« 2006年5月7日 - 2006年5月13日 | トップページ | 2006年5月21日 - 2006年5月27日 »

2006/05/20

葉桜の季節も過ぎ去って

 午前中は昨日の仕事(といっても終わって帰宅したのは朝の七時過ぎ)の疲れが残っていて、グロッキー状態で、午後、トーストと牛乳の朝食をとったら、少し体が戻ってきたような。
 机に向かうちょっと前までは晴れていて、野暮用があって外を出歩いたら汗ばむほどの陽気だった。久しぶりに上はポロシャツ一枚での外出。

 が、帰宅して一時間も経ったろうか、窓の外がざわめくような。
 まさか、雨?
 まさか、だった。雨だ。それもシトシトじゃなく、ザーという本格的なもの。
 慌てて洗濯物を取り込む。
 そういえば、晴れてはいたけど、風が強く、天気が変わりやすいのかなとは思っていたけれど。
 晴れと雨と五月の空。

 ホームページの掲示板に北海道はライラックの季節を迎えているという書き込みがあった。
 せっかくなので、ライラックをキーワードに季語随筆を綴ろうかと思ったが、あれ? これは前に扱ったことがあるぞ…。
 そうだった! 昨年の四月、「ライラック…リラ冷え」にて渡辺淳一氏が書いた『リラ冷えの街』という小説を糸口に、さらっとだが綴っている。
 渡辺淳一氏というと、小生が思い出すのは、彼の原作を映画化した同名のタイトルの『阿寒に果つ』(1975 東宝)である。
 ロマンポルノやピンク映画以外は、誘われでもしない限り、一人では映画館へ足を運ばない小生が、学生の頃、主演の女優さんを見たい一心で、ちょっとドキドキしながら映画館の入り口をくぐったものだった。
 小生のお目当ては主演の五十嵐じゅんさん。後に五十嵐淳子さんと改名され、或る日、俳優で歌手の中村雅俊さんと結婚されてしまった。

続きを読む "葉桜の季節も過ぎ去って"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/05/19

紫陽花の花言葉は…移り気

 このところ東京(に限らないけれど)は曇天続きで雨の日が多い。梅雨に入ってしまってるんじゃないかという話題がラジオから聞こえてくるし、車中でも交わされる。
 今も外はシトシト雨。
 そこで、梅雨と言えば紫陽花と、単純に連想する小生のこと、一ヶ月ほどの間、眼福の時を恵んでくれたツツジの季節も終わりつつあることだし、次は紫陽花に期待するしかない。
 紫陽花をテーマに季語随筆日記を綴ろうかと思ったりもする…けれど、せっかちな小生のこと、既に昨年の五月、連日、「紫陽花」を巡っての雑文を綴っている:
「シーパラダイスで紫陽花」(2005/05/29
「季語随筆拾遺…紫陽花と雛罌粟」(2005/05/30

 さて、上掲の「シーパラダイスで紫陽花」は、その日、サンバのイベント「エンコントロ・ジ・アルモニアEncontro de Harmonia 》 」が場所は横浜・八景島シーパラダイス内、野外広場で催され、小生はスタッフ兼ギャラリーとして参加(というより実質)見物してきたのだった。
 すると、その会場の八景島シーパラダイス内のあちこちで紫陽花の咲く光景に恵まれたので、早速、あれこれ雑文を綴ったのである。
 ちなみに、昨年のサンバのイベント「エンコントロ・ジ・アルモニア《 Encontro de Harmonia 》 」については、以下のような簡単なレポートをメモっていた:
エンコントロ・ジ・アルモニア(1)
エンコントロ・ジ・アルモニア(2)
エンコントロ(3)…サンバ写真

