« 2005年9月25日 - 2005年10月1日 | トップページ | 2005年10月9日 - 2005年10月15日 »

2005/10/08

嶋岡 晨著『現代詩の魅力』抜粋(9)

 二週間の過密日程の日々がやっと終わった。と思ったら、金曜日の営業が今朝七時過ぎに終わってからも、組合の大会があって、参加してきた。
 徹夜勤務明けの集会は辛い。集まれば多少の手当てがもらえるというエサに釣られたわけじゃないけれど、組合の大会には必ず出席している。
 エサは、お話だけだった! 決算報告があったが、その資料も貰えず!
 エサなどなくたって今までだって出席してきたのだ。エサを出さないのなら、最初からそう言えばいいのに。
 組合の団結! という立派なスローガンは寂しく見えるばかりだ。
 ま、いっか。

 大会に参加するといっても、何も発言はしない。
 日本は、労働組合はドンドン、潰されていく流れにある。そんな中、タクシーなどの自動車関連の組合も同じだ。不況が組合の退潮の趨勢に追い撃ちを掛けているようだ。けれど、組合がなくなったら、末端の労働者の声を代弁する場所も手段も勢力もなくなってしまう。
 強いものが一層、強くなる社会。弱いものは徹底して圧殺されていく。
 タクシーにしても、週の労働時間の規制が厳しくなる中で、小生のような20時間労働という労働集約的な労働形態が厳然としてある。組合は、こういった業界ではなくてはならないのだ。但し、法的に。
 法的にとは、形だけでも組合がないと会社も立場上、困る…。だから、形ばかりの組合に過ぎない会社・業界も多い、というわけである。
 会社の声、資本の声、消費者の声が圧倒的に強いから、組合は労働者の生活や主張の代弁をするというより互助会的な存在に止まりがちなのである。
 だから、たとえ小生の現状が幽霊組合員に過ぎなくても、その他大勢の一人であっても、組合員の一人であることで、弱者の代弁者の団体の一助になれればそれでいいのだ。
 徹夜勤務明けのさらなる活動参加、ということで、生活のリズムが狂い、二週間の疲れがドッと出たこともあり、本日は帰宅してからは、ひたすら寝て過ごした。
 今は、ちょっと目覚めているけれど、また、寝ちゃいそう。明日には元気、快復といきたいね。

 なんとなく、昨日NHK・FMで聴いた上原 彩子のピアノの音色の余韻が残っているような。聴いた曲は:

「ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 作品23」
                    チャイコフスキー作曲
                      (36分20秒)
                    (ピアノ)上原 彩子
                 (管弦楽)ロンドン交響楽団
      (指揮)ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス

 この上原 彩子さんというのは、3年前(?)のチャイコフスキーピアノコンクールで日本人として初めて、かつ、女性として初めて優勝した(第一位!)方。
 小雨の三連休前の金曜日は忙しかった。トイレにいく時間もタクシーを回送にして路上から逃げるように裏道に車を走らせ、やっとのことで確保する始末。
 そんな中の曲には慰められる。
 他にも、「「“ベルガマスク組曲”から“月の光”」   ドビュッシー作曲」を聴いたり、太田 裕美のホスト番組で、以下の曲を、お客さんをお乗せする合間を縫って、貪るように聴いていた:

「スターティング・オーヴァー」      (ジョン・レノン)
「誰より好きなのに」             (古内 東子)
「くちびるヌード・咲かせます」        (エ   ポ)
「恋人も濡れる街角」             (中村 雅俊)
「イントゥ・ザ・ハリウッド・グルーヴ・フィーチャイング・ミッシー・エリオット」(マドンナ)
「雨だれ」                  (太田 裕美)
「ラヴァーズ・デイ」             (氷室 京介)
「さくらんぼ」                (大塚  愛)
「明日なき暴走」     (ブルース・スプリングスティーン)
「愛のコンチェルト」     (リチャード・クレーダーマン)
「あの日にかえりたい」            (荒井 由実)
「ダーリング」                (沢田 研二)
「アイ・ドゥ・イット・フォー・ユー」(ブライアン・アダムス)
「桜木町」                  (ゆ   ず)
「トワイライト~夕暮れ便り」         (中森 明菜)
「私はピアノ」                (高田みづえ)

 夜中には、島倉千代子や五木寛のヒット曲の数々。聞き惚れてしまうね。往年の勢いが今、若干、薄れているような…。気のせい?
 音楽の魔力。好きな曲が掛かると、そのイントロが流れ出すだけで沈滞した心が浮き立つようになってしまう。不思議だ。眠っている、忘れている自然が目覚めるからなのだろうか。

 さて、表題の作業に入ろう!

