« 2005年11月13日 - 2005年11月19日 | トップページ | 2005年11月27日 - 2005年12月3日 »

2005/11/26

読書拾遺(辻邦生と丸山健二の体つながり)

「読書拾遺(続々)」(今月10日夜半に発生したパソコントラブル中に書いた原稿。アップ時に「読書拾遺(白鳥と芥川) と題名を変えている。本稿も同じくパソコントラブル中に書いていた原稿である。書いてから二週間が経過したが、とりあえずアップだけしておく)の中で、丸山健二著の『まだ見ぬ書き手へ』(朝日新聞社)を扱っている。彼は本書の中で、作家たるもの何もプロのスポーツ選手ほどでなくとも、日頃、体を鍛えておくべきだとも書いていた。

 さて、作家論・文章論つながりというわけではないが、土曜日(12日)、辻邦生著の『言葉の箱―小説を書くということ』(メタローグ刊)を一気に読んだ。活字も大きく読みやすいので車中で読むつもりで借り出したのだが、ちょっと拾い読みするつもりが、ついつい辻邦生の筆致に引き込まれて読み通してしまった。
(ちなみにだが、本書の帯には「ピアニストがピアノを弾くように」などと洒落たコピーが銘打たれている!)

(以下、故・辻邦生氏のことを辻邦生と、丸山健二と同様、敬称を略して書くが、むしろ尊敬の念を以てであることを付記しておきたい。同時に、「辻」と書いているが、実際はシンニュウには点がもう一つ、付す必要があるが、パソコンでの仮名漢字変換では求める漢字が出てこなかった。「辻」と表記するのは本来は失礼なこととは思うけれど、事情を斟酌願いたい。)

 小生は辻邦生の(申し訳なくも主に)随筆や文学論・評論のファンなのである。小説と言うと、『夏の砦』や『西行花伝』など数冊も読んだかどうか。が、評論の類となると片っ端なので、何冊になるか分からない。
 首切りに遭い、一年余りの失業生活を送っていた94年春から95年秋口にかけて、模索とリハビリの日々を送っていた。プールと図書館通いをしつつ、読書三昧・執筆三昧に耽っていた。

続きを読む "読書拾遺(辻邦生と丸山健二の体つながり)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凩…木枯らし1号は吹いていた!

 いつものように、「季題【季語】紹介 【11月の季題(季語)一例」を眺めて、今日は表題にあるごとく「凩」を選んだ。
 小生は東京都下(大田区)に在住しているが、今年、木枯らし一番が吹いたのかどうか、知らない。
 天気予報で明日は木枯らし一番かも、という話は聴いたけれど、吹いたかもしれない当日は仕事が休みの日で自宅に篭っていたので、吹いたのだとしても気づいていない可能性がある。

sion-hirakata-kiku

← 紫苑さんに戴いた枚方パークの薔薇。枚方菊人形展が今年最後だとか…。

 季語随筆を綴る身としては、こんなことさえ分からずに、よくもまあ恥ずかしくもなくと思われそう。

わたしの俳句歳時記<今週の季語・一句抄>」の「十一月の季語   鈴木五鈴」を覗かせてもらうと、「凩(こがらし)」の項があり、「凩は木枯とも書き、木の葉を落として枯木にしてしまう強く冷たい風のことをいう。秋から初冬にかけて吹く」以下、この季語に関わる記述を読むことが出来る。
「当初、凩は秋か冬かといろいろ論議があったようだが、冬または陰暦10月の季語と定められ今日に至っている。初冬の木々の葉を枯らす、冷たくものさびしい風にこそこの季語の本意があるのである」というのは、玩味すべき一文だと思う。
 調べてみると、このサイトは副題に「失われた季語を求めて」とある「花鳥風月」の中の一頁のようだ。
 と思ったら、さにあらず、さらに奥の院がある。「花鳥風月【日本の伝統ミュージアム】」だ。
 次の句を掲げてくれていた:

海に出て木枯帰るところなし  山口誓子

続きを読む "凩…木枯らし1号は吹いていた!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/25

読書拾遺(ゲーテ・ファウストの周辺)

