« 2006年3月26日 - 2006年4月1日 | トップページ | 2006年4月9日 - 2006年4月15日 »

2006/04/08

よそにぞ消ゆる春燈(はるともし)

季題【季語】紹介 【4月の季題(季語)一例】」をぼんやり眺めていた。今日はどの季語を扱おうか。が、どうにも焦点が定まらない。頭が朧月のようになっている。
 そのうち、「春の海」はどうかという気になった。そう、与謝 蕪村の有名な句、「春の海ひねもすのたりのたりかな」が脳裏の片隅に浮かんだ。宮城道雄(1894-1956)が作曲した筝曲の「春の海」もある。小生の初恋の人が琴を奏でる人だったっけ。旧姓が「菅」だというのも、今日(既に昨日となったが)の民主党の代表選挙で敗れた菅直人氏の話題につなげようかとも思ったが、少々無理があるので断念。「春の海」は、イメージ的な広がりもあるし、後日、改めて採り上げたい季語である。
 ついで目に飛び込んできたのが表題にある「春燈(はるともし)」である。
俳句歳時記の部屋」の「春の季語(行事・暮らし編-種類順) 春燈」によると、類義語に「春灯 春の灯 春の燭」があり、「しゅんとう」とも読むという。
 意味合いは、「はんなりとした春の灯火」とか。

Rengesakura

→ 蓮華草さんから戴いた桜の画像です。花冷えとはいえ、関西も桜花爛漫の春を迎えているとか。

 まあ、文字からして想像できる意味である。また、この表現や文字からして、イメージ的に暖かみがあり、どこか艶冶(えんや)な感じも漂ってくる。
 冬の灯火というと、厳しい寒さの雪の原に小さく灯る民家の明かりで、暖かみは勿論あるのだが、自分は外に居るがゆえに橙色の窓灯りが恋しい、人肌が恋しい、ということになる。
 その点、「春燈」は、そこに他の人がいてもいなくても構わない。いなくても、自分の体からほんのり体臭と熱気とが発せられる。男なら男が想像する、あるいは関心を持って覗いているその部屋(空間)にいるのは妙齢の女であり、一人で何をしているのか、床しくてならない。女なら、その逆の構図であるか。

続きを読む "よそにぞ消ゆる春燈(はるともし)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/04/07

絵門ゆう子さん、逝く

村上元三氏死去」に続いての訃報記事となる。

 絵門ゆう子さんが亡くなられたことを知ったのは、6日の朝だった。仕事に出かける準備をしながらテレビを見ていたら、そんなニュースが飛び込んできたのだった。

 絵門ゆう子さんがガンに罹患していることを知ったのは、朝日新聞・東京版(「いのち」欄連載(通常木曜日))に絵門ゆう子「がんとゆっくり日記」が載ったからである。が、情けないことに我が家の財政状況が破綻寸前に陥り、昨年四月から新聞の購読を辞めていて、以来、当然ながらそのコラムも目にしていない。
(但し、「週間ポスト2003/5/30」に「私は全身がん」壮絶告白」という記事が載ったというから、ワイドショーを朝食時に見る習慣のある小生、この前後に知った可能性がある。末期ガンとご自身、その時点で申し渡されていたのだから、ワイドショー的に話題性は十分である。多分、小生も彼女の状況は認識はしていたはずだ。が、後に書く理由もあって、それほど関心が持てなかった。)

 幸いにもというべきなのか、偶然にもなのか、この三月からお試し期間ということで、朝日新聞を取り始めている。なので、「がんとゆっくり日記」の最後の第89回「真摯な無心の闘い感動呼ぶ」から第92回「薬に耐性・・・玉手箱が開いた」の四回分は目を通すことができた。第93回になるはずの記事は追悼の記事で彼女の手になるものではなかった。あるいは、彼女の手元に草稿でも残っているのだろうか。
 とにかく、これも縁なのだろう。お前も、ちょっとは向き合えよという、天の声なのか。

