« 2005年8月21日 - 2005年8月27日 | トップページ | 2005年9月4日 - 2005年9月10日 »

2005/09/03

葉月…長月

【9月の季題(季語)一例】を眺めると、その季語例のトップに「九月」が現れる。これはともかくとして、次は、「葉月」である。
 いくら教養も何もない小生でも、「葉月」とは8月、9月なら「長月」という理解くらいはある。
 が、ここは陰暦と陽暦に関わることであり、「葉月(はづき)」は、「陰暦の8月で、陽暦では9月上旬から10月上旬」なのである。
 ということは、長月というと陰暦の9月であり、陽暦では10月上旬から11月上旬ということになる。
 尚、「葉月」については、「別名⇒月見月(つきみづき:中秋の名月の月見をする月)、萩月(はぎづき)」なのだとか(「YS2001のホームページ」の「」の頁より)。

 よって今は現代においては9月上旬なので葉月ということになるが、ついでなので今では新暦の9月を指すこともあることだし、長月のことに触れておきたい。
「9月 - Wikipedia」によると、「日本では、旧暦9月を長月(ながづき)と呼び、現在では新暦9月の別名としても用いる。長月の由来は、「夜長月(よながつき)」の略であるとする説が最も有力である。他に、「稲刈月(いねかりづき)」が「ねかづき」となり「ながつき」となったという説、「稲熟月(いねあがりづき)」が略されたものという説がある。また、「寝覚月(ねざめつき)」の別名もある」とか。

続きを読む "葉月…長月"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/02

トンボにあくがれて

 俳句の世界では季重ねに留意が必要だという。季重ねとは一つの句の中に季語が二つ(以上)詠み込まれていることで、避けるべきこととされている。よほど、自信がないと敢えてタブーに挑戦するのは無謀のようだ。
 この季語随筆も一周年を迎えてしまったことは既に書いた。となると、昨年の今頃、何をテーマに書き綴ったかに留意すべきなのかもしれない。季重ねならぬ、テーマ重ね。
 そうはいっても、一つのテーマについても掘り下げる余地は相当程度にありえるわけで、要はテーマ重ねよりも内容重複のないように注意すべきなのかもしれない。
 たとえば、9月の季語例表を見ていて、ふと、「蜻蛉」に目が止まった。トンボの周辺について何か書いてみようか…。
 でも、そういえば、昨年かどうか分からないけど、トンボについては何事か書き散らしたことがあったはず…と調べてみたら、案の定で、一度ならず二度までも書いている → 「トンボのこと」(March 21, 2005)
 日付に注意願いたい。今年の3月! 季節外れもいいところじゃないか!

続きを読む "トンボにあくがれて"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/09/01

すすきの穂にホッ

 先月、或る日の季語随筆で「猫じゃらし…エノコロ」という表題の下、「エノコロ」をテーマにあれこれ綴ってみた。
 そのコメント欄でも書いたのだが、「エノコロとなると、連想は、「ススキの穂」へと向かいます」。
 今月の季語例の中に、まさに表題にある如く、「すすき」がある。ということで、今日は「すすき」に触れてみる。
花の句と写真」によると、「芒(すすき)は薄とも書き、花芒・尾花・鬼芒・糸芒とも呼ばれています」とあって、「すすき」の画像も見ることが出来る。
「エノコロ」は、何処か愛らしさが感じられたが、「すすき」となると、何か侘しさ、寂しさの感が漂ってくる。それは、まさか、「貧しさに負けた いえ 世間に負けた この街も追われた いっそきれいに死のうか 力の限り 生きたから 未練などないわ 花さえも咲かぬ 二人は枯れすすき」と歌われる「昭和枯れすすき」(山田孝雄作詞・むつひろし作曲)といった、一昔前に流行った歌のせいばかりではないだろう。
 人によっては、ススキというと、森繁久弥の唄った「船頭小唄」(野口雨情作詞・中山晋平作曲)などをつい口ずさんでしまう人もいるに違いない。独特の森繁節で「己(おれ)は河原の 枯れ芒(すすき) 同じお前も かれ芒 どうせ二人は この世では 花の咲かない 枯れ芒」と唄われると、もう、その世界から抜け出せない。(念のために断っておくが、「枯れススキ」は冬の季語である。)
 というより、抜け出す気が起こらなくなる。この世界にドップリ漬かっていて、何が悪いと開き直りたくなってしまう。
 まあ、今はそういうわけにもいかないので、そうした被虐的な世界の淵にはあまり長く佇まないで、先に進むことにする。

続きを読む "すすきの穂にホッ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/31

川路柳虹のことを少々

高橋哲哉著『靖国問題』」と題した拙稿を一昨日、書き下ろしている。
 高橋哲哉著『靖国問題』(ちくま新書 532)を扱った感想文である。
「石橋湛山   靖国神社廃止の議 難きを忍んで敢て提言す」を転記したりして、たださえ長くなったので、触れて起きたいと思いつつも、割愛せざるをえなかった事柄がある。
 それは、川路柳虹のことであり、彼の詩のことである。

 本文の中では、占領軍によって施された検閲の例として、川路柳虹の詩「かへる靈」が挙げられている。
 本書、高橋哲哉著『靖国問題』の中でこの詩が扱われている文脈は、やや(相当に)違うのだが、この詩の全文を引用しているサイト(「堺教科書講演録③―日本政策研究センター」)があったので、そこを参照させていただく。

