« 2005年8月7日 - 2005年8月13日 | トップページ | 2005年8月21日 - 2005年8月27日 »

2005/08/20

猫じゃらし…エノコロ

 猫じゃらしと呼ばれたりする草の一種エノコロ(グサ)については、この季語随筆でも、2月の季語である「猫柳(ねこやなぎ)」(February 07, 2005)の項で、若干、触れたことがある。s-DSC00989

「猫柳」を見ると、ありがちな連想で「エノコロ」にも一言したくなったのである。

           これってエノコロ? →

 その中で、「ネコジャラシと猫の胃」というからの引用の形で、以下のように書いている:

狗児(えのころ)とは、子犬のことのようだ。「「イヌのコ」が「エノコ」の発音され、エノコは仔犬を指しました。漢字では「狗」という字を当てます。羊頭狗肉(ようとうくにく)の狗」なのだとか。

 今、ネット検索していたら、「水曜通信(2003-09-28)」の中に、次のような説明を見つけた:

「犬ころ草」が転訛して「エノコログサ」となったという説もあるが、語源的には「ヰヌ(いぬ)」を「ヱヌ(えぬ)」と言ったことに由来すると考えられる。これはワンが、ヱン、ヱヌと転じたもので、サワサワがサヱサヱ、サヰサヰとなったのと同様に、ワはヱ、ヰと転じる傾向がある。

 「水曜通信(2003-09-28)」からは転記しないが、ここには、猫じゃらしやえのころなどの語の織り込まれた句が幾つか紹介されている。
 それにしても、エノコロにしても、語源については、調べる余地がまだまだありそうだ。

続きを読む "猫じゃらし…エノコロ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/19

酔芙蓉…一夜の夢

 昨日、書いた「田舎で読んだ本」(August 18, 2005)で、高橋治著の『風の盆恋歌』(新潮社刊。新潮文庫)を採り上げた。
 その際、この小説や歌の中で「酔芙蓉」が重要な役回りを果たしていると書いている。
 せっかくなので、昨日は調べきれなかった「酔芙蓉」のことを若干でも、探っておきたい。
季節の花 300」というサイトを参照させていただく。

 まずは、「酔芙蓉」の様子を画像で見てみたい。
芙蓉 (ふよう)」によると、「開花時期は、8/1頃~10/5頃」であり、「朝のうちは白く、夕方になるにつれてだんだん赤くなるという珍しい花。 ”酔っぱらった”と見なした。ピンクの芙蓉を夕方に見ただけだと、ふつうの芙蓉と見分けがつかないけれど、朝、白かった花が夕方ピンクになってればこの「酔芙蓉」かもしれませんね」という。
「「昔から美しい人のたとえに用いられている花で、 美しくしとやかな顔立ちのことを「芙蓉の顔」という」…、だとしたら、そのように言われてみたい女性も多いのではなかろうか。

枯れ芙蓉」があって、「枯れたあとの姿も印象的」だとのこと。画像を見ることができるが、普通なら萎れ枯れた花に名前など付さないわけで、敢えてそうするほどに印象的なのは確か。

続きを読む "酔芙蓉…一夜の夢"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/18

田舎で読んだ本

 一週間ほど田舎で過ごしてきた。学生時代はともかく、三日以上を郷里で過ごしたのは久しぶりである。
 何故、一週間も過ごすことになったのか、その事情は私的なもの(他人様に関わるという意味)なので書けない。が、家事などに勤しんでいたとは言える。それでも、日中や夜中などに暇な時に恵まれたりする。読めるかどうか分からなかったけれど、図書館で借りた本を四冊も持参して行った。
 田舎にはネット環境になく、季語随筆も綴れない。このこともあって、読みきれるはずもないのに四冊も抱えて帰帰郷した次第なのだった。

 案の定、読めたのは二冊だけ。
 一冊は、高橋治著の『風の盆恋歌』(新潮社刊。新潮文庫に入っているようだ)。
 出版社のレビューによると、「死んでもいい。不倫という名の本当の愛を知った今は―。ぼんぼりに灯がともり、胡弓の音が流れるとき、風の盆の夜がふける。越中おわらの祭の夜に、死の予感にふるえつつ忍び逢う一組の男女。互いに心を通わせながら、離ればなれに20年の歳月を生きた男と女がたどる、あやうい恋の旅路を、金沢、パリ、八尾、白峰を舞台に美しく描き出す、直木賞受賞作家の長編恋愛小説。」とのこと。
 察せられるように、小生は富山出身の人間。なのに、富山は八尾が舞台である風の盆を見たことがない。時期的に八月末から九月上旬は帰省が難しい。
 せめて、風の盆という祭りの独特の雰囲気や八尾が舞台の有名な小説くらいは読みたいと前々から思っていたのである。
 ドラマ化されたし、石川 さゆりが同名のタイトル(作詞:なかにし 礼、作曲:三木 たかし)の曲を歌いヒットしたこともあって、「風の盆恋歌」を知る人も少なからず居るのではなかろうか。曲の歌いだしには、「蚊帳の中から 花を見る 咲いてはかない 酔芙蓉 若い日の 美しい 私を抱いて ほしかった しのび逢う恋 風の盆」とあるが、実際、小説では、蚊帳の中の二人の暑い夜の描写が印象的だった。
 また、歌詞には酔芙蓉という花が折に触れて登場してくる。小説でも、この花が重要な役割を果たすのだ。

