« 2006年1月15日 - 2006年1月21日 | トップページ | 2006年1月29日 - 2006年2月4日 »

2006/01/28

『知られざる日本 山村の語る歴史世界』感想

 昨日は営業の日だったので折を見てラジオに聴き入っていた。幾つか興味深いニュースがあったが、その中の一つに、「3万2000年前の木片出土」というのがあった。
中日新聞ホームページへようこそ」に拠ると、「東京都杉並区教育委員会は27日、同区の「高井戸東遺跡」から約3万2000年前の旧石器時代の炭化した大型木片(炭化材)を発掘した、と発表した。同教委は「人が生活した遺跡で見つかった木片としては日本最古。同じ地層から出土した磨製石斧(せきふ)などの石器群も同年代で最古級と分かる」としている」というもの。
 さらに、「区教委によると、調査区域では、地表から約2メートルの層に米粒大の炭化物が集中して見つかる場所が5カ所ほぼ直線上に並び、うち3カ所から炭化材を発見。最も大きい木片は土中に斜めに埋まり、長さ約20センチ、太さ約16センチで、外面が黒く焼けていた」とか。

2006_0128060128tokyotower0011

→ 27日の午後、都内港区の三田通りにて。市街地の中の市街地。別頁では全く対照的な山村の話題を扱っている。

 日本における旧石器時代の遺跡というと、小生に限らないだろうが、つい、アマチュア考古学研究家の藤村新一氏が引き起こした「旧石器捏造事件」を思い起こしてしまう。
 それは、「アマチュア考古学研究家の藤村新一が次々に発掘していた日本の前期・中期旧石器時代の遺物や遺跡だとされていたものが、全て捏造だったと発覚した事件である。日本の考古学界最大のスキャンダルとされる」もの。
「縄文時代以降では、明確な遺構が地下を掘削して造られているため、土の性格から直ちに真偽が判断可能なので、捏造は不可能である。火山灰層の年代にのみ頼りがちであったことなど日本の旧石器研究の未熟さが露呈された事件であった」という。
 まあ、今回のものは、「放射線炭素年代測定を行った結果、木材は約3万2000年前のものと判明」というから間違いないのだろう。
 日本のように木材の遺物の残りにくい土壌にあっては、貴重な発見だし、どのような研究がなされるのか興味深い。
 と同時にこの日本という列島の有史以前の長い時の積み重ねを改めて感じる。

5092

← Charlie K. さんの手になるリベルダージ新年会(G.R.E.S. LIBERDADE "FELIZ ANO NOVO 2006" )の一場面!(例によって本文と画像とは関係ありません。一連の新年会の画像を観て頂いているものです。)

 今、トルストイの「アンナ・カレーニナ」を読んでいるが、寝床などでは白水智(しろうず・さとし)著の『知られざる日本 山村の語る歴史世界』(NHKブックス、日本放送出版協会)や藤本 由香里/白藤 花夜子著の『快楽電流―女の、欲望の、かたち』(河出書房新社) などを読んでいた(車中では、池内了著の『科学を読む愉しみ』(洋泉社)を読んでいる最中。3年前の本だが、数多くの科学関連の啓蒙書を知ることが出来て楽しいし嬉しい)。
 このうち、白水智著の『知られざる日本 山村の語る歴史世界』は読了したので、簡単な感想文をメモしておきたい。
(余談だが、今日、図書館へ行ったら、リサイクル本のコーナーに、故・源氏鶏太の本が一冊あった。他の著者の本も数冊あったが、それらは図書館の蔵書にある。けれど、肝心の我が郷里の作家である源氏鶏太の本は書架に見当たらない。取り寄せるのも癪だ。ちゃんと蔵書として備えていて欲しい…。ということで、持ち帰ってもいいということなので、ともあれようやく源氏鶏太の本が手に入ったことになる。)

続きを読む "『知られざる日本 山村の語る歴史世界』感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/27

明日は臘梅探し

 1月の季語例を眺めてみると、「臘梅」という季語のあることに気づく。
 この頃、車中でラジオをぼんやり聴いていると、時折だが、「臘梅」など、春の到来を感じさせる花の話題が流れてくるようになった気がするし、今日は「臘梅(ろうばい)」をテーマに選ぶ。

 臘梅…。今、寒さの真っ只中。そうなったらあとは遅かれ早かれの春の訪れを待つしかないのだが、まあ、期待半分もあっての話題なのかもしれない。
 それにしても、「臘梅」というのは奇妙な名前である。花の名前に「臘」が冠せられるとは。この「臘」とは何なのだろう。5070

→ Charlie K. さんの手になるリベルダージ新年会(G.R.E.S. LIBERDADE "FELIZ ANO NOVO 2006" )一場面!
(例によって本文と画像とは関係ありません。一連の新年会の画像を観て頂いているものです。)

