« 2005年11月20日 - 2005年11月26日 | トップページ | 2005年12月4日 - 2005年12月10日 »

2005/12/03

枯木立からケルト音楽を想う

 都内では紅葉の季節も終わりに近づきつつある。春には桜並木として桜の花びらを散らした木々は、四月に入り五月となると、桜吹雪など何処の国の話とばかりに葉桜となる。
 淡いピンクの花びらをそれこそ初夏の風に吹き飛ばしてしまう。どことなく水浴びした犬が体を思いっきりブルブル震えさせて水滴を跳ね飛ばしてしまうような風でもある。
 そうして、ああ、ちゃらちゃらした賑やかしい、いや、喧騒で鬱陶しい時期が終わってせいせいしたとばかりに濃い緑の葉っぱに覆われて、今こそ我が世の春なのだとばかりに光をタップリ撥ね、あるいは葉に吸収し滋養に変え、わが身を豊かで揺るぎない存在に変貌させる。
 葉っぱを全身に纏った葉桜は、夜などに風に揺られているさまを見ると、ふと、洗い髪を風に任せている湯上りの女を連想したりする。そう、日の光を昼間のうちに存分に飲み干しつくた、宵の口からは水銀灯の光、月の光、星明り、時折のヘッドライト、公園を睥睨するかのように聳え立つマンションからの窓明かりを適宜に浴びて、風と灯火のシャワーを浴びている。
 そんな人生の時の時を過ごして、さて秋も深まり、空気も乾き、冷たくなり、葉っぱは一気に萎れていく。
 不思議なことに、葉桜は赤茶けたような色に変色する直前、葉っぱがこれでもかというほどに巨大化する。
(リンク先にも注記してあるが、俳句の世界では、「葉桜」というのは夏の季語なのであり、別の呼称に「桜若葉」があり「花が散った後の桜の若葉」を意味する。)
 それとも、五月の頃の葉桜の葉が数ヶ月の栄養摂取と消化吸収の歳月を通じて徐々に大きくなっていたことに、葉っぱの変色で気づいたに過ぎないのだろうか。

 葉桜の葉は、枯れると一気に風に身を任せる。桜並木は道路沿いに居並ぶのが通例だから、数知れぬ車が行き過ぎる風圧にも呆気なく吹き千切られてしまう。ドライバーも自分が走らせる車の巻き起こす風が葉桜の葉を容赦なく叩き落していることなど、まるで気に掛けない。
 葉っぱのほうだって、懸命に枝にしがみついていようという気など、これっぽっちもないようだ。もう、葉っぱとしての役目は終えたのだ。今更、何を未練がましく枝に、この世にへばりついている必要があろうか、そんな主張さえしない。
 そんなにいさぎよく葉っぱが散っていったら、残された木や枝や幹は寒かろうに、という思いやりの欠片もない。
 枯木立が残るばかりである。

続きを読む "枯木立からケルト音楽を想う"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/12/02

冬の雲…真冬の明け初めの小さな旅

 東京はこのところ晴れの日が続いていて、特に降雨のない日の連続については記録的だという。
 だからといって冬ともなると、雨や曇天が恋しいとは思わない。冬の雨は冷たい。辛い。不況だったり、体調が悪かったりすると、そぼ降る雨でも身を叩くような感を覚えてしまうのだ。
 そうはいっても、天気は気まぐれなもの。天の思し召し次第のもの。少なくとも地上で迷い惑うものには、なるようになるのを見守っているしかない。
 晴れ続きの東京も、天気予報によると、週末の土日辺りは雨の予感。いずれにしても、曇天は間違いないよう。
 ということで、今日の題材はちょっと地味だが表題にあるごとく「冬の雲」である。
 言うまでもなく、「季題【季語】紹介 【12月の季題(季語)一例】」の一つである(「俳句ステーション」サイトより)。
俳句歳時記宝石箱」の「季語集・冬」、その「冬の雲(ふゆのくも )」項によると、傍題に「冬雲 凍雲 寒雲」があり、「晴れた日に空を半ば閉ざしたような雲は色、姿ともに美しい」などといった説明が付されている。

よっちのページ」の「三省堂 「新歳時記」 虚子編から季語の資料として引用しています。12月の季語」なる頁を覗く。
 そこには、「冬の雲はかたく陰惨の感が深い」と簡潔に。
 さらに、以下の句が掲げられている:

旅空や凍雲もるゝ日一筋     王城
時化あとの浪疲れゐて冬の雲     方舟
冬雲は薄くもならず濃くもならず     虚子

続きを読む "冬の雲…真冬の明け初めの小さな旅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/01

12月は季題が豊富にあります

 例によって「俳句ステーション」サイトの「季題【季語】紹介 【12月の季題(季語)一例】」表を眺めている。
 今日から12月である。リンク先を御覧になると分かるが、「12月は季題が豊富にあ」る。もう、この一ヶ月分で一年が賄えるのではと思えるほど。目移りして困る。懐具合からして、せいぜい一冊か二冊しか買えないというのに、一気に新刊書が書店の店頭に平積みされたような。圧倒されて目が回る。
 どの季語・季題にも食指が動く。ただ、この季語随筆は昨年の秋口から始めているので、12月の季題についても、昨年の12月の間に幾つかはすでに採り上げている。
 たとえば、「短日」「冬の月」「冬ざれ」「竈猫(かまどねこ)」「都会の落ち葉」「冬の嵐」「夜鷹蕎麦」「仲冬・大雪・炬燵」「鰤(ぶり)起こし」「仮の宿」「虫の音」「火鉢」「枯尾花」「ポインセチア」「煤払い」「影踏み」「雑木林」「冬の星」「月に雁(かり)」「青みどろ」「日記買ふ」「毛糸編む」「冬木立」「影絵の世界」「水銀体温計」「西鶴の感情:世間胸算用」「茶の湯とキリスト教と」「ブログに暮れていく」「地震・津波・俳句・川柳」「息白し」「ストーヴ

 この中には12月の季語・季題ではないものが含まれています。さて、どれでしょう? なんて、つまらない質問をしてみたりして。
 答えはリンク先と照合してもらえば一目瞭然なので、敢えて書く必要もないだろう。
 中には、「青みどろ」のように、明らかに冬の季語ではないと分かるものもある。夏の季語。

 上掲した昨年12月に取り扱った季語・季題だが、実はこれらが即、表題ともなっている。近頃の小生の表題の長さからして、一年前は季語随筆という本ブログの趣旨に忠実に書こうとしていたことが分かる。
 分かるというより、改めて気づかせられた。一年も経つと、書くことはまだまだあるのだろうとして(それは同時に俳句に関して学ぶべきことが無尽蔵とは言わないが、際限なくある、ということでもある)、小生の守備範囲からしても工夫を凝らしたり、季語や俳句であっても扱う角度や視野を広めるか変えるようにしているという苦肉の策の傾向が強まっていると察せられてくる。
 この分だと、あと数年後には(その頃にも続いていたとして)、本文より表題のほうが長くなりはしないかと、ちと、心配である。

続きを読む "12月は季題が豊富にあります"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/30

ラヴェルのボレロから牧神の午後へ

 28日の営業中、午後の2時過ぎだったか、例によってというわけでもないが、ラジオをNHK(FM)に切り替えた。大概、2時過ぎに最初の休憩(仮眠)を取るので、どこかの公園か人通りの少ない静かな場所に車を止め、本など手に取って、耳からはクラシックというわけである。
 本は、カトリーヌ・ミエ著の『カトリーヌ・Mの正直な告白』(高橋利絵子訳、早川書房)を手にしている。眠気を誘うには小生には活字が一番、なのである。もっとも、この本が就寝の友には相応しいのかどうかは、かなり議論の余地がある、かもしれない。
 なんたって、出版社のレビューだと、「彼女は呼吸するようにセックスする。体のすべてを使って、いつでも、どこでも、だれとでも。フランス現代美術誌『アート・プレス』の女性編集長が、自らの奔放な性生活を赤裸々に明晰に描き、文学界を騒然とさせた自伝的作品」というのだから。
 まだ、冒頭の数十頁を読んだだけなのだが、文字通りこのレビューそのままの内容だと思っていい。
 なんたって、本の帯には、「わたしの体はいやと言わない」とあるのだ。

 過日、ジャクリーン・ウォード著の『夜にめざめて』(河野槇訳、青弓社)を紹介したことがある。この本の著者は副題の「ある娼婦の告白」が示す通りである。
 後者は娼婦の告白とあるが、セックスの場面描写はほとんどない。なのに、なのか、にもかかわらずというべきか、とにかく、筆力があって、一気に読ませてくれた。

続きを読む "ラヴェルのボレロから牧神の午後へ"

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2005/11/29

二つのおめでとう! 朝青龍とハヤブサと

 一つは大相撲にて、横綱朝青龍(25=高砂部屋)が大相撲九州場所千秋楽(福岡市博多区の福岡国際センター)も勝利で飾り、史上初の7連覇と年間6場所完全制覇を達成したこと(通算15回目の優勝)。
 日本人力士には頑張ってもらいたいけれど、今の朝青龍を脅かす可能性がある力士というと、関脇琴欧州くらいのものか(大関決定間近?)。
 朝青龍は強すぎて一匹狼のような存在で、この場所でも日本の観客は相手力士や、特に琴欧州らを声援する人が多い。彼の孤独感とか、プレッシャーも相当なものだったろう。

renge-kayabuki

← 蓮華草さんに戴いた画像。「京都は美山町の北村 茅葺の村落」で、「2年ほど前から沢山の人がくるようになったとか…」。合掌村のようになるのだろうか。よほど、しっかり保存し維持する覚悟がないと大変だろうな…。画像、拡大したほうがいいかも。目を瞠る光景だ!

