盤となっているらしい、ヴィヴァルディ 『四季』(イ・ムジチ合奏団 バイオリン:カルミレッリ(ピーナ)  PHCP-9001 1993年5月26日発売 マーキュリー・ミュージックエンタテインメント)を聴きながら書いている。
 実際に買ったのは95年末か96年頃だったように思う。
 部屋の整理をしていて発見。他にも数枚、懐かしいCDたちと再会!
 たまには、部屋の掃除や片付けなどもするものだ。
 近く、今のADSLを「光」に変更する。ああ、また、部屋の大整理という大仕事が待っている!

4122043042091

→ セリーヌ 著『夜の果てへの旅』(生田 耕作訳、中央公論新社)

今日は何の日~毎日が記念日~」を覗くのがこのところの習いみたいになっている。
 早速、「10月4日 今日は何の日~毎日が記念日~」を開いてみると、「古書の日」、「天使の日」、「いわしの日」、「陶器の日」などなど、いろいろある。
「天使の日」は、「婦人下着メーカーのトリンプインターナショナルジャパンが2000(平成12)年に、同社の製品「天使のブラ」の1000万枚販売達成を記念して制定」というが、小生は「「てん(10)し(4)」の語呂合せ」に絶句。負けた。小生にはちょっと思い浮かばない語呂合わせだ。

 こういう語呂合わせが許されるなら、たとえば、「10月4日」を「とうし」と読み、「とうし → とうひ」と転訛させて、「頭皮の日」としたらどうかと思ったりもする。
 尤も、「頭皮の日」で何を記念するのかは、自分でも分からない。あるいはウイッグ(カツラ)の日とするとか。

「いわしの日」も、「「い(1)わ(0)し(4)」の語呂合せ」というが、やや苦しくはないか。
「陶器の日」は、「古代日本で、陶器を「陶瓷」と言っていたことから、「とう(10)し(4)」の語呂合せ」というが、これは、素養がない限り、絶対に為しえない語呂合わせだろう。

続きを読む "ビュッフェ…剥き出しの心が見るは心なり"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/03

山川登美子…紅き花胸を焦がして命果つ

「2006年10月3日(火)01:00~15:00の約14時間」の予定だったココログのメンテナンスもようやく終わったようだ。
 早速、記事をアップ!

 先週来、久世光彦著の『夢あたたかき 向田邦子との二十年』(講談社文庫)を車中で読んでいた。
「向田邦子の中には二人の才女がいた。情熱的な与謝野晶子と、引っ込み思案な山川登美子。そんな二人をこっそり胸の中に抱えていたから、みんなに好かれ、頼りにされていたのだろう。久世光彦が語る向田邦子の想い出」といった本だが、ここにあるように山川登美子という人(の歌)が紹介されていた。
(「向田邦子資料展パンフレット」というサイトを今日、発見。なかなか! 掲げた画像もこの頁から。ホームページは、「実践女子大学図書館
 この文庫本の表紙画像(カバー装画)は、川村みづえ氏の手になる。「Tokyo Illustrators Society」の中に同氏の名が見える。)

F06s1

山川登美子 – Wikipedia」を覗いてみても、情報が豊かとは言えない。彼女の人気を反映している?

 ここからは生没年を参照するだけに留める:
 1879年(明治12年)7月19日 - 1909年(明治42年)4月15日)

 忙しいのか暇なのか分からない昨日から今朝にかけての営業中、山川登美子という美貌で秀才の女性の非業の生涯を想っていた。
 今の世にもいるんだろうな、こんな人が。
[以下、この記事は、既に廃盤となっているらしい、ヴィヴァルディ 『四季』(イ・ムジチ合奏団 バイオリン:カルミレッリ(ピーナ)  PHCP-9001 1993年5月26日発売 マーキュリー・ミュージックエンタテインメント)を聴きながら書いている。実際に買ったのは95年末か96年頃に買ったように思う。部屋の整理をしていて発見。他にも数枚、懐かしいCDたちと再会!]

