« 花小金井パレードへ(3) | トップページ | 心はカネでは…ワーキングプア »

2006/07/25

花小金井パレードへ(4)

06花小金井パレードへ(4)」へ引っ越しました。

|

« 花小金井パレードへ(3) | トップページ | 心はカネでは…ワーキングプア »

サンバレポート・エッセイ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やいっちさん、サンバパレード愉しそうですね!
私も昔、浅草サンバカーニバルを見に行ったことがあります(^^)。静岡でもブラジルの方が多いのでサンバカーニバルがあります。大道芸はまだ見に行ったことはないのですが、地元にチャンピオンの人が来た時には見ていて感動して涙が出そうになったほどでした(^^)。

投稿: magnoria | 2006/07/25 22:22

magnoriaさん、パレード、元気、貰ってます。
重い重い腰を上げて遠くの町でのパレードを見に行く。
大道芸、東京もストリートパフォーマンスを応援する取り組みが都知事のイニシアチブのもと、行われています。
「都内の公園や施設を大道芸人に開放する「ヘブンアーティスト」制度」と呼ばれるものです:
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/bunka/heavenartist/
小生の出身は富山なのですが、富山はチンドン屋さんの中心地。富山で毎年、「富山全日本チンドンコンクール」が行われます:
http://atky.cocolog-nifty.com/bushou/2005/03/post_17.html
東京でたまにチンドン屋さんを見ると、富山を連想する小生です。

サンバは屋内の舞台でもライブするけど、基本はアウトドア。ストリート。この野性味を大事にしてほしいと思っています。

「サンバカーニバルinシズオカLive中継2006年5月4日(木・祝)」を見たら、知っている人が映っていた!

投稿: やいっち | 2006/07/26 06:40

やいっちさん、それではお友達が静岡にいらっしゃるのですか?私も実は腰が重い方なのですが、いくぞ!と決心した時は、小鳥ちゃんになって猛スピードで出かけるのです(笑)。富山はちんどん屋さんの中心地なのですね!日本はやはり大道芸的なものがすたれてきていたと思うのです。石原都知事は個人的にはあまり好きではありませんが、こういう取り組みはとても良いと思います。
私は、20代の頃に、阿佐ヶ谷の阿波踊りや晴海のレゲエコンサートに行ったこともありますよ(^^)。今は日本各地の夏の祭りを見たいです!
特に東北の竿灯祭りやねぶた・ねぷた。

投稿: magnoria | 2006/07/27 19:30

magnoriaさん、紹介したサイトの動画の中に、東京のサンバチームのメンバーの方がいたっていうだけのこと。先方様は小生のことは知らないと思います。なんたって、小生がファンになっているダンサーは多いから。

富山は富山なりに頑張っている:
http://atky.cocolog-nifty.com/bushou/2006/07/post_c2aa.html
都知事もあの異常な中国コンプレックスとか、都の教育機関での国旗・国歌の強制は理解しづらいものがありますが(一応は作家なのだし、思想・表現の自由ってことの大切さは分かるだろうに…)、一部の文化的な取り組みは、彼にしては上出来かも。

祭り…。ねぶたもネプタもいいけど、富山には「おわら風の盆」がありますよ:
http://www.city.toyama.toyama.jp/yatsuo/nourin/owara/
ちなみに、小生は、一度も観たことがない!


投稿: やいっち | 2006/07/27 21:28

私も、正直言って都知事の異常な中国コンプレックスと、国旗・国歌の強制は理解できません。
氷見の文化面での取り組みは素晴らしいですね!
勇気づけられました。ちなみにやいっちさんって野球好きだったんですね。しかもやる口(^^)。私も王監督好きです!長嶋ではなく王。長嶋のどこがいいのか?王監督のお母様が氷見出身だったことも初めて知りました。
「おわら風の盆」も一度見てみたいです(^^)。友人も見たいと言っていますし、別の友人は街起こしでこの街とは縁があるようなのです。会社の同僚で仲が良かった子もたしか富山の出身でした。

投稿: magnoria | 2006/07/27 23:26

magnoria さん、小生、野球はやるほうが好き…だったのです。十数年前に肩をこわしたので、今じゃ、キャッチボールも無理です。
なんたって、散歩とは三歩、歩くことと喝破(?!)している人間ですから。
王監督については、昔も今もファンです。WBCでの優勝は嬉しかったなー。
「おわら風の盆」…。小生には未だに「おわら噂の盆」に留まっています。情けない。
magnoria さんの知り合いに縁のある方いるなんて、奇遇だし、なんだか、嬉しい。

