« 2006年4月16日 - 2006年4月22日 | トップページ | 2006年4月30日 - 2006年5月6日 »

2006/04/29

久々の読書拾遺

 ハーマン・メルヴィル著の『白鯨―モービィ・ディック』(千石 英世訳、講談社文芸文庫)を29日、読了した。感動の一言だ。小生ごときが感想文を今更綴っても詮無いので、読了の報告だけしておく。
 ただ、アメリカの魂が表現されている、とだけ書いておく。
 やや古くはスタインベック著の『怒りの葡萄』 (大久保 康雄訳、新潮文庫など)や、ポピュラーな小説ということではマーガレット・ミッチェル著の『風と共に去りぬ』 (大久保 康雄,/竹内 道之助訳、新潮社。続編に『スカーレット』(森 瑶子訳、新潮文庫)がある。これも読んじゃったよ!)、あるいはマイケル・ギルモア著の『心臓を貫かれて 上・下』(村上 春樹訳、文春文庫)などに感じる殺伐とした茫漠たる魂を、『白鯨』で一層、凄みを増して感じてしまった。

2006_04290604300024

→ 4月30日、都内芝公園脇から春霞の東京タワー。春麗な日曜日だった。仕事も。

 海洋文学において名作という理解もあるが、とてもその枠には収まりきらないものがある。
白鯨 - Wikipedia」を読まれると面白いかも。
 特に、「この作品は象徴性に富み、モビー・ディックは悪の象徴、エイハブ船長は多種多様な人種を統率した人間の善の象徴、作品の背後にある広大な海を人生に例えるのが一般的な解釈であるが、サマセット・モームは逆に、全身が純白で大自然の中に生きるモビーディックこそが善であり、憎しみに駆られるエイハブが悪の象徴であると解釈している(『世界の十大小説』岩波新書)←これがまた面白い!」とある点が興味深い。
 一体、モービィ・ディック(小説の中ではしばしばリヴァイアサンとルビが振られたりする)は、そしてエイハブ船長は何を象徴しているのだろうか。

続きを読む "久々の読書拾遺"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛国心だってさ

 政治向きのことはよく分からないし、まして教育問題など小生に語る知識も経験もない。
 一応は大学を卒業したが、間違っても教師にはなるまいと思っていた。人に教える立場など、自分にはありえないと思っていたし。
 自分については、勉強するのも嫌いだが、人に教えるのはもっと苦手で面倒くさいと思ってしまう人間なのだと理解している。
 とは重々分かっていても、最低限のことはメモしておきたい。

2006_04290604300018

→ 4月17日、都内某所にある公園にて。ボンボンのような八重桜だった。今はもう見る影もない。それにしても、桜が武の象徴の意味合いが篭められた花だという認識が世間では薄い…。

 教育の荒廃、人心の荒廃が言われる。本当だろうか。
 一部では日教組が悪の元凶のように言われたりもする。
 とんでもないことだ。少年犯罪が増加したと言われる。本当だろうか。
 実際には少年犯罪の増加はそれほどではなく(戦後の一時期は別としても)、マスコミの採り上げ方が事々しいのではないか(他にワイドショーのネタがないのか、芸がないのか、それとも、裏に教育が荒廃していることを印象付けたい、教育基本法改正を意図する保守やタカ派の意向が働いているのか)。
 責任転嫁も甚だしい。
 仮に教育の荒廃という実情があるというのなら、国旗・国歌の起立斉唱を強制する頑迷固陋な一部の保守反動の類いにある、そういった連中がテレビなどのワイドショーに恥ずかしげもなく登場する、そんな寒々しい惨状のほうが余程、蓮っ葉で軽薄な言動が良しとされる風潮の元凶であり結果なのではないかと思えたりするが、ま、堂々巡りになるからここらで犯人探しは止めておこう。
(既に早々と、この拙稿に「朝日新聞に「愛国心」を語る資格はない (新聞記事・ニュース批評@ブログ)」といったトラックバックがありがたくも付いている。異見も歓迎なので、参考に削除しないで残しておく。)

続きを読む "愛国心だってさ"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/04/28

『白鯨』余聞・余談

 また、大麻事件が発生した。「大麻所持で有名シェフ逮捕」(警視庁組織犯罪対策五課は26日までに、大麻取締法違反(所持)の現行犯で、東京都港区南青山のレストラン経営会社「リストランテ・ヒロ」社長で総料理長山田宏巳容疑者(53)=東京都文京区=を逮捕した)というもの。
 この事件に関連し、今日は「大麻」乃至は「麻」をテーマに季語随筆を綴ろうと思ったが、「麻」は夏の季語ということなので、後日、夏になって思い出したら扱いたい。
大麻 - Wikipedia」は読んでいるだけで面白い(特に「人体への作用」や「合法・非犯罪化国」の項など)。煙草やお酒は許されていて、大麻が許されないのは変。無論、法律で決まっているから法を破ってはいけないが、この法律の矛盾はそれなりに追及する余地が十分にありえる。
 小生には「中島らもと大麻と煙草と/カナダでのマリファナ事情あれこれ」といった拙文がある。