続きを読む "嶋岡 晨著『現代詩の魅力』抜粋(9)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/10/07

無花果…暗き深紅

 季語随筆を綴るため、こうして画面に向かう際、大抵は何を書くという当てもない。一応は秋10月の季語が鍵になっているが、あとはとにかく、季題【季語】紹介 【10月の季題(季語)一例】なる表を眺め、列挙されている季語・季題の中から、何か訴えかけてくる言葉があることを期待するだけ。
 体調なのか、その時のバイオリズムなのかは分からないが、あれもこれもと目に飛び込んでくる時もあるが、どの言葉も調べてみたって発展性がまるで見込まれそうにないと感じられてならない時がある。
 それでも、とりあえず、「10月 季語」で、まずはネット検索。
 すると、何故か、「今月の季語・今月の俳句/2000年10月」という項の、以下の文面が小生の気を惹いた:
「【無花果(いちじく) 】 中世ペルシア語の中国での音訳語「映日果(インジークォ)」がさらに転音したもの。西アジア原産のクワ科の落葉小高木、 ...」
 この頁を開いて、省略されている部分も含め、全文を転記してみる:

中世ペルシア語の中国での音訳語「映日果(インジークォ)」がさらに転音したもの。西アジア原産のクワ科の落葉小高木、またその果実。葉は3裂掌状、茎・葉を切ると乳状の汁を出す。初夏、花軸の肥大成長した花嚢を葉腋に出し、内面に無数の花をつける。雌雄異花、同一花嚢中に生ずる。食べる部分は実際は花床である。葉は薬用。果実は乾して緩下剤。乳汁は痔の塗布薬、また服用すれば回虫駆除の効がある。ザクロ・ブドウとならび、世界的に最も古い果樹のひとつ。唐柿(とうがき)。

続きを読む "無花果…暗き深紅"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/10/06

嶋岡 晨著『現代詩の魅力』抜粋(8)

 今朝だったか、車中でラジオを聴いていたら、シブカワハルミが何とか、天文方が何とか、改暦した日だとか、例によって一応は仕事中ということもあり、話というより言葉が断片的に耳に入ってくる。
 調べてみたら、渋川春海(シブカワハルミ)というその筋には有名な人物が関わっているらしい。
暦と天文のページ」の中の、「渋川家」によると、「渋川春海は、日本における近代天文学の扉を開いた天文学者と評されてい」るという。
「それまで800年もの間ずっと使われつづけてきた暦に、実際の天体の動きとズレが生じていましたので、渋川春海は貞享元年に、”元”の暦を日本でも使えるように経度の補正を行い、改暦を行いました。これが貞享の改暦」だとのこと(「”改暦”(かいれき)とは、それまで使われてきた暦の計算方法を一新して新しい暦を作ること」)。

 それまは中国からの暦をそのまま使っていたわけで、渋川春海の貞享暦が初の国産の暦ということになる。

暦の歴史」を覗くと、「862(貞観4)年  宣明暦に改暦」とある。以後、「1685(貞享2)年  貞享暦に改暦」まで、天象と2日もズレが生じていたにも関わらず、基本的に「暦」は手付かずのまま使われていたわけだ。
 渋川春海は、改暦を請うこと三度、ようやく容れられて1684年(貞享1)10月29日大和歴が採用され、貞享暦という名を賜り、翌1685(貞享2)年10月6日、つまり、今日から施行されたのである。
 彼は功により碁所をやめて幕府初めての天文方に任じられた。
(「(2)江戸の天文学者たち・渋川春海とその後」によると、「渋川春海は、幕府碁師安井算哲の子として京都で生まれました。元禄15年(1702)に本姓である渋川姓に改め、14歳で碁所勤めをはじめました。碁格は7段」だとか。幼い頃から優れた才を示していたという。この頁には、渋川春海作の「天文分野之図」が載っている。彼が作った天球儀も現存しているとか。)
 彼は仙台の人だが、江戸に居を移し駿河台に天文台を設けた。「渋川家」にも見られるように、「仙台藩では天文暦学への感心が高く、藩士 遠藤盛俊(1669~1734)は春海に直接師事し」たというほど。
 あるいは小生の勝手な憶測だが、伊達正宗の世界への視野の伝統が背景にあるのだろうか。この辺り、調べてみたら面白そう。

