« 戦争体験の継承 | トップページ | 賢治の俳句…花はみな四方に贈りて菊日和 »

2006/08/12

月の魔力?

 水曜日の営業も峠を越した夜半過ぎだったか、久しぶりに冴え冴えとした月影を見た。撮れる腕前も撮れた実績もないのに、月影にデジカメを向けて撮影にトライ。
 結果は見事に失敗。
 さて、金曜日の営業が終わりに近づいた土曜日の未明、といっても、朝の五時を回って半に近づいていたから未明というのも無理があるかもしれないが、あるバス通りを走ったら、事故現場に遭遇。昨夜からだと、一体、何件目の事故現場との擦れ違いだろうか。
 が、土曜日の朝に見たものは、真っ赤な乗用車が電柱か住宅の門かにぶつかりフロント部分が大破している。警察官が早く通り抜けろと指示するもので、じっくり見て確かめるわけにはいかなかった。
 昨日の営業で見た、一番の事故ということになる。
 ちなみに、昨夜は、8日から続く危険予測日の真っ只中にあったようだ。
→「The Moon Age Calendar

2006_08100608110031

← 画像では月の形が崩れているが、実際は、ほぼ満月だった。久々の月光があまりに眩しくデジカメも降参?!

 さて、車中では、「人麻呂と長明の「泡」つながり」にも記したように、池内 了(いけうち さとる)著の『天文学者の虫眼鏡―文学と科学のあいだ』(文春新書)を読んでいる。
 さすがにじっくり読んでいられるほどには暇ではないので、未明などにちらちら読むのだが、そんな中で、月に関する話題を昨日は読んだのである。
 そのうちのある項目は、題名が「月の魔力?」となっている。

 或る日、警察当局から、ある本を出すに当って、コメントを求められた(あるいは推薦文のようなものか)。
 それは、俗説としては最近、話題に出てくる説がまさにテーマになっている本らしい。
 つまり、月齢と交通事故との相関関係が、少なくとも統計的に見られるという考え方が主眼となっている。
 この考え方は、あるいは警察など一部関係当局では俗説に留まるものの、それなりに信憑性があると思われつつある説らしくもある。
 小生も以前、採り上げたことがあるが、その科学的探究が、あるいは統計的解析や資料が不十分で、小生の能の不足もあって、中途半端な記述に終わっている。

 まずは、今日の話題に関連するサイト(頁)を羅列しておく:
交通事故危険日 月の魔力 黒木月光
月夜の狂気
e-hon 本/『満月と魔力』の謎 月は警告する!/黒木月光/著 二見書房
『月の魔力』 アーノルド・L. リーバー (著), Arnold L. Lieber (原著), 藤原 正彦 (翻訳), 藤原 美子 (翻訳) 東京書籍

44877616701


 このうち、最後の著書は、「兵庫県警に勤める現役警察官が、膨大な交通事故の資料を精査して、月と事故のあっと驚く関係を導きだし」たものとかで、要旨はというと、「月の満ち欠けと交通事故は、深い関係がある―?長年事故の現場に携わってきた警察官としてのカンから月についての研究を始め、膨大なデータを分析した結果、月と事故との不思議な因果関係を発見した。上弦・下弦時に「ウッカリ型」事故、新月・満月時には「暴走型」事故が多発するというのだ―。さらに交通事故だけでなく、殺人事件や歴史的な大事件、地震や災害と月との関連を明らかにした月光学。」というもの。
 但し、上掲の本が池内 了氏がコメントを電話で求められた本かどうかは分からない。

 また、アーノルド・L. リーバー著の『月の魔力』は、月と交通事故など人間の行動との関係という話題の発信源(の一つ)として有名(小生は未読)のようだ。
 念のために内容説明を転記しておくと、「満月の日は殺人・交通事故が激増する!?マイアミの精神科医である著者は、この噂に興味をもち、研究を続けていくうちに、次々と新事実に遭遇し、ついに月と人間の行動・感情には明らかな関連があることをつきとめた…!月はその引力により、満潮・干潮を引き起こす。人間の体内水分は80%。生体にも潮汐作用が起きているのではないか。この「生物学的な潮汐」こそ、人間の行動と感情の鍵であり、このリズムを通じて生命体は宇宙と結びついている―という壮大なバイオタイド理論を展開して、科学のフロンティアを切り開いた本書は、知的興奮に満ちみちている。訳者による「出産における月のリズム」も、本書の説を裏づける貴重な資料である」というもの。
 信憑性はともかく、面白そう。
 藤原 正彦氏は、こんな本も訳されていたのだ!