 その「エンコントロ・ジ・アルモニア」は今年も同じ場所にて開催される。ホームページのスケジュール頁を覗いても、もう一週間余り先に迫っているというのに、詳細が書いてないのが残念だ。
 小生が知っているのは、開催日は5/28(日)だということだけ。実際に始まるのは午後(昨年も午後だった)だろうということ。
 リベルダージ(G.R.E.S. LIBERDADE)のホームページ公式スケジュールの頁)に詳細が載ったら、改めてお知らせするつもり。

 季語随筆を書き始めた一昨年の秋口以前にも、例えば、「梅雨のあれこれ(紫陽花編)」を綴っていた。
 ちょっと異例な(?)雑文だと、「紫陽花ばなし?」がある。ほとんど、沈丁花の話題なのだが、しかし微妙に紫陽花の話でもあるのだ。

続きを読む "紫陽花の花言葉は…移り気"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/18

もうすぐ「没後30年 高島野十郎展」

 本ブログサイトの記事「土屋輝雄・久世光彦・高島野十郎…」の中で高島野十郎のことに触れている。
 が、この時は、作家の久世光彦氏の著書『怖い絵』(文藝春秋社、文春文庫所収)を読んでいる最中で、生涯、蝋燭の焔…というより、燃えて次第に溶け行く蝋燭とその焔を描き続けた高島野十郎を紹介しつつ久世氏の富山での個人的な思い出を語っている、その久世氏や彼の著書の感想に比重を架けていた。
 実際、この記事を書いて間もなく、やはり『怖い絵』の中で扱われていたベックリンの「死の島」に遠い昔、ベックリンの絵に魅せられたことを思い起こしつつ、「ベックリンの「死の島」と髑髏」なる記事をも派生させていた。
 高島野十郎については、上掲の記事で大凡のことは触れているが、どちらかというと、どういったサイトへ行けば(飛べば)情報が得られるかに終始している。
 その後、実物を観たわけではないのに、多くはパソコン上のいろんなサイトで、あるいは借り出した本の表紙という形で雰囲気を愉しむ、それとも想像し思い入れているに過ぎないのに、高島野十郎の特に「蝋燭」(油絵)の絵がずっと脳裏の片隅に居座り続けている。

没後30年 高島野十郎展」の会期が近づいてきたからであろうか、我が記事「土屋輝雄・久世光彦・高島野十郎…」へのアクセスもこのところ増えている。
(最近、アクセスが多いのは、「青葉繁れる…目に青葉」である。一年前の記事だが、五月らしいからなのか…。)

Siongakuajisai

→ おなじみ紫苑さんに戴いた額紫陽花の画像です。相変わらず多彩な活躍をされているようです。小生とは好対照?!

 朝日新聞(5月17日付け)に関連の記事が載ったこともあるし、せっかくなので、ここでもう少し、若干の、例によって雑多な情報を追加しておきたい(あるいは一部、ダブりがあるかもしれないがご容赦を)。
 医学(癌)に関する専門家によるきちんとした情報が欲しい時、とりあえずは覗かせてもらうサイトに「外科医・山内昌一郎のホームページ」なるサイトがある。
 我がブログをたまにでも瞥見される方は、あるいは、ああ、また登場願うのかと思われるかもしれない。
 このサイトの中に、「野十郎の炎」(高島野十郎)という頁がある(「土屋輝雄・久世光彦・高島野十郎…」の中で既に紹介は済ませてある)。

続きを読む "もうすぐ「没後30年 高島野十郎展」"

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006/05/17

胡蝶の蝶はアゲハチョウ?!