Rengelilac

→ 蓮華草さんに戴いたライラックの画像です。「心の万華鏡 君の名は・・・・・」を覗くと他にも素敵なライラックの画像に逢えます。そういえば、小生、昨年の四月には「ライラック…リラ冷え」なるエッセイを綴ったっけ。

 閑話休題:規制の緩和は及第か

 ハーマン・メルヴィル著の『白鯨―モービィ・ディック』(千石 英世訳、講談社文芸文庫)を読んでいると、しばしばジャパンという名称に出会う。言うまでもなく日本である、と言いたいが、さにあらずジャパンと呼称される太平洋の中のある海域を指す。日本という国が含意されていることは否めないとしても、捕鯨が盛んとなっても、太平洋までその捕鯨船の足を伸ばすのにはそれなりの苦労と時間を要したのだし、まずはジャパンという海域が関心の対象だったのは当然と言えば当然なのかもしれない。
「一七八八年、アメリカ号なる堂々たる船が、意気盛んなるこのエンダビー家の単独出資により、捕鯨という単独目標を掲げて、大胆にもホーン岬を通過し、諸国の捕鯨船に先駆け、かの壮麗なる南太平洋にはじめて捕鯨ボートを降ろした。」(「白鯨」下p.371)
 無事、成果を得て母港へと帰還し、「太平洋の抹香鯨漁場はその大舞台の幕を切って落としたのである。」

続きを読む "『白鯨』余聞・余談"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/27

悪魔に仕える牧師

 リチャード・ドーキンス著『悪魔に仕える牧師』(垂水 雄二訳、早川書房)を過日、読了した。
 題名がおどろおどろしいようで、何処かトンでも本っぽく、ちょっと手が出しづらかった。原題は、「A Devil's Chaplain」で、直訳すると、「悪魔の礼拝堂牧師(教戒師)」だから、最近の本の題名のようにとにかく人目を惹かんがために出版社側が際もの的に付したわけではなさそう。
 レビューによると、「タイトルの「悪魔に仕える牧師」は、ダーウィンが知人宛に書いた書簡の中でつ かわれた言葉で、進化論という無神論的な、自然のいとなみに「神」は関係ないと いう立場を押しだそうとした自分が、信心深い社会には「悪魔に仕える牧師」のよ うに映るだろう、という思いから記された言葉のよう」とのことで、まあ、「利己的な遺伝子」「ミーム」の唱導者にして、練達の科学啓蒙家でもあるドーキ ンス待望の新作エッセイ集」なのだから、訳の分からない本のわけがないのである。

2006_04270604260029

→ 26日の夜半過ぎ、丑三つ時も過ぎた頃、都内某所の公園脇にて休憩。これって花水木だろうか。花びらや葉っぱ越しにチラッと見えるのは我が愛車。

 本書において、リチャード・ドーキンスは反宗教の立場を一層、鮮明にしている。場合によってはそこまで反宗教的である必要はないのではと思えたりもする。
 が、たとえば、世界の先進国であり民主主義国の牙城でもあるはずのアメリカにおいては、20世紀初頭以来、過去、「進化論裁判」が幾度も行われてきたお国柄という一面を持つ。
 これは、「アメリカ合衆国で制定された、進化論を学校教育の場で教えることを制限する法律、いわゆる反進化論法に対する一連の裁判のことを、進化論裁判という」もの。
 背景に、「進化論とキリスト教保守派の対立は、科学と宗教の対立としてしばしば取りあげられる。特にアメリカ合衆国における反進化論運動はその顕著な例として知られている。アメリカは伝統的に聖書を重視するプロテスタントの信者が多いが、なかでも聖書の字句を一字一句正しいものとして扱う福音派の保守派がその活動の中心となっており、アメリカにおけるキリスト教原理主義(キリスト教根本主義)の潮流を形成している。」ことなどがある。
 その頑迷さは比較的温和な宗教的土壌というか気質を持っている今の日本には想像も付かないものがあるようだ。実感を持てないというべきか。
 聖書で禁じられている(?)妊娠中絶を行う産婦人科医が脅されたり殺害されたりする過激な教条主義。
 そういった土壌を持つアメリカで進化論を研究し啓蒙するのは、とてつもなく大変な労苦を伴うのだろうし、当然ながら進化論を是とする立場に立つなら、徹底した研究と理論武装が必要不可欠なわけで、そうした進化論の学者の筆頭の一人がリチャード・ドーキンスなのである。

