« 2006年2月26日 - 2006年3月4日 | トップページ | 2006年3月12日 - 2006年3月18日 »

2006/03/11

引鶴(ひきづる)からサンバへ

季題【季語】紹介 【3月の季題(季語)一例】」を眺めていたら、「引鶴(ひきづる)」という季語が目に付いた。
 春の季語、そして鶴が引くということで、「春が来るとシベリヤなどに鶴は帰って行く」という光景を容易に思い浮かべられることだろう。「鶴帰る」や「鶴引く」、「帰る鶴」、「去る鶴」といった類義語もある。
 思えば、小生は鶴あるいは鶴に関連する季語を採り上げたことがなかったようだ(断言はできない。小生のことだから見落とし、記憶間違いの恐れがかなりある)。
 冬だと、「凍鶴(いてづる)」という、これまた美しい季語がある。
わたしの俳句歳時記<今週の季語・一句抄> 鈴木五鈴」なる頁を覗かせてもらう。
 すると、「凍てついたように動かない鶴のこと。頭を翼に入れ、片足でじっと立っている姿が印象的に思い起こされよう。いかにも寒げだ。タンチョウのダンスのように鶴とは一般的に優雅なイメージに包まれているが、身体からの放熱を防ぐためとはいえ、片足以外は外の寒気にさらさないという徹底した形姿は面白い」というエッセンスの凝縮された評釈が載っている。

2006_03090603090025

→ 写っているのは、9日、日の出ふ頭で見かけたシンフォニーの後ろ半分、そして東京湾とつながる運河。別に今日の季語随筆で鶴を採り上げるので、鶴をイメージできる画像を予め撮っておいたというわけじゃない!

 ここに掲げられている、「凍鶴や沖の暁雲茜さす  野村喜舟」は有名な句なのだろうか。
石手川公園(野村喜舟)」なる頁を覗くと、喜舟には「囀(さえずり)や天地金泥(きんでい)に塗りつぶし」ようだ。これも鳥に絡む日本画をイメージさせる句である。

 ところで、小生、何ゆえ「引鶴(ひきづる)」という季語に今日は惹かれたのか。妙な話だが、「タンチョウのダンスのように鶴とは一般的に優雅なイメージに包まれているが、身体からの放熱を防ぐためとはいえ、片足以外は外の寒気にさらさないという徹底した形姿は面白い」という一文が起因しているようだ(太字は小生による)。

続きを読む "引鶴(ひきづる)からサンバへ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/10

アートレスをアートフルに(序)

[始めに:こんなことは書きたくないけれど、「【ココログベーシック・プラス・プロ障害のお知らせ】2006年03月09日(木)22:00頃よりログインできない状況が発生しています。鋭意復旧に向けて作業をしております。」とのことで、本ブログにコメントなどを試みた方は、書くだけ書いてもコメントが受理されず、不快に思われたことと思う。ブログを見ても、今現在、トラブル中(メンテナンス中)とは表示されないのだが、まるでコメント(あるいはトラックバック)を拒否されているかのようだからだ。
 ココログサイドに問題があるのなら、ブログの何処かにその旨、表示されるよう改善すべきではなかろうか。こちらには、来訪しコメントしようとした方に断りようがないのだし。
 念のため、ホームページの掲示板にて説明を試みておいたが。
 さて、さすがに今朝、小生が帰宅するまでには解決しているものと思ったが、午前どころか、午後の二時を回っても事態の進展が見えなかった。午後四時過ぎ、今度こそと自分のココログのコントロール画面内に入ろうとしてみたら、なんとか入れた!
 トラブル、長かった!]