 先週末、読了した元、漫才コンビB&Bの島田 洋七著の『佐賀のがばいばあちゃん』 (徳間文庫)はすでに季語随筆「東京国際女子マラソン…感動のラストシーン」にて紹介している。
 一部には有名な本で、今更の紹介も遅きに失するが来年には映画が封切りになるようだし、その意味では遅すぎるって事もないのだろう。
 表題の「東京国際女子マラソン…感動のラストシーン」の「ラストシーン」は、高橋尚子選手の復活宣言とも思える感動のゴールシーンでもあるが、本書『佐賀のがばいばあちゃん』のほぼ終わり付近にマラソンの感動的なシーンが印象的だったこともあってのタイトルなのである。
 未読の方は、是非、小生の当該の記事を…というより、本書を読んでみて欲しい。

 今週に入ってからは車中で大澤 武男著の「『ファウスト』と嬰児殺し」(新潮選書)を読んでいた。
 出版社のレビューによると、「生誕250年ゲーテの最高傑作は、ある薄幸の女性の悲痛な事件が、すべての発端となった。『ファウスト』のなかで無惨に処刑される少女にはモデルがいる。フランクフルト市民を震撼させたその悲劇的事件とは。膨大な裁判史料をもとに、青年弁護士ゲーテの内面と、その芸術への衝動に迫る、ロマンティック・ドキュメント」というもの。
 読者レビューには、「「ファウスト」のグレートヘンの悲劇は,1771年にフランクフルトで実際に起きた嬰児殺しの事件が題材になっている.事件の発端から娘が斬首刑にされるまでの期間の事柄を,当時の裁判記録をもとに,筆者の私見を交えつつ,解説している.若きゲーテが,この事件に強い衝撃を受け,「初稿ファウスト」を書き起こすに至ったのかがわかる.さらに興味深いことに,多くのゲーテに身近な人々がこの裁判に関係しており,ゲーテがこの裁判についての多くの情報を知り得た立場にあったこともわかる.この本を読むと,「ファウスト」をより一層面白く感じられるでしょう.」とあって、概要はこれで尽きるだろう。

続きを読む "読書拾遺(ゲーテ・ファウストの周辺)"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

melma!blog人気ランキングで3位!

melma!blog人気ランキング
最近の24時間でアクセスが多かったmelma!blogのランキングです。

blog名 ニックネーム アクセス数
仙台BRAND 健康を考える 悩みを考える 悩み解消
                           leopard_sendai       1921件
沒語 沒@♪ 1762件

無精庵徒然草 弥一 958件

凛々茶凛呼 倶楽部 あかね            857件
「東京アウトローズ」WEB速報版       outlaws           800件
新華タイムズ(中国新華社日本語情報) 新華タイムズ(中国新華社 742件
カムイ遊撃隊:モバイル&改造専科      カムイ             730件
PC徒然草                    kazu              726件
NPO Science Communication News~或いは代表理事日誌
                          m00106623          680件
週刊アカシックレコード(プロ野球の球団を増やす方法)
                         SAT、警視庁に突入せよ!  650件


文章しかないサイトなのに、3位だって、びっくり。
でも、アクセスと読まれているとは別物だけどね。
melma!blog [無精庵徒然草]は、もうすぐ消えていくサイト。最後のあだ花だね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/11/24

キルケゴール…命日…還暦

 今年4月2日はデンマークの世界的童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンの、200回目の誕生日だった(1805年4月2日生まれ)ということは、すでにメルマガやこの季語随筆「日脚伸ぶ」でも触れたことがある。
 アンデルセンとは、「人魚姫」「みにくいアヒルの子」「雪の女王」などの童話を書いた作家である。他にも「絵のない絵本」や小説『即興詩人』など、多数の作品がある…などと今更のように紹介するまでもないだろう。

2005_11220027

← 22日、仕事の手を休め、日比谷公園を散歩。

 さて、今になって再度、アンデルセンに言及するのは、この11月11日に、かの憂愁の哲学者セーレン・キルケゴール(S. Kierkegaard 1813-1855)が亡くなって150年を迎えたからである。

 実を言うと、今月11日前後には、本季語随筆の中で、キルケゴールのことに多少なりとも触れたかったのだが、「パソコントラブル中」(November 12, 2005)に見られるように、「木曜日(11日)深夜、不意にパソコントラブルに見舞われ、ネット接続できなくなっています。季語随筆の執筆の真っ最中でした。接続を試みましたが失敗に終わりました。原稿は失意の中、それでも完成させましたがアップできません」ということで、幻の記事に終わってしまったのである。
 今となっては、どんな内容の記事だったか覚えてもいないし、再現も叶わない。
 しかし、悔しいので、リベンジとは行かないが、最小限のことはメモしておきたいのだ。
 そもそも、小生も11月11日が死後150年の命日だということは読者の方に教えてもらったのだった(「読書雑記(続)」のコメント欄を参照のこと)。2005_11220040