続きを読む "田舎で読んだ本"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/17

花炭…富山大空襲

 ある人のサイトの「投稿ポエムBBS」を覗いたら、「みそはぎ」や「花炭(はなすみ・はなずみ)」という言葉を見つけた。
 ブログの日記を読み返してみたら、「08月13日」に関連する記事が書いてある。小生、帰郷していて不在で、読み逃していたのだ。

 前者はネットでも調べたし、(BBSの)管理人さんも丁寧に説明してくれて意味合いや花の風情など、分かった。季節柄、飽きの季語である「みそはぎ」を季語随筆の俎上に載せるべきなのだろうけど、今日は、敢えて、「花炭」に拘ってみる。
 まず、「花炭」なるものを画像などで見てみたい。
七飯の花炭/七重野うふふ」というサイトを覗かせてもらう。
 表紙に「飾り炭は花炭(はなすみ・はなずみ)と呼ばれており、五百年来の歴史があるそうです。菊炭と共に、植物の根や実を炭化し、茶道の道具炭や飾り炭として珍重されていたと言われています」とある。
 さらに、「私共の飾り炭は、自然の野山の産物を主に素材にしています。立枯れしたり、地上に落下した植物を採集し、傷みのひどい箇所を最小限に取り除き、汚れを落とし炭化という変身をすると、美しい炭になります」とあって、興味深い。

花炭逍遥」というサイトにお邪魔させてもらう。「このページは週末に西多摩自然フォーラムの様々な活動に参加しながら、自然の中で楽しんでいる様子をまとめてみたもので」、 「主に、炭焼、竹切り、炭材作りなどの作業をしながらお花炭を楽しんでいます」とか。
 いきなり表紙に、「鷹の爪の花炭」なる画像が。おおっ、である。
 このサイトの「花炭」の頁を覗いてみる。
「お花炭とは、木の実、花、葉、果物、竹の根や枝などを炭化させて作る炭の一種です。素材をそのままの形で炭化させることが出来ます。素材としては、山にあるものでは松ぼっくり、栗のイガ、ヒョウタンなど、野菜ではれんこん、鷹のつめ、落花生などが面白いです」とある。
 また、「お花炭は、五百年もの昔から、茶の湯の世界や武将などの茶室などで菊炭と共に使用され、飾り物としても愛でられ、優雅で高尚なものとして扱われていたようです」とあって、茶の湯の世界に日頃、馴染まれている方には、あるいは当たり前の風物なのかもしれない。
(文中の「菊炭」は、たとえば、「菊炭とチレンジア」など参照。詳しくは、「能勢菊炭(池田炭)-インテリアやギフトに豊臣秀吉が茶会で用いた能勢菊炭 池田炭」がいいかも。)

「花炭」だけでネット検索したら132万件もヒットして驚いたが、どうやら「花」と「炭」とに分割して網に掛かるものも掬い上げているからのようだ。
 ブログの日記で、「先日、幼稚園の催しで、花炭のアレンジメントを作りました」という書き出しのものがあった。小生が無知なだけで、案外と身近な飾り物として親しまれているのかもしれない。

 発見はネットでは叶わなかったが、どうやら「花炭」は冬の季語としても使われるようである(残念ながら断言はできない)。「炭、消炭、炭団、 炭火、埋火、 炭斗、炭竈、炭焼、炭俵、炭売、焚火、榾、炉、囲炉裏、暖房、温突、ストーヴ、スチーム、炬燵、置炬燵、助炭、火鉢」とでは列挙されているのだが。

 さて、今日の季語随筆のテーマに「花炭」を選んだのは、以下、若干綴る野暮な話に持っていきたいからである。
 戦争と原爆のことは、若干、既に触れたので、以下は、富山大空襲の話題に移る。花炭と原爆や空襲と、どういう関係がある? 焼け焦げた死骸とあからさまに書いていいものか…。

続きを読む "花炭…富山大空襲"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/08/15

お盆

 集まれる親族の隅蚊の飛べり   
 賑わいに居たたまれずにうろうろと  pic_0000_5 
 道行ける人皆番(つが)うはずもなき  
 いずこにも居場所なくて本を読む
 白き闇一陣の風吹くを待つ   
 暮れる空見つめつ行くも道はなし


[ 画像の奥に見える杉林の脇に墓地がある。昔はお招来(オショライー)をやったものだけど、近所迷惑ということもあって(?)、最近はしなくなったみたい。 (05/08/16 追記)]

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年8月7日 - 2005年8月13日 | トップページ | 2005年8月21日 - 2005年8月27日 »