2006_03090603090018

→ 今度は9日の日中、東京タワーの傍を通ったので、信号待ちの間に急いで窓を開け、根元から天辺までをパチリ。エッフェル塔を模したというタワー、さすが間近だと迫力がある。曇天だったのが惜しい。「正式名称は日本電波塔。建築構造学者・内藤多仲(1886~1970)と日建設計株式会社が共同で設計」だとか。
「世界的に著名な照明デザイナー石井幹子により、日没から深夜0時までの間、美しくライトアップされる。ライトの色は季節によって異なり、夏は白色、春・秋・冬はオレンジ色」だというから、時間帯によって季節によってタワーは装いを変えているのである。
「地上デジタル放送用の送信アンテナをどこに設置するかについては、多摩地区、上野地区、秋葉原地区などから誘致提案が出された。しかしサービスエリアや航空路との関係などの面でいずれも決定的ではなく、最終的に従来アナログ放送を行って来た東京タワーの施設を拡張する形で設置される事になった」という。
 良かったね。当分、地位は安泰だ。
 そういえば、9日だったか、ワンセグのテレビ放送を携帯電話の受信機で見たが、画像が驚くほど鮮明だった。この電波も東京タワーからのものなのかな。

[ 最近、「第2東京タワー 新東京タワー構想再燃」だとか。巨大地震対策と「地上波デジタル放送の目玉とも言えるワンセグ放送の、電波による直接受信の環境を整える効果」もあって、「600メートル級の高層タワーにすることが望ましいの」だとか。さいたま市か墨田区か。「日本放送協会(NHK)と在京民放5社(日本テレビ、東京放送、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京)は17日、地上デジタル放送の電波を発射する第2東京タワーの建設計画と、「新タワー推進プロジェクト」の発足を発表した」というけれど。いずれにしても、「建設地の決定については2006年3月末を期限」であり、「タワーの新設は、地上アナログ放送が終了する2011年7月までに完成していることが絶対条件」であることは間違いない。 (06/03/18 追記)]

  3月10日は、第9回冬季トリノパラリンピックの会期が始まる日である(日本時間だと11日だが)。→「トリノ通信、2006年トリノ冬季オリンピック、パラリンピック

 3月10日は、東京大空襲の日である。→「春の川(はるのかわ)」(March 10, 2005 )「冴返る(さえかえる)」(February 27, 2005 )「花炭…富山大空襲」(August 17, 2005

 鷲田 清一氏著の『〈想像〉のレッスン 』(NTT出版ライブラリーレゾナント015)は、前回紹介したように「読書拾遺…市川浩・坂部恵・三木清」(March 09, 2006 )、出版社のレビューでは、「微かな違和の感覚を掬い取るために、日常の「裂け目」に分け入る。「見る」ことの野性を甦らせるアートの跳躍力とは-。共同通信配信の「夢のざわめき」欄に掲載されたものを中心に編集した「アート」評」ということなので、当然ながらかもしれないが、かなり多くのアーティストが採り上げられている。

 今、個々の人の仕事を探索する余裕はないが、アートの世界を広めるためにも、今後、折に触れてアートの話題に言及する際の参考のため、名前くらいはメモしておきたい。
(時間があったら、折に触れてネット検索そのほかで個々の作家のプロフィールなど追記していきたい。) 

 といって、本書『〈想像〉のレッスン 』に登場する人物を漏れなくメモするわけではない。目立ったところだけにさせてもらう(漏れている作家の方、御免なさい。悪意はないのです。遺漏のない仕事ができない小生なのです)。且つ、順不同でもある。

続きを読む "アートレスをアートフルに(序)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/03/09