続きを読む "絵門ゆう子さん、逝く"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/04/06

村上元三氏死去

 昨夜(4日の深夜)だったか、ラジオを聴いていたら、作家の村上元三氏死去のニュースが流れてきた。
 小生には懐かしい作家の一人という感がある。といっても、この大衆性のあるこの作家に傾倒したというわけではない。
 ある時期、彼の作品である「次郎長三国志」を夢中になって読んだことがあっただけのことなのだ。

 念のため、ネット上で読める記事の一部を転記しておくと、以下のとおり:
「「佐々木小次郎」「水戸黄門」などの時代小説で知られる直木賞作家の村上元三(むらかみ・げんぞう)さんが3日、心不全のため死去した。96歳だった」
「10年、韓国・元山生まれ。41年、「上総風土記」で直木賞を受賞した」
「49年から本紙に連載した「佐々木小次郎」で大衆文壇の第一人者の地位を確立。その後も、「源義経」など、歴史の流れにほんろうされた人物を、徹底した時代考証をもとに描いた」
(以上、「作家の村上元三さんが死去 (朝日新聞) - goo ニュース」より)
「時代小説で活躍、村上元三氏が死去 (読売新聞) - goo ニュース」から若干、補足しておくと、「1938年、長谷川伸の門下に入り」、「、41年「上総風土記」他で直木賞を受賞」と続くわけである。

村上元三 - Wikipedia」を覗いてみても、あまり詳しい記述があるわけではない。彼(1910年3月14日生まれ)はもう忘れられた作家だったのだろうか。
 ここから追記しておくと、「1934年、「サンデー毎日」懸賞小説で選外佳作となった『利根の川霧』でデビュー」や、「戦後に朝日新聞夕刊に当時タブーであった剣豪小説『佐々木小次郎』を1年程掲載。大衆文学復興の旗手となる」だろうか。

 時代小説、歴史小説は父ほどではないが(父は今でも好んで読んでいるようだ)小生も中学から大学生の頃、結構、楽しんだという記憶がある。さすがに「立川文庫」世代ではないが、吉川英治の小説『宮本武蔵』は勿論のこと、山岡荘八の「徳川家康」、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」などは、漫画の本を読むより頁を捲る手が早かったような。

続きを読む "村上元三氏死去"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/05

反時代的毒虫の周辺

 車中では、待機中の折に、車谷長吉氏著の『反時代的毒虫』(平凡社新書)を読んでいる。
 小生は平均すると週に三冊、本を借りる。必ずそうするというわけではないが、基本的に借りる本の性格は三種類に決まっている。一冊は、自宅のロッキングチェアーに腰をどっかり沈めてじっくり読む本。一冊は、本格的な本の合間や就寝前に読む軽めの本。残りの一冊は、仕事中(車中にて)読む本である。
 図書館通いして何が嬉しく助かるかといって、軽めの本を借りれるのが嬉しい。買うとなると躊躇うが、試しに読んでみたいという類いの本や著者、分野の本に気兼ねなく手が出せる。読む本のジャンルも広まるというもの。
 上掲の『反時代的毒虫』は、車谷長吉氏については、名前は知っていても未だ一冊も読んだことがないし( 『赤目四十八瀧心中未遂』も『鹽壺の匙』も読んだことがない!)、その意味で、本書は対談集ということもあり彼の人となりを知るに便利だ。

