« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »

2006/04/22

飯田龍太…山本玄峯…ポツダム宣言

 車中では先週来、折々、飯田龍太著の『俳句入門三十三講』(講談社学術文庫)を読んできた。
 季語随筆を一昨年の秋口より綴ってきたが、飯田龍太氏の名はほとんど初耳である。図書館で本書を見つけた際も、連句を学ぼうと物色していたが、適当な本が見つからず、車中で気軽に読める本ということで選んだ。
 俳句に多少でも関心を持つ人には顰蹙を買いそうだが、事実だから仕方がない。
 レビューによると、「「ホトトギス」を源流とする「雲母」に育った龍太は、父蛇笏の写実的俳句を継ぎながら、その作品は近代俳句の正嫡ともいうべく、勢いがよく魅力的で、しかも広がりと深さを持つ。本書は、「雲母」の例会の実作指導のなかから選りすぐった俳論・俳話で、いずれも文学の根源に触れるおもしろさがあり、読者は居ながらにして句会の現場に立ち会うような、しかもその語り口から著者の人柄にも触れることができる、好個の入門書といえよう。」とある。
 そう、名前からして、そうだろうなとは思ったけれど、(多くの方には、多分、言うまでもなく)飯田龍太氏は飯田蛇笏の子息なのである。
 困った時の「Wikipedia」で「飯田龍太 - Wikipedia」なる頁を覗いてみる。あまり詳しくはないが、小生には非常に参考になる。
 飯田龍太(いいだ りゅうた)は、「1920年、山梨県東八代郡五成村(現・笛吹市)に生まれる。折口信夫を尊崇していた彼は旧制甲府中学(現山梨県立甲府第一高等学校)から國學院大學へ進み、句作にふける」というくだりに惹かれてしまった。少なくとも本書を読む限りでは、折口信夫の影も匂いも感じなかったので意外ではあるが、折口信夫を若くして尊崇し彼の教授する(していたことのある)國學院大學へ進んで句作にふけったというのは、さすがに「俳句と俳人に囲まれた環境」といった彼の生まれと育ちを物語るものでもあるのか。

続きを読む "飯田龍太…山本玄峯…ポツダム宣言"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/21

勿忘草と都忘れとは

 いつもながら何を書く当てもなく画面に向かう。まあ、その気になれば書くネタを見つけられないことはないが、強いてこれにするという題材がない。
 それでも、四月の季語(季題)表を眺めていたら、表題にある「勿忘草」が目に入った。
 思えば、過日より、ブログの名前がまさに「勿忘草」というサイト(の方)とひょんなことから縁を持つことが出来た。
 実は、「勿忘草 季語」でネット検索して「勿忘草」の主に季語に絡む情報を摂取しようとしたら、上位に「勿忘草」さんサイトが登場する。大人気サイトなのだ。
 ダンスのインストラクターをされつつ、日々、ブログをも運営されている。「DANCIN' FUJI」というホームページをも。曲がりなりにもサンバのファンになっている小生、尚のこと、関心を持ってしまうのは自然の勢いというもの。

 ウン、今日の季語随筆は「勿忘草」に決定!

 ところで、恥ずかしながらだが、「勿忘草」を漢字表記させようとすると、少しは面倒なのかなと思っていたが、「わすれなぐさ」と書き込んで仮名漢字変換させると、一発で「勿忘草」という感じ表記になった! 
 今更、感激するのも小生が迂闊なだけかもしれないが、ちょっと嬉しいのは何故?

 さて、いつものように、「動・植物編(種類順)」の「勿忘草(わすれなぐさ)」の項を覗かせもらうと、「水色や青紫色の小花で、花言葉は「私を忘れないで」」とある。
 と、考えてみたら、「勿忘草 季語」で浮上してきた「勿忘草 ( わすれなぐさ ):忘れな草」なる頁に「勿忘草」の可憐な画像(サイト主の方も驚いておられたが、画像は「向島百花園の入り口の片隅の目立たない場所に咲いていた」ものを撮ったとかで、9月の撮影だとか!)と共に、《勿忘草》についての伝説が紹介されている。
 どうやらドイツの伝説らしい。