続きを読む "悪魔に仕える牧師"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/26

ハムレットとスミレとオフィーリアと

 月曜日の営業中、すっかり日が落ちた頃、都内某所の公園脇に車を止めてトイレへ向かおうとしたら、立ち木の緑の葉っぱと宵闇を背に白っぽい花が目に。あれ、こんな花、ここにあったっけ。幸い、木の幹には名札が下がっている。読むと、ハナミズキとある。悲しいかな手元にデジカメがなく、ポケットから携帯電話を取り出してデジカメ機能で撮影。
 残念ながら、やはり携帯のデジカメではうまく撮れなかった。
 その代わり、というわけでもないだろうが、夜半を回ってラジオからハナミズキの話題が出てきてくれた。まるで小生のためにわざわざ解説してくれたようなものである。

Sir_john_everett_millais

← ジョン・エヴァレット・ミレー 『オフィーリア』 (1851-52 テート・ギャラリー(ロンドン)蔵) (画像は、「ジョン・エヴァレット・ミレー - Wikipedia」より) 後段で、この絵に関連した記事を扱っている。

 話の大半は忘れたが、そのうちの一つは、「1912年(明治45年、大正元年)、東京市からアメリカ・ワシントン市へ3,000本の桜苗木が送られた。それから3年後の1915年(大正4年)、桜の返礼としてアメリカから東京市へ白花のハナミズキ苗木40本が贈られてきた(その後、ピンクのハナミズキも贈られた)。」というものだった(「北信州の道草図鑑」の「ハナミズキ(花水木)」なる頁より)。
 東京市からとあるが、当時の東京市長はかの尾崎行雄だった。アメリカのワシントン市とあるが、ポトマック湖畔に桜並木が誕生したのは有名な話。
 花水木は歳時上は夏の季語扱いとなっているようだ。今を盛りと咲き誇っているから、せめて晩春の季語であっても良さそうな気がするのだが。五月になっても咲いていてくれるだろうか。

続きを読む "ハムレットとスミレとオフィーリアと"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006/04/25

黄砂に吹かれて

 昨日はタクシーの営業の日だった。小生は遅番の出なので、実際の営業を始めるのは11時前。いつものように都心に向かってみると、普段とは様子が違う。交通量が多めのような。5・10日でもないのに何故。
 連休前だから? と思っていたら、「[線路変形]またトラブル 乗客、怒りの声 山手線ストップ」といったアクシデントのためだった。
 その内容は、報じられているように、「24日午前10時半ごろ、東京都新宿区大久保3のJR新大久保―高田馬場駅間を走行中の埼京線・湘南新宿ライン大船発宇都宮行き普通電車(15両編成)の運転士から「通常の走行音と違う音を感知した」と東京総合指令所に連絡があった。付近を走行中の山手線内回り電車(11両編成)も異常に気付いて緊急停車した。JR東日本が付近を点検したところ線路の一部が盛り上がり、変形しているのが見つかった。」というもの。
 ラジオである電車関係の工事や事故の専門家の方が話されていたことが印象的だった。「線路の一部が盛り上がり、変形してい」たというが、その盛り上がりは5センチほど。だが、その方によると、線路の異常個所が直線だったから走行の異常で済んだが、これがカーブだったりすると、脱線もありえる重大な変形であり異常なのだとか。
 原因については、[線路変形]JR東日本開発の工法で線路隆起」と言われているが、詳しい原因の解明はこれからだろう。
 
 思えば 奇しくも今日は、「福知山線脱線事故から1年、きょう追悼慰霊式(読売新聞)」といった話題がニュースの筆頭に来る日でもある。
 なんだか、昨年の今日の事故の教訓を忘れるなという戒めのように思えるのは不謹慎な感想だろうか。

 さて、そんなトラブルの情報を折々ラジオから仕入れつつ営業していた。

Sionnagorisakura

→ 紫苑さんにいただいた名残の桜(画像)です。山の原で開催された「つるやオープンゴルフトーナメント」に観戦に行ったり、京都の「都をどり」を観劇したりと相変わらず活動的な紫苑さん。無精を決め込んでいる弥一としては、爪の垢でも煎じて飲ませてもらわないといけないかもね。

 雨が降るような降らないような、風が出たかと思うと収まってしまう、春らしい不穏な天気。関東でも山のほうでは雷雨の地域もあったとか。
 都心でも夜に入って小降りの雨が思い出したようにやってくる。

