« 2006年5月21日 - 2006年5月27日 | トップページ | 2006年6月4日 - 2006年6月10日 »

2006/06/03

車中では音楽三昧?!

 車中では、布施 英利著の『はじまりはダ・ヴィンチから―50人の美術家を解剖する』(エクスナレッジ)を読んでいる。さすが、解剖学者だったこともあっての知見も散見されるが、小生のような弩素人が読んでも見当違いじゃないの、ちょっと無理があるんじゃないの、という見解も目立つ。
 ま、後日、機会を設けて感想を書く(かも)。
 車中に持ち込んで読み始めたが、寝床で就寝前に愉しみつつ読みたいということで、自宅(寝床やロッキングチェアー)で、そうワイン好きな人がワインを傾けるように、ちびりちびりと読んでいるのが、多田 茂治著の『野十郎の炎』(葦書房)である。これは、発見の連続。なので、必ず感想文と同時に高島野十郎の周辺を再度、探っておきたい。
 とにかく、本書の中で白黒の写真という形で野十郎の作品を見たが、凄い! の連続なのである。

 自宅では、ハーマン・メルヴィルの『ピエール』を折々に、そして今週からは立花隆氏著の『天皇と東大 下』(文芸春秋)に夢中になっている。
 少々、体調が思わしくないのだけれど(仕事中もかなり休憩を取っている)、自宅でもロッキングチェアーやベッドに頼りっきり。
 だから、その分、就寝のための友ということで、本を読む機会(時間)が増えているわけでもある。頭に入るわけじゃないけれど、楽しめればいいんだ。
 立花隆氏著の『天皇と東大 下』は、ひたすら面白い。戦前の世相、特に日本が軍国主義に狂奔していく辺りの叙述が、小生には初見が多く、ちょっとした小説を読むように読めてしまう。
 後日、改めて採り上げるつもりだが、日本の一級の法学者、しかも昭和天皇が傾聴していた法学者・政治学者をどうして押し黙らせていったのか、その張本人たちの狂気を知る。彼らは一級の法学者への嫉妬心がエネルギーになっている面もあるみたい。すこぶる人間的なドラマがあったりするのだ。

 さて、車中では自宅では聞けない音楽に愉しみと喜びを貰っている。昨日は、マリンバ奏者の三村奈々恵さんの話と演奏をラジオ(J-WAVE)で伺い、あるいは聴くことができた。

続きを読む "車中では音楽三昧?!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/06/02

模写と独創

展覧会カタログの愉しみ…」の中で、「Yahoo!ニュース - 産経新聞 - 芸術選奨画家、盗作か 洋画の和田氏 文化庁調査」なる話題を採り上げている。
 これはいまや、「Yahoo!ニュース - 共同通信 - 和田氏の賞取り消しも 絵画酷似問題で文科相」といった段階にまでエスカレート(?)している。
 このニュースは新聞も含めラジオやテレビで報じられているから、今更紹介するまでも無いだろう。

 ちょっと変則的だけれど、ここでは、盗作ということではなく、広く模写ということで小生なりにあれこれメモしておきたい。

 ピカソファンならずとも、ピカソが特に若い頃、徹底して模写(古典の勉強)をして絵画技術の土台を養ったことは知られている。
 絵の教師だった父と喧嘩、王立サン・フェルナンド芸術協会を脱会したころ、「ピカソはプラド美術館にある絵を何枚も模写しています。特にエル・グレコに傾倒していたようです。しかしプラドでピカソが一番影響を受けたのはベラスケスのラス・メニーナスです。色々な技法と構図を使って何枚も何枚もこの絵を元に描いています」という。
 あるいは、その後、バルセロナに戻り、「当時パリで活躍していたルノワール、ロートレック、ゴッホやセザンヌにピカソは大きく影響されます。全ての画家のタッチを模写していますが特にセザンヌへの思い入れが強かったようです」という。
 その前に、ピカソは「俺は子供の頃、まるでラファエロのように絵を書いたもんだ」と嘯(うそぶ)いていたとか。
(これらの転記は、「えすぱにょれあんど SPAIN-JAPAN」の中の「PICASSO 1」より。)
初聖体拝領 La Primera Comunion 1896年(14歳)」なる画像をどうぞ。

 いつだったか、菱田春草や横山大観ら日本の有名画家の幼少年時代の作品を集めた展覧会が催されたことがあった。有名な画家・彫刻家らによる、「春季特別展「子供の情景」」という性格のものではない。
 あくまで、高名な画家の、それも若い頃ではなく幼年から少年期の頃に描いた作品を集めた展覧会だった。残念ながら展覧会へは行けなかったが、後日、その図録を見る機会があった。
 ひたすら溜め息だった。断り書きがなかったら、それなりの年代の画家の絵だと言われても違和感は覚えなかったはずだ。その見事さといったら。
 ピカソもそうだったのだろう。

