« 2005年1月16日 - 2005年1月22日 | トップページ | 2005年1月30日 - 2005年2月5日 »

2005/01/29

雑炊と粥とカレーと

雑炊」は冬の季語だが、12月の頃合いに使われるようだ。その12月には、「風呂吹、雑炊、葱、根深汁、 冬菜、白菜、干菜、干菜汁、干菜湯、胡蘿蔔、蕪、蕪汁、納豆汁、粕汁、闇汁、のっぺい汁、寄鍋、鍋焼、 おでん、焼藷、湯豆腐、夜鷹蕎麦、蕎麦掻、蕎麦湯、葛湯、熱燗、玉子酒、生姜酒」と、なぜか食べ物や飲み物に関係する季語が多い。
 その理由については、今は探究しないが、調べ甲斐がありそうだ。
 さて、今日の表題に「雑炊」を選んだのは、昨日の表題に「10円カレー」を選んだので、その連想のようなものである。特にインドがカレー発祥の地とされているが、「インドでは、数十種類のスパイスをミックスさせた混合調味料「マサーラー」を使って作る汁もののおかずのことをカレーとよぶ」などと、昨日の日記でも転記させてもらった。
 インドのカレーは汁物のおかずということから、雑炊や粥を連想したというわけである。
 さて、雑炊と粥とはどう違うのか。ここでは料理方法を探究するつもりはないので、「ごはんに汁気(水分)を加えて煮たものが雑炊で、米から炊くのが粥です。」や、「お粥と雑炊は、似ているようですが、お粥は米から炊いて何も具の入っていないもの。雑炊は、二種類以上のかやくが入り、鍋物の後などはご飯を用います。」という説明でとりあえず満足しておこう。

続きを読む "雑炊と粥とカレーと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/28

10円カレー

 まるで脈絡もなく、今日の表題は「10円カレー」と決めた。
 というのも、季語のことをあれこれ調べていて感じるのは、いかに多くの小生には想像も付かない背景や歴史を担った言葉があるかということ。俳句(俳諧)というのは、芭蕉から始まるとか、つまりは芭蕉の世界の注釈だとか、いずれにしても、芭蕉の切り拓いた句境を出ていないとは、小生如きが生意気とは思うけれど、断言していいような気がする。
 けれど、そうはいっても、季語(季題)一つとっても、到底、渉猟し尽くせない、とんでもなく広い世界が伸び広がっていることも事実。今は廃れた風習・風俗、消え去った風景、名残はあるのだけど、その持っていた本来の意味が関係者でさえも分からない伝統的行事の数々。
 ただ、幸いにも季語になった事情が知れている季語もある。
 といっても、小生が気付いたのは、そんなに古いわけじゃない。しかも、一見すると、どう見ても、季語とは思えない、俳句とは縁がありそうには見えない季語。その典型が「10円カレー」ではなかろうか。
 但し、秋の季語なのだが。

続きを読む "10円カレー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/27

懸想文(売)

 季語表を見ての季語随筆、今月もあと僅かとなった。全く触れることの出来なかった季語がたくさんある。気になるものはできるだけ採り上げてきたけれど、それでもまだ知りたい季語が随分と残っている。
 たとえば、「雪眼(ゆきめ)」だが、「積雪に反射する紫外線による眼の炎症」だという。まあ、なんとなく想像は付く。この言葉を糸口に何かエッセイの一つも綴れそう。一時期は誘われてスキーのために湯沢や水上宝台樹などへ遊びに行ったこともある。あるいは、既に軽めのエッセイ(「真冬の明け初めの小さな旅」など)に仕立てたことがある。スキーといえば、スキー靴のサイズが合わず、とうとう脚の親指の爪が剥がれる事態に…という思い出を書いたこともある。
 一面の銀世界。白銀。まるで天界よりも眩しいかのような光の海。炎症などは免れたものの、あの眩い感覚というのは、得も言えぬものがある。

続きを読む "懸想文(売)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/01/26

(雪)しまき

【1月の季題(季語)一例】の表を眺めていて、分からない、馴染みのない言葉がたくさんある中で、とりわけ分からないのが、今日の表題に選んだ「しまき」だった。
「しまき」?! なんだ、これは。
 言葉そのものが分からないというのでは、全くお粗末だし、何にも書きようがないので、事典で調べたが載っていない(事典の名誉のため、事典の名前は秘しておく)。案の定、「島木(しまき)赤彦」が、引っ掛かってくる程度である。
 ネットで「しまき」のみをキーワードに検索を掛けてみると、これまた案の定というべきか、ネット検索の能力と小生の駄洒落能力が均衡しているというべきなのか、「だしまき」やら「こしまき」が「しまき」繋がりで検索の上位に居並ぶ。誠に遺憾な事態である。
 さすがに、小生がひた隠す秘密、「しまき」は実は、「ちまき」と何か関係があるのではと憶測したような事例には遭遇しなかった。
 次に「しまき 季語」でネット検索。すると、網には68件が掛かってくるが、「しまき」の意味を説明してくれるサイトはなかなか見つからない。 
 これは、まずい。もしかしたら、世間においては「しまき」など常識中の常識で、殊更今更敢えて説明するまでもないということなのかもしれない。