読書拾遺…市川浩・坂部恵・三木清

 鷲田 清一氏著の『〈想像〉のレッスン』(NTT出版ライブラリーレゾナント015)をお茶を飲みながら徒然に読んでいたら、懐かしい名前、懐かしい本の題名が出てきた。
 読者レビューによると、「当代きっての人気哲学者」という方だが、小生が本を手にするのは初めて(のはず)である。
 出版社のレビューでは、「微かな違和の感覚を掬い取るために、日常の「裂け目」に分け入る。「見る」ことの野性を甦らせるアートの跳躍力とは-。共同通信配信の「夢のざわめき」欄に掲載されたものを中心に編集した「アート」評」という。
 が、「まえがき」によると、「いつもほど理詰めな書き方を、ここでわたしはしていない。現象にふれるとき、理に沿わせる、あるいは論理の枠組みを先立たせるという、哲学の修業のなかでついつけてしまった悪癖をあたうかぎり遠ざけたかったからである。他者の感受性にふれておろおろするじぶんをそのまま晒けだしたかったのである。<想像>のレッスン、それはだから何よりもまずわたし自身に課したものであることを、はじめにお断りしておきたい」というのだ、ロッキングチェアに腰を埋めて居眠りの合間に気軽に読んでも構わないだろう。

 実際、哲学プロパーとなると、不勉強な小生も、では専門家が専門領域を離れた時、それがアートであれ現実の事象、風俗、経済、家事、教育現場となると、基本的には対等のはずである。
 テレビで様々な専門家がコメンテーターとして、ワイドショーなどでしたり顔でコメントしているが、専門分野に関わることだと、くちばしを挟むのは憚られるが(テレビ・ラジオに向かっては勝手な突っ込みを入れているが)、さて、少しでも専門を離れると、まさにその人の人間性が、人間として積み重ねてきた経験がモノを言うわけで、なんだい、専門家ってたって、専門を離れたらたいしたことないじゃんと思ってしまう。
 その意味で、世に名高い(小生だって名前くらいは知っている)方の世態風俗を含めたアートへの彼なりの<おろおろぶり>を高みの見物と洒落込んでも構わないはずである。

続きを読む "読書拾遺…市川浩・坂部恵・三木清"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006/03/08

できちゃった婚増加だって

 このところ、また、失敗が増えている。
 つい最近、某所に野暮用でバイクで出かけた。で、歩道の隅っこの邪魔にならないところを探してバイクを止めたまではよかった。
 用事を済ませ、意気揚々、バイクの駐車場所へ向かう。
 すると、バイクがない! じゃなくて、キーがない! いくら探ってもポケットにキーがないのだ。あり、店で落としてしまったのか、あるいは歩行中に? 店に戻るか、どうするか。
 とりあえず、バイクが無事、あるかどうか確かめるのが先決だと、バイクのほうへ急ぐ。
 すると、なんのことはない、バイクのトランクの鍵穴にキーの束がぶら下がっているではないか。遠目にも陽光にキラキラ光る鍵の束が眩しい!
 トランクをキーで開けてトランクにヘルメットを納めた際に、トランクを閉めたのはよかったが、鍵穴からキー束を抜き取るのを忘れていたのだ!
 バイクから離れ、用事を済ませ、バイクに戻るまで一時間以上は経っていた!
 その間、よくぞバイクが無事だったものだ。キーがぶらぶらしていて、さも、どうぞ盗んでくださいと言っているような状態だったのに。
 日本の治安もまだまだ大丈夫だ。
 小生自身の認知症については危ういけれど。ホント、同じ失敗を何度繰り返せば気が済むのか…。

 閑話休題。さて、本題である。

2006_03070603070014

→ 7日の夜、芝公園にある東京タワーの傍を通りかかったので、タワーを根元からパチリ。さすが迫力が違う。車の窓からカメラを出して勘で撮ったので、タワーの天頂部分が切れている!

 過日、テレビ・ラジオなどで「できちゃった婚」増加の話題があった。
中日新聞ホームページへようこそ」の「『30歳まで子なし』半数 第2次ベビーブーム女性」と題されたニュースによると、「一九七一-七四年の第二次ベビーブーム期に生まれた現在三十代前半の女性の半数以上が、三十歳までに赤ちゃんを産んでいないことが出生状況をテーマにまとめた厚生労働省の人口動態統計特殊報告で分かった」という。
 よって「出産できるとされる十五-四十九歳の女性の人口は今後十数年にわたって減り続けることが分かっており、厚労省は「人数の多い第二次ベビーブーム世代の女性に子供が少ないことで、少子化が加速度的に進み、人口減少に拍車がかかる恐れがある」と分析している」のだとか。
 詳しくは、「厚生労働省:平成17年度 出生に関する統計の概況」をどうぞ。