→ 自由の鐘。アメリカ独立の日に鳴らされたものの複製である。戦後、アメリカのリッジウェイ大将が日本に寄贈したもの。

 キルケゴール(の死)とアンデルセンと、どんな関係があるのか
 このことも、上掲の記事の中で「かの実存の哲学者キルケゴールの最初の著作がアンデルセンについて書かれた世界最初の著作なのだということは、数年前のメルマガにて言及したことがある(室井光広著の『キルケゴールとアンデルセン』(講談社刊)を通じて知った」云々と触れておいた。
 室井光広著の『キルケゴールとアンデルセン』のレビューを覗いてみると、「若き日、2人は同じ文学サークルのメンバーだった」とか、「キルケゴールが初めて書いた本は、世界最初のアンデルセン論だった!この驚きから本書は生まれた。二人の生涯には多くの秘密が隠されている。世界的哲学者と童話作家の邂逅を復元する文学的考古学の試み」とある。

2005_11220044

← 日比谷公園の斜め向かいには皇居が。小生はこの交差点で事故に遭遇

哲学者と童話作家:魂の衝突  -キルケゴールとアンデルセンをめぐって- 」に見られるように、「キルケゴールの1838年の処女作『今なお生ける者の手記より』は、アンデルセンが前年に発表した第3作目の小説『ただのバイオリン弾き』を厳しく批評したもの」だったという。

続きを読む "キルケゴール…命日…還暦"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005/11/23

勤労感謝の日…無為徒食に感謝

「勤労感謝の日」が11月の季語例の中にある! どんな日や事柄であっても、俳句に詠み込めるし、句をひねる題材にもなれば切っ掛けにもなるということか。
 今朝未明のラジオでも、今日が「勤労感謝の日」ということで、この祭日の意味や由来、意義などについて聞く機会があった。
伝次郎の平成暦」の中の「伝次郎のカレンダー 勤労感謝の日」が簡潔に且つ遺漏なく纏めた記事を提供してくれている。
「勤労をとうとび、生産の豊かなことを祝い、国民が互いに感謝しあう日という趣旨により昭和23年(1948年)に制定された」とかで、「この日は、それ以前(明治6年、1873年以降)、新嘗祭と呼ばれる祝日」だったという。
 
 より詳しくは、「勤労感謝の日 - Wikipedia」を参照させてもらう。
 ここでは、「国民の祝日に関する法律(祝日法)では「勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあう」ことを趣旨としている」と記されている。
「戦前の新嘗祭(にいなめさい)の日付をそのまま「勤労感謝の日」に改めたもの」で、「新嘗祭は1872年までは旧暦11月の2回目の卯の日に行われていた」という。
 ところが、「1873年に太陽暦(グレゴリオ暦)が導入されたが、そのままでは新嘗祭が翌年1月になることもあって都合が悪いということで、新暦11月の2回目の卯の日に行うこととした」という。「それが1873年では11月23日だった。しかし、翌1874年には前年と同じ11月23日に行われ、以降11月23日に固定して行われるようになった。よって、11月23日という日付自体には意味はない」とか。
 要は、日付はともかく、戦前の新嘗祭にその謂れがあると理解すればいいのだろう。
「新嘗祭(にいなめさい)」については、後日、改めて触れることがあると考えている。

続きを読む "勤労感謝の日…無為徒食に感謝"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/22

帰り花…妻の尻

 例によって「俳句ステーション」サイトの「季題【季語】紹介 【11月の季題(季語)一例】」表を眺めていたら、表題に示した「帰り花」が気になった。
 その前に、「目貼」や「竹瓮」なども調べてみたいと思ったが、ふと、あれ? 「竹瓮」は以前、触れたことがあったのではと遡ってみると、案の定、「季語徒然」(November 30, 2004)にて表面を撫でる程度だが、扱っている。
 では、「目貼」はどうなのかというと、食指が動きはしたのだが、その前に、「帰り花」のほうが季語として言葉として小生には未知で、調べ甲斐がありそうに感じられたのである。