続きを読む "勿忘草と都忘れとは"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/20

「ぼくの哲学日記」の周辺

よそにぞ消ゆる春燈(はるともし)」なる記事へのコメントの中で森本哲郎氏の名前が出てきた。
 たまたま図書館の随筆のコーナーで同氏の本を見かけ、借りようかどうしようか迷っていたところだし、二ヶ月来続いている『白鯨』購読の合間に読むのに、エッセイ本なら息抜きになるかと、『ぼくの哲学日記』(集英社)を借り出してきて、今週初め読了した。
 レビューには、「薔薇の木に薔薇の花さく。なにごとの不思議なけれど。(「大悲集」より) 人間を人間たらしめているのは、「なぜ?」という素朴な疑問を持つからで、そこから「哲学」が生まれる。当たり前の日常に一石を投じる人生指南書。 」とあるが、身構えずとも気軽に読めるので、専ら寝床で就寝前に読んできた。

2006_04190604130036

← 17日夜、東京タワー。照明の加減なのか、ゴールドのタワーのようだ。

 森本哲郎氏の本はほぼ十年ぶりだ。確か拙著『化石の夢』(新風舎)を自費出版して間もない頃、父が小生にこれを読んだらと渡してくれた本が森本哲郎氏の文庫本だった。
 小生の文章のあまりの堅苦しさに、これを読んで少しは文章を勉強しろということで父がさりげなく(?)選んでくれたものだったろうか。けれど、題名を忘れてしまった。日本語(の言葉)についての本だったと思うのだが。
 同氏がフリーアナウンサー・森本毅郎の兄だということを知ったのは、そんなに昔のことではない。弟さんのほうとは見た目の印象がまるで違うので、何かの折に(多分、本の紹介文だった)プロフィールを読むまでトンと思い至らなかった。
 森本哲郎、森本毅郎…。並べたらやっと気づく迂闊さ。
森本哲郎 - Wikipedia」によると、「日本の文明批評の第1人者として知られており」とあるが、小生にはそんな認識はなくて、あくまで評論家の一人という理解に留まっていた。
 まして哲学科(大学院)上がりだとは、未だにちょっと腑に落ちない。
[ 読者からの指摘で、森本哲郎氏は大学院は社会学科だと判明。ご指摘、ありがとう! (06/04/22 注)]

 が、そんなことより、本書を読んで驚いたのは、マスコミ人だったことと関係するのか、森本氏が行動家だということ。興味を持ったら即座に行動に移し、人物ならインタビューするし、場所なら現地を取材する点。

続きを読む "「ぼくの哲学日記」の周辺"

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006/04/19

風船から安本丹へ

風車が春の季語なのは」では、「風車(かざぐるま)」が何ゆえ春四月の季語なのか自体が探求の動機であり目的のようなものだった。
 結論を出せたわけではないが、春になって陽気に誘われ、子供たちが外に出る機会も増える。冬の間は隣の村や町、まして遠くの町とは行き来も困難だったが、雪も消えて風車売りがやってくる。
 もう、子供たちは大喜びで風船売りに群がり、親にねだって風車を買ってもらう。
 買ったばかりの風車を、それも、昔は誰もが買えたわけじゃなかろうし、子供らのうちの誰か一人か二人が買ってもらったのだろう。あるいは、子供らのうちのリーダー格の子だろうか。
 その子が走りながら回す風車。それをみんなが追いかける。そうしてはしゃぐ子らを見守る子守のお爺さんかお婆さん、親たちは子供の遊びの歓声が耳に入っているのかいないのか、仕事のことで頭の中は一杯である。
 そうした風景の中心に風車がある。真っ赤な風車だろうか。青い風車だろうか。緑と土の色と晴れていても春霞の青い空に原色のセルロイド製の風車が遠目にも鮮やかである…。