続きを読む "できちゃった婚増加だって"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/07

川田順造の中のエレクトラ&エディプス

 川田 順造氏著の『母の声、川の匂い   ある幼時と未生以前をめぐる断想』(筑摩書房刊)をたった今、読了した。宮本 常一著の『忘れられた日本人』 (ワイド版岩波文庫) とほぼ平衡するようにして読んでいた(他に、メルヴィルの『白鯨』は言うまでもなく)。
 この『母の声、川の匂い』だが、例によって図書館の新刊本のコーナーにあったから手に取ったのだが、さて、著者名の川田 順造氏が小生を惹きつけたのか、それとも、題名の『母の声、川の匂い』なのか、定かではない。
 そう、このところ、 「匂い」に拘る雑文を綴ってきた小生なのだ、その小生の鼻先にこんな題名の本が現れたら、手に取るしかないのである。
 まあ、冗談はさておき(まんざら冗談でもないのだが)、川田 順造氏の名、それゆえ本はある種の懐かしさの感で手にしたのは事実である。
 レビューにもあるが、「東京下町の地霊が呼び覚ます心の軌跡。灼熱のアフリカドラムが甦らせた江戸木遣り、姉に長唄をさらう母の声、寡黙な父の後ろ姿…。江戸東京の地下水脈のうちにたどる文化人類学者の自分史。」といった内容も小生のお気に入りである。

2006_03070603070011

→ 7日、都内某所の公園にて。「春になると…spring has come!」で撮ったのと同じ場所。もう、満開全開である。でも、焦点が花びらに合ってない!

 なんといっても、世界の名著シリーズの一冊であったレヴィ=ストロース著の『悲しき熱帯』(中央公論社1977刊)は川田順造氏訳だったのだ(ちなみに小生は高校時代から大学にかけてこの「世界の名著」及び「日本の名著」シリーズに随分と(?)お世話になった。『悲しき熱帯』については松岡正剛氏の例のサイトが参考になる。小生はというと、『ブラジル不思議・探検』の中で若干、触れているだけ。尚、『悲しき熱帯』は、現在は中公クラシックス版が出ている)。
 当然ながら、本を読む際はバカみたいに最初から最後まで(表紙から裏表紙まで)読まないと読んだことにならないという杓子定規な小生なので、本文(訳文)は勿論、川田 順造氏の解説文も読んでいるはずである(川田 順造氏には「レヴィ=ストロースの名著「悲しき熱帯」の舞台ブラジルを、半世紀後に訪れた文化人類学者の見たものは。家父長制と母性憧憬、雄性誇示と去勢願望。精神分析用語が似合う幻惑の熱帯をレポートする」という『ブラジルの記憶 (気球の本)  「悲しき熱帯」は今 』(NTT出版)なる本があるようだ)。

続きを読む "川田順造の中のエレクトラ&エディプス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/06

土屋輝雄・久世光彦・高島野十郎…

 昨日、日曜日は夕方、図書館へ。日中、天気が良かったようで(タクシーの仕事でグロッキーで日中、ずっと寝ていた!)、そろそろ冷え始める刻限だったにも関わらず、日頃のようには喉を守るためのマスクをする必要も感じなかった。
 例によって本を三冊返却し、その足で新刊本のコーナーへ。
 脳科学(前頭葉)に関する本、哲学の本、犬の本、それから世界各地のその地特有の建物を見開き二頁で当然、画像を掲げつつ紹介する本があった。これを借りるか。
 でも、目は画集のほうへ。それは小生には聞きなれない画家の画集。
 タイトルは、『土屋輝雄作品集』(求龍堂)で、「土屋 禮一【監修】・平光 明彦【解説】(著者紹介)」となっている。「2006-02-28出版」だから出たばかりの湯気が出ているような本だ。パラパラ捲る。いい。絵がいい。一見すると日本画に組するような。でも、そうでもないような。
 日本画を描かれる多くの人は、題材に鳥を選ぶことが多い。何故なのか分からない。多くは鶏、つまりニワトリだったりするので、あるいは身近な題材だったからなのかもしれない。
 画集の中に、鳥の剥製の居並ぶ棚の白黒写真があって、記憶ではその剥製の多くは土屋輝雄氏自らが剥製にしたとあったような。