YS2001のホームページ」の「季語(ろ) 臘梅(ろうばい)」によると、「花が蝋細工に似て、梅と同じ頃に咲くことから名の付いた中国原産の落葉潅木) [冬-植物] 別名⇒蝋梅(ろうばい)、唐梅(からうめ)」とある。
 臘梅の「臘」は「蝋細工」の「蝋」だというのだ。

わたしの俳句歳時記」の「わたしの俳句歳時記<今週の季語・一句抄> 一月の季語 鈴木五鈴」という頁を覗くと、「臘梅は江戸時代の初めに渡来したとされる」と記されたあと、「枯れ一色となった庭に咲く香り高い花はそれだけでも珍重に値するが、臘細工のような黄色い半透明の花が葉に先んじて枝々に咲き盛るのである」とある。
 ここには、「臘梅を透けし日射しの行方なし   後藤比奈夫」という句が載っていた。いかにも臘細工のような花だからこその観察であり句なのだと感じさせてくれる句である。

続きを読む "明日は臘梅探し"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/26

今日という日…二題

 5年前の今日26日、東京都新宿区の新大久保駅でホームから転落した人を救おうとしてホーム下に下りた韓国人留学生李秀賢さん=当時(26)=と日本人カメラマン関根史郎さん=同(47)の二人が死亡した。
 このニュース聴いた時、小生は仕事中でラジオで情報に接した。当然ながらテレビでの騒然としているだろう駅の模様などは当日は見ることが出来なかったが(この頃には既にテレビは壊れていたかも)、ラジオで伝えられる断片的な情報を聴きながら、あまりに痛ましい事件にどう考えたらいいか分からなかった。

2006_0126060125kaji0022

→ 25日の夜半過ぎ、東京・大田区での火災現場に遭遇。炎の勢いの凄さを改めて実感。(記事末尾の追記を参照のこと)

 とにかく韓国人留学の方の勇気を称えるしかないと、まずは思った。一部、無謀な勇気に過ぎない、救助に赴くならまずは我が身の安全の保障を確保してから、といった批判を後日投げかける向きがあったが、今、目の前に男性が転落しそこへ間もなく列車がやってくるという状況で、そんな悠長なことは言っておられないだろう。
 小生だったら、どうか。恐らく、そういったまことしやかな批判をして、その実、何もしない類の連中と同じで、手を拱いているに過ぎなかったのではなかろうか。
 あの状況じゃ、自分の身だって危ない、どうしようもなかったんだと知れたような言い訳をして助けなかったこと、ただ悲惨な状況を呆然と見ているだけだった自分の行為を理屈で正当化しようと試みるだけだった、のだろう(か)。

2006_0126060125kaji0025

← 同上。火災現場は既に消防車やパトカーなどが一杯だったためか、あとから来た消防車が一方通行路を逆走してきて、そこから現場へ続く一方通行の道に入ろうとするが、狭くて一時立ち往生。その動きを見守っていて、小生の車は身動きが取れなくなった。しばし撮影。

 最初に転落した男性は酔っていて、しかも駅の売店で酒を求め、ふらふらと転落したという。男性はそんな状態だったとあとで分かったのか(つまり、転落した男性の様子を目撃した人が他にもいたということだろうか)、その時点で韓国人留学生の方も脇から見ていて危ないなと思ったのか、その詳しい状況は分からない(小生は知らない)。

 ホームの下には転落した人が緊急避難できる場所があるとか、対処法はありえるのかもしれないが、練習するわけにもいかない。ホームに立った時、ふと、ホームの下を眺めてみたりするが、いざとなったら自分一人なら逃げ込める可能性があるとしても、転落した人を助けて避難するとなると厳しいような気がする。
 いざとなった時、どのような行動が採り得るのだろうか。

4945

→ Charlie K. さんの手になるリベルダージ新年会(G.R.E.S. LIBERDADE "FELIZ ANO NOVO 2006" )画像の一つ!(例によって本文と画像とは関係ありません。一連の新年会の画像を観て頂いているものです。)

「東京都新宿区のJR新大久保駅で2001年1月、ホームから転落した人を救おうとして死亡した韓国人留学生、李秀賢さん=当時(26)=を主人公にした映画が制作される」という情報がネットにも見つけられるし、昨夜、ラジオでも関連の話を聞くことができた。

続きを読む "今日という日…二題"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/01/25

ヴィヴァルディの四季と日本の四季(前編)

