« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月6日 - 2006年8月12日 »

2006/08/05

ジュール・ヴェルヌ著『月世界旅行』

 このところ、部屋の中の整理に追われている。近々、室内テレビのアンテナ端子の取替え工事があるというのだ。
 我が部屋は、ゴミ屋敷さながらの状態。ダンボールが壁を埋め天井にまで達していた。
 それは、中途半端にダンボール類を積むと、地震があったら、崩れて危険だということで(実際、夜中に地震があって、頭などに箱類が落ちてきてびっくりしたことが再三)、それなら、いっそのこと、天井までびっしり積み重ねちゃえばいいという結論に達し、実際、山と積んでいたのである。
 が、そうなると、紙くず類の山の背後に完全に没してしまっているテレビのアンテナ端子の取替え工事に対応できない。
(小生は、テレビはカーナビのモニターで見ていた。画像は大抵、大雨が降っていたりする。アンテナ端子を使ったテレビは、もう、5年か6年か、あるいはそれ以上、昔にブラウン管が壊れたままだ!)

Metanjo1

 やむなく、このところ、少しずつダンボール類を整理しているのだが、小生のこと、切羽詰らないと本腰を入れない(整理作業の途中経過?愚痴?は、「心はカネでは…ワーキングプア」で少々書いている)。
 工事の期日は…、明日だ!

 だから、何が何でも今日中に整理をしないといけない。何か片付け仕事があるとなると、憂鬱になる小生。工事の予定が決まってからは気の思い日々が続いている。
 今、書いている記事を仕上げたら、また、整理作業が待っている。辛い!
 
 それにしても、木曜日は珍しく仕事が忙しかった。久しぶりの長距離のお客さんが付いたのだ。しかも、仕事が終わったら、健康診断で会社に居残り。例によって体調が崩れ、金曜日から先程までロッキングチェアーに体を沈めたままだった。ベッドに入る気力も湧かないほどだったのだ。
 予約していた本が届いたという連絡を図書館さんから貰ったのだが、起き上がって引き取りにいくのはしんどくて、断念。
 それでも、ようやく、この記事を書こうかなと思う程度には回復した…と思いたい。

続きを読む "ジュール・ヴェルヌ著『月世界旅行』"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/08/04

「路上に風化する…」

 別枠にて、「路上に風化する…」と題した小文を原文のまま、載せる。
 これは2000年に某フォーラムへの投稿として書いたもの。
 当時は未だホームページを持っておらず、何かを書き公表するとしたらフォーラムという場しか選択の余地がなかったのである。
 翌年2001年2月初め、ホームページを開設、2月末から3月初めにかけてメルマガを配信していく。
 思えば、パソコンを買いネットへの参入を果たしたのが、1999年11月だった。接続の遅さ、反応の悪さ、最悪の場合、書いたはずの原稿が消えるというトラブルに辟易しながらも、とりあえずは、書いたものを(可能性としては)世間に公表できることに楽しみを見出していた。
 パソコンを導入(し、ネットに接続)するまでは、89年の1月から使い始めていたワープロに徒然なるままに雑多な小文を書き散らしていた。ほとんど日記みたいなもので、メモ書きであり、瞑想であり、愚痴でありと、日々、思いつくままに書いていった。
 フォーラムへの投稿は、そうしたワープロ時代の文章の特長が色濃く残っている。呟き風であり、誰に向って書いているかという焦点が定かでなく、読んで欲しいような、でも、読まれる可能性が皆無で、舌足らずな表現や絞殺であっても、ほとんど読み返すこともなく、書き散らしたままに、フォーラムへ投稿していたのである。
 確か、「路上・野外」がキーワードになった投稿を誰かがされていて、そこにちょっと横槍というか横レスを付けてみたもの。