 多少、こじつけめいているし、釈然としない面があるのだが、とりあえず、そんな光景を思い浮かべておいてもいいのだろう。

Rengesakura2

→ 蓮華草さんに戴いた、「京都は洛北の原谷苑の枝垂れ」桜の画像です。原谷苑は個人の持ち山の桜なのだとか。関西も山のほうはこれからが桜の園の季節のようだ。

 さて、「風船」という春四月の季語も、風船だけからは春を連想するのは飛躍がある。夏だっていいし、冬だっていい。秋だって、勿論、構わないはず。
 しかし、歳時記上は、春(四月頃)の季語となっている。
俳句歳時記の部屋」の「春の季語(行事・暮らし編-種類順)」なる頁では、「風船売 紙風船 ゴム風船」といった類義語を示し、「暖かになると子供らは戸外に出て風船などで遊ぶ」と説明されている(引用元には「都外」とあるが「戸外」の間違いだろうと思われる)。
「風船」が春四月の季語なのは、どうやら「風車」と事情は同じらしい。

続きを読む "風船から安本丹へ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/18

クジラ後日談・余談

 昨夜は、久々の月影に恵まれた。昨日の日中は晴れていて風もなく、仕事がなかったら、絶好の行楽日和という一日だった。曇天・雨天が続いていただけに、道行く人たちもどことなく足取りが軽そう。そのせいか、タクシーに乗ってくれる人も少なめ!
 風のない晴れの夜だと、月が出ていても、霞んでしまって朧月になってしまう。恐らく黄砂の影響もあるのだろうけど、いかにも春を思わせる風情だ。

 そんな月影も夜が明けるにつれて薄明に、たださえ朧だった輪郭が一層、暈され、ちょっと目を離すと姿を見失い、何処に月があったかも分からなくなってしまう。
 そんな朝、ラジオをに耳を傾けていたら、耳寄りな話が聞こえてきた。それは、シガマッコウクジラが実は新しい属だと判明したというもの。
 仕事中なので、「シガマッコウクジラ、長谷川、20年前に発見」などのキーワードだけメモしておいた。
「白鯨」を読んでいる最中であり、白鯨のモデルはマッコウクジラとされているだけに、聞き流せるニュースではない!
 もう、クジラと聞いただけで耳がダンボになる。

Kenchansakura

→ 健ちゃんさんに戴いた、春景色。関西の何処かの池のようである。水鳥さんたち、池の中から花見する人間たちを眺めてる? 池の水面にいるから、池面の水鳥なんだろうね。

淡き花眺める人も春の色

 そういえば、「私の耳は貝のから 海の響きをなつかしむ」にて、「「高速船が衝突事故、49人負傷~鹿児島、クジラの可能性」といったニュースが、つい先日、マスコミを通じて流れた」云々と冒頭に書いている。
 まだ、確定されたわけではないが、衝突したのは流木だったのではという判断に傾きつつあるようだ。
 少なくとも、血痕・肉片その他が見つかっていないことからして、クジラではなかったことは、断定していいようだ。
 よかったね、クジラさん、犯人にされなくて。それとも被害者かな。とにかく濡れ衣は着せられずに済んだわけだ……。といっても、海の中に暮らしているから、年中、濡れ衣を着てるんだろうけど。

続きを読む "クジラ後日談・余談"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/17

白鯨とイカと竜涎香と

 NHKテレビで「ダーウィンが来た! 人類初目撃! 深海の幻の巨大イカ」なる番組が放映されていた(らしい)。生憎、我が家のテレビはカーナビのモニターで、アンテナ事情が悪く、画面は雨模様である。特に、何故だか、NHKの映りが一番ひどい。いつも大雨・大嵐なのだ!
 なので、見るのを諦めて、森本哲郎著の『ぼくの哲学日記』(集英社)やリチャード・ドーキンス著の『悪魔に仕える牧師』(垂水雄二訳、早川書房)などをとっかえひっかえ読んだりした。
 でも、脳裏には、イカ、巨大イカだからきっとダイオウイカのことが残映のように揺らめいている。
 というのも、土曜日から日曜日にかけて読んでいたハーマン・メルヴィル著の『白鯨―モービィ・ディック』(千石 英世訳、講談社文芸文庫)の中で、ちょうど、イカに関係する記述があったのだ。
 テレビでも、今、読んでいる本でもイカ! 偶然にしては出来すぎている。
 今日は、この辺りをかいつまんで綴ってみる。