 クラシック音楽で小生の好きな曲にヴィヴァルディの「四季」がある。本当のクラシックファンなら誰の演奏とか誰の指揮によるものとかという拘りを持つのだろうが、小生はそこまで深入りはしていない。とにかくこの曲が架かると嬉しいのである。
 この曲にはささやかな思い出がある。まあ、学生時代に友人の影響を受けてクラシック好きになったのだが、ブラームスやメンデルスゾーン、チャイコフスキーそしてモーツァルト、バッハ、シベリウス、ワーグナーと聴いていったが、ヴィバルディは敬遠していた。
 恐らくは学生になる前、田舎で暮らしていた頃、ヴィバルディの「四季」は皇室アルバムという番組のテーマ音楽に使われていたのである。小生自身は、この番組には全く興味がなかったが、父が日曜日の朝には好んで見ていたので、番組内容より、とにかくテレビが見たかった小生は、朝食後の間もない時間帯ということもあり、テレビの音声をBGMに漫画の本を読んでいたような記憶がある。
 ヴィバルディの「四季」にも皇室アルバムにも罪はないのだが、ミスマッチな感じがあって、結果的にこの曲に妙な色合いが付いてしまって、とうとうバロック音楽全般まで敬遠するようになってしまった。

5972-chobi

→ Charlie K. さんの手になるリベルダージ新年会(G.R.E.S. LIBERDADE "FELIZ ANO NOVO 2006" )画像の一つ!

 が、離郷して二十数年、会社を首になり失業保険で暮らしていた頃、プールと図書館とレンタルショップ通いで日々を過ごしていた(自宅では読書と執筆)。
 レンタルショップではクラシック音楽を借りまくっていた。手元不如意で買うのは躊躇われていた分野もレンタルで借りて、ハイドン、ヘンデル、アルビノーニ、そしてヴィヴァルディとテープをダビングして夜毎日毎聴いていたのだった。
 友もいないし、誰も来ない部屋で、隅っこには引っ越してきた当初購入した鉢植えの観葉樹が未だ露命を繋いでいて、その緑が小生を慰めてくれていた(壁にはアングルの「泉」と、入居した90年頃に入手した杉本彩さんのセミヌードカレンダーの表紙が貼られたまま。当時は未だセミヌードだった。それが今じゃ…)。
 約一年と半年の間に随分とダビングしたが、今も後ろを振り返るとテープたちがもう一度聴いてくれよと待っている(カセットが故障していて聴けないのだ)。
 ヴィバルディはいろんな曲を聴いたが、結局、「四季」で落ち着いた。郷里にいた頃番組で蒙った色合いも薄らいでいた。その「四季」も、イ・ムジチ合奏団などいろんな録音で聴いたものだった。

続きを読む "ヴィヴァルディの四季と日本の四季(前編)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/24

稲毛海岸駅はどこにありますか?

 過日のことである。
 その日は小生に限らず営業的には概して暇だった。こんな日は、とにかくコツコツと仕事するのが一番。
 でも、回数を重ねても売り上げが飛躍的に増大するってことはない。どうやっても、基本料金の660円の倍数に留まる。
 ただ、仕事が終わって営業所に戻り、売り上げを計算すると、近場のお客さんをこまめに拾ったことが結果的に大きな差になってくる。たとえ日に一回か二回でもそうしたお客さんを見逃さずに乗せておくと、月に12回の営業として、一万円の営収(営業収入=ここから会社の徴収分が4割ほど引かれていく…)の上乗せがなり、足きり金額を越えるかどうかの瀬戸際の時に大きな意味合いを持ってくる。

2006_01230601240012

→ 1月23日、内堀通りの交差点。信号待ちを利用して。車内から撮っている。窓ガラスに腕もデジカメも映っている。快晴だ。が、寒い。前日の雪が日光にも溶けない。

 足きり金額というのは、会社としてタクシードライバーに課す最低限の売り上げで、これを越えると営収の6割が運転手の取り分となるのだが、下回ると5割が会社へ。
 足きり金額を越えるかどうかは、1割の差であり、大きい!
 月の締めが近付き、特に最後の日ともなると、越える見込みがあるか、既に越えているか、あるいはまるで見込みがないかで気分が相当に違う。

 余裕で越えているか、全く越える見込みがないなら、いずれにしろ月12回の営業の最後の日は、まあ、通常通りのペースで営業するが、問題は月の12回目の営業が足きり金額達成ギリギリの日である。
 もう、プレッシャーである。具体的には足きり金額は48万円である。11回で45万まで売り上げていたら、最後の日は3万円でいいわけだから、余程、サボったり、トラブルに巻き込まれたりしない限りは、幾らなんでも越えるだろうと判断できる。

5964-lubion

← Charlie K. さんの手になるリベルダージ新年会(G.R.E.S. LIBERDADE "FELIZ ANO NOVO 2006" )画像の一つ!