「優嵐がほぼ日刊で季語と俳句と季語にまつわる短いエッセイをお届けします」という、昨年の二月から開設されている、謂わば季語随筆については先輩格に当たる [優嵐歳時記]を覗かせてもらう。
 風情ある画像が添えられ、小生のサイトとは違って、要点を簡潔に示されていて、親しみやすい。
 その【暮の秋】に、「帰り花ひとつ咲きたり暮の秋」という句が掲げられている。
 この句では、「暮の秋」が季語としてメインに据えられているが、「帰り花」という季語についても解説が加えられてるのである。
「市川の堤防沿いに植えられている桜はいつの間にかすっかり葉を落としていました。桜は紅葉するのも落葉も早い木ですが、この一角は特に早いようです。葉が落ちた枝先にちいさな帰り花が咲いていました。「帰り花」は初冬の季語で、季節外れに咲く桜やツツジなどを指します」というのである。

続きを読む "帰り花…妻の尻"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/21

東京国際女子マラソン…感動のラストシーン

 東京国際女子マラソンを見物してきた。小生の居住地からはマラソンのコースまでバイクだと十分も掛からない。なのに一度もマラソン見物に行かないのは、なんとなく悔しい気がする。勿体ないというべきか。
 悔しい気がするという中には、小生、これでも昔は走るのが好きだったのに、という思いもある。歩くことが好きで、興が乗れば日に数時間もあてどなく街中を歩き回る。
 学生時代も、行きはバスを使うが、帰りは、天気もいい、友達と会う予定もないし、えい! 歩いちゃえと思い立つと、帰路を歩きで通すことが何度となくあった。
 バスでの通学の時間は、乗換えなどもあり、一時間半を要する。歩きだと、途中寄り道をしないでまっすぐ帰れば、やはり一時間半。

2005_11200005

← 待つこと十数分、やっと報道関係車両が来た!

 だったら、毎日歩けば、ということになるが、そこは毎日、片道一時間半は辛い。要する時間は同じだといっても、バスの中で本だって読めるし、うまくすると座れることもあるし、のんびり町の風景や車内の様子などを眺めて過ごすのも乙なのだし。
 歩きを選ぶのは、何かセンチな気分に浸りたい時が多かったように思う。バスに揺られていくより、歩いてその時に自分を浸している気分を一層、味わいたい…、というより、より感傷的な気分の深みに嵌っていきたい、場末の町を(気分上は場末なのである)人影に背を向けて(誰も見向きもしないのだけど、本人は依怙地になってしまっている)世界の片隅を遥か彼方まで歩き尽くしてしまうのだ、なんて半分、本気で思っている。
 ガキの頃から演歌や歌謡曲が好きだったし、アメリカの古き良き時代のポップスやロックが好きだったので、うろ覚えだったり、あるいは結構、頭に染み込んでいる曲などを口ずさんだりしてひたすら歩く。
 歩き出すと、何処か喫茶店に立ち寄るとか、書店を覗くのも面倒になる。
 
 走るほうはというと、何処のクラブにも所属したことは(ほぼ)なくて、いわゆる帰宅部の小生だったが、長距離を走るのは何故か得意だったし、好きだった。
 ガキの頃、近所のある特にしつこいというか執念深いキカンボウと鬼ごっこというわけではないが、何かのわだかまりが生じると小生が逃げ、そのキカンボウが何処までも追ってくる。
今から思うと、小生が引き起こしていたはずと、理屈の上ではなってしまう。なぜなら奥の上では小生は逃げる立場しか場面的に脳裏に浮かび上がってこないから。
 でも、思えば小生自身は淡白というわけでもないが、仮に追いかける立場になっても、あまり深追いはしないし、そのうち面倒になってしまうので、追いかけたとしても大概は途中で追跡を諦めてしまっていたので、記憶には残らなかったのだろう(推測にとどまるが)。
 では、追われる立場となると、そのキカンボウは小生を何処までも追いかけて、街中をグルグル回り、隣町を過ぎ行き、まるで見たことのない町並みを抜け、田んぼを走り、どこかの家の畑を越え…、それでも振り返ると奴が追いかけているのだ。
 奴の顔をちらっと見ると、走るのに懸命なせいかどうか分からないが無表情に感じられた。こらっという感じで最初のうちは追いかけていたはずなのに、長々と果てしなく走り続けているうちに、機械的に小生の後姿から離されないように喰らい付いていることだけに神経が集中してしまっているのだろう。

2005_11200006

→ キャ! 憧れの女子白バイ隊だぞ! 後ろに手を回して…じゃない、後ろに乗せて!

