« 読書拾遺…「鏡のなかの鏡」へ | トップページ | セミから空を考える »

2006/08/23

自転車ライダー生活本日開始

 火曜日のブログ「読書拾遺…「鏡のなかの鏡」へ」の日記の項で、「昼頃、目覚めて、洗濯、軽食、外出(やたらと用事が多い)」などと書いている。
 先週土曜日の用事とは、今週の土曜日、恒例の浅草サンバカーニバルが催されるのだが、小生、スタッフとして下働きさせてもらう予定。スタッフといっても、まず人に目に付くことはないと思うのだが、それでも衣装というか、それなりの服装が必要となる。

2006_08230608220036

→ 8月22日(火)夕刻、都内某所にて。運河に屋形船が浮んでいる。いいなー、うらやましいなー。オイラの仕事は、今から佳境(?)に入る…はず…だったのだけど。

 白いアンダーシャツ(ランニングか袖なしTシャツ)、白い(デッキ)シューズ、踝(くるぶし)を覆わない白の靴下(乃至は履かない)、白いパンツ(トランクスじゃなくて)などなど。
 このうち、白のランニングシャツは持っているが、新規に買うことにした。
 白い(デッキ)シューズは、昨年、購入し使用した。
 白の靴下も購入(ついでに、仕事のために三足セットの黒い靴下を買った)。
 万が一のことを考え(?)、白いパンツに合わせ白色のトランクスも(普段着用に柄物のトランクスも。小生、トランクス派!)。

 いっそのこと、白い帽子も買おうかと思ったが、やりすぎか。
 白いパンツ着用ということなので、小生、黒やこげ茶のベルトしか持っていないし、かなり草臥れていることもあり、今後のことを考え、白いベルトを一本、買った。

 用事の重要な一つは、銀行その他でのおカネの遣り繰り。いつもながらの懸案事項だった。詳細は書かないが、とりあえず首は繋がっている?!


 さらに、父の用事があって、郵便局へ。図録を発注する必要があり、定額小為替を購入し、さて、ついでだからと窓口で出そうと、待合時間の間に、切手と封筒を所望。
 すると、窓口の方が言うには、「郵便局には封筒は置いてありません。文具なので、文房具店などで……」だって。

 そういえば、そうだった。郵便局には郵便物は投函できるし、切手も幾らだって用意されているけれど、封筒は文具だから管轄外なのだ。
 というか、縄張りが違うということか。
 郵便局って、民営化が決まったんだったよね。
 なのに、まだ、封筒(文具類)は他で買え。
 他の業界を侵犯しないように計らっているということなのか。
 でも、郵便局で切手、封筒、便箋、ボールペン(鉛筆、万年筆など)が揃わなくっちゃ、おかしいんじゃないだろうか。

 と、口では言えない小生、内心、愚痴をブツブツ言いながら、窓口を後にした。
 これが先週の土曜日で、封筒を買うタイミングを逸して、未だに郵便物を出せないでいる。
 さすがに、今朝、コンビニで封筒を買ってきたので(とりあえず、一通だけでいいのだけど、10通入りのものしか置いてない!)、今日には出せるだろう(多分)。


 洗濯と掃除(二週間ぶり)はともかく、他に土曜日のメインは、ブログ「馬橋パレード…オートバイとの別れ」でザッと書いたように、愛用のバイク(スクーター)を手放すことだった。
 ああ、長年のパートナー(相棒)との涙の別れ!
 その晩に自棄食いしたピザの味は一生、忘れないだろう!

 免許を取得して32年。3年のブランクがあるので、29年のライダー生活だった。50cc(原付き)から大きいのだと800ccのバイク。最後に乗っていたスクーターも600ccのシルバーウイングという機種。
 半年ほど迷った挙句の決断だった。
 それでも、19日の土曜日の午後になっても、ぐずぐずしていた。後悔はしないか。迷いはないか。でも、午後の外出時の所要がいろいろある。そろそろ出かけないといけない、ということで、とりあえず、手が電話機に伸びていた。電話機を手にすると、近所の馴染みのオートバイ店に電話。電話した以上、何か話さないといけない。
 で、「お宅、バイクの引き取りってやってます?」と、切り出したのだった。

 バイクには、任意の保険も掛けている。三十年前後、掛けているのだが、一度も使ったことがない(事故がなかったってこと。一度、あったが、相手方の全面責任だったので、使う必要がなかった)。これ以上、保険金額(割引率)が下がらないほどになっている。
 その保険、普通なら、解約したら、仮に将来、再契約したら、保険金額の割引率が元に戻ってしまうはずだが、暫定的な解約ってのがあって、5年以内に再契約したなら、もう一度、現状ランクの保険金額(割引率)で開始できる制度があるという。
 そう、オートバイには多少の未練があるので、その暫定的な解約の形を選ぶことに。

 いつか、また、晴れてライダー生活に戻りたい。小生の唯一といっていい趣味なのだし(読書と書くことは生活そのものなのだが)。

 さて、話が前後するが、小生が、サンバのためとはいえ、あれこれ買うってのは、随分と余裕があると思われそうだが、さにあらず、なのである。
 中古とはいえ(というか、購入した時も中古だったのだが)、人気がない車種だとはいえ、お盆が過ぎ、ライダーがバイクを買う夏のシーズンも終わりだとは言え、売却したのだから、ちょっとだけ、おカネが入ったのだ。でも、買ったときの4分の1!

