« 心はカネでは…ワーキングプア | トップページ | 読書拾遺…これから読む本 »

2006/07/27

花小金井パレード番外編:地上の熱帯魚たち

花小金井パレード番外編:地上の熱帯魚たち」へ引っ越しました。

|

« 心はカネでは…ワーキングプア | トップページ | 読書拾遺…これから読む本 »

サンバレポート・エッセイ」カテゴリの記事

番外編」カテゴリの記事

コメント

腹筋の割れ具合のなんと美しい! 眺むればいとど命の輝きて 引きかえるべきわが身もなければ。トホホ・・・。

投稿: 志治美世子 | 2006/07/27 13:05

腹筋、綺麗ですよね。特にカメラを構えると、彼女らもお腹やポーズには相当に意識するみたい。
カメラと人の目が多いほど、人は綺麗になる?!

志治美世子さん、そんなこと言えば我輩だって昔は、仕事は肉体労働派だったから、胸の筋肉もあったし、腹筋も割れてたし、笑うとお腹はよじれるし…。
ああ、あれは35歳が曲がり角だった。現場作業から事務仕事になって、ずっと座っての仕事がストレスになって。
ま、今は人さまの美しい輝きを眩しく思うだけですわ。

投稿: やいっち | 2006/07/27 17:55

こんにちは、やいっちさん!
昨日は、コメントをいただきありがとうございました。

満面の笑顔と、躍動する肉体!いいですね。
私も昔はそうだったんですけどねぇ~(今はタメイキばかり)
はじけるというのは、いいですね。

生きてあるそれ自体の証!!

元気をいただきました。ありがとう!(今を切にいきたい!そう、思いました。)

投稿: elma | 2006/07/27 18:15

elma さん、ある程度の年代になると、こうした弾ける肉体と笑顔なんて見ると、誰しも、昔はそうだったんだよなって、思っちゃいますね。

でも、大事なのは今を生きること。今の条件の中で可能な限り、やるだけのことをやるってこと。
同時に、マイペースを保つことも忘れちゃいけないし、結構、シビアだったりしますね。

投稿: やいっち | 2006/07/27 21:20

フォトグラファー・チャーリーです。いつも僕の作品の紹介、ありがとうございます。
この度、僕のBlogからもリンクを張りました。

http://charliek.blog16.fc2.com/blog-entry-216.html

これで、言葉と絵の魔術師の最強SAMBAタッグ結成!
「弥一&茶(東海道五十三次みたい?)」

投稿: Charlie K. | 2006/07/28 10:07

Charlie K.さん、画像、使わせていただき、ありがとうございます。
紹介もしていただき、恐縮です。

画像、折々は使わせていただきたいと思うのですが、画像に見合う文章を綴るとなると、結構、力技が必要で、しばしばとは行かないのが実情です。
それでも、こうして実現させてもらうと、嬉しい。

> 「弥一&茶(東海道五十三次みたい?)」

あれれ、小生には、「やじきた問答」という駄文があります:
 http://homepage2.nifty.com/kunimi-yaichi/introduction/yajikita.htm

 次は、「弥一&茶」珍道中に挑戦かな。

投稿: やいっち | 2006/07/28 17:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/11112719

この記事へのトラックバック一覧です: 花小金井パレード番外編:地上の熱帯魚たち:

« 心はカネでは…ワーキングプア | トップページ | 読書拾遺…これから読む本 »