続きを読む "模写と独創"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/06/01

2005年06月の索引

 恒例となった月初めに提供する昨年同月の索引・目次である。
 つまり、昨年の六月の分。念を押すが今年の六月の目次ではない。今月、これから何を書いていくか、神様はともかく小生には皆目、見当も付かない。
 例によって、「表題」(主なテーマ 日付)である。

 過日、図書館へ行ったら、立花隆氏著の『天皇と東大』(文芸春秋)を発見。開架の書架で見つかるとは思っていなかったので、思わず慌てて手を伸ばしてしまった。まるで急がないと他の誰かに借りられてしまうかのように。
 尤も、あったのは下巻だけだったが、でも、現物をすぐに手にできるのだからと、他に何冊も借り出して読んでいる最中なのに、小脇に抱えてしまった。

Tetota


「東京は坂の町でもある」(ゼームス坂のこと、光太郎と智恵子 2005/06/01
「エンコントロ(3)…サンバ写真」(2005/06/02
「遺伝子という蛍?」(ジェームス D.ワトソン/アンドリュー・ベリー 著『DNA』 2005/06/03
「センス・オブ・ワンダー…驚き」(レイチェル・L. カーソン著『センス・オブ・ワンダー』 2005/06/04
「黴の宿」(美は乱調にあり 2005/06/05
「KAZEMACHI CAFE…歌謡曲」(松本隆対談集 2005/06/06
「天の川…光害」(光害(ひかりがい)のこと 2005/06/07
「日記拾遺…いちこつ」(駅での列車の発車の際に「いちこつ」の音が流される 2005/06/08
「螢籠」(野口 雨情「螢のゐない螢籠」 2005/06/09
「蛍の光…惑う光」(西山松之助の小説「くるわ」 2005/06/10
「エンコントロ(4)」(サンバでのダンスに感じること 2005/06/10

続きを読む "2005年06月の索引"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/31

訃報二題

 米原万里さん(56歳=エッセイスト)が亡くなられたね。一度だけ、小生のタクシーに乗ってもらったことがある。多分、自宅へ。
 そのころはテレビでのコメンテーターは辞めていたけど、サイン、貰っておけばよかった。
「駄洒落と下ネタが得意」ってことだったから、車中で駄洒落合戦でもすればよかったなー。
 合掌!

 今村昌平監督が亡くなられた。映画はあまり観ない小生も監督の映画は幾つか観た。「復讐するは我にあり」は、上京した年か、翌年に見たので今も印象的。
 緒形拳さんに痺れたね。小川真由美さんや倍賞美津子さんの肉体(と演技)にも圧倒された(倍賞美津子さん……というと、映画を観つつ、そのころ、バイト先でお世話になった女性とイメージをダブらせていたっけ)。
黒い雨」「うなぎ」「楢山節考」」「にっぽん昆虫記」「神々の深き欲望」……。タイトルを並べるだけでも壮観だ。
 合掌!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

展覧会カタログの愉しみ…

 今橋 映子編著の『展覧会カタログの愉しみ』(東京大学出版会)を読了した。
詩人の眼 大岡信コレクション展」を見に行った際、つい本や雑誌は当分買わないという禁を犯して(?)カタログを買ってしまった。帰り際、売店に並ぶカタログ類を見てしまっては、入手したいという誘惑には勝てなかったのである。
 そのわだかまりがあったのだろうか、図書館でカタログについての本が目に付いてしまった。それが本書である。

Imahasizuroku

 が、「読書拾遺…樹の花にて」でも書いているが、カタログは本(や雑誌)の扱いをされていない、本来は、「一般書店で購入することも図書館で閲覧することもできない」類いの冊子なのだということを遅まきながら知ったのだった。

Anan1513

 余談続きだが、「恒例! 年に一度のSEX特集! 女の子のためのエッチDVD付き。倖田來未も登場!」というキャッチコピーに負け、初めて「anan 1513号」を衝動買いしてしまった。カタログを買ったことで、財布の紐が緩んだのか、もともと箍が緩んでいるだけなのか…(このananの感想も時間があったら、掻いてみたい…、じゃない、書いてみたい。さて、ここで問題です。小生は上記のコピーのどの言葉に誘惑されたのでしょう?!)。

 本書(本冊子『展覧会カタログの愉しみ』)を読んでの収穫はいろいろあったが、その前に、今、話題になっている盗作騒ぎに触れざるを得ない。

続きを読む "展覧会カタログの愉しみ…"