 まあ、ガキの頃は昔なら誰でも鬼ごっこや缶蹴り、縄跳び、ゴム飛び、草野球と、体を動かす遊びが日が暮れるまでのメインだったはずだ。たまに雨など遊ぶ相手がいないときとか夜となると漫画やゲームに興じるのだったけど。
 さて、中学も高校も(高校一年の半年だけのサッカー部を除いては)帰宅部の小生だったが、高校二年の時にも三年の体育祭の時にも、マラソンに出場を希望し、日頃、運動などしていないはずなのに、トップとはいかないけれど、上位入賞は果たした。
 高校二年の時、体育祭でマラソン(といっても5キロだが)を志願したのは、当初はマラソンコースが校庭ではなく路上だったからなのである。
 今は記憶が定かではないが、オリンピックか何かでマラソン選手が路上のコースを走る雄姿に影響されていたものと思う。
 小生も、規模は小さくとも校外の町並みをマラソン選手を気取って走ってみたかったのだ。
が、何故か体育祭が近づく頃になって急遽、校庭を走ることに変わってしまった。
 小生はがっかりである。白線で描かれた200メートルのコースを、それこそモルモットよろしくグルグル回るなんて、そんなことだったら志願はしなかったはずなのである。
 そうはいっても、コースが変わったから出場を取りやめるなんて出来るはずもない。
 自分としては路上を走りたかったのだ、それが変更になったから取り止めだと思って主張したって、周りは大会が近づいて怖気づいたか程度に思うのが関の山である。

 それにマラソン(のコース)とは全く無縁の理由が小生の出場取り止めの思いを引きとどめていた。
 それは、小生の片思いの相手が大会の係員をやっていて、相手はともかく、小生は相手を意識しているので、その人の前で走りたいという思いもあって、ますます走るしかなくなったのである。
 結果はと言うと、多くは体育系のクラブに所属しているメンバーの中で5位だった!
 ぶっつけで5位は、そこそこなのか。
 実は自分では悔しい思いで一杯だった。校庭をグルグル走って回ったのだが、ラストが近づくと、あと何周という告知がされる。
 小生は、冷静さを失っていたのか、ラスト一周という合図を見逃したらしいのである。
 で、あと50メートルという頃になってやっと今がラストの周回だということに気づいた。
 小生はラストスパートを掛けた。なんとか一人だけは追い抜いて、それで5位。
 けれど、小生の中では余力がかなりあると感じていた。
 それはそうだ。ラスト2周だと思い込んでいたし、最後の周になったらスパートを書けるつもりで走っていたのが、ゴールが数十メートル先に見える時点になってラストの集会だと気が付き、遅まきながらスパートを掛けたのだ。
 ああ、もっと早めに気づけば、スパートを早めに掛けられて、あともう一人は抜けて…。

2005_11200007

← 来たぞ! 高橋尚子選手も先頭集団に加わっているのか?!

 しかし、がっかりという思いはそれだけにとどまらなかった。
 小生が片思いとなっている相手の女の子は上記したように大会の係員をやっていた(体が弱く、本人は運動が好きなのにも関わらず出場できないので)のだが、レースが終わって結果を彼女がマイクを通じてアナウンスしたのだが、なんと彼女、小生の名前を一字、間違えたのである。
 同じクラスなのに、あとで聞いたら小生のことを声援したのよ、聞こえた? などと言われたのだけど、それだったら、アナウンスでオイラの名前を間違えるなよ、と突っ込みたかったが、できなかった。
思えば、彼女の言うとおりレース中に彼女が声援してくれていたのだとしたら、小生はそのことに全く気が付いていないのだから、これでアイコ、ということになるのだ。

 マラソンというと、大学生になった最初の年の大晦日に、どうやら恒例となっているらしいマラソン大会があって、小生、そこにも出場を志願した。200人ほどの参加者がいたろうか。
 コースは、小生の願望をようやく叶えるかのように、大学のキャンパスのある青葉山をグルッと巡るもの。
 ただ、スタート時間はまさに真夜中だった。真っ暗である。要所要所に関係者が立っていて、走るメンバーにコースの案内をしたり、ルールを破るものがいないかをチェックしていたが、走り出した最初の頃は集団だったものが、団子状態が次第に崩れていって、いつしか単独(多分)で走っているようになった。
 寒いし真っ暗だし、人気はないし、路上を走るといっても、コース脇に声援を送ってくれる観客もいないし、ただひたすら走るしかなかった。
 結果はと言うと、200人中の16位だった。小生としては結果には満足だった。副賞としてなのか、小さな瓶の日本酒をもらったっけ。