 さて、池内 了氏は、この<俗説>について、一概に俗説として退けないで、科学者らしく分析してくれている。
 まず、占星術だが、「天体の位置関係が人間の運命を決めていることなどありえない」と、これは一蹴している。
 (小生も星占いは、あくまで遊び心で利用するものと思っている。星占いで使っている<天体>に関する知識は、古いし情報量として極めて乏しい。19世紀、そして20世紀になって以降に獲得された天文学や宇宙論の情報量は人類が過去にそれまで得てきた知識を遥かに遥かに凌駕しているのだ。)
 ついで、「交通事故と月齢との壮観もにわかには信じ難い」と言う。
 仮に月齢と交通事故数とが見かけ上、相関関係があったにしても、「因果関係」はまったく無いと断言されている。
 以下、統計の詐術について、縷々、説明されている。この辺りは略すが、統計を使った議論、世論調査、その他の論議のあやうさは、最近は一般世間でも知られてきたようだ。
 統計で得られた資料などの分析については、力の入った議論がなされている。
 が、天文学者としての池内氏の本領はその先で(といっても、物理学や天文学の初歩的な知識に過ぎないのだろうが)、「潮の干満を引き起こしている力の主な成分が月の潮汐力だとは良く知られているが、それを直ちに月の万有引力だと誤解」されている点に注意を喚起している。

「地球は太陽の万有引力を受けて公転運動をしている」「とはいえ、小さいけれど地球は月からの引力を受けているから、地球が月に落ち込まないためには(実際は、月が地球に落ち込まないためには、と言うべきだろうが)、月と地球は共通の重心の周りを回っているはずである。その運動によって生じた遠心力が、地球の中心部に働く月からの万有引力と釣り合っているのだ。月の万有引力からこの遠心力を差し引いた残りが潮汐力なのである。この差し引きの結果、万有引力は距離の二乗に反比例するが、潮汐力は距離の三乗に反比例することになる。そのため、潮汐力で比べると、月の方が太陽より三倍も強くなるのだ。これが、潮の干満の主原因が月である理由なのである。」
「直感的に言えば、地球の中心部で月からの万有引力と遠心力が同じになっており、月と反対側では遠心力が勝っているために海水が盛り上がり、月に向いた側では月の引力が勝っているためやはり海水が盛り上がることになる。」
「この潮汐力は海水だけでなく岩石部分にも作用しており、二五センチもの昇降運動を繰り返している。」
「このように、月のリズムが地球のリズムに影響を与えている可能性が大きい。だから、月齢と地上の自然現象の間に何らかの相関が生じることは否定できない。」
「さらに、地球自身が持つリズム(大陸の移動、地磁気の逆転、自転の速さや自転軸のみそすり運動、エルニーニョ)、太陽のリズム(一一年周期、二二年周期、黒点の消失)、太陽系のリズム(隕石や彗星の飛来、銀河系での雲との遭遇、星の爆発)、銀河系のリズム(回転運動、円盤の上下運動、星との遭遇、渦巻きへの突入)などが組み合わさって、自然はさまざまなメロディを奏でている。それが、地球上にこれだけ多様な生物が生まれた原因かもしれない。」
「まさに、私たちは宇宙の妙なる音楽を聞きながら生きていると言えそうだ。」

47917548912

 一昨年だったか、「この潮汐力は海水だけでなく岩石部分にも作用しており、二五センチもの昇降運動を繰り返している」という記述にも関係すると思うのだが、「月の引力が地震を誘発」に関係する内容の論文が発表され話題になったことがある:
月の引力が地震を誘発!1(防災科技研)
「将来発生が予想される東海地震や南海地震など沿岸の比較的浅いところで起こる地震は、月の引力の向きに合わせて増減する可能性が高いことが、防災科学技術研究所の田中佐千子特別研究員らと米カリフォルニア大ロサンゼルス校の研究でわかった」という主旨の論文だが、要は、「月の引力によってかかる力は、地震を引き起こす力の1000分の1ほどだが、地形のひずみが十分にたまって地震が起こりやすくなっているときに、最後の引き金を引いて地震発生に至っている可能性が高いという」のである。
 最後の引き金が月の引力だというだ。
 さらに、「最近,地震・火山現象と地球潮汐との関連性についての報告が多くなされるようになってきた」とも、上掲の報告にある。