2006_04050604040060_1

→ 深く眠りに就いているのか、それとも夜半にこそ、人目を気にせず咲き誇っているのだろうか。

 軽めの本と書いたが、中身が軽いという意味では決してない。狭い車中に置くに便利な厚さ(頁数=新書)だとか、薄暗い車中で読むには活字の大きさにも留意しないといけないというほどの意味である。無論、面白くないと困る!
 本書を借りるに際し、車中で読むための条件の幾つかは軽くクリアーしたが、ここまでだとそんな候補になりえる本が数多あるわけで、必要条件は満たしても十分条件に至ってはいない。
 とはいっても、図書館に滞留できる時間は限られているので、必要条件を満たすだけで、ま、いっか、となることも多いのだが。
 本書を借りるについては、パラパラと捲っていて、対談相手がなかなかだったことがある。江藤淳、白洲正子、水上勉、中村うさぎ、河野多恵子、奥本大三郎…。錚々たる面々ではないか!
 が、決定的だったのは、目次にある第3部の「夫婦句会(春宵夫婦句会(高橋順子)」と「駄木句会(高橋順子)) 」の章だった。おお、俳句の話題も採り上げられている。車谷長吉氏は俳句もやるのか。
 季語随筆日記を書いている小生としては、これで決まりである。

続きを読む "反時代的毒虫の周辺"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/04

花篝は闇を深くする

 四月には季語(季題)が多い。やはり芽吹いていた命が花開く季節だからだろうか。日曜はただでさえ風が強い上に、夕方前後の雨が花散らしの雨となって、ああ、花見も終わりかなと思わせられた。
 今日、月曜日も(少なくとも東京は)強い風が吹き荒れて、一層、花びらが吹き飛ばされ散っていった。近くには小川さえもないし、かといって池があるわけでもないので、小生の近所の桜の花びらは、ただ敢え無く散るばかりである。
 路肩に、玄関先に、庭先に、電柱の根元に、歩道の柵に、自転車やバイク、車のボディや車輪の周りに、花びらたちが吹き溜まっている。花びらは散るまでが命ということなのだろうか。散ってしまった花びらは、ただのゴミなのだろうか。見ていると、歩道の花びらを踏まないようにと、殊更、足元に気をつける人もいない。
 やはり、地に落ちた花びらは、美しさもその命もその役目さえも地に落ちてしまったというわけだ。
 一度咲いた命は散るのだ、この世から、視界から消え去るのが、潔いというわけか。桜は平和の象徴ではなく、武を象徴する花だということが、つくづくと思い知らされる寂しい現実。
 誰も花を花として愛してなどいない。散った花びらは踏みつけにされる。ゴミ扱いにされる。路上を汚す邪魔者に過ぎない。誰かが余儀なく掃き集め一塊に纏め、そうしてゴミ収集車に乗せられ、夢の島へでも運ばれていく。

2006_04050604040046

→ 近い将来の枝なのだろうか、幹の中途から芽生え始めている。花も咲かせながら。

 花の命が短いのか長いのか。いずれにしても美しいとか、綺麗とかと愛でられる時間は短い。
 だからこそ、せめて短い花の命を少しでも堪能しようと、あれこれと工夫する。
 といっても、花の枝を折らないようにして、桜の木が折られた枝の部分から感染症に冒されるのを防ぐとか、桜の木の根元付近で茣蓙を敷くのを止めて、桜の木の根っこが痛むのを少しでも回避しようとか、そんな優しさを示そうというのでは、毛頭ない。
 あくまで咲いている花の時を享楽しようという、健気な楽しみを、もっと濃厚な愉悦の時にしようとあの手この手を繰り出すというのに留まる。

続きを読む "花篝は闇を深くする"

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2006/04/03

散った花びらの行く末

 20060403

→ 数知れず散っていく花びらたち。風に舞い、吹き寄せられ、踏みつけにされ、見向きもされなくなる。せめて、このようであったら、花びらたちは喜ぶのだろうか。それでも行く末は同じなのではないか。一瞬の輝きに命の限りを尽くす。役目を終えたら、あとは散る。その潔さこそが桜の花の粋であり意気なのではないか。

 散った花後を追うなと潔く


「無精庵方丈記」更新しました。「落句拾遺 3-2」だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜間飛行を堪能する

 真夜中の高速道路を一路、都心を目指してタクシーを巡航させる。ほんの一瞬だけれど、ふと、「夜間飛行」という言葉が脳裏を過(よぎ)ることがある。
 この言葉、そして感覚が不意に浮上してくるのは、あくまで帰路である。往路では、まずそんな経験はない。

