« 2006年1月8日 - 2006年1月14日 | トップページ | 2006年1月22日 - 2006年1月28日 »

2006/01/21

栗の小径や川沿いの道のこと

 今朝、目覚めると、雨垂れの音。雨? 起きてカーテンを開けると雨じゃなく、雪だった。

2006_01210106200018

→ 今朝の雪風景。我が邸宅(?)の裏庭の金木犀も寒そう!

 今日は休日なので、いつものようにロッキングチェアーに腰を沈め、読書三昧。
 昨夜、わざと三十頁ほど読み残してあったドストエフスキーの『罪と罰』を読了させた。これで六回目だろうか。不覚にも涙が溢れてしまった。参っちゃったので感想文など書かない。
 『罪と罰』とトルストイの『アンナ・カレーニナ』とが一冊に収まっている本(『集英社ギャラリー 世界の文学 (14)   ロシア2 罪と罰/アンナ・カレーニナ 』で、小生は『アンナ・カレーニナ』を久々に読むつもり(今度で二度目になる)で本書を借り出したのだが、最初に『罪と罰』が収まっているので、まずはこれからと読み出したのだった。

 感想は書かない。書けない。本物は違う! それだけ。

 ただ一つだけ。ドストエフスキーの「罪と罰」は、小泉 猛氏の手になる翻訳だが、実に読みやすかった。訳という違和感を覚えることがなかった。
 昔、ガルシンの『赤い花』を読んでガルシンのファンとなった。間もなくして、一冊本のガルシン全集が出た…ので、学生の分際ではあるが、アルバイトして購入したのだが、訳に辟易して小説の世界に没入できなかったっけ。
 さて、一呼吸置いて、次は『アンナ・カレーニナ』だ。

rex-fant

← 「茶風log「写真家チャーリーの徒然グサッ!」 カメ爺からカメアシへ」で見つけたFANTASIA de SAMBA。ん? FANTASIA de SAMBAって…、FANTASIA de SAMBA Feather & Plumes Craftのことね。

 午前、気分転換の意味もあって、先週来、車中や寝床などで読み続けていた田村 明氏著の『まちづくりと景観』も読了した。

 論より証拠ではないが、田村 明氏著の『まちづくりと景観』 (岩波新書)について、小生の下手な感想文を書くよりも、本書で扱われている優れた景観の例をネットで見つけた画像サイトを紹介することで、本書の読書感想文に代えようと思う。
(本書『まちづくりと景観』の小生の手になる感想(?)をどうしても読みたいという殊勝というか物好きな方には、季語随筆「まちづくり…景観…光害」をどうぞ。ほとんど、参考にならないことを予め断っておくが。)

続きを読む "栗の小径や川沿いの道のこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/20

リベルダージの新年会画像……追加!

 今朝、徹夜仕事から帰宅して、いつもどおり郵便受けの郵便物を取って、さて部屋に向かおうとしたら、郵便物などの中に、佐川物流サービスによる配達物が混じっていた。
 その差出人は、なんと病院!

 ありゃ、まさかこの小生に不動産物件の紹介? 病院…? ってことは、もしや秘密にしていた(?)小生の体の不都合がバレタのかと思ったが、さりとて、近々健康診断の予定が会社であるが、前回昨年八月の健康診断以降、お医者さんに受診したのは歯医者さんだけ。
 もしかして宛名が違うか、あるいは投函する部屋番号を間違えたのか。
 違う、ちゃんと小生の本名になっている(余談だけど、先週末のあるドラマで小生の本名と同じ名前の人が殺人の被害者になっていた。これでドラマで同姓同名の人が登場するのは二回目だ)。

 宛名は小生なので、開封してみると、中には病院のパンフレットが。
 文面には、「障害者やお年寄りに優しい病院を目ざします」とか、「目まぐるしい現代生活の中で心と身体を病んだ方々の為の医療を目ざします」などといったコピーが謳われている。
 精神科・内科の病院なのだ!

 ああ、小生の不具合、それも、心と身体を共に病んでいることが世間にバレテしまったのか…。
 なるほど、小生も小生に相応しい優しい病院に入らないといけないのかな…。
 などと、暗示に掛かりやすい小生、つい、真に受けてしまいそうになった。
 
 が、パンフレットと共に同封されていた案内書を読んで疑問・疑惑が氷解した。
 小生の学校(高校)の二十年ほど先輩の方が(面識は全くなし。医学部の助教授を辞めて以降、主に老健施設や介護施設を数々開設されてきたが)、この度、某所の病院が開院四〇周年を迎え、社会的ニーズに応える意味もあり、新しい医療理念に基づき八階建免震構造の新病棟を建設した、という案内だったのである。

 あー、どきどきした。
 まあ、でも、他人事ではないのだがね。

 その病院とは「稲城台病院」である。
 お節介ながら、調べてみたら、関連する記事に「戸田建設株式会社:ニュース:2005年分:柱にプレカラムを使用、高品質化と躯体コストを低減」があって、その建築工事中の物件こそが「(仮称)稲城台病院新病棟新築工事」なのだった!