続きを読む "嶋岡 晨著『現代詩の魅力』抜粋(8)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/05

新米の新米

 今日の表題は「新米」。季題【季語】紹介 【10月の季題(季語)一例】を眺めていて、いつものことだが、どれにしようかと迷った。あるサイトの掲示板で栗御飯が話題になっていたので、「栗、栗飯」がいいかとか、いやいや「団栗」が話題になっていたサイトもあったぞとか、木犀(金木犀)の話題も発展性があっていいかもとか、「柿」の絵が微笑ましいサイトも今日、目にしたばかりじゃないか、「柿」で決まりだ、とか、いや、今日は雨がそぼ降っているのだから、「秋の雨」が格好のテーマじゃないかとか、とにかく目移りして困る。
 迷った時は、頭を空白にするがいい…白…ということで(?)、「新米」を選んでしまった。
 ほとんど自棄である。

 新米、そろそろ一般家庭にも出回ってくる頃か。
 小生自身は、先月中旬、帰郷した際に、誰かが気を利かせてくれたものか、そろそろ帰京の日が迫っている頃合いに、親戚の者がわざわざ新米を我が家に運んできてくれた。新米を精米したばかりの米。それを焚いて食べろとか、明日は帰京するのだから少しでもいいから持っていけとか。
 ありがたいことである。
 つい、先日は、田舎から梨と一緒に、やはり少々の新米を送ってきてくれた。
 新米が何日を経過すると古米になるのか分からないが(風味が薄れたら?)、とにかくオカズがなくとも、せっせと御飯を炊いて食べている。

続きを読む "新米の新米"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/10/04

嶋岡 晨著『現代詩の魅力』抜粋(7)

 昨日も車中では待機中などに川西政明著の『小説の終焉』(岩波新書)を読んでいた。
 日本の文学について読書家を自負するだけに、新書ながらも、小生には未知の知見を一杯戴いた。
必ずしも本書の本筋ではないかもしれないが、南京の戦闘について、佐々木到一著『南京攻略記』(『昭和戦争文学全集』別巻所収)なる記録のあることを知った。
『歴史教科書』(扶桑社)は中国にたいする侵略戦争をどう書いているか-不破 哲三」によると、「ここで紹介されている佐々木到一氏の『南京攻略記』は、「南京事件」から一年四カ月後の一九三九年四月、彼が「戦場記録――中支作戦編」と題してタイプ印刷を完了していた草稿を収録したものだとのことです(『昭和戦争文学全集』別巻『知られざる記録』〔一九六五年、集英社刊〕巻末の橋川文三氏の「解説」による)」とか。
 南京大虐殺については、藤原彰『南京の日本軍 南京大虐殺とその背景』一九九七年、大月書店刊)などもある。

 原爆については、原民喜『夏の花』や井伏鱒二『黒い雨』などを採り上げてきたが(本書でも採り上げられている)、他にも、佐多稲子『樹影』、大庭みな子『浦島草』、田中千禾夫『マリアの首』、宮本研『ザ・パイロット』、堀田善衛『審判』、いいだ・もも『アメリカの英雄』、小田実『HIROSHIMA』、井上光晴『地の群れ』、高橋和巳『憂鬱なる党派』などがあるという。
 他にも、以下に列挙した作品は、全く読んでいない。情ない。
 さらに、原爆文学の語り部として林京子も逸するわけにいかない。