 他の道府県は地域によって違うようだが、小生が所属している東京の営業エリアのタクシー(といっても、東京の23区と鷹市・蔵野市の、通称で武三23地区に限定されているが)は、夜間、空車の場合、車の上の広告塔(行灯=アンドン)が点灯している。実車(乃至は回送)となると、車のフロント左端にある空車(実車)表示板が実車(あるいは回送)表示に切り替わると同時に、行灯(会社のロゴマークを表示してある)の灯りも消される。
 こうすることによって、少なくとも遠くからもタクシーが実車(か回送か迎車などなど)であるか空車であるかが一目で分かるというものである(まあ、夜間だと空車だということが一目で分かるのであって、実車だと遠目には普通車と見分けが付かないという理屈だが、細かい議論はさて置く。余談だが、風力発電機付き行灯も発明されている)。

 さて、往路だと後部座席にお客さんを乗せている。気持ちは安全・的確・迅速(叶うなら快適)にお客さんを目的地にお届けしたいという一心である。できれば渋滞して欲しくないな。目的地近くになったら気持ちよく寝入っておられるお客さんを起こすけれど、すんなり起きてくれるだろうか、支払いは滞りなく手続きが済むだろうか、云々と結構、頭の中はあれこれ考えている。
 それ以上に、往路は、上記したように、行灯が消えているので、タクシーも普通車も区別がない。少なからぬ車が黒っぽい塊と化して下りの道をひた走っているだけである。
 
 それが、夜半過ぎの帰路となると、様子は一変する。

続きを読む "夜間飛行を堪能する"

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2006/04/02

杉の花…花粉だけじゃない!

 スギ花粉の季節がようやくピークを過ぎたようだ。
 今年は飛散の量はさほどなかったらしく、実際、町中を車で流しても、傍観者には大仰に見えるマスクを装着した人の姿は例年ほどは見かけなかったような気がする。
 この花粉のせいで、すっかり嫌われ者になったような感もある杉。「杉の花」は立派な春の季語である。議論はあったようだが、「現代俳句歳時記(現代俳句協会編)」などでは、杉花粉症も傍題(類義語)として季語の一つである。
 但し、「花粉症」は微妙のようだ

Sionsakuracome

→ 紫苑さんにいただいた桜の画像です。庭には椿、サザンカ、クリスマスローズ、諸葛菜(紫なずな)、ゼラニューム、ポリアンサス、梅、桃……と咲くとか。どんな庭か、散策してみたい!

雄花は米粒大で枝先に群がり、黄色の花粉を飛ばす」というが、これが厄介者となっているわけだ。
 咲いても喜ばれない、その杉の花とはどんな花なのか。
 まずは、人によっては見たくない画像だろうが、「甚平鮫」サイトの「杉の花がパンク寸前」にて杉の雄花が膨らみかけている様子を見てみよう。
 もう、この今にも弾けそうな、はちきれんばかりの花の状態を見るだけで、花粉症の方でなくても鼻がムズムズしてきそうだ。
 ちょっとびっくりしたのは、「杉の花と言えば・・・杉鉄砲!」の一言。えっ、そんな鉄砲(遊び)なんてあったっけ。
 あるいは小生もガキの頃は仲間の輪に加わって、楽しんでいたのだったろうか(ヒジ鉄砲なら喰らったことはあるけど…)。
 これについては、「大末畳店」サイトの「道具を作って遊ぶ すぎ鉄砲 他」が詳しい。
 要するに紙(水)鉄砲の紙(水)の代わりに杉の実を玉として使う。竹が砲身で、竹の外側を使って芯棒を作るということだが、ここまで詳しく説明されてもピンと来ないことからして、やはり杉鉄砲では遊んでいない気がする。
 鉄砲を撃つと、独特の音がするというが、一度は聞いてみたいものだ。

続きを読む "杉の花…花粉だけじゃない!"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年3月26日 - 2006年4月1日 | トップページ | 2006年4月9日 - 2006年4月15日 »