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2006/05/30

わが名はヴィドック…液状化する社会

 ジェイムズ・モートン著の『わが名はヴィドック』(栗山 節子訳、東洋書林)を読了。借り出した直後に若干、言及しているが、ここで簡単な感想と余談を。

 まずは、扱われているフランソワ・ヴィドックについて説明すべきだろう。
 といっても、ネットの世界ではひたすら便利なサイトでの情報源「フランソワ・ヴィドック - Wikipedia」で大凡のことは尽きている。
「脱獄と逮捕を繰り返し多数の重罪犯人と知り合い、暗黒社会の裏表の情報・犯罪の手口を詳細に知り、脱獄と変装のプロとなる。出獄するとパリ警察の手先として、徒刑場で得た情報を売る密偵となる」が眼目だろうか。
 あるいは、「密告とスパイを常套手段とし、犯罪とすれすれの摘発方法を用いて成功したが、一方入手した犯罪者と犯罪手口を分類して膨大なカードを作り、各地の警察に配備するという科学的捜査方法を確立した。後に捜査局を辞して、世界最初の私立探偵事務所を開設したが、その利用者は3000人と記録されている」というのも、時代が違うと言えばそれまでだが、いかにも警察(機構)の草創期ならではの逸話なのだろう。

「著書に『ヴィドック回想録 Mémoires de Vidocq』(1827年)があ」るとか。
 小生は未読だが、「脱獄王、密偵、私立探偵の元祖。ジャン・ヴァルジャンのモデルとも言われる男の描く、欲と狡智が渦巻くフランス大革命下の庶民・風俗・犯罪を記録した、まさに悪の百科全書。初の完訳!」となると、フランスでは知らぬものはいないという英雄(?)である以上、一読はしておいてもいいだろう。

 とにかく、フランソワ・ヴィドック (Eugène François Vidocq)の生涯が「1775年7月23日」から「 1857年5月11日」だという点に留意しておいていいのではとも思う。

続きを読む "わが名はヴィドック…液状化する社会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/29

読書拾遺:装幀家・菊地信義氏

 土曜日の朝、仕事が終わった後から明け集(会)があって、一気に体調が狂ってしまった。
 拘束時間が前後の準備や片付け・報告の時間を合わせると21時間、通勤時間や出かける朝の準備、帰宅してから寝入るまでの時間を全て合わせると、23時間ほどになる。
 つまり、ほぼ丸一日ということだ。
 だから、仕事が終わったなら、とにかくまっすぐに帰宅し、牛乳を飲む程度ですきっ腹状態のお腹を誤魔化し、記事へのコメントがないかどうかを見て、あとはすぐに就寝。
 就寝といっても、すぐに寝入ることができるわけじゃないけど、目を閉じて体を休める。仕事が明けた当日は、翌朝まで休みといえば休みなのだが、体力の無さもあり、磨り減った神経、昂ぶった神経を鎮めること、体に頑固に染み付いた疲れを抜くことを在宅の間の<仕事>にしている。
 同僚の中には、明けの日には麻雀したり、パチンコに行ったり、競馬、ゴルフ、ボーリング、野球その他に興じる人も居るようだが、小生には信じられない(尤も、煙草や酒を含め、小生同様、仕事で苛立ったりしている気持ちをそうした遊びで慰撫しているのだと思う)。
 小生は、自宅にいる間はひたすら寝る。ベッドで寝て、飽きるとロッキングチェアーに鞍替えして、本を片手に居眠りする。
 在宅の間に、ほんのちょっと体力・気力が戻ったかなという時に(といっても、大概は誤解に過ぎず、気力の充実なんて、淡い期待・幻想に過ぎないと思い知らされるのだが)、パソコンに向かい、一気に記事を書き上げる。
 こんなだから、何かのテーマなり題材があって机に向かうことは、まず、ない。
 空白の画面、記事を作成する白い頁に向かってから、さて、どうしたもんか、である。
 何も出てこん。
 そりょそうだ。毎日、書くがモットーで、それはパソコン事情(ネット事情)が不具合で無い限りは厳守してきたわけで、とっくにネタなど尽きている(もともと、ネタがあったかどうかも怪しい)。
 そこからどうやって記事のネタを探すか、ひねり出すかは、稿を改めていつか書くことにする(多分)。