 なんて、こんなことを書いたからって、病院の宣伝をしているわけでもないし(確かにしてしまったけれど)、小生が近い将来、ここでお世話になるという予定も無い!

 このサイトは日記をも兼ねているので、たまに変なことも書くけれど、ま、読み流してね。
 さて、日記はお終い。気分一新。

 気になることもあれば、嬉しいこともある、ということで…。5103

 本題である!

→ Charlie K. さんの手になる新年会画像の一つ!


「リベルダージの新年会画像!」にて紹介した我がリベルダージ(G.R.E.S.LIBERDADE)の新年会の様子を映したすばらしい画像に追加が:
FELIZ ANO NOVO 2006 (1/15)

 Charlie K. さんの「Charlie K's Photo & Text」なるサイトへ行けば、「リベルダージの新年会画像!」でも紹介した頁など、いろいろ拝見することができます。

 末尾ながら…、「無精庵徒然草」が本日(恐らく午前中)、10万ヒットとなった。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

水仙…ナルシスの花の香

「水仙」が「季題【季語】紹介 【1月の季題(季語)一例】」(「俳句ステーション」の「季語」へどうぞ)の一例にあるのは気づいていた。
 でも、花に(も)疎い小生、いまひとつ水仙と冬とが結びつかない。
 困った時は、きっとここならちゃんとした説明を期待できると、たいらさんの「閑話抄」を覗かせていただく(たいらさんのメールアドレス)。
 さすが、期待にたがわず、<水仙>という頁がある。
「水仙は冬(歳時記によっては新春でも用いています)に位置する季語ですが、 この水仙は古くからある白い水仙のことです。所謂黄水仙というものは南欧原産のものです。白いものと比べ開花が遅くなりますので、春の季語になっています」という。
 先に進む前に「おしゃべりな部屋 (プラネタリウム,星,植物,熱帯魚,統計学)」の「スイセン(水仙)」という頁で水仙の様子を画像で見てみたい。
 花が黄色の水仙に、「ギリシア神話で,美少年ナルシッサスが水面に映る我が姿に見とれ,そのまま花になってしまったのが水仙だということです。そこで,英名は narsissus です。また,自分の美貌に酔いしれる人をナルシストと呼ぶのもここから来ているわけです。」といったコメントが付せられている。

 たいらさんの<水仙>に戻ると、【ギリシア神話と水仙】という項目に、「水仙というとギリシア神話のナルキッソス(ナルシス)の話が有名ですね。この 語源はギリシア語で昏睡を意味するナルケとされています。水仙にはアルカロイド 系(麻酔系)の物質が含まれているそうです。そういえば水仙は曼珠沙華と同じく ヒガンバナ科の植物です。増え方(結実せず燐茎で増える)や葉の出方などに どことなく共通点があるような気がします。」と説明されている。

 そう、水仙は「ヒガンバナ科」の植物であり、学名は「Narcissus」という。

続きを読む "水仙…ナルシスの花の香"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/01/19

まちづくり…景観…光害

季題【季語】紹介 【1月の季題(季語)一例】」に並ぶ季語・季題を眺めながら、今日は何をネタにしたらいいか、ぼんやり考えていた。そのうち、そうだ、某サイトで「冬座敷」が採り上げられていたことだし、今日はこれをテーマに選ぼうかと思った。
年頭に当たって…あいも変わらず」で昨年の一月に俎上に乗せた話題でも扱っていないようだし。
 が、あれ、でも、既に採り上げたことがあるような気もする…。
 で、調べてみたら、「冬座敷に隙間風が吹く」で扱っている。しかも、12月の季語。
 小生の目が節穴だということ、記憶力があやふやだということが改めて露見してしまった。ま、分かっちゃいることだからショックは無いが。

 不思議なのはこのブログへのアクセスで今日は、「冬の星」へのアクセス回数が20回以上となっていること。書いたのは、「December 18, 2004」である。つまり、一昨年の12月ということ。
「冬の星」が検索のキーワードになっているようでもないので、何ゆえ、この記事へのアクセスが突然(今日に限って?)増えたのか、合点がいかない。

続きを読む "まちづくり…景観…光害"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/18

リベルダージの新年会画像!