 さて、交通事故数と月(月齢)との相関だが、統計の作り方をもっと精密にしていくことで、相関関係までは否定できない可能性がある。
 問題は、因果関係だ。
 潮汐力が潮の干満、岩石の二五センチもの昇降運動、その他に関係するとしたら、その潮汐力が、人間の体液(血液やホルモンバランス)へも影響が皆無とは言えない可能性も考えてしかるべきだろう。
 潮でいえば、干潮の時は、血液がやや頭よりは下方への圧力を受けるし、満潮の時には血液が頭に集まる圧力のもとにあることになる。
 頭に血が上るという表現があるが、血が頭に平均の時より充満気味の時、あるいは引き気味の時には、思考や精神のバランス、大きくはバイオリズムに相関すると考えるのは自然なような気がする。
 月経などを経験する女性は、経験上、月齢を結構、敏感に感じ取っているのではなかろうか。

 いずれにしても、月の潮汐力と体調(心の調子も含め)との関係については、医学的な疫学調査も必要なのではないかと思われるの。

 最後に、全くの余談だが、萩原朔太郎には「月に吠える」という詩集があるように、小生には、「月影を追って」など、月を巡るエッセイがやたらと多い。
 血の気の多い人間では決して無いが、月影を見るとあれこれ妄想が逞しくなるのは小生の性癖のようだ。

|

« 戦争体験の継承 | トップページ | 賢治の俳句…花はみな四方に贈りて菊日和 »

書評エッセイ」カテゴリの記事

科学一般」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
確かにデジカメを向けたくなるような、くっきりとした美しい月でした。
仕事場と自宅の途中の道に、東西の方向が開けた坂道があるのですが、そこを通りかかるとつい(運転しながら)月を見てしまいます。
それと月齢と事故の統計とは無関係でしょうが、余所見で事故しないように気をつけないと(苦笑)。
そういえば、あと半月ちょっとで風の盆ですね。
就職したばかりのころに一度だけ風の盆を見に出かけたことがあります。
歩きつかれて、八尾の駅で始発電車を待ったのが懐かしい・・・

投稿: 縷紅 | 2006/08/12 20:02

縷紅さん、そうですね、小生も都内を走り回っていて、走行中に出会う月見の絶好ポイントがあります。仕事中であることを忘れ、つい、見入ってしまう。
夏は未だ湿気があるけど、秋口辺りからが楽しみ。

月齢というか、月の地球との相対位置(潮汐力)と自然現象の一部や人の血の流れ方(血液の集まり場所)には関係がありそう(雲に月影が遮られていても、統計的に変わりがないとなれば、一層、蓋然性は高まるかもね)。
月経のこともあるし、気のせいとは言えないように思う。医学とそのほかの分野の学者たちが一緒になって研究しないと解明は難しいかな。

風の盆を観たことがある…。羨ましい。

>歩きつかれて、八尾の駅で始発電車を待ったのが懐かしい…

若き日の一頁が映像となって思い浮かぶようです。

小生、今年も風の盆を見るのは無理そう。話ばかり。なんだか夢の中で恋人のことを思っているみたい。


投稿: やいっち | 2006/08/12 21:41

こんにちは!

「月の魔力」ってあるみたいですよ。
フランケンシュタインとか・・・
私も月がすきです。
この間の「月光浴」の本、書店で見ました。
でも、高かった(3,800円)ので、買いませんでした。
満月は、8月9日で、次の満月までは、26日あるようです。

「青い月=ブルームーン」なんて言葉すてきだと思いませんか?
次のサイトをのぞいて見てください。
馥郁たる夜が楽しめますよ。
http://www.naxnet.or.jp/~ilukes/

投稿: elma | 2006/08/13 09:38

elma さん、「月の魔力」の話題は結構、裾が広いですね。オオカミの話とか。小生など、直接は関係ないけど、中島敦の「山月記」という小説を思い浮かべてしまったり。
月のパワーについては、女性が敏感なんじゃないかと思うのですが、誰かコメント、くれないかな、なんて。

小生も「月光浴」の本は買えないでいます。展覧会さへ、行ってない。
情けない小生です。

「青い月 ブルームーン」の話題も表題の本に採り上げられていました。小生も「ブルームーン」という題名の掌編を書いたことがある:
 http://homepage2.nifty.com/kunimi-yaichi/introduction/bluemoon.htm

月に関連して言うと、「地球照」も見事な光景です:
 http://www.kiy.jp/~mo/lunarimage/earthshine/index.htm

なんて、教えていただいたサイトを開いてピアノ曲を聴きながら書いていますよ。
曲を弾けるのも羨ましいけど、作曲できるってのは小生には尊敬に値する神業に思えます。

投稿: やいっち | 2006/08/13 11:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/11402300

この記事へのトラックバック一覧です: 月の魔力?:

« 戦争体験の継承 | トップページ | 賢治の俳句…花はみな四方に贈りて菊日和 »