続きを読む "(雪)しまき"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/01/25

日脚伸ぶ

 昨日の夕方、車で麻布界隈を走っていた。そろそろ空がどっぷり暮れている…、はずが、確かに暮れなずんではいるけれど、何処か透明感もある。お客さんを乗せた時間は確か5時20分過ぎだったはず。だったら、とっくに宵闇に街が沈んでいてもいいはずなのに。
 信号待ちの時、気になって車中の時計を見たら、5時半頃。間違いない、小生が時間を勘違いしている訳じゃないのだ。ふと、「日が延びてきましたね。」などと、お客さんにというわけでもなく、呟いてしまった。
 まさに、冬の季語である「日脚伸ぶ」は、今ごろにこそ、使いたくなる言葉であり、表現なのではないか。
 日の出の時間を調べてみると(東京都)、年末に6時50分となり、それが51分に、そして17日まで50分だったものが、18日からは6時40分台に突入している。日の入りも、11月25日に夕方4時20分台となってからは、ずっと20分台だったのが、12月半ばから30分台となり、徐々に遅くなって、昨日24日は、とうとう5時の大台に乗ったのである。
 仕事柄、週に平均、三度は、日の入りの時刻に、あるいは日の出の時に、街中で、まあ、実際には車中で立ち会っている。けれど、昨夕、ほとんど不意を打たれたかのように、日の入りの遅くなったことに気付いた始末だった。
 それも、晴れてはいたけれど、雲が薄っすらと漂い流れていて、日中はそれでも青空だったが、夜になると、雲の存在が実感されてくる。というのも、月齢からしてそろそろ満月(今夜)になろうかという月が出ていることは、濃い目の綿菓子のような雲を透かしてなんとか窺い知れる状態だったのである。

続きを読む "日脚伸ぶ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/01/24

侘助(わびすけ)

 今日の表題「侘助(わびすけ)」は、全くの好奇心から選んだものである。1月の季語例を眺めていて、生活習慣的に縁遠かったり、意味不明だったり、とにかく分からない言葉がやたらと多い。とりわけ、この「侘助(わびすけ)」は分からないものの最たるものなのである(ところで、「悴かむ」は早く、「悴む」に訂正してね)。
 季語より何より、まず、この言葉の意味を探ることが先決と、ネットで語義探索してみた。
 すると、「平成15年5月~平成16年4月 気象メモ (京都地方気象台)」の中に、懇切丁寧な説明が見つかった(「桜の開花予想・侘助・たんぽぽ」の項)。当該部分を参照させていただく:

大後美保著「季語辞典」によると、唐椿(とうつばき)の一変種が侘助だとあります。「唐椿は椿に似て、葉はやや狭長で、葉脈が顕著、そして花は重弁で赤い」「侘助の花は一重赤色の小輪で、花数は多くない」。なぜこの椿を「侘助」と呼ぶかについては二つの説があるといわれています。杉本秀太郎編「花ごよみ」によると、「豊臣秀吉が朝鮮に出兵したときに侘助という者が持ち帰った」というのが一説。京都竜安寺の方丈の中庭にある侘助椿の古樹がそれだといいます。また一説は「戦国時代の堺の町人、笠原宗全が好んだ椿で、堺市史には宗全はのちに侘助と称した」ことからといいます。
(転記終わり)

続きを読む "侘助(わびすけ)"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/01/23

悴(かじか)む

 今日の季語・季題には「かじかむ」を選んだ。表題を選ぶに当たっては、1月の季語例を眺めつつ、キルケゴールではないが、あれかこれかと迷い悩んで、日々のことを思いめぐらす中で、これにしようと決める。
 が、1月の季語の中にある「悴かむ」は、正直、読めなくて、なんとなく「ほぞをかむ」なのかなー、などと適当に読み流し、敬遠してきたのである。
 けれど、さすがに、季語に「ほぞをかむ」は変である。鈍感な小生だって諺(ことわざ)めいた言葉が季語に、それも、どう見ても冬には関係しそうにない…、ありえなーい、と思う。
 で、調べてみたら、「悴かむ」は、「悴(かじ)かむ」と読むではないか。
 逆に、「ほぞをかむ」を漢字表記すると、「臍をかむ」であり、意味合いは、「及ばないことを悔いる。後悔する。」(「日本のことわざ」より)なのである。「臍(ほぞ)」とは、臍(ヘソ)のことで、臍が使われた諺には、「臍(ほぞ)を固める」がある。意味合いは、「心を決める。決心する。覚悟を決める。」(同上など参照)で、腹を固めるにニュアンスが近いようだ。

続きを読む "悴(かじか)む"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年1月16日 - 2005年1月22日 | トップページ | 2005年1月30日 - 2005年2月5日 »