 ところで、驚かされるのはタクシーのボディの汚れ具合。やたらと土埃が付着して汚らしい。
 例えば雨が降ると、ボディの汚れは雨が降っている間は流れ落ちていく。雨粒の中にだって埃や塵は含まれているはずだが、ほんの微量で、水飛沫(しぶき)泥はねなどは別にして、雨で車のボディ表面が汚れるのは、あるいは汚れが目立つのは、雨上がりである。雨滴で濡れているボディに空中に舞っている埃などが付着する。
 水分は車のボディのエンジンなどからの熱気で蒸発し、また、走ることによって水分が吹き飛ばされたりして、霧散するがボディに付着した微細な土埃の類いは、水分と共に去りぬとは行かず、車の表面にしがみついたままである。一緒にドライブに連れてって欲しいのだろうか。

 が、昨日から今朝にかけて経験した車の表面の汚れはそんなものではなかった。

続きを読む "黄砂に吹かれて"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/24

春筍から松明へ

 あるお気に入りのサイトを覗いてみた。すると、「春筍」という言葉が織り込まれた句が掲げられている。
「春筍(しゅんじゅん)」って季語なの?
俳句歳時記の部屋」の「春の季語(動・植物編-50音順)」にて「春筍」を探してみると、ちゃんとある!
「春の筍」なる季語の項があり、「春にとれる筍。柔らかく、香がよい」と説明されている。
「銀砂子」の「雀の生活 2003年3月」なる頁にある記述に拠ると、「腕組んで春筍を見てをりぬ」(出典/『鯨が海を選んだ日』)なる句が載っていて、「季語/春筍/晩春」と付記されている。

「竹」に関係する春の季語というと、「竹の秋」という季語がある。立派な春四月の季語である。
 既に昨年の四月の季語随筆にて、竹のなのに春(の季語)とは、これ如何ということで、「竹の秋…竹筒のこと」の題名のもと、採り上げている。
 その中でも紹介したが、竹に関して、「季語の研究」なるサイトが興味深い。
 拙稿では、駄文調だが「独活と竹の子」、掌編として「筍 の 家」がある。

続きを読む "春筍から松明へ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/23

「連翹」の陰と陽

 4月の季題(季語)の中に「連翹」があることには気づいていた。「れんぎょう」と読むことも、漢字にも弱い小生なのに、何故か知っている。
 きっと、案外と身近な植物なのだろう。あるいは通勤の途次や買い物の際に目にしていて、これは何という名の植物…花なのだろうと疑問に思いつつも、そのままになっているそんな木や花の一つなのだろう…。
 しばしば本サイトでも登場願っている「YS2001のホームページ」の「季語(れ)」にある「連翹(れんぎょう)」の項を参照させてもらう。
「果実が薬用になる半蔓性でモクセイ科の落葉低木」で、別名「⇒イタチ草(いたちぐさ)」とある。
 まず、「連翹」がどんな植物なのか、花ならどんな色・形の花なのか、木なのか草の類いなのかを確かめておく必要がある。
 これまた折に触れて参照させてもらっている「季節の花 300」にて「連翹 (れんぎょう)」の様子を見てみよう。
 画像を見た瞬間、ああ、これ、近所の何処かで見たことがある! が、正直な感想。
「Forsythia」という学名(属名)はともかく、「 Golden bells」…直訳すると「金色の鐘」というのは、言い得て妙なる名前だ。
 今では和名になっている「連翹」という名称。やはり、この植物が中国原産なのでこうした日本人には難しい呼び名になっているのだろうか。古来からあったら、和名(古名)の表記が当てはめられるのだろうが、「日本には300年ほど前に薬用として渡来」したというから、和名を持つ時間がなかったのだろうか。

 ついでながら、「Forsythia(フォルシシア)は、 18世紀のイギリスの園芸家 「Forsyth(フォーサイス)さん」の名前にちなむ」のだとか。
「Forsythia suspensa(連翹)」 と「 Forsythia koreana (朝鮮連翹) 」の二種類あり、花びらの形で区別されるらしい(詳しい違いなどは、「連翹(レンギョウ)|花の俳句」を参照願いたい)。
「本来「連翹」とは巴草(ともえそう)をさしていたが、この木に誤用され、以来この木が「連翹」の名で呼ばれるようになった。」というのは興味深い。
 何故、誤って呼称されるようになったのか。「連翹」の花びらの形が何処となく「巴草」を思わせるからなのだろうか。
 では、「連翹」が「イタチ草」という別名を持つのは、どういう背景があるのか。

続きを読む "「連翹」の陰と陽"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2006年4月16日 - 2006年4月22日 | トップページ | 2006年4月30日 - 2006年5月6日 »