 我がリベルダージ(G.R.E.S.LIBERDADE)の新年会の様子を逸早く見ることができますよ。
 どの画像も見事なもの。
 Charlie K. さんの「Charlie K's Photo & Text」なるサイトです。
 表紙の右上の「G.R.E.S. LIBERDADE "FELIZ ANO NOVO 2006" 」というバーをクリックしてください。
 今は、表紙の画像もリベルダージ(G.R.E.S.LIBERDADE)の新年会の某パシスタさんの雄姿。
 
 他にも「"Salome" Slide Show」や「 "SAMBA!!" Damiao Gomes de Souza 」など、どれも凄い!


(おまけ)

 以下は昨年の新年会の画像群。但し、撮影は小生の手になるもので、出来栄えは比較にならない(涙):
新年会
初化粧
冬籠(ふゆごもり)
冴ゆる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑煮…ぜんざいの話

 昨夜、仕事中、というかお客さんを求めての待機中、暇の徒然というわけではないが、ラジオに耳を傾けていたら、「ぜんざい」の話が聞こえてきた。
 もっとも、「ぜんざい」の話題はほんの一部で、松江(市)の正月などにちなむ風俗・習慣・風習をあれこれと語っておられたようである。
 さすがに仕事中なので待機中だと神経は常に左のバックミラーなどに集中している。お客さんが車のドアサイドに立って、万が一、ドライバーたる小生が気が付かなかったら、ドアをトントンと叩いたりするのだけれど、できるならばお客さんがドアに近付いたら、お客さんにドアを指などでコツコツされる前に、サッと開けたいのである。
 だから、本を読んだりしてもラジオ(大概が音楽、天気・交通情報)に聞き入っていても、神経は左サイドにあるわけだ。
 だから、ラジオではインタビュー番組は最初から選ばない。どうせ、聞きかじりに終わるのが目に見えているからだ。話を聞いていてつまらなければ困るし、さりとて面白いと感じて聞き入っても、そんな時に限ってお客さんがいらっしゃる。
 当然、ラジオはオフにするか、音楽などの無難な番組(局)に切り替えることになり、話が途切れてしまうことになる。だったら、初めから聞かないほうがましだ、となるわけだ。
 
 それに車中では他にやることがいろいろある。前のお客さんが煙草を吸われる方だったら、窓を半開にして空気を入れ替え、灰皿の吸殻を持参したビニール袋に移し変え、さらにコンソールボックスに仕舞って、とにかく匂いの元を消し去る。
 あるいは短距離のお客さんをコツコツ拾うタイプの営業をしている小生なので、手元の小銭入れ(容器)に10円玉、50円玉、100円玉と分類して収めてあるのだが、それらがドンドン減っていってしまうので、別の場所に準備してある小銭を取り出し、手元の容器に小銭の種類ごとに分け収める。
 時にはお八つを食べることもある、云々。
 結構、あれこれ忙しいわけである。仮眠まではいかなくとも、目を半開にして、視覚神経を休めることも時には必要だし、待機中に体をリラックスさせておくことも大切な車中での要件だ。

 さて、やっと本題だ。

続きを読む "雑煮…ぜんざいの話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/17

1月17日のこと

 11年前の1月17日という今日、阪神・淡路大震災が発生した。
「震災の直接の原因となった地震を、気象庁は「平成7年(1995年)兵庫県南部地震(The South Hyogo prefecture Earthquake in 1995)」と命名した」のだった。
 ここに改めて当時の震災の詳細を書くことはしない。
「1995年(平成7年)1月17日(火) 午前5時46分52秒、淡路島北部を震源として発生した(大都市)直下型の大地震による災害である」など詳細は「阪神・淡路大震災 - Wikipedia」などを参照願いたい。

 午前5時46分52秒の発生。当時、小生は前年の2月末、一ヶ月の入院から会社に戻った直後に首切りを宣告され、94年3月に13年勤めた会社を退社、次の仕事、つまりは今のタクシー稼業に携わることができたのは95年の9月だった(内定は数ヶ月前に得ていたが、健康問題で保留状態が続いていた)。
 要するに小生は当時、失業保険で食いつないでいたが、それも、既に95年の1月頃には切れる寸前だった。
 日に10枚の執筆作業を続け、週に二度プールへ通って壊れていた体をリハビリし、89年頃から書き溜めていた原稿の一部を纏め退職金を全額使って出版し、本など買える筈もないので、方々の図書館へ運動を兼ねて歩いて通い(一年半で300冊弱を借り出して、ほぼ全ての本を読了した)、とにかく長年のサラリーマン生活で心身に蓄積していた垢を流しストレスを懸命に発散させようとしていた。

 そして地震のあった朝、小生は明け方になって、ようやく寝入ろうとしていた。その矢先、揺れを感じた。あ! 地震だ。結構、揺れたから震度は2か3か。関東の何処の辺りだろうと、テレビのスイッチを入れた。
 すると驚くべき報道が。
 地震は阪神地方というではないか!
 小生は寝るのも忘れテレビに食い入るように見入っていた。
 95年の3月にはオウム(真理教)事件が発生(発覚)する。