続きを読む "読書拾遺:装幀家・菊地信義氏"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/28

サポー…サッフォー…シャボン…チャポン

 中沢 弘基著の『生命の起源 地球が書いたシナリオ』(新日本出版社)を過日、読了した(その感想文は既に書いている)。
 ところで、この本を読んでいたら、話の本筋に直接は関係ないのだが、「サポー(sapo)が、ソープ(soap)の語源になった」(「石けんの起源 ビバ ☆ eco生活 ☆」から転記)といった記述があって、何故か興味が湧いた。
 小生は、今もって、花王の牛乳石鹸を愛用している!
 我が餅肌は(体型が餅だから、色白だから、その肌は餅肌と呼称されるのだが)花王の牛乳石鹸をガキの頃から一貫して愛用した賜物なのである。
 但し、肌のことを考えて、体を洗うのには石鹸は使わない。髪を洗うのにもシャンプーは使わない。専ら、お湯でのシャワーに頼っている。石鹸を使うのは必要最小限(要所)にと心がけている。
 なんたって、皮膚の不要な部分だけじゃなく、新鮮な(なけなしの)皮膚も傷める可能性があるし、ばい菌だけならともかく、常在菌までやっつけてしまう恐れがあるからだ。

Sionbouquet

→ お馴染み、紫苑さんに戴いた花束の画像です。いつも明るく活動的で前向きの紫苑さんです。過日も、「2006年5月25日木曜会・ユネスコ懇親会」にて「環境問題について1時間半」お話されたとか。

元祖発見!」なるサイトの「68.石けんの元祖は臭かった?! 植物由来の原料に変えることでニオイを克服~「石けん」 」が詳しい説明を与えてくれる。
「今回は4(よい)月26(ふろ)日「よい風呂の日」にちなみ、入浴の友「石けん」について、その歴史を尋ねてみましょう。」とのことだが、小生も、もう一月早く本書『生命の起源 地球が書いたシナリオ』を読んでいたら、この話題に飛びついていたはずだが、でも、上掲のサイトをネット検索で発見したら、付け足すことなど何も無い、ということになっていただろうから、遅きに失していてもメモだけしておく。

続きを読む "サポー…サッフォー…シャボン…チャポン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「自己紹介バトン」だって

自己紹介バトン」ってのが、一部で行われているみたい。
 基本的にはバトンのリレーだけど、次に渡す相手の名前(候補)を文面に書いておくだけで、相手のサイトへ書き込むわけじゃないので、覗きに来た人が受け取るかどうかを決めるシステムになっているみたい。
 でも、バトンのリレーには違いない。
 それと渡す相手の人数は5人だって!
 常連というか、それなりに覗きに来てくれる人が5人も浮ばない。
 お気に入りには何人もリストに載せているけれど、これは、小生が気に入って覗きに行っているサイトであって、先方がたまにでも来てくれるというサイトではない。
 一言で言うと、一連の小生の片思いの相手のリストといったところ。あまりに多くなるので、最近はリストに新規の方を載せるのも止めている。
 アクセス解析の機能がこのブログには付いている。詳しくは分からないが、小生のサイトもお気に入りに入れてくれているサイトも結構あるようだが、日に400から550ほどあるアクセス数の大半は、ネット検索の網に小生の記事(の中の言葉)が掛かってのことで、では、実際に記事を覗いてくれているかどうかは、分からない(来週、前半には「無精庵徒然草」は累計アクセス数が15万となるはず)。

 そんなこんなで、Pfaelzerweinさんのところで見かけた「自己紹介バトン」は、小生のルートに関しては途絶えることになる。

 ちなみに、バトンの内容を書いておくと、以下のとおり:

回す人を最初に書いておく(5人)。
お名前は?
おいくつですか?
ご職業は?
ご趣味は?
好きな異性のタイプは?
特技は?
資格、何か持っていますか?
悩みが何かありますか?
お好きな食べ物とお嫌いな食べ物は?
貴方が愛する人へ一言。
回す人5人を指名するとともに、その人の他者紹介を簡単にお願いします。

続きを読む "「自己紹介バトン」だって"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「落句拾遺 5-1」アップ!

 昨日の朝だったか、会社の用事があって帰宅がいつもより遅くなり、昼前となった。
 その帰り道、雨の中をバイクで走らせながら、何故か不意に「目玉焼きが食べたい!」と思ってしまった。
 小生、料理はできないが目玉焼きは何故か得意。
 で、夕方になって図書館などの帰り、スーパーへ。
 そこで、はたと気づいた。
 どうして、目玉焼きのことが思い浮かんだのか。
「紫と言えば醤油!」のコメント欄に書いたが、この日のブログに、醤油の話題を採り上げながらも、「皮肉にも醤油もポン酢も昨日で切らしてしまって、今日、夕方の買い物で買い揃えるはずが、店内の綺麗な女性に見惚れて、すっかり忘れてしまって、帰宅して、しまった!」だった。
 そして、今日こそは醤油を、ポン酢を買わないとって、思い続けていたようだ。
 で、どうやら…、醤油 → 目玉焼き というあまりに素直で短絡的な連想が働いたようなのである。
 分かりやすい人間だ!
 
 さて、本題である。

落句拾遺 5-1」アップしました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月21日 - 2006年5月27日 | トップページ | 2006年6月4日 - 2006年6月10日 »