 これが11回目までで44万だったらどうか。
 好況の折だと、一日で4万円の売り上げなど軽がると達成できるのだが、依然として構造不況(規制緩和でタクシーの台数が飛躍的に増えてしまった。世の中の景気に敏感に反応してタクシー業界も好調となるという過去にあったかもしれない図式は壊れてしまった。ある元通産省の役人で作家となった、団塊の世代などの流行語を流行らせたことでも有名な人の託宣だと、タクシーは今や年金生活者の小遣い稼ぎの業界となったとか!)の最中にあるタクシー業界にあっては、4万円というのは油断ならない数字なのである。

続きを読む "稲毛海岸駅はどこにありますか?"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/01/23

大寒…突っ張って

  二十四節気でいう大寒の始まりの日、つまり、20日を狙ったわけじゃなかろうが、20日の夜半過ぎ辺りから、この東京にも雪が降った。その画像は、「光柱…叶わぬ夢?」にも「栗の小径や川沿いの道のこと」にも載せてあるので、ちらっとでも覗いてみて欲しい。
 覗けば、ほかにも素敵な画像も載せてあるし。

 土日は寒かった。ただ、それにしても、驚いたことが一つ。
 我が部屋の冷蔵庫は小生にお似合いの小さい可愛い奴である。夏など、スーパーで買った氷アイスも冷蔵室に入れておいたって一時間もしないうちに溶けてしまう。
 それが、である。今朝、起きて冷蔵庫を開けたら、前日に買っておいた魚やメカブが凍り付いていた。冷蔵庫より部屋のほうが寒い(?!)ってことか。sion-chalreston

→ 紫苑さんにいただいたこの画像は、中之島薔薇園の薔薇「チャールストン」

 東京は午前は曇っていたが、午後の二時前後頃には青空が見えた。
 なので、積雪がそんなにあるわけもなく、呆気なく溶け去っているものと、外を見たら、屋根は真っ白。さすがに路面は乾いていたけれど、路肩付近にも雪が残っている。この分だと、夜半には雪が溶けてそのまま凍ってしまうのか、そんなことを思いつつ、夕方、図書館へ。
 読了した立川昭二著の『病いの人間学』(筑摩書房)、「過ぎゆこうとする20世紀は、二度の世界大戦をはじめとする大量虐殺と政治暴力の時代だった。世界各地には暴力の傷痕があり、至るところに記憶の場所がある。過去10年、アジアでは、日本軍による戦争被害者たちが、次々と証言を始めた。それに対して、日本の中では、その記憶や証言を隠蔽、否認、歪曲、抹消する「歴史修正主義」が立ち現れている」という徐 京植/高橋 哲哉著の『断絶の世紀 証言の時代―戦争の記憶をめぐる対話』(岩波書店)、田村 明氏著の『まちづくりと景観』 (岩波新書)を返却。

続きを読む "大寒…突っ張って"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/22

掌編アップ

 あるサイトでたき火の画像を見た。で、なーんとなく「たき火」という題名の掌編を書いてみた。ボクもの。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

光柱…叶わぬ夢?

「氷柱」については、この季語随筆でも「氷柱」にて採り上げたことがある。字面は同じでも「ひょうちゅう」だと氷の柱だし、「つらら」だと軒先などに生じるそれである。
「氷柱(ひょうちゅう)」も「氷柱(つらら)」も、一月の季語である。

2006_01210106210028


→ 21日夕方、買い物に出かけた際に撮ったもの。東京では久々の雪模様。画像ではしかと見えないが湿っぽい雪が舞っていた。夜中に外に出てみたら、既に大半が溶けてしまっていた。呆気ない夢のような雪だった。未明には溶けた雪水が凍結するのか…。

 冬の日の儚き恋さと雪の降る

 ところで(字面的にのみ)似て非なる言葉、乃至は現象に「光柱」がある。
富山の天気を見よう!!」の「冬の気象」なる頁を覗く。
「冬の夜空を彩る」という項目に、「光柱」現象を示す画像が載っている。
「空にうす雲があるとき富山湾では夜空に光のすじが何本も見えることがあります。これが光柱です。強い漁り火が光源となって、それが雲の中にある氷晶(小さな氷の結晶)に反射され光の柱になる」のだという。

 冬の日本海側では珍しくはない現象のようで(といっても一冬に数回、全くない年もあるらしい。悲しいかな北陸生まれの小生だが、一度も見たことはない)、「やまびこネット」の「自然をさぐる(1)」のさらにその名も「光 柱」という頁を覗いても、「海上の夜空に縦に伸びる淡い光のすじが並んでいます。これは光柱と呼ばれる現象で、上空に漂う氷の結晶に漁船の集魚灯の光が反射したもの」という説明と共に「光柱」の画像が載っている。

続きを読む "光柱…叶わぬ夢?"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年1月15日 - 2006年1月21日 | トップページ | 2006年1月29日 - 2006年2月4日 »