深山霧島…坊がつる賛歌」の中で、都心の路側帯や街路を彩るツツジは厳しい環境の中で健気に咲いていて素晴らしい…云々という話をし、ところで、都心の植物を眺めていて気づくある特徴のことに話が及んでいる。
 つまり…、
 住宅地は、場所によっては違うかもしれないが、その特色とは、花というと付き物のはずの蝶や蜂などの昆虫類の姿を見ることが極めて稀だということ。
 都心の植物にだって花もあれば蜜もあるだろうに、蝶が舞うとか、蜂がブンブン飛んでいるとか、天道虫がサンバを踊っている、なんて姿は一向に観られないのである。
 花粉は風任せなのだろうか。受粉はどうやっているのだろう。

2006_05150605150024_2

→ 15日、たまたま通りかかった歌舞伎座。タクシー稼業を始めて一年にもならない新人の頃、タクシーから降りてくる杉村春子氏を見かけたっけ。それから一年あまりほどして女史は惜しくも亡くなられたのだった。歌舞伎座の前を通ると、何故か、あの日、タクシーを降りる女史の姿が思い出されてしまう。

 この頁では、「そんなことを、「ミヤマキリシマ(深山霧島)大群落/霧島」なる頁の一番冒頭の写真に写っているアゲハチョウ(アオスジアゲハ?)の雄姿を見ながら、なんとなく思った」としているが、実のところ、都心を車で流していて、しばしば思うことでもあった。
 今、受粉のメカニズム云々の話題にここで入ろうとは思わない。
 たまたまお気に入りのサイトで「濡縁に揚羽蝶来ぬ忍び足」なる句を見つけた。
 無論、季語は「揚羽蝶」で、夏(三夏)の季語である。
 何かの縁と、せっかくなので遠い昔、昆虫採集に打ち興じた懐かしい思い出もないわけではないし、ツツジの話から蝶々の話へと美しく舞うように話が展開することでもあるし、少し、調べてみたいと思った。

 それに…、そう、東京の都心では、めったに蝶々の雄姿には出会えないし。

続きを読む "胡蝶の蝶はアゲハチョウ?!"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/05/16

W杯メンバー発表!

 昨日は仕事だったが、W杯メンバー発表の時間である2時前には都内某所で休憩に入った。仮眠を取る時間でもあるが、この日に限っては、ジーコ監督が発表するW杯メンバーの顔ぶれを逸早く知りたくて、1時半過ぎには車を回送にして発表を待ち受けていた。
 川渕氏の話の後、いよいよジーコ監督がメモを読み上げる。
 別に小生がここにメンバーの名前を紹介する必要がないのだが、個人的な関心事でもあるので、「@niftyジーコ公式サイトジーコジャパン レポート」よりメモしておく:


選手名   生年月日 身長 体重  所属
GK
土肥 洋一 1973.7.25 184cm 84kg FC東京
川口 能活 1975.8.15 179cm 78kg 磐田
楢崎 正剛 1976.4.15 185cm 76kg 名古屋

DF
田中  誠 1975.8.8 178cm 74kg 磐田
宮本 恒靖 1977.2.7 176cm 72kg G大阪
三都主アレサンドロ 1977.7.20 178cm 69kg 浦和
中沢 佑二 1978.2.25 187cm 78kg 横浜M
中田 浩二 1979.7.9 182cm 74kg バーゼル
坪井 慶介 1979.9.16 179cm 67kg 浦和
加地  亮 1980.1.13 177cm 73kg G大阪
駒野 友一 1981.7.25 171cm 73kg 広島

続きを読む "W杯メンバー発表!"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/05/15

田中恭吉の版画に再会する

 絵は描くのは苦手だが、観るのは好きで、美術関係の本も買うし展覧会や画廊へもしばしば足を運んだ。大概は名前は知っているが実物を観るのは初めてで、実物に対面する喜びを感じる。
 で、その余韻を少しでもというわけでもないが、美術展があれば画集(図録)を売っている限りは入手に努めてきた。
 というより、画集は本屋さんで求めるのではなく、あくまで展覧会へ行った記念に図録を手元に置くというポリシー(?)だったのである。
 結構、その点に付いては依怙地なところがあって、画集というと、美術全集とかあるいは画集の形で出版社から刊行された本ではなく、図録に拘るというのは基本的に続けてきたように自負(?)している。