土屋輝雄作品集
土屋 輝雄著 / 土屋 礼一監修 / 平光 明彦解説
求竜堂 (2006.2)
通常24時間以内に発送します。

 迷った挙句、他に借りたい本があったので今回は断念。でも、図書館の隅っこで本画集を眺める束の間のひと時だけれど、「長い闘病生活の傍ら描き続け、青龍社展にも出品した日本画家」であり、「描くことがそのまま生きることであった」土屋輝雄の世界をじっくり楽しめた。

 ちなみに、「土屋輝雄・禮一父子展」が間もなく奈良県立万葉文化館にて始まるようである(開催日は、2006年3月16日 10:00~2006年5月21日 17:30)。

続きを読む "土屋輝雄・久世光彦・高島野十郎…"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006/03/05

掌編、書きました!

 掌編「とうせんぼ」を書きました。
 ボクものだけど、オレもののような、つまりはボケものです。ナンセンス小説に近いかな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書拾遺…忘れられた日本人

 図書館に行くと(実際には「情報館」の「図書コーナー」だが、まあ、便宜上、図書館と呼んでおく)、館内でまず最初に目にするのは新刊コーナーである。尤も、ラックに並ぶ本を手に取ってみると、新刊は新刊なのだろうが、必ずしも出たばかりの本というわけではない。
 中には一昨年の本もあったりする。図書館の方の判断で購入されているから、ピカピカの新刊ばかりではないということなのか(よくは分からない)。
 過日もそうで、中に木村 哲也氏著『『忘れられた日本人』の舞台を旅する  宮本常一の軌跡』 (河出書房新社)があった。
 パラパラ捲る。面白そう。借りよう!

sion-adamo

→ 紫苑さんに戴いた画像です。今度、あのサルヴァトーレ・アダモのコンサートに行くのだとか。羨ましい。若い頃、彼の「雪が降る」はどれほど歌ったかしれない。センチだったんだ…、昔は。

 ところが、生憎、そうした日に限って他にも借り出したい本があったりする。その日は、先日来、借り出されているのか、前には目にしていたのに最近はずっと書架に姿のなかったハーマン・メルヴィルの『白鯨―モービィ・ディック 上・下』(千石英世訳、講談社文芸文庫)がたまたまあったので、トルストイの『アンナ・カレーニナ』の次はこれを読むと決めていたことでもあり、『『忘れられた日本人』の舞台を旅する  宮本常一の軌跡』 のほうは、とりあえずは断念することにした。
(ちなみに、『『忘れられた日本人』の舞台を旅する  宮本常一の軌跡』は読む機会をいつ作れるか定かではないので、本書や筆者を紹介するサイトを示しておく:「木村哲也著ー「忘れられた日本人」の舞台を旅する」)

 が、書を書架に戻したのには他に理由があった。
 それは、肝心の本家本元の宮本 常一著の『忘れられた日本人』 (ワイド版岩波文庫) を小生、読んでいないのである。
 やはり、順序ってものがある。民俗学は小生の好きな読書分野の一つで折々関連する本を読んできたが、この高名な本を何故か手にしていなかった。名前はしばしば目にするので、もう、読んでしまったような気分になっているのだろうか。
 宮本 常一著の『忘れられた日本人』 を後日、見つけ、土曜日に読了したので、若干のことをメモしておく。

続きを読む "読書拾遺…忘れられた日本人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月26日 - 2006年3月4日 | トップページ | 2006年3月12日 - 2006年3月18日 »