 田舎からの仕送りで下宿代(二食の賄い付き)と学費はなんとかなったが、本代や交際費は足りないので、学生時代を通じて、アルバイトは数々やった。
 長期のアルバイトというと、なんといっても新聞配達だった。友達には家庭教師をやっている奴もいたが、対人関係が苦手だし、学力にも自信がなかったし、なんといっても体を動かすバイトのほうが好きだったので、選ぶのは肉体労働系のものばかり。一番、肉体を使わないバイトというと、交通量調査ということになろうか(そうはいっても、寒風の中で座りっぱなしで初めての胃痙攣を起こしたっけ)。
 新聞配達についても思い出すことはあれこれあるが、ここでは略す。
 社会人になっても、折々、某スポーツシューズメーカー主催のマラソン大会に出場したりして楽しんだものだった。
 青梅マラソンにも一度、30キロのコースに出場し、時間内の完走を果たした(これも涙ぐましい話があるが、今は略す)。

2005_11200008

→ 高橋尚子選手が先頭集団にいる! 足の筋肉を見よ!

 マラソンというのは、あるいは走るというのは、スポーツの基本中の基本ではなかろうか。一番、原始的とも言えそうな気がする。
 何かを投げる(槍とか砲丸)とか、持ち上げる(重量挙げ)とか、ぶつかり合う(相撲やレスリングや柔道)とか、蹴り合う(サッカーなど)とか、泳ぐ(競泳)とか、投げ合い奪い合う(バスケット、バレーボール)とか、技や力を競うスポーツは多彩にあるが、やはり原点は走る、であり、花形の一方の雄が短距離走であるとしたら、もう一方の雄は長距離走、つまりはマラソンだろう。
 長距離走。一見すると単調そのものと思えそうな競技。なのに、一旦、見始めると、何故だか画面からコース上から目が離せなくなる。長距離走は人生を象徴するから(人生は重き荷物を担いで長き道を歩くようなもの)なのだろうか。
 あるいは、選手の走る様子や表情をじっくり長時間に渡って眺めることが出来、その分、選手への思い入れも深いものになるからなのか。

 小生の乏しい経験からしても(特に小生はオートバイでのツーリングを連想してしまう。なぜなら小生のツーリングは一般道をひたすら走るだけの、人が見たら何が楽しくてやっているのか、さっぱり理解できないような単調極まるものなのだ。300キロ以上、時には500キロ近く一般道を淡々と走る。時に帰り道で渋滞に嵌ると、自宅までの百キロの道が遥かに遥かに遠く果てしないものに感じられる。まして、雪が降ったり雨が降ったり、風が激しく吹きつけたりすると、なんでこんな味気ない走りを延々と続けているのかと、気分的にうんざりすることがある。バイクを置いて何処かの駅から電車に乗って帰りたい。誰かの車に便乗させてもらいたい、早く家の中でだらだらしたいと思うばかりなのである。その道のり遥かな時の、もどかしく切なく眩暈しそうなほどに果てしない分厚い時間という壁が自分の人生の課題であり重荷であり象徴でもあるように思えて、気が遠くなりそうなのである。でも、道は少しも縮まってくれない。祈りも通じない。ただただ走るしかないのだ…)、ランナーズハイ、ライダーズハイの、一種形而上的な熱を一切帯びていない昂揚感というのは、とてつもなく快感めいたものがある。
 体調が悪かったりすると、そのハイな感じは余計に深く高い。
 そう、ハイ! 高い! という表現を使うしかないのだ。

続きを読む "東京国際女子マラソン…感動のラストシーン"

| | コメント (10) | トラックバック (6)

ダルマよ、遊ぼう (副題・ジョーンズの練習日記 11/20の巻)

[消去]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/20

またもやパソコントラブル

本日夜からまたもネットの蚊帳の外です。補修は予定付かず。読書と執筆三昧の夜になってます。夜は読書の合間に何か書くつもりです。今日は東京国際女子マラソン見物してきました。高橋尚子選手見た!写真撮った!レポートも書きました!高橋選手優勝おめでとう!オイラ嬉しい!感激!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年11月13日 - 2005年11月19日 | トップページ | 2005年11月27日 - 2005年12月3日 »