 そのカネで、サンバ用品や日用品を纏め買いし(ついでに下着も買った)、どうせ予定外の収入ということもあり、一部は借金の返済。そして残りのカネで、自転車を買った!
 そう、ライダー生活は続く。
 但し、乗るのはオートバイ(バイク)ではなく、自転車ってことである。
 でも、ライダーだよね! 自転車だって二輪車だし。

 というわけで、(自転車)ライダー生活は続くよ、なのであった。

[ 注意深い読者なら読まれて気付かれたかもしれないが、小生、白い衣類を買った云々の記述のところで、若干、暈した表現をしている。
 そう、小生、白いパンツについては買ったとは書いていない。白のトランクスを買ったとまで書いているだけである。
 土曜日に一緒に同じデパートで買おうかと思ったが、自前の淡いベージュ色のチノパンで間に合わそうかという思いもあって、売り場で物色しながらも躊躇いがあって、買わないで帰ってしまったのである。
 でも、やはり、中途半端の感が拭えない。
 本日、入手した自転車の試走も兼ねて、新品の自転車で、近くの(といっても、自転車で十数分)ユニクロへ。真っ赤な車体色の自転車の銀輪を輝かせ、颯爽と乗り付けたのである。
 だが、である。東急ストアと兼ねたその店の前の守衛さんに「ユニクロへの入り口は何処ですか」と尋ねると、「本日は棚卸しで店はやっておりません」だって!
 ああ、新品自転車での最初の買い物は見事に失敗に終わったのであった。
 どうするか。
 迷ったが、やはり土曜日に行ったデパートへ自転車で向うことにした。

 さて、東急ストア(ユニクロ)への道は、小生の邸宅(集合住宅)からは峠のような坂道を上って降りてを二度三度と繰り返す必要がある。中には結構な坂もある。
 でも、アシスト装置もあって、変速装置も小生が乗り回していた三十年以上前とは大違い。坂道も、小生の今の体力でヘロヘロながらも上りきることができたのであった。感激!
 が、自転車のタイヤの空気圧が足りないような気がする。夏ということもあるのか、在庫にしている間に空気が抜けたのか、若干、少な目の空気圧。タイヤの凹みが大きい(ような気がする)。
 なので、先週土曜日にバイクを引き取ってもらったオートバイ店へ寄り、空気圧の調整をしてもらった。
 ただ、店の人曰く、夏場だから圧は少なめにするほうが無難。日中の暑い盛りだと、チューブの中の空気が膨張して破裂する恐れもあるし、とのこと。
 で、ホンの気休め程度に圧を高くしてもらって、白いパンツ(念のために繰り返すが、白いパンティでも白いトランクスでも白いブリーフでもなく、白いズボンである)を求めて、いざデパートへ。
 売り場へ向かい、店員に白いパンツはあるかと聞いたが、やはり、見渡した印象に違わず、あるのは白色のチノパンだけだった。
 しかも、である。
 サイズが在庫の中で最大が94センチ。
 先週、土曜日、トランクスを買う際に店員さんにウエストを測ってもらったえら、丁度100センチ!

 ああ、神は我を見放したか!
 でも、タグを見ると、5センチ伸びる、と付記してある。
 もしかして。どうせ、このトランクスは普段着ではなく、パレードなどのスタッフなどをする際に穿くだけ。つまり、立ちっ放し。座ると、ウエストは肉がだぶついて100センチが105センチ以上になるのは必定だが、立っているなら、ちょっとウエストを緊張させておけば、なんとかなる……かも、しれない。
 で、ダメもとで試着。すると、である。なんと94センチのそのパンツ、立って刷いている限りは、まるで誂えたように、ピッタリなのである。
 小生、感激だった。
 神は我をお見捨てにはならなかった!
 もう、嬉しくて、早速、店員さんに裾の長さ合わせをしてもらい、後日、取りに行くことに。
 一安心である。
 買ったばかりの自転車の一時間半ほどの試走も無事、終えたことだし。

 まあ、つまらない後日談であった。   (当日、夕方、追記)]

|

« 読書拾遺…「鏡のなかの鏡」へ | トップページ | セミから空を考える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

番外編」カテゴリの記事

コメント

そうですね、郵便局でも便箋と封筒とボールペンくらいは売ってると良いのに・・・同感です。

でも、小為替を送る程度でしたら、25gまで60円で発送できる、封筒と便箋が一体になったようなミニレター(郵便書簡)をご利用になるのが賢いかもしれません^^

投稿: 縷紅 | 2006/08/23 21:39

やいっちさんの白づくめの姿を拝見してみたいです。

どんな格好なのかな?ある俳優さんをイメージしてしまうのですが…

お写真待っていますよ(笑)

投稿: elma | 2006/08/23 22:27

縷紅さん、小生、ミニレター(郵便書簡)って、何? でした。
なるほど、そういうのもあるんですね。

でも、封筒や便箋くらい、あってもいいのでは。ボールペンなどは拝借できるだろうけど。

投稿: やいっち | 2006/08/23 23:20

elma さん、白尽くめの姿で思い浮かぶ俳優というと、?????

当日は、スタッフするので、昨年もだったけど、写真は撮れないだろうと思う。
格好は白だけど、役割は黒子なのだし。

投稿: やいっち | 2006/08/23 23:26

おはようございます!

名前が思い出せないのですが、マツケンサンバを踊る俳優さんです。ちょうど「サンバ」っていうので、思い出してしまったのですが・・・・
白づくめで「黒子」というオチがいいですね。

投稿: elma | 2006/08/24 05:40

elma さん、なるほど、マツケンサンバを踊る、高貴な方を演じたこともあるあの方ですね。
さすがにフィーバー(古!)は終わったけどね。
オチが受けて嬉しいです。何より!

投稿: やいっち | 2006/08/24 08:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/11571607

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車ライダー生活本日開始:

« 読書拾遺…「鏡のなかの鏡」へ | トップページ | セミから空を考える »