続きを読む "山川登美子…紅き花胸を焦がして命果つ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/10/02

宗鑑忌我が句の先も杳(よう)として

10月2日 今日は何の日~毎日が記念日~」によると、今日10月2日は「豆腐の日」だとか。
 嫌いじゃないが(卵豆腐のほうが好き!)、駄洒落としては分かりやす過ぎて、パスする。
関越自動車道全通記念日」だとも。
 関越道については、小生には思い出話がいろいろあり過ぎて、これまたパスする。
 エピソードの一つだけでも、ブログをまるまる一週間、費やさないと書けないし。いつか、まとまった時間が取れたら、傾注して書ききってみたいと切に願っている(願い始めて十年以上が経ってしまった…)。

望遠鏡の日」だともある。望遠鏡については、「カーニヴァルテーマ「太陽」(3)」にて若干だが触れたばかりなので、これもパス。尤も、今、世界の名著シリーズのうちの一冊『ガリレオ』(中央公論社)を読んでいて、今はガリレオについての伝記の部分を読んでいるのだが、今日がまさに彼が望遠鏡(筒眼鏡とイタリアでは呼称されていたとか)の噂を聞きつけ、原理を理解し、筒眼鏡を自作し、月を観察して月の表面が凸凹だということ、さらに、驚くべきことに月の影の具合などから月にある山の高さを計算して示したり、木星の衛星を発見、あるいは太陽の黒点を発見し、それが動いていることも観察していたことなどを記述している箇所なのだった。
 でも、パスはパス!

 他に、「宗鑑忌」とあるではないか。「俳諧の祖とされる山崎宗鑑の1553(天文22)年の忌日」だという。
 思えば、小生、彼に付いてはまともに調べてみたことがない。
 このブログは、まがりなりにも季語随筆(読書創作日記)のサイトと銘打っている(付け加えるなら愚痴?!)。
 いざ、山崎宗鑑ワールドへ!

続きを読む "宗鑑忌我が句の先も杳(よう)として"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/01

「落句拾遺 9-1」アップ!

落句拾遺 9-1」アップしました!


アップするその度ごとにアップアップ!
願わくはギブアップは避けたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

索引…ポット出のお湯の如きの情熱か

電気ポットを買った!

 電気ポットを買ったのは何年ぶり…、いや何十年ぶりじゃなかろうか。以前、高輪に住んでいた頃は一時期まであったはずだけれど、いつの間にか使わなくなっていた。
 あるいは湯沸しの出来ないポットは以後も使っていたと思うのだけど、そのただの保温のポットさえ、使わなくなって(所在が不明になって)十数年のはず。

 では、お茶はどうしているかというと、ペットボトルのお茶を買ってきて、必要な分を湯呑み茶碗に移し、電子レンジで温める。
 困るのはカップ麺で、これは湯呑み茶碗に水を入れて熱くし、カップ麺に注ぐ。
 よって、カップ麺でややこしい調理法のものは敬遠している(つまり、一度、お湯を注いで麺を温め、あるいはほぐし…って奴は買わない!)。何度も電子レンジで(湯呑み茶碗に水を入れて)お湯を作らないといけないし。

0609301

 でも、この頃、スーパーでカップ麺を買うのに苦労する。調理の面倒なタイプかどうか、カップ麺の脇などに書いてある説明で確かめるのだけど、その文字が(老眼で)読めない!
 多分、お湯を注ぐだけの麺だろうと思って買ってきたはいいけど、自宅でいざカップ麺を食べようとして説明文を読んでショックを受けたりする。
 その場合は諦めて、具と麺をカップに出してお湯を注ぐだけにする。面倒だし。

 さて、いよいよ秋も深まって、カップ麺が今まで以上に恋しくなる季節。
 それに、田舎で父母が珈琲を毎朝飲む。だから小生も、朝食の準備に取り掛かる前に珈琲に付き合う。この前は、父母が飲まない紅茶もあった(もらい物だとか)。で、紅茶の味も思い出してしまった。

 そう、外ではともかく、自宅では、珈琲や紅茶も飲まなくなって久しいのだ。でも、心の余裕を持つためにも、これから珈琲や紅茶、勿論、ペットボトル以外の日本茶も飲んでいくつもり。

 流し台の脇にはお湯を沸かして、スタンバイしている電気ポットが小生を待っている。

続きを読む "索引…ポット出のお湯の如きの情熱か"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年9月24日 - 2006年9月30日 | トップページ | 2006年10月8日 - 2006年10月14日 »