投稿: やいっち | 2006/07/28 01:19

やいっちさん、十数年前に肩をこわしたというのは、野球でですか?日常生活に差し障りはないのでしょうか?大変ですね(^^;だからあまり出歩けないのですか?何か良い改善策はないのでしょうか?ゆる体操とかはどうでしょう?
王監督は、その業績と同時にその人間性を尊敬しております。「おわら風の盆」ならぬ「おわら噂の盆」(笑。やいっちさんって面白い方ですねー(^^)。そのうちいつかいけるといいですね(^^)。私も富山とは縁があるような気がするので行けるかもしれません。やいっちさんとも仲良くなれそうなので嬉しいです(^^)。

投稿: magnoria | 2006/07/28 08:03

magnoriaさん、サラリーマン時代、倉庫の隅っこの狭いところで、無理な体勢でキャッチボールをして、壊したものです。日常生活には支障ないです。
出歩けないのは無精が理由。
軽い体操だけは寝る前にやっています。体前屈とか。
おわら風の盆」ならぬ「おわら噂の盆」どころか、「大笑いのボンボン」です。
富山に居住していたら行けるような、でも、反って難しいような。
ま、話題を楽しむのも一興と思っています。
これからもよろしく。

投稿: やいっち | 2006/07/28 16:58

やいっちさんって、ぼんぼんだったんですかー?!(^^)。えっ、じゃあ、田舎に帰ればおぼっちゃま?そのうち田舎に拠点を移せれば、幸せな生活が待っているかもしれませんね(^^)。
とにかく肩が日常生活に支障がないことは安心しました。無理のないように運動することは大事ですよね。私も10年近くほとんど出歩かず、2年くらい寝たきりだったこともありますが、だんだんまた体力が戻ってきました。今後ともまたよろしく(^^)。ブログ愉しみにしています。

投稿: magnoria | 2006/07/29 01:13

magnoria さん、大急ぎで訂正しておきますが、小生のボンボンとは、平凡の「凡」を重ねた「凡々」、つまり平々凡々の意味です。
田舎では炊事に掃除に草むしりに買い物係りです。その代わり、食事と寝る場所もある、というわけです。

magnoria さんも、いろいろとあったようですね。その点、小生など、漫然と生きてきたのかも。
ま、ブログは時に根をつめて、時には楽に、マイペースが大事ですね。

投稿: やいっち | 2006/07/29 02:48

やいっちさん、なんだー、ぼんぼんじゃなかったのですかー、残念!(笑)。でも、こんなこと言ってるから誤解されちゃうんですよねー(^^;
でも、「凡々」だなんて、ご謙遜を!私くらいずうずうしくならないとダメかも?(←年上の方に向って何という言葉を!)。
でも、田舎に帰って親孝行されているご様子心温まります(^^)。私は一緒に暮らしているせいか、頭ではわかっていてもなかなか心から両親に感謝するつもりにはなれません。でも関係は徐々に好転しているようです。「ブログは時に根をつめて、時には楽に、マイペースが大事ですね」というお言葉を肝に銘じて、これからもがんばっていきますので、また御指導のほどよろしくお願いいたします(^^)。

投稿: magnoria | 2006/07/29 10:32

そういえば、ボンボンというオモチャがありましたね:
 http://room-customize.com/bonbon.htm
ウイスキーボンボンというお菓子(?)も:
 http://www.la-fontaine.co.jp/tukuro_bonbon.html
普段、一緒に暮らしていると、なかなか孝行は難しいのかも。
小生はたまに帰るから、その真似事を。
ブログ、お互い刺激し合って、楽しく続けたいものです。

投稿: やいっち | 2006/07/29 17:06

やいっちさん、返事が遅くなってしまいました(^^;。スミマセン。そういえば、毛糸でボンボンって作りましたねー(^^)。何につけたのか?
今思い出せないけど、なんだか家庭のぬくもりを感じますね。ウイスキーボンボンも、手作りはしたことないですけど、市販であって、子供の時は
それがすごく大人って感じがしましたよ(^^)。
そういえば、ロッテの「イヴ」っていう金木犀の香りのするガムもありました。こういう何気ない記憶が大事なのですよね(^^)。

投稿: magnoria | 2006/08/02 00:45

magnoria さん、あちらではレス、大変ですね。無理しないでくださいね。
毛糸のボンボンは、手袋とか襟巻の端っことか?
小生は男の端くれだから、ウイスキーボンボンを初めて口にした時はびっくりしたけど、美味しかった。高価で、ちょっと手が出ないね。

投稿: やいっち | 2006/08/02 07:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/11089699

この記事へのトラックバック一覧です: 花小金井パレードへ(4):

« 花小金井パレードへ(3) | トップページ | 心はカネでは…ワーキングプア »