 けれど、そんな重圧を跳ね返すのが朝青龍の凄さだ。千秋楽の勝利直後の涙は、しかし、若干、日本の相撲ファンやマスコミも少しは感激したようで、記録もさることながら、ちょっと感情移入して報道していた。
 小生は、熱心な相撲ファンではない。応援する関取が出たら関心を持つというレベル。小生が好きになった力士というと、かの北の湖以来なのだ。彼も強すぎて、あるいはライバル不在気味で孤高をひしひしと感じさせた。
 強いのは本人の頑張りであって、且つ、立ち向かう力士らの努力不足のはずなのに、勝ちすぎるとちょっと敬遠気味になってしまう。
 今、NHKの大河ドラマで義経をやっているようだけど、それにちなんで判官贔屓という言葉を使ってみると、小生は判官贔屓のところがあって、そうした孤高を保つ存在が好きなのだ。長嶋茂雄選手より王貞治ってことだ。

続きを読む "二つのおめでとう! 朝青龍とハヤブサと"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005/11/28

柊の花…赤かぶ検事

 漫然と、というわけではないが、例によって「俳句ステーション」サイトの「季題【季語】紹介 【11月の季題(季語)一例】 」表を眺めていても、ピンと来るものがない。
 もともと11月は季語例が少ないせいもあるが、表を眺める小生のほうにパワーがなくて、季語例を眺めても、これだという閃きも何も湧いてこないのである。

tingen-knife-tuti

← 青梗菜さんに戴いた画像です。「11月28日、旧暦10/27、月齢26.1。今夜の月の出は、3時頃。少し上った4時の月です」とか。ご本人は「ナイフ」と名づけているけれど、その日の夜、営業中の車中から小生が見たとき、薄ーーーく切ったメロンのように思えました。

 そんな時は、昨日の季語随筆のテーマが「茶の花」だったように、いっそのこと地味そうな季語を敢えて選ぶ。一見すると、あるいは語句を眺めているだけでは何も連想することもないのだとしても、返ってそうしたひっそりと咲く花、鮮烈に自己主張しようなどと思わないような言葉(対象)にこそ、案外と深い世界が潜んでいるやもしれない…。
 まあ、そんな期待を込めて、今日は表題にあるごとく「柊の花」を選ばせてもらった。
 ネット検索すると、案の定、検索の網に掛かる件数が少ない。また、「柊の花」という季語を織り込んだ句も少ないようである。

 まず、「俳句歳時記宝石箱」の中の「季語集・冬」なる頁を覗かせてもらう。
「柊の花( ひいらぎのはな)」は、傍題として「花柊」があり、「常緑樹で大きな鋸歯のある葉が特徴、白色の小花で良い香りを放つ」とある。
 昨日の「茶の花(ちゃのはな)」は、ここでは「新しい木梢の葉えきに小さな白色五弁の花を咲かす」と説明されているが、「柊の花」も負けず劣らずの小花だと分かる。

続きを読む "柊の花…赤かぶ検事"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/27

茶の花…茶の湯…一休さん

季題【季語】紹介 【11月の季題(季語)一例】」に並ぶ季語・季題を眺めると、「茶の花」という季語のあることに気づく。
 気づいてはいたが、どこかひっそりしている感があって、いつも素通り。
 実際、ネット検索しても、「茶の花」を扱うサイトは少ない。

 例によって「よっちのページ」の「三省堂 「新歳時記」 虚子編から季語の資料として引用しています。11月の季語」の「茶の花」の項を覗かせてもらう(予断だが、この頁からホームページへのリンクボタンが張っていないのが困る。ホームページから当該頁へは行けても、逆は難しいのだ。そんなサイトが実に多い。これって仕方ないことなのか…)。

「初冬の頃白い花を開く。吐くやうな黄ろい藁に日がさして茶の花日和とでもいひ度い日が来る。葉陰・葉表に円い蕾が可愛いゝ」とコメントが付せられてあって、茶の花の画像も載っている。やはり地味だ。けれど、可憐でもある。
「茶の花に隠れんぼする雀かな」と一茶が詠むのも分かるような気がする。蕪村の「茶の花のわづかに黄なる夕かな」も、ただ素朴にいいと思う。

≪‘のぶ‘のフォト俳句≫ ~from伊勢 ☆~..... ≪フォト俳句(175)≫10-5 ④茶の花・曼珠沙華(伊勢市郊外度会町)」を覗かせてもらうと、茶畑での茶の花の画像が載っているのを発見。
 そうか、言われてみれば茶畑に行けば、時期さえ外さなければ茶の花の咲き誇る(?)光景を愛でることができるのだ。もっとも、花を愛でるのが好きな人も、ことさらに静岡や三重や鹿児島などの茶畑に出向く…とは思えないけれど。
 この頁には、「掌にのせ茶の花を仰向かす」 という富安風生の句も掲げられている。こんないたいけな花を摘んで手の平で仰向かせた…。ちょっと可愛そうな。きっと、ふと畑の筋に落ちた白と黄色の茶の花に目が留まり、思わず手に取って、その感触を確かめてみたかったのだろう、そう、思いたい。

続きを読む "茶の花…茶の湯…一休さん"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年11月20日 - 2005年11月26日 | トップページ | 2005年12月4日 - 2005年12月10日 »