続きを読む "川路柳虹のことを少々"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/30

星月夜…星の見える森

 昨日の季語随筆に、「このうち、「桐一葉、星月夜」の両者は一度は玩味してみたいと思っていた季語。今回はまず、表題の如く、「桐一葉(きりひとは)」を採り上げてみる」と書いている。
 というわけだから、今日は「星月夜」を俎上に。
 が、調べてみて、ある意味、ガッカリした。
藤野 勲「かけだし俳句抄」(5)」を覗いてみると、「鞄提げバス降りたてば星月夜」なる句が掲げられ、「三句目の季語は「星月夜」。「ほしづきよ」とも「ほしづくよ」ともいう。「よく晴れた秋の夜は空が澄むので、満天に輝き満ちた星で月夜のように明るく美しい。その趣を星月夜という」と、前掲の歳時記にある」と自注している。
 引用文中の前掲の歳時記とは、「合本俳句歳時記・角川書店編」のこと。
 ガッカリしたとは、「よく晴れた秋の夜は空が澄むので、満天に輝き満ちた星で月夜のように明るく美しい。その趣を星月夜という」という説明にある。なんだ、秋の話か。だったら、空気だって澄んでくるし、夜空も星明りが凛冽としていて、星月夜と表現したくなるのも、分かる。
 分かりすぎて、つまらない。これでは当たり前すぎる。
 一応、「星月夜」は初秋の季語だとは知っていたけれど、それでも夏の終わりの時期と秋口とが重なっていて、秋めいてくるとはいえ、湿気もあって、夜空の星を眺めているうちに震撼たる思いに背筋がぞくっとくるような感覚を味わうには、程遠い時期のはずである。
 昨年から都内の風景などを、仕事のついでに撮ったりしてきたが、それも桜の花の散った頃からは、途絶えがちである。風景写真を撮っても、どうも透明感がなくて、今一つ納得できる写真が得られない。
 というか、目で見た風景を画像に収めたいという欲求自体が湧かないのである。

続きを読む "星月夜…星の見える森"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/29

「桐一葉」と「一葉」と

 台風一過の暑い日が二日ほど続いたところ、昨日などは一息ホッと吐(つ)けるようなやや涼しげな日だった。今、この一文を書いている未明も、ちょっと外に出てみたところ、一頃のようなこれが夏の朝とは思えないムンとする湿気の篭った熱気とは雲泥の差の、心地良い風がやんわりと吹き寄せてくる。
 とはいえ、今日の日中には暑さがぶり返すというから、油断は禁物である。まだまだ暑さに対して臨戦体制で居ないと、いつ忘れた頃にやってくる夏風邪に悩まされるか知れない。
 それでも、秋めいている感は否めない。
 8月の季語例を眺めていても、「初秋(はつあき)、桐一葉、星月夜」などが目に付く。いずれも初秋の季語例である。
 このうち、「桐一葉、星月夜」の両者は一度は玩味してみたいと思っていた季語。今回はまず、表題の如く、「桐一葉(きりひとは)」を採り上げてみる。
珈琲とリスニングのバッハ」の中の、「季節のことのは・秋」によると、「桐の落葉を秋の象徴するものとして、和歌や連歌、俳諧で多く詠まれきました」という。
 また、「「山茶花」今月の季語」の中の「<桐一葉>=8月7日 草笛句会兼題」なる項によると、「初秋、大きな桐の葉が風もないのにばさりと音
を立てて落ちることを「桐一葉」とい」うのだとか。

続きを読む "「桐一葉」と「一葉」と"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/28

蜩…夢と現実をつないで鳴く

 昨日、浅草サンバカーニバルがあり、応援しているチームのスタッフということで、ちょっとだけお手伝いさせてもらった。スタッフをやって楽しいし嬉しいのは、メンバーらと一緒にコースを歩けること。
 カーニバルでのパレードに付き物といっていいアレゴリア(山車)を押すというのが小生の仕事
 そうしたアレゴリアが浅草寺の境内(裏側)に集結している。ということで、浅草寺の境内の中をブラブラしてきた。昨年は、軽い食事を摂るため、植え込みを囲う柵の石縁に腰掛けた…、すると、ふと振り返った境内の中にある久保田万太郎の句碑を発見したものだった。
 今年はその近くで人垣が。覗いてみると、お猿さんの芸を若い女性の調教師の方の采配で見せていた。年毎に風景が多少、変わる。これもまた楽しい。

 さて、境内を歩いていると、鬱蒼と生い茂った木々の緑が目に嬉しい。台風一過の炎天が金曜日から続いていて、小生は日陰を探し求めながらの散歩。歩いていると、蝉の鳴き声が喧(かまびす)しい。
 そんな事情があったからだろうか、8月の季語例表を眺めていたら、表題にある「蜩(ひぐらし)」が目を惹いた。
俳句歳時記」の中の、「季語集・秋」によると、「日暮 かなかな 夕蜩 暁蜩」などの類義語・縁語があり、「暁にも鳴くが夕暮れにカナカナと鳴く、一種哀調の声は秋の到来」だとか。

続きを読む "蜩…夢と現実をつないで鳴く"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年8月21日 - 2005年8月27日 | トップページ | 2005年9月4日 - 2005年9月10日 »