 例えば、下記の文中に「ゴッホのようなアーティストは今の美術館は受け入れるだろうか」という一文がある。
 これだけでは意味不明で、前後の脈絡から浮いているような、それでいて、書き手としては、結構、緊密な繋がりがあって…と思い込んでいる、そういった反問風な結語。
 要は、映像偏重の時代、見かけ重視の時代、服装も小奇麗で、生き方もそつがない、常識をわきまえていることが当然とされる時代にあって、徹底して自分の感性に忠実な人間は、世間に受け入れられる見込みがないのではないか。
 美術館も、あるいはどんな場も瀟洒だったりチリ一つ落ちていない磨き抜かれた建物、壁。チリの中には、うさんくさい人間も含まれるのであって、だからこそ守衛さんが異物、異質な輩(やから)を排除せんと見張っている、監視され見透かされた時空間。
 最近、特に話題になっている高島野十郎など、本名は弥寿といい、野で果てることを願って後に自ら野十郎と名乗ったというし、絵画も独学だった。
 彼のような画家は今もいるのだろう…か。

続きを読む "「路上に風化する…」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/03

雪人形

[創作:幻想:ボクモノ]

 本作は、8月5日、本来の創作の場である「無精庵方丈記」に転載しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/02

この花の名は…月下美人

 折々覗かせていただいている「花の俳句」というサイト、数日振りに開いてみた。
 今日の花は、「鹿の子百合(カノコユリ)」なのだが、小生、実物を観たことがないような。
 記述を読むと、「四国から九州にかけて分布し、海岸の崖や山中の岩場に生える。また、栽培もされる。」とある。テレビや写真はともかく、栽培された鹿の子百合は見たことがある…のかどうか、はっきりしない。

Sionsunflower

→ 紫苑さんにいただいた書中お見舞いの画像です(勿論、これ、表題の月下美人とは違います!)。

 ぼんやり記憶を辿りつつ、画面をスクロールしてみたら、「月下美人(ゲッカビジン)」が7月30日に扱われている。
 月下美人! 花の名前はどれもこれも妙があり、その命名のうまさに感嘆するばかりだが、この月下美人というのも、よくぞ付けたりと言いたくなる。
「開花時期は7~11月である」とあるが、季語上は、夏の扱いとなっている。
「芳香のある白い花を咲かせる。大輪の豪華な花で、夜8~9時ころに開花し、4時間ほどでしぼむ。美人薄命の喩えから「月下美人」の園芸名がつけられた」とあって、そういう事情もあるから「月下美人」なのか、と納得させられる。
花と観葉植物(葉っぱの岬)」の中の「月下美人」なる頁を覗くと、My月下美人と題されていて、愛されているのだと感じさせられる。
「香りが強く、匂いで花が咲いてる事によく気付きます」というが、小生は嗅覚に障害があり、そんな話を聞くと、羨ましくなる(その代わり、トイレの匂いに鈍感だったりするが、これは人に羨まれる能だろうか)。
 町中などで女性と通り過ぎて、ふと、香水なのか化粧品の香なのか、ふんわり漂ってくるのを感じる、そんな機会にも、あっても、気付かずに逃しているのだろう、きっと。

続きを読む "この花の名は…月下美人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/01

2006年7月の索引

 早いもので、もう、八月!

 先月までは、毎月月初めには、一昨年の同月一ヶ月分の索引を作成していました。
 でも、これって、変かなと思い直し、今回(今月)からは月初めには先月一ヶ月の索引を作って公表することにしました。
 このほうが利便性があるだろうし。
 よって、ここに載せる索引は、表題にあるように「2006年7月の索引」です!