 本書『小説の終焉』を読んで一番、理解できなかったのは、「存在の終焉――埴谷雄高『死霊』」の章の説明。粗筋が書いてあって、そうだったのかと気付いたり、スパイリンチ事件が物語の背景にあることなどを教えてもらったけれど。
 尤も、川西氏には『「死霊」から「キッチン」へ』(講談社)という著作があるらしいので、本書の中の短い記述へのレスは後日、機会があったらということにする。
 
 この頃は読書というと車中がメイン。時間がない! 過密日程の仕事がまだしばらく続く。自宅では寝たきりの生活になっていて、本を読む余力がないのだ。
 ま、そんな愚痴を日記のサイトでもあるこのブログに書いたところで、いざ、表題の作業に取り掛かろう!
 今回は、大崎二郎氏や堀場清子氏などの発見があった。

続きを読む "嶋岡 晨著『現代詩の魅力』抜粋(7)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/03

「野路の秋」再び

 今日の季語随筆の表題を10月の季語例ということで、「秋の山」としようと思った。「秋山 秋の峰 秋嶺 山澄む 山の秋」といった魅力的な類義語・関連語もあるし。
s-sion-051003
 が、「木々の葉が極彩色に彩られ華やいだ姿を見せてくれる」といった意味合いとのことで、さすがに少々、扱うには早すぎるようである。

紫苑さんに戴いた紫苑の花の画像です!

 どうやら、今の時期だと、「秋の野原、花野というほどには花は咲いていない」といったことからして、「秋の野」という季語が相応しいようだ。類義語に、「秋郊 秋野 秋の原 野路の秋」といった使ってみたくなる、一体、今まで誰がどのような使い方をしてきたのかを探ってみたくなる語群もある。
 が、気付かれる人もいるだろうが、小生、既に、「花野にて…言葉という頚木」(September 12, 2005)において、「花野」のみならず、意味合い上の対比ということで、「秋の野」なる季語を扱っている!
 この記事の中で、「野路の秋」が「秋の野」の関連語であり、好きな言葉なので、改めて扱ってみたいと書いている。
 ところが、である。この「野路の秋」も、なんと昨年、扱ってしまっていたのだ。その題名も、「野路の秋」(October 15, 2004)である。
 この記事の中では、「野路の秋真っ赤な木の実寄り添って」なる拙句をひねり、仕事中に夜中の公園で撮ったわずかに枯れ始めた木の葉や生っている木の実の様子の画像など、掲げている。

続きを読む "「野路の秋」再び"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/10/02

嶋岡 晨著『現代詩の魅力』抜粋(6)

 今日は余計なことは何も書かない。ぶっつけで転記作業に入る。
 今日の発見は三田洋かもしれない。
 仕事のスケジュールが過密で、本を読むのも億劫。考えるのは嫌。ただただ詩を味わっている。
s-oriori-051003

オリオリさんにいただいた画像です。さといもの大きな葉っぱを皿にしている!

 小生は現代詩も何も知らない。こうしてネットで詩人の情報を拾い集めるという単調な作業をしていると、今の自分の状態にぴったりのような気がしてくる。
 詩は考えたって仕方がない。心を無にすることだ。
 その世界に没入できるか、感覚的に資質的に合うかどうか、なのだ。知的な詩であってさえも、人の生理的な感覚というフィルターを逃れることはできあにのだ。
 時代が現代に近付くにつれ、ネットでは詩の引用を見つけられず、本書からの転記になる。これも、面倒だけど、楽しくもある。きっと、手で一字一字、書き写していったほうがいいのだろう。
 でも、多くの詩は、書籍の形であれ、パンフレットに近いような詩集の形であれ、多くは活字なのだ。手書きの文字、肉筆ではなく、活字で読まれることを意図している…のかもしれない。
 俳画のような形もあるのだろうけれど。
 これも余談だけど、昨日はラジオで高嶋ちさ子さんの話やヴァイオリンの演奏を聴いた。彼女はパワーを与える人だとつくづく思う(以前、黒柳徹子さんの「徹子の部屋」に出演していたのを偶然、テレビで見たことがある)。

続きを読む "嶋岡 晨著『現代詩の魅力』抜粋(6) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月25日 - 2005年10月1日 | トップページ | 2005年10月9日 - 2005年10月15日 »