060516tingentuki

→ 青梗菜さんからいただいた月の画像です。題して「月に吼える」だとか。小生には月を呼ぶように願っているというメッセージを送ってくれました。
 そういえば、この頃、なかなか月影に恵まれない。曇りがちの日が多い。夜、月影があの辺りにあるなと分かっていても、分厚い雲が視界を遮る。

月影を面影に見て募る恋

 そうはいっても、数年前に経済的に不如意になってからは展覧会へも足が遠退いていった。交通費や入場料もさることながら、小生は美術展に行ったなら必ず図録を手にして帰るというパターンへの固執の念を自分で払拭することができなかったのである。
 そうして展覧会の類いから縁遠くなって、それでも、絵を観たいという気持ちは抑え難いものがあり、ついつい画集を入手してしまうようになった時期も僅かだが、ないではない。

続きを読む "田中恭吉の版画に再会する"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/14

深山霧島…坊がつる賛歌

 図書館が来週一杯、連休に入るということで、冷たい雨の降る中、徒歩でビニール傘など差して夕刻、向かった。五月も半ば近いからと、ジャケットは羽織ったものの薄着だったもので、寒いこと!
 欲したのは、自宅で読む本は既に四冊、借りているので、車中で読めるような薄手の本。
 が、こんな時に限って単行本で掘り出し物に遭遇する。
 新刊本のコーナーでいきなり二冊。
 一冊は、ジェイムズ・モートン著の『わが名はヴィドック』(栗山 節子訳、東洋書林)である。ヴィドックというと、知っている人は知っているのだろうが、小生はほとんど初耳だった。サブタイトルが、「犯罪者、警察密偵にして世界初の私立探偵の生涯とフランス革命時代」で、レビューには、「ポーが一目置き、バルザックがモデルにした男、ヴィドック。一犯罪者に過ぎなかった彼は、その狡智によってフランス警察の要職にまで上りつめ、ついには世界初の私立探偵となった。知られざる怪人の波瀾万丈の物語。」とある。
 そう、ヴィドックであって、今、流行のデトックス(Detoxification detox)の本ではない!
[ 正確には、デドックスなのか、デトックスなのか。ネットでは両方ともに使われている。ネット情報の危ないところだ。英語が「detox(解毒・解毒する)」ならば、デトックスなんだろうが。それにしても、こんな健康法(ダイエット)が流行るなんて、不思議な現象だ。痩身商法が限界に来たから新手の商法だ、というわけか。
 小生、当初はラジオから情報を随分前から漏れ聞いていたので、デトックスなのかデドックスなのか、ゲドックスなのか、聞いていて分からなかった。最近は、新聞での広告も含め文字情報に接する機会が増えて、恐らくはゲトックスなのだろうと判明した次第。
 ただ、その中身は不明のままだ。  (06/05/21 追記)]

 この頃、理屈っぽい本を読み続けているので、ちょっと痛快(?)な本をということで、バルザックも好きな作家だし、波瀾万丈の物語を久々に堪能してみたかったのだ。

 もう一冊は、中沢 弘基著の『生命の起源 地球が書いたシナリオ』(新日本出版社)で、「生命は地下で発生し海に出た-。流動する地球の歴史をふまえた探求が、「太古の海は生命の母」との常識を覆す。原始地球における分子の自然選択による斬新な生命起源論。 」といった本。
 生命の誕生説については、様々な説が出ているが、「生命は地下で発生し海に出た」といった説は小生には初耳。
 困ったことに二冊とも単行本で車中で読むには嵩張って困る。
 でも、読みたいという欲求には勝てないので、一応、新書や文庫本を物色はしてみたけれど、とりあえずはこれに勝るものが見当たらず、雨中、二冊の本をビニール袋に詰め、ビニール傘を差しつつ、帰宅の途に付いたのだった。

続きを読む "深山霧島…坊がつる賛歌"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2006年5月7日 - 2006年5月13日 | トップページ | 2006年5月21日 - 2006年5月27日 »