 過去の索引については、折を見て、ボチボチ作っていくことにします。
 
 こうして一か月分を見渡してみると、結構、いろんなことを書いてきたなと思います。さて、暑さに(も)弱い小生、この八月には一体、何を書くことやら。

続きを読む "2006年7月の索引"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/31

「口ぶえ」と折口信夫の性愛

 帰郷していた間に、折口 信夫(おりくち しのぶ)著『初稿・死者の書』(安藤 礼二編集、国書刊行会)を読了した。
 日中は慣れない家事に追われ、読めるのは両親が寝室に向ったあとの夜半前からとなる。
 ある意味、本書を読むには夜中のほうが相応しいのかなと思ったり。
 ただ、期待しすぎていたからだろうか、正直なところ、『死者の書』は、期待はずれに終わった。凄く生意気な表現をすると、この程度の世界なら自分にも描けるのではないかという感覚が終始付き纏って離れなかったのである。
 創作の上での技術が物足りない。歌人として学者として名を成しているが、虚構作品としての何かが足りない。
 あるいは、小説に仕立てるには邪道な何かが濃厚すぎるような。
 そんな違和感を抱かされたのは、『死者の書』の冒頭に、いきなり誤植が見つかってしまって、ガッカリさせられたからかもしれない。

Sisha5

 冒頭四行目に、「まともに、寺を圧してつき立ってゐるのが、二山上(ふたかみやま)である。」と。
 当然、二上山(ふたかみやま)のはずだ。実際、心ならずも本文を読んでいても、ずっとこの地名の表記がどうなっているか気になってしまった。
 でも、他はちゃんと二上山と表記してある。

 最初、「二山上」とあるのを見て、これは折口 信夫的な世界特有の言葉遣い、表記なのかと思った(その前に目を疑ったが)。
 あるいは、「初稿・死者の書」と銘打っているから、初稿の表記の間違いがそのままにされているのか(でも、全く、注記がない)。
 どうでもいいことなのか。初版ではあるし、よくある校正ミスの類いに過ぎないのか。でも、あんまりな見逃し?!
 
 この作品については、ネットでは、「松岡正剛の千夜千冊『死者の書』折口信夫」にて、相当に思い入れのされた論考が読める。
 小生の感想など、当てにしないで、この書評を読んだほうがいい。

続きを読む "「口ぶえ」と折口信夫の性愛"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/30

「花火大会の夜に」のこと

 掌編「花火大会の夜に」は、無精庵方丈記に転載しました。
 この無精庵徒然草だと、思い出を描いた作品と誤解される恐れがあるという指摘もあって、その可能性もあるかなと思ったのです。
 一応、ジャンルとして「創作・虚構・物語、ボクもの」と表示し、文中の画像への説明文に掌編と明記はしておいたのですが。

 まあ、あまりに衝動的にというか、発作的に書きたくなったので、本来の創作作品公表の場を選択するのも面倒で、思い浮かぶままに書いたものです。
 日頃、無精庵徒然草の「記事を編集する」という画面を開いて、さて、今日は何を書こうかなと考えるのが小生の流儀。

 で、何を書くかアイデアに詰まっていたところ、ホームページの画像掲示板に珍しく久しぶりの画像投稿が! もう、嬉しくて飛びついてしまいました。
 花火の画像を見ているうちに、何かの着想がムラムラと…。
 白い画面を前にして、切羽詰らないと書く気になれないのが性分なんだね。

 なんとなくだけど、最近、また、創作欲が湧いて来たみたい。一昨年、年間掌編百篇を宣言し実現したはいいけど、その反動が大きくて、昨年、そして今年と創作する気力が萎えていたみたい。
 ようやく、傷(?)が癒えてきたのかな。
 これから、無精庵徒然草で一般の記事を書こうと思って「記事を編集する」という画面を開いても、衝動的発作的に創作作品を書き付けるケースが徐々に増えてくるかもしれない。
 その場合、とりあえず、書くだけ書いて、ジャンルで創作だということを銘記するのは無論のこと、冒頭にも創作だということを明記しておくようにします。

(念のために断っておくと、小生、実話はエッセイなど一般の記事に書く創作には原則として実話は書かない。せいぜい、物語を書く題材の一部として採り入れるだけ、というのが基本方針です。何故なら、創作(虚構)作品では、想像力を自由に羽ばたかせたいからです。)

 ところで、この作品の番外編、チャンスがあったら、書きたいな。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月6日 - 2006年8月12日 »