続きを読む "1月17日のこと"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/01/16

三井の晩鐘…三橋節子の最後の手紙

「魔の雪」…雪国」にて若干、紹介を試みた立川昭二著の『病いの人間学』(筑摩書房)を過日、読了した。当初は車中での気軽な読み物、ということで待機中に読んでいたが、内容の濃さに薄暗い、しかも慌しい車中で読むには勿体無いと、冒頭の数十頁を覗いては自宅で読んだ。
 この本で扱われている各章、そして各々の作家たちをそれぞれに採り上げたい気もあるが、さすがに難しい。ここでは最後の章「おわりに*病いの創るもの」で扱われている故・三橋節子(みつはしせつこ)さんを彼女の作である「三井の晩鐘」(みいのばん しょう)を焦点に少々、触れておきたい。
 有名な作品だし、「三井の晩鐘」と聞くと、あるいは三橋節子さんという名前を聞けば、ああ、あれかと思い当たる方も多いだろう。

7270041

→ 三橋節子/作『雷の落ちない村』(小学館)……今は入手が難しい、彼女の絵本。幸い、小生は、梅原 猛 著の『湖の伝説―画家・三橋節子の愛と死』(新潮文庫)を読むことが出来た。

 尤も、「三井の晩鐘」というと、まずは、広重(廣重)画の浮世絵「三井の晩鐘」(大津市歴史博物館収蔵)を思い浮かべられる方も少なからずいるかもしれない。
 ということは「三井の晩鐘」は風景として、あるいは名所として江戸の世から既に名高かったということであろう。
 まあ、近江八景の一つであり、「環境庁の「残したい日本の音風景100景」にも選ばれ」ているし、あるいは除夜の鐘ということでこの鐘を撞(つ)いた方もいるかもしれない。
「重厚な鐘の音色が琵琶湖一帯に響き渡る」というし、「琵琶湖を眼下に見下ろす長等山の静かで広大な境内」に立ち、「その音色のすばらしさは古くから知られ、形の平等院、銘の神護寺とともに、音の三井寺として日本三名鐘のひとつに数えられており、長い歴史が育んだ物語や伝説とともに、地域の人々に親しまれている」というのだから、実際に聞いてみたい、撞いてみたいものである。

近江八景のひとつとして有名な「三井の晩鐘」は、天台寺門宗総本山の園城寺(三井寺)の金堂前の鐘楼につるされている」という。が、「この鐘は、慶長七年(1602)に、伝説で知られている「弁慶の引摺鐘」を摸して造られたものである」とか。

続きを読む "三井の晩鐘…三橋節子の最後の手紙"

| | コメント (8) | トラックバック (1)

新作句アップ!

 今年も元気に恥を怖れず句作してますよ。臭くしているんじゃないよ!
 笑っちゃうつもりで覗いてね。できれば、コメントや句を寄せて!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
無精庵方丈記 落句拾遺1-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/15

元朝と大和ドジ二題

 新年早々でもないが、小生の浅はかさが如実に出たドジをしてしまった。
 あるサイトで、「元朝や鼠顔出すものの愛」という句を英訳するのに、なかなかこの句の理解が及ばず苦労しているとあった。太祇の句である。
 小生、「元朝」という語がまるでピンと来ないのでネット検索。
 すると、あるサイトで「元朝祭」とか「元朝参り」という言葉を見つけた。
 なので、小生、早とちりして、「元朝」と句にはあるけれど、「元朝祭」か「元朝参り」の意味なのかもしれないとコメントしてしまった。
 が、さきほど、「元朝」で検索してみると、季語が「元朝」の俳句として以下の7件が検索されましたとある。
 その7件とは、「ひたすらに風が吹くなり大旦  中川宋淵」「ぼろ屑のように眠りて大旦  前田吐実男」「元日や暮れてしまひし家の中  池内たけし」「元旦や暗き空より風が吹く  青木月斗」「元旦や暗き空より風が吹く  青木月斗」「旧景が闇を脱ぎゆく大旦  中村草田男」「歳旦や虚構す文字の冴えやすし  松澤昭」である。
 あれ、「元朝」という語が織り込まれていないじゃない?!
 もしかして、「元朝」って「大旦 元旦 歳旦」などと類義語?!

 改めて、いつもお世話になっている、「季題【季語】紹介 【1月の季題(季語)一例】」を覗いてみると、その冒頭、一行目に「元朝」が掲げられてある。
 ああ、一体、小生は何を見てたんだろう。これまで今月に入ってだけでも(昨年だって)幾度、この表を眺めたことか!

続きを読む "元朝と大和ドジ二題"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年1月8日 - 2006年1月14日 | トップページ | 2006年1月22日 - 2006年1月28日 »