Riris_belly_dance1

→ 「Charlie K's Photo & Text」の中の「RiRi's Belly Dance Show at "Gran Deseo" 」より。"Gran Deseo" でのベリーダンスショーの一場面だ。例によって画像と本文とは関係ありません。

焔(ほむら)なり踊る女の笑みさえも

『白鯨』を読んでいたら、91章「ピークオッド号、薔薇乃蕾号に出会う」の末尾にて、「竜涎香(アンバーグリス/りゅうぜんこう)」なるものが出てきた。聞いたことがある、でも、よくは分からない代物。
 実際には、91章の冒頭に、トマス・ブラウン『俗見の誤謬』(一六四六年刊)からとして、「竜涎香を求めてこの巨鯨(レヴァイサン)の腹のなかを探ったが、無駄に終わった。耐え難いほどの悪臭に行く手を阻まれたのである。」という一文が掲げられている。
 だが、小生は読み過ごしてしまっていた。続く一章を費やして扱われるような素材とは思わなかったし、巨鯨(レヴァイサン)やマッコウクジラの体内に時に形を為す、貴重だが奇異な物質だとは想像も付かなかったのだ。

続きを読む "白鯨とイカと竜涎香と"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/16

コラムエッセイをアップ

「[高松塚古墳]壁画損傷こっそり補修、東文研所長が指示」といった事件に関連し、「天皇陵・古墳の学術的研究・保存を早急に求める」という記事をコラムエッセイのブログにアップさせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時を呼ぶ声

久世光彦氏が死去」という題名の記事を以前、書いた。訃報そして追悼の記事である。この記事にある方がコメントを寄せてくれたのだが、その中に、「子ども時代を過ごした富山の話は「時を呼ぶ声」(立風書房)に詳しく読むごとに共感をおぼえます」というくだりがあった。
 だから、その後、同氏著の『怖い絵』(文藝春秋)を借り出して、関連する記事をあれこれ書き綴っていても(「久世光彦著『怖い絵』の周辺」「土屋輝雄・久世光彦・高島野十郎…」「三人のジャン…コンクリート壁の擦り傷」「久世光彦著『怖い絵』の周辺(続)」「ベックリンの「死の島」と髑髏」など)、ずっとこの本を読みたいと思ってきた。それがようやく叶い、先日、読了した。

 小生が読んだのは、『時を呼ぶ声』(立風書房)だが、文庫版(学研M文庫)もあるようだ。
 出版社側の謳い文句によると、「あの日の空の青さは何だったのか? 五つの小学校を転々とした少年期--、都市が全焼する空襲の夜の美しさ--、軍人だった父の晩年--、戦後の歌や映画、文学という女人への恋--名演出家・作家の原風景と昭和への挽歌!」とある。
 久世光彦氏は、東京(阿佐ヶ谷)で生まれ、浪人時代も含めた大学生以降は、東京で暮らした。が、中学・高校時代、つまり十二歳から十八歳までを富山で暮らした(正確には小学校の卒業直前に富山へ疎開した)。
「少年期であり思春期」を富山で過ごしたわけである。
「五つの小学校を転々とした少年期」の思い出、小学校に上がる前の記憶と体験も彼の人生に重きを成していないわけではない。
 それでも、富山で過ごした数年は彼自身、決定的な影響をずっと残したのであり、ある意味、文学する心の源泉も富山で育まれたといっていいと考えているようである。
 富山で生まれ育ち、高校卒業と共に大学生活を仙台で、卒業後は東京で(都内を転々としつつも)暮らしてきた小生には、久世氏が高校の先輩であることも含め(このことはつい十年ほど前、母校が出しているある同窓会報で偶然、知ったのだった)、興味津々で読むのは当然だろう。
 彼が中学の頃から入り浸ったという富山の繁華街にある喫茶店の名前も小生には馴染みである。といっても、気の小さな小生、学校(高校)では入ることを禁じられていた喫茶店へ折々寄るようになったのは、高校を卒業してからのことだった。
 それでも、あの喫茶店に久世氏も通い、煙草を燻らせたのかと思うと、感懐深くなる。その喫茶店に足を向けなくなって久しい。今もあるのだろうか。